エミネム lose yourself。 エミネムがアカデミー賞授賞式にサプライズ登場、17年越し「Lose Yourself」 ─ リークされれば出演キャンセルの極秘体制

Lose Yourself/Eminem

エミネム lose yourself

白人ラッパー、ネグレクトされて育った極貧の少年時代、ドラッグ中毒、過激なタトゥー……。 これを見て、「ゴシップネタが目立つあの人ね」と眉をひそめる人には、思い出してほしいことがある。 彼は、誰がなんといっても、アルバムトータルセールス1億枚超の「史上最も売れた」ヒップ・ホップ歌手なのだ。 その「結果」とも言える栄光の裏側には、必ず「原因」が存在する。 今回は、それを探りつつ、エミネムという男に、コンテンツマーケティングで「人たらし」ならぬ、「大衆たらし(人々の心をつかみ、惹きつける)」になるための方法を学んでみたい。 嫌いなあなたも「エミネム」がちょっと気になる動画 はっきり言って、筆者もこの記事を書くまで、エミネムなんてどうでもよかった。 ヒットしているのは知っていたが、いや、だからこそ、彼をとり巻くミーハーに浮かれた群像を思い描き、嫌悪感さえ抱いていた。 だが、この1本の動画をきっかけに、なぜか彼に、彼の言葉に、すっかり魅了されてしまったのだ。 Eminem's Top 10 Pieces Of Advice For Kids(エミネムの「子供たちへ贈る10のアドバイス」) TV番組の中で、エミネムが子供たちへのアドバイスを「ベスト10」風に発表していくのだが、その語られる内容たるや、ただただ「深い」の一言に尽きる。 ぜひ、あなたも動画を観て、エミネムの魅力を感じてみてほしい。 司会者や観客の失笑・苦笑、それに反比例した、エミネムの大真面目な顔つきにも注目だ。 第10位 リアルでいろ (*バーチャルな世界が広がる今の時代だからこそ、大人にも響く、見事な一言である) 第9位 誰もタトゥーしたことに後悔しないぜ (*口に出すということは、タトゥーに後悔した日々もあったのだろうか。 心の葛藤は言葉にすると、強いメッセージとして、昇華されることもあるのだ) 第8位 海外市場が不安定だから、債券投資するなら「今」がチャンスだぜ (*えっ? あのエミネムから、まさかの経済学!? このタイミングで、このギャップ作り……。 そのセンスに脱帽だ) 第7位 「トイ・ストーリー3」を観に行けよ! おもちゃたちが、街に帰ってきたぜ (*意味はよくわからないが、おもちゃたちが帰ってきて、よほどうれしかったのだろう。 子供のような率直さにキュンとくる人は多いはずだ。 女性限定?? ) 第6位 音楽は、アーティストにちゃんと印税を払うところから買えよ (*ごもっとも! すべてのアーティストが伝えたい王道メッセージだ。 TPOをわきまえた、トップスターらしいバランス感覚である) 第5位 絶対に「麻薬を取り扱ってる奴」や「ギャング」や「企業のお偉いさん」とは、仲良くなるなよ (*恐らく、過去の自分を振り返った懺悔(ざんげ)なのだろう。 経験者の言葉は重く、影響力があるという一例だ) 第4位 魔法の言葉を忘れんな! 「お願いします」、「ありがとう」、「ビッチはひっこんでろ」 (*最初の2つを際立たせるために、あえて最後に選んだ口汚いスラング。 ニクい構成で印象に残るフレーズだ) 第3位 金で幸せは買えないけど、クレイジーでバカげた幸せなら買えるぜ (*表現は過激だが、「本当に大切なものは、目には見えないんだよ」という、サン=テグジュペリの『星の王子さま』の中のセリフを彷彿(ほうふつ)とさせないだろうか?) 第2位 もし君にサインをしてあげて、それがネットオークションで売られるのを見かけたら、お前んちに行って、ベッドの下に隠れてるからな! (*ヒェ~! 