トルク g04 アクセサリー。 【楽天市場】トルク G04 ケース TPU クリア TORQUE G04 ケース 耐衝撃 トルク カバー シンプル 黄変防止 スマホケース 超軽量 超薄型 スマホ スマホカバー au スマートフォン ブラック クリアケース 携帯カバー 背面保護カバー 衝撃吸収:ジェイエムイーアイ

auのTORQUE G04に機種変更|お得に購入する完全ガイド

トルク g04 アクセサリー

TORQUE G04 のスペック詳細 CPU Snapdragon 660 外側カメラ 約2,400万画素 約800万画素 内側カメラ 約800万画素 ディスプレイ 約5. 4 mm 重量 約200g 「TORQUE G04」にはクアルコムのCPU「Snapdragon 660」が搭載され、RAMは4GB。 外側カメラは2,400万画素のメインカメラのほか、800万画素のスーパーワイドアングルカメラを搭載したディアルカメラ仕様になっています。 ディスプレイは5. 0インチの液晶ディスプレイになっていて、ROMは64GB。 SDカードは512GBまで対応しています。 電池容量は2,940mAhとそれほど大きいわけではありませんが、電池効率が良いのか、待機状態でも電池持ちはかなり良いですね。 本体重量は重めの200gとなっていますが、タフネス性能にこだわった結果といったところでしょうか。 アウトドアで使用する事を想定しているので衝撃に強いだけでなく、防水や防塵もしっかり搭載しているので、 海や山、水中などでも安心して使用する事ができます。 TORQUE G04 のカメラ性能レビュー 「TORQUE G04」のアウトカメラには、• メインカメラ• スーパーワイドアングルカメラ(広角カメラ) の2つのカメラが搭載されていて、ユーザーはボタンひとつで簡単に撮影するレンズを切り替える事ができます。 選べる撮影モードは、• おまかせ• フォトマスター(背景ぼけ)• スローモーション• タイムラプス• Action Overlay• マニュアル の8種類。 プロモードでは、ISO感度やシャッタースピード、ホワイトバランスなどを自由に設定したマニュアル撮影も行えるほか、Action Overlayでは「バイクモード」や「フィッシングモード」など、「TORQUE G04」の独自機能を楽しむ事ができます。 撮影スピードがすごく遅い 実際に「TORQUE G04」のカメラで撮影していて最初に感じたのは撮影スピードが遅いということ。 ミドルスペック以下のスマホは撮影スピードが遅い機種が多いですが、「TORQUE G04」も同じような印象ですね。 シャッターを押してから次の撮影ができるようになるまで1. 5~2秒くらいでしょうか。 連続でシャッターを切る習慣がない人にとってはまったく問題ありませんが、私のようにパッパッパっとある程度の枚数をまとめて撮りたい場合にはちょっとストレスですね。 特に「フォトマスター」で撮影している時や、夜景撮影ではさらに撮影スピードが伸びる傾向にあるので、もう少し短くなってくれると使いやすいなあと感じました。 昼間の撮影は自然なカラーバランスで綺麗 光量が多く、カメラがもっとも得意する昼間の撮影では自然なカラーバランスで綺麗な写真が撮れました。 シーンを識別するAIのような機能はありませんが、「おまかせモード」にしておけば環境に合わせた設定に自動でしてくれるので使いやすいですね。 ズーム倍率は公式の発表はなく、撮影時にも表示されないので体感です・・・。 試しに公園の時計を撮影してみましたが、ズーム倍率が抑えられているからか最大の4倍でもそこまで画質の劣化をみられませんよね。 ただし、通常撮影や2倍ズームと比べてしまうと明らかに画質は荒いので綺麗に残すなら2倍ズームまでがおすすめです。 背景ボケ写真は実用的なレベルじゃない 「TORQUE G04」のアウトカメラには、今作から被写体を強調させて背景をぼかせる「フォトマイスター」という撮影モードが搭載されました。 ただし、実際に撮影してみると綺麗に背景がぼける写真はほとんど撮影できず、実用的なレベルではないですね。 撮影方法も複雑で、「フォトマイスター」で撮影したあと「フォトマイスターエディタ」というアプリを起動させて編集しないと背景をぼかす事ができず、撮ったその場で仕上がりが確認できないのもストレスでした。 4K:30fps• HD:30fps などの解像度から選ぶ事ができて、全ての動画サイズで手ぶれ補正をオンにする事ができます。 動画撮影でもメインカメラとスーパーワイドアングルカメラ(広角カメラ)を選べますが、手ブレ補正の精度が違っていて、スーパーワイドアングルカメラのほうがブレの少ない動画を撮影する事ができました。 画質も安定しているので、 動画を撮るならスーパーワイドアングルカメラがおすすめ ですね。 ただし、4Kになるとカクつきがかなりでてくるのと、画質も微妙になるので注意。 また、 夜の撮影はどの解像度で撮影しても綺麗には撮れない ので、「TORQUE G04は夜の撮影が苦手」と割り切って購入したほが良いと思います。 TORQUE G04 の特徴と使用レビュー TORQUE G04 のデザインとボタン配置 「TORQUE G04」には、衝撃に強い八角形をベースにした堅牢性を高めたデザインが採用されていて、背面には上部に、• メインカメラ• スーパーワイドアングルカメラ が並び、両側に「おサイフケータイ」と「フラッシュ/ライト」があります。 下部にあるのは本体カバーをロックする「ロックノブ」ですね。 ディスプレイ面には画面上部に左から、• 着信ランプ• 近接/光センサー• インカメラ が並び、その上に「受話口/スピーカー」、一番下には「送話口/気圧センサー/スピーカー」があります。 右側面には「電源ボタン/指紋センサー」と「カメラボタン」。 左側面には、• ダイレクトボタン• 音量ボタン が並び、両サイドに「ストラップホール」があります。 本体上部には何もなし。 本体下部にはカバーがあり、その中に「USB Type-C接続端子」があります。 ざっとデザインを紹介しましたが、ストラップホールが2個あったり、アタッチメントがついていたりと、かなり斬新なデザインになってますよね。 購入したカラーに飽きてしまった場合に、違うカラーの背面カバーを購入して付け替える事もできますよー 指紋認証センサーの精度がいまいち 「TORQUE G04」は、本体右側に配置された電源ボタンが指紋認証センサーにもなっていますが、 認証の精度はいまいちだと感じました。 スムーズに解除する事ももちろんありますが、認証に失敗する事もけっこうあるんですよね・・・。 現在「指紋認証なんてほとんど失敗しないよ?」っていう機種を使っている人が「TORQUE G04」に機種変更する場合、ストレスに感じる事があるかもしれません。 ゲームには不向きで操作中は遅い時がある 「TORQUE G04」には、クアルコムのCPU「Snapdragon 660」が搭載されていますが、処理能力はそこまで高くないので 高画質ゲームだとカクつく 事がありました。 また、ネット検索やSNSなどの操作時でもたまに重くなり、サクサク操作できるって感じではないので注意ですね。 ゲームはまったくできないという訳ではなく、3Dゲームや高画質ゲームを起動した場合にカクつく印象です 発熱は気にならないレベル スマホを操作していると本体が熱くなって心配になる事がありますよね。 CPUやバッテリーの温度が上がると、動作が重くなったりアプリが強制終了してしまう事もありますが、「TORQUE G04」は温かいと感じる程度の発熱はあるものの、 気になるほど温度が上昇する事はありませんでした。 充電中に負荷の大きいアプリを起動してしまった時に、「バッテリー温度の上昇により充電を一時中断します」というメッセージが出た事がありましたが、それ以外では快適に使用できています。 TORQUEの独自機能がすごく楽しい Outdoor Portal 「TORQUE G04」には、• ROUTE LOG(移動記録)• WEATHER(天気)• BAROMETER(気圧と高度)• TIDE(潮汐情報)• COMPASS(方位計) など、アウトドア情報をカード形式で登録しておけるアプリが搭載されていて、すぐに必要な情報が確認できるようになっています。 また、知りたい情報だけを「Outdoor Portal」というアプリに登録しておけるので、 目的に合わせて事前にカードをカスタマイズできるのがすごく便利 でした。 30分間隔で知りたい情報を読み上げさせる事もできるので、アウトドアシーンでかなり活躍してくれそうです。 最高の耐久性能で使いやすい 「TORQUE G04」は、米国国防総省が定める調達基準MIL-STD-810Gの22項目に加え、京セラ独自の耐久試験をクリアした超高耐久性能になっています。 特に、耐久性能を「ウリ」にする他社スマホとの違いとして、• 高さ約2. 0mから26方向の鉄板・コンクリートへの落下で問題なし• 高度約4,572m相当の気圧(57. 2kPa)での動作試験クリア• 全体に100kgfの均等な面荷重をかける試験クリア などがあり、 現在発売されているスマホの中でも1番の耐久性能 になっているので、傷や水濡れなどを気にせずにスマホを使用したい人におすすめです。 画面やカバーが傷ついてしまっても交換できるのでガシガシ使っていきましょー! 電池もちは平均レベル 「TORQUE G04」には2,940mAhのバッテリーが搭載されていますが、 電池持ちは他のスマホと同程度と感じました。 朝100%にした充電は、適度に動画やゲームをして家に帰ってくる夜7時ごろに確認して20~40%くらいになっているので、アウトドアに持って行って機能を使い続けた場合、1日はもたないと思います。 アウトドアに出かけてたくさんの機能を使っていると電池の消耗は早いと思うので、心配な人は予備で電池パックをもうひとつ購入しておくか、モバイルバッテリーを持っていったほうが安心だと思います。 スピーカーの音が大きくて音質も良い 「TORQUE G04」には、ディスプレイの上下にスピーカーが搭載されていて、音量も大きく高音質な音楽が楽しめました。 今作からの新機能として、Bluetooth接続で「TORQUE G04」がスピーカー代わりにもなる「みんスピ」という機能が追加されましたが、この音質であればポータブルスピーカーとしても十分楽しめると思います。 スタンダードからミドルスペックのスマホは音量が小さかったり、音質があまり良くない機種が多いですが、「TORQUE G04」のスピーカーは優秀ですね。 初めまして、こんばんわ。 今は、通信系(メールも含む)をすべて解約して、通話のみのau契約をしております。 また通信系は、ガラケーとは別に、タブレット端末(今書くこの端末)は1〜2年前に家での活用として、今は2年前かな…個人売買で買った新品白ロムスマホをタブレット端末代わりに活用中です。 なので、毎月の維持費も、合計¥3400円(内訳=2200+1200)で済んでいます。 (個人売買の白ロム代金3万は初めだけ) 格安OCNのデータ専用Simで、月3GB、翌月余りの繰り越し付きで、1200円。 ガラケーは、24時間いつでも何時間でも…のかけ放題を保険の意味でつけています。 (初契約当時、パソコンやタブレット端末の不調で電話掛けまくり、無料通話分を突破……二ヶ月間……そのひと月分だけで3〜4万も請求が来て、親激怒! ゆえにこれ以降、万が一の保険の意味で、このかけ放題を必ず契約につけております!…以降は注意をし、長くても30分以内にはしているけれども) 話の前置きが長くなりました、すみません。。 今年に入り、3G回線は、2020年3月には終了するので機種変更を、とau封筒が数ヶ月ごとに家に。 今回は、親が夕食時に「俺(父74)には必要ないが、おまえは今後はもう、スマホに変えたらどうか?」と、言ってきたのがキッカケでした。 ガラケーと通信専用タブレット端末の2台持ちで、今も腰に携帯電話、肩ポーチに端末を入れての外出姿。 今はまだ慣れないながらも働けているので、支払いは出来る事もあり、スマホに統一してみようかな、と。 この家用タブレット端末が、ファーウェイ製Mediapad T2. その事と、このタブレット端末の外部記憶装置の認識エラー故障の為、スクショやカメラでSDカードに入れる行動を取ると、すぐに「カードエラー!カード交換を」、と。 実際に新品の予備持ちに今回してもエラー出る為、本体側の故障。 本体のSDカードにほとんどのアプリを入れてる為、カードエラー起こすと起動せず! 再起動して少しの間持つ……事を利用してます。 そんなんだから。。 と同時に、今回のこの記事にある「トルクG04」にも、頑丈スマホで、たまにふらりと出掛けるサイクリング趣味でも活用出来そうなのと、電池交換できる機種(ほかは、LG itのみ!)として、注目してまして。 9年前のシャープの最後の多機能高性能ガラケー(SH010)も、カメラ特化型【14.1CCD=1410万画素、4倍/簡易タッチ入力&タッチカメラ操作】なので。。 だから、ネット上の使用感想や一長一短を探したり、店頭で聞いたりしてたので、今回のこの記事に、とても感謝しております! カラー写真をたくさん使ってとても分かりやすく書かれてあるし、カメラ機能においては撮影結果も。 けどあんなにも高い機種だったとは! 4Gガラホのトルクは、未だau店では見るものの、電池も取り寄せ購入できるか不安な書き込みもあり……ただ、大きく重く頑丈そうなとこが、昔、auプリケーとして活用してた中古ガラケー(CAシリーズ、300万画素カメラ特化型)に分厚い外装をつけたものに思えて。 2台持ちなんて、もったいない行動だけど、実際使ってみないと、店頭実機だけでは、どーしても、使用感想までは出ないし、と。 分かりやすく書く事を前提に入力してるので、結果、長文化してしまうのが欠点で……まとまりが苦手で。 長くなり、ごめんなさいでした。 ここの記事は今回初めて知ったのだけど、今回注目のP30lite機種についても記事があるのでしょうか? 書き込み後探してみようかと。 あればいいなぁ。 それでは失礼いたします。

次の

レックマウントプラス

トルク g04 アクセサリー

試作を何度も繰り返した5ヶ月間 「TORQUEはそのままでも頑丈で強いけれど、登山にぴったりなアクセサリーをつくって、TORQUEを最強の登山用スマホにしてやろう!」 そんな熱い想いから、YAMAP・京セラ・KDDIの3社でこの企画がスタート。 それを実現するために、この5ヶ月間は何度も集まって議論し、ああでもないこうでもないと言いながら試行錯誤を繰り返してきました。 TORQUEユーザーの熱い想いを受けて 6月・7月の2回に分けて、普段からTORQUEを使用している方をお招きし、今回のアクセサリーについてのヒアリングを行いました。 第1弾の座談会は、YAMAP東京オフィスにて開催。 6名のTORQUEユーザーの方が集まり、アイデアやプロトタイプを元に議論を行いました。 休憩時間もおかまいなしに話し続けるという白熱ぶりで、このときに生まれたアイデアや意見は以降の開発方針にも大きな影響を与えています。 第2弾の試作機検討会は、横浜にある京セラのラボで開催。 2名のTORQUEユーザーの方より、座談会を元に制作したプロトタイプに対してご意見をいただきました。 実際にザックに取り付けて使い心地を試すことで得られたフィードバックを踏まえて試作機を制作し、いよいよフィールドテストに入ります!• 実際に山で試してみた 2度のヒアリングを経て制作したプロトタイプを実際に使用してトレイルを走ってみると、なんとバラバラに…。 強度面や取り回しやすさを考慮して改良を重ね、最終的に2種類まで絞られました。 ひとつはシリコン製のケースをスライドさせて取り付けるタイプで、もうひとつはバンパー型のケースをホルダーに取り付けるタイプ。 どちらもショルダーハーネスに固定して使用します。 ホルダータイプ• スライドタイプ それらを携えて、山梨県・瑞牆山にて7時間にわたるフィールドテストを実施。 普段からよく登山に行くYAMAP・京セラ・KDDI3社のスタッフによって、アクセサリーの使用感を確認します。 着脱のしやすさ・強度・つけ心地といった基本的な項目から、傾斜のある鎖場やトレイルランニングといったシーンでの使用も想定。 これらの最終フィールドテストを終えて、ついに今回お披露目するものが決定しました! ついに製品のお披露目! 完成した専用アクセサリーがこちらです。 最後まで選考に残った、ホルダータイプが採用となりました! ショルダーハーネスに取り付けて、本体を表裏どちらの向きでもセットすることができます。 背面を表にすることで、TORQUE G04に搭載されているアクションカメラを最大限に活かした撮影も可能です。 上部を人差し指で押すことで、本体をワンタッチで着脱可能。 立ち止まって休憩する際にYAMAPの地図を確認するのがとても楽になりました。 簡単に着脱できます 落下防止のために、強度のあるパラコードを使用。 落としても濡らしても頑丈なTORQUEですが、崖の下へ落下したらどうしようもない…そんな心配もいりません。 また、本体だけを取り外したいときに便利なバックルも用意しています。 落下防止のパラコード• 本体だけの取り外しも簡単 TORQUEユーザーと開発者の想い、そして技術と経験から生み出された最強のスマホホルダー。 専用ホルダーのプレゼントキャンペーンを実施! これがお披露目となる今日は10月9日。 そう、TORQUE トルク の日!京セラではこの日を記念して、この専用ホルダーを含むTORQUEグッズが、それぞれ109名の方に当たるキャンペーンを実施しています! 10月9日 水 〜10月31日 木 の期間限定キャンペーンとなります。 専用ホルダーが手に入るまたとないチャンスをお見逃しなく。 みなさん、ふるってご応募ください!.

次の

auのTORQUE G04に機種変更|お得に購入する完全ガイド

トルク g04 アクセサリー

4mm(最厚部17. 4mm) 重量 約200g バッテリー容量 2,940mAh 充電時間 TypeC 共通 ACアダプタ 01:約170分 TypeC 共通 ACアダプタ 02:約170分 急速充電 USB Power Delivery 2. 本体は防水防塵で、100gの鉄球をぶつけても割れないというほどです。 おすすめ1:シリコンケース(レイ・アウト製) レイ・アウト製の丈夫なシリコンケースです。 仕事柄、防水・防塵・耐衝撃の機能を持ったTORQUE G04一択だったのですが、素手でも滑りやすく、軍手で使用するのはとても気を使いました。 知人からシリコンジャケットが便利と聞いてこの商品を選びました。 手に吸い付くようでいろんなシチュエーションで安心感がある 外す・つけるが簡単 本体カラーと同等の色が選べる 丈夫(水・ホコリ・衝撃・振動など仕事で使っていても傷ついた様子もない) おまけ(というのは失礼なのかな?)のフィルムこそ張替えの必要を感じてはいるが、これだけ使えれば十分以上! フィルを張っていないカメラのレンズが細かい傷だらけになっていて、撮った写真がすべてぼんやりしているところを見ると、 フィルムの下のメイン画面がきれいなのはフィルムが良い仕事をしてるということなのでしょう。 スマホを変えてもまた同様の商品を選ぶつもりです。 おすすめ2:クリアケース(TPUソフトケース) SHINEZONEの安価で高品質なTPUソフトケースです。 商品スペックまとめ 【上質素材採用】TORQUE G04スマホケースは、環境にやさしい高品質のTPUソフト素材を採用、傷つきにくく、ケースが外れにくい素材のこと。 【極限の透明感】高い透明度を持つソフトTPUケースはスリムさとグリップ感を両立し、とてもきれいで触り心地もよいです。 【耐衝撃】柔軟性よく四つの隅もカバーせれ、取り付けしやすい一方、万が一落ちても衝撃力を吸収でき、スマートフォンを最大限守れます。 【耐久性】表面にナノメッキコーティングを施して、通常使用中の指紋、油、スクラッチなどが付けにくいです。 万が一付けても簡単に抜き取れます。 高利便性。 【実機をぴったりサイズ】リアル機器を用いて金型を制作しており、穴の位置も精細かつ正確。 それぞれの端子が完全に露出します。 透明なケースを探していたので、ひと目で気に入り購入しました。 装着した時に本体も綺麗に見えるのがとても気に入っています。 カメラ周りも保護用の凸がきっちり合って。 長く使っていけそうです。 おすすめ3:クリアケース(TPUソフトケース) TopACEの安価で高品質なTPUソフトケースです。 商品スペックまとめ 【対応機種】:TORQUE G04専用です。 【高透過率】:色はクリア、透明となっておりますので、スマートフォンのデザインを損ねません。 【操作特点】:本体にぴったりフィットするよう設計し、ケースを装着していない時と操作感は変わりません。 また、ケース装着したまま、充電もイヤホーンの使用もできます。 さらに、前面と背面のフチを少し高く設計し、液晶画面とカメラレンズをキズから保護します。 【落下防止】:柔らかく手触りのいいTPU素材は手にフィットしやすいので滑り落ちる心配がありません。 【品質保証】:24ヶ月間の安心保証、安全認証、テクニカルサポート、アフターサービス。 質感はツルツルだけど、滑らない感じで、持ちやすいです。 柔らかいプラスチックで、シリコンとは違ってちゃんと耐久性もありそう。 おすすめ4:クリアケース(TPUソフトケース) Provareの安価で高品質なTPUソフトケースです。 ケース背面のマイクロドット加工により、にじみやグレア現象を防ぎます 【特徴】フラットな薄型ボディをそのままに本体をしっかり守るソフトケース。 各種ボタン、コネクタ周りもしっかりガード!カメラレンズも傷つきません 【耐衝撃】衝撃に強くしなやかな TPUラバーケース。 柔軟性もあるので、本体への装着・脱着も簡単です 衝撃に強く しなやかな TPUラバ【デザイン】本体にジャストフィットしてしっかり保護。 サイドボタンの操作性・カメラ機能・ヘッドフォンミニジャックや充電コネクタへのアクセスを妨げないデザインですーケース。 もともと TORQUEは頑丈な作りなので、ここまで必要か?とは思いましたが会社の貸与品なので、キズ防止に使用しています。 しかし スキマから入り込むホコリだけはどうにもなりません。 時々外して掃除します。 おすすめ5:ハードケース LASTEのハードケースです。 (ポリカーボネート素材) 商品スペックまとめ 【対応機種】:TORQUE G04専用ケース 薄型 軽量 PC素材で作られたケースは完璧にスマホ本体にフィットする。 【最高な触れ感】表面に精細なサンディングプロセスを採用。 繊細でざらざらした感触を作り出し、滑り止め型で指紋がつきにくい。 【全面保護】カメラのレンズやボタンの保護だけでなく、指紋、水や傷を防ぐことができます。 高い実用性。 長時間使っても変色しません。 高実用性。 【精確的なデザイン】:当商品が TORQUE G04 相応の専用設計ですから、スマホとぴったりフィットします。 ケースを付けても接続端子やイヤホン、サイド側ボタンなどスムーズに操作できます。 液晶画面保護フィルムも干渉せず、楽々使えます。 とても気に入りました。 触り心地良くて本体にもしっかりフィット。 赤を買いましたが、写真の色とは少し違う感じですが、ベタの赤よりステキでした。 本体が黒なのでより良くなりました。 おすすめ6:クリアケース(PCハードケース) ポリカーボネート素材の硬いクリアケースです。 予めご了承ください。 ケースを付けて大きくなるのが嫌だったので、こう言うタイプを色々探した結果、失敗しても価格的に諦めが付くので購入してみましたが、この価格でこの造りなら中々無いと納得! サイズもピッタリで曲面もしっかり出ていて持ち易く、音量やカメラボタンの切り込みが絶妙で凄く操作し易いです。 ただ、ハードタイプなので、落とした時はケースにヒビが入ったり欠ける可能性が高いので、そこだけ納得して購入するとコスパは最高だと思います。 おすすめ7:ハードケース Breezeのポリカーボネート製ハードケースです。 とてもカラフルで色合いが良く気に入ってます。 ケースサイズもピッタリで言うことなし! おすすめ8:手帳型ケース(JMEI TRITON) JMEIの手帳型ケース「TRITON」です。 カラフルな配色のもの、落ち着いた配色のものなど、全7種類のカラーバリエーションがあります。 デザインはオーソドックスかつ機能美に優れており、Suicaなど収納可能。 商品スペックまとめ ホールド 留め金 ・・端末をしっかり保護することを実現。 外側、内側のカラーバリエーション・・サフィアーノ革をモデルに。 カードホルダー 収納 ・・交通カードを収納したまま、使用可能。 全7カラー取扱中 インケースには端末をしっかり保護するためTPUもしくはハードケース ポリカーボネート を採用 前の機種でも気に入っていたので2度目の購入させていただきました! 毎度迅速に配送していただきありがたいです。 ナイロン素材の丈夫な生地と、ストラップやカラビナフックなどを付けられるリング付き。 アウトドア向けの一品です。 商品スペックまとめ 軽量で耐久性があるナイロン生地 MA-1をモチーフ カメラ部分を全面保護 360度回転のアタッチメント採用 アウトケース背面には大胆なストラップホール カードを収納できるカードホルダー 赤い生地の色があざやかだけど派手すぎず、一発で気に入りました。 縫い目も綺麗だし、作りもしっかりしているので万が一落としても安心な感じがします。 ストラップを付けるところもしっかり縫ってあるので、首からかける長めのストラップをつけています。 …というのも年末年始、スマホと定期を落とし紛失するということが連発。 今は仕事中も通勤中も無くす心配がなくなりました。 おすすめ10:手帳型ケース(JMEI VESTA) JMEIの手帳型ケース「VESTA」です。 多機能と良デザインのおすすめ手帳型ケース。 カラビナ型ストラップ付き。 商品スペックまとめ 専用ストラップ&ダブルストラップホール スナップボタンでしっかりホールド 日々の生活に欠かせないカードを収納できるカードホルダー ケースを閉じたままでも通話可能 インケースには端末をしっかり保護するためTPUもしくはハードケース ポリカーボネート を採用 私がスマートフォン等の電子機器周辺グッズで重視するのは、磁石類が使われていないという点です。 スマホに変えてからというもの、同じバッグで持ち歩く銀行通帳を何度ダメにしたかわかりません。 スマホだけでこうなのに、これ以上磁波を発するものは使いたくありません。 スマホ自体にどんな影響があるかもわかりませんし。 それなのに今はスナップボタン式が少なくて、探すのも大変です。 なので、こちらの商品は非常に気に入っています。 ・スナップボタン式 ・選べるツートンカラー ・シンプルなデザイン ・二箇所のストラップホールに、付属品のストラップ。 ちなみにストラップホールに自前ショルダーの紐フックを付け替えれば、斜めがけにして肌身離さず持ち歩くことも可能。 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:.

次の