大人は笑える話だが、子供は想像すると、恐怖で眠れなくなるかもしれない。 「子供がすることだから」と大人ぶらない、飾らない人間味に、誰もが共感してしまうはずだ) 第1位 こんな番組見て、時間を無駄にすんなよ! (*見事なオチで、Time is money.(時は金なり)の基本も押さえてくる生真面目さ。 この一言で、一緒にTVを見ている親たちの眉間もゆるむだろう) エミネムが教えてくれること 上の動画を観ていただいてもわかるように、エミネムの言語能力(ライティング能力)、マーケティング力は異彩を放っている。 彼の作ったヒット曲の一部から、さらにその魅力を紐解いてみよう。 1)ライティングについて エミネムの曲で気づかされるのは、その圧倒的な「語彙(ごい)力」だ。 それが、ラップの特徴でもある、完成度の高いライミング(韻踏み)を生み出していることが、ヒット曲「lose yourself」の歌い出しでもわかる。 His p alms are sw eaty, knees weak, arms are h eavy (彼の手のひらはジットリ、ひざはガクガク、腕はズッシリ) 太字になっている部分が、ダブルで韻を踏んでいることにお気づきだろうか? 事実、彼は「Orange(オレンジ)という単語では韻を踏めないという人がいるが、俺はいくつだって踏むことができる」と断言しているようだ。 その秘密は、学生時代から愛読している「辞書」にあるという。 辞書というと、学生時代限定アイテムのように思われがちだが、私たちの言葉の「基礎」となるものがすべて詰め込まれているのだ。 これほど、ライティングにふさわしい参考書はないだろう。 また、「語彙」が増えていくことで、冷静な「編集力」も備わってくる。 それは、エミネムの歌詞から伝わる言葉の「緊張感」からも、よくわかるはずだ。 リズムのカウントに合わせながら、言葉の意味、アクセント、どの単語の組み合わせがより印象的に響くのかを検討していく。 恐らく、気の遠くなるような編集作業で、音節の一つひとつに気を配っているに違いない。 彼の「激情」とも言えるメッセージは、その作業があって初めて、強く、そして直線的に、聴く者の「心に刺さる」のだ。 2)マーケティングについて エミネムの曲は、マーケティングに必須の大きなルールを満たしている。 それは、「聴く者より先に、聴く者の潜在的な心情」を唱えているということだ。 たとえば、今年の母の日に公開して話題になった、スパイク・リー監督のミュージック・ビデオ「Headlights」という曲がある。 これは、ネグレクトを受けて育ち、自分の母親に対してネガティブな感情を抱き続けてきたエミネムが、自分自身も「人の親」となることで、次第に母を許し、和解を求めていくようになった経験を歌にしたものだ。 憎しみであれ、慈しみであれ、ほとんどの人が自分の母親に対して、特別な感情を抱えている。 言い換えれば、「母」という題材は、すべての人の心に響く可能性があるテーマなのだ。 だが、その一方で、誰に批判されることも恐れてはいない。 彼は、すべての人に語りかけようとすると、誰にも語りかけていないのと同じになることを知っているからだ。 その表現方法が極端であっても、常に、自分だけが持っている「背景」のストーリーテラーであること。 エミネムは、そこにしっかりと軸足を置いているのである。 まとめ いかがだろうか? エミネムは、私たちに、コンテンツは「ツール」であり、本当に必要なことは「ストーリー」であることを再認識させてくれる生き証人ではないだろうか。 もはや彼は、戦略的なライターやマーケターではない。 彼にとって、ストーリーを語ることは、息をするかのように自然なことなのだ。 奇才でも、天才でもなく、「天然」。 天然は、「最強」なのである。 参考元:.

次の

エミネムがアカデミー賞授賞式にサプライズ登場、17年越し「Lose Yourself」 ─ リークされれば出演キャンセルの極秘体制

エミネム lose yourself

『Lose Yourself』の歌詞と和訳 Intro Look, if you had one shot, or one opportunity To seize everything you ever wanted, in one moment Would you capture it, or just let it slip? もしお前が一度きりのチャンスを掴めて、お前が欲しかったもの全てが手に入るとしたら。 お前は掴みきれるか?それともそのチャンスを逃すのか? His palms are sweaty, knees weak, arms are heavy There's vomit on his sweater already, Mom's spaghetti, he's nervous 奴の手は汗ばんで、足はふらつき、腕は重い。 スウェットにはママの作ったゲロがついてる。 緊張してやがるぜ But on the surface he looks calm and ready t o drop bombs, but he keeps on forgetting What he wrote down, the whole crowd goes so loud でも見た目は落ち着いていてカマす準備はできていそうなのに、何を言うか忘れてやがる。 オーディエンスはざわつき始めている He opens his mouth, but the words won't come out, He's choking, how? Everybody's joking now, The clock's run out, time's up, over, blaow 口は開けたものの言葉が出てこない。 喉を詰まらせているみたいだな。 みんながバカにしてる。 時間切れだ。 Snap back to reality, ope there goes gravity, ope There goes Rabbit, he choked, he's so mad but he won't 現実に戻ってやっと地に足がつく。 ラビットのは喉を詰まらせていた。 Give up that easy, no, he won't have it, he knows His whole back's to these ropes, it don't matter, he's dope 諦めるのは簡単だがアイツはそんな決断しない。 みんなが裏でアイツをバカにするがアイツはそんなこと気にしない He knows that but he's broke, he's s stagnant, he knows When he goes back to this mobile home, that's when it's やつは調子が悪くて悪い流れてにいるのを知っている。 今日もやつはトレーラーハウスに帰る Back to the lab again yo, this whole rhapsody Better go capture this moment and hope it don't pass him あの場所はまるで研究所みたいだ。 この一瞬を掴んで誰にも渡すな Chorus You better lose yourself in the music the moment, you own it You better never let it go 音楽に全てを捧げろ。 音楽はお前のものだ。 手放すんじゃないぞ You only get one shot, do not miss your chance to blow This opportunity comes once in a lifetime たった一度のチャンスしかない、だから逃すな。 そのチャンスは人生で一度きりだから You better lose yourself in the music the moment, you own it You better never let it go 音楽に全てを捧げろ。 音楽はお前のものだ。 手放すんじゃないぞ You only get one shot, do not miss your chance to blow This opportunity comes once in a lifetime たった一度のチャンスしかない、だから逃すな。 そのチャンスは人生で一度きりだから Verse2 His soul's escaping through this hole that is gaping This world is mine for the taking, make me king アイツの魂はこのポッカリ空いた穴から逃げ出している。 この世界は俺のだ、俺がキングだ As we move toward a New World Order, A normal life is boring, but superstardom's Close to post-mortem, it only grows harder 新世界秩序に向かっている。 普通の人生は退屈だがスターへの道は死後の世界に行くようなもんだ Homie grows hotter, he blows, it's all over These hoes is all on him, coast-to-coast shows, He's known as Globetrotter スターへの道は険しくなるが、仲間たちの絆はより強くなる。 アイツにかかっている。 西から東、世界中にライブに行く Lonely roads, God only knows, he's grown farther from home, he's no father He goes home and barely knows his own daughter それは神しか知らない孤独な道だ。 家にも帰らずもはや父親でもない。 まれに帰っては成長した娘に度肝を抜かれる But hold your nose cuz here goes the cold water These hoes don't want him no mo', He's cold product だが鼻をつまんで冷水で頭を冷やしな。 あの女たちはお前なんていらないんだ。 They moved on to the next schmoe who flows He nose-dove and sold nada, and so the soap opera ファンたちは次のバカどもに釘付けだ。 急降下、何をしても売れやしねぇ Is told, it unfolds, I suppose it's old, partner But the beat goes on: da da dum dadum da da da 人生はこんなもんさ。 それでもビートは続いて行くんだ Chorus You better lose yourself in the music the moment, you own it You better never let it go 音楽に全てを捧げろ。 音楽はお前のものだ。 手放すんじゃないぞ You only get one shot, do not miss your chance to blow This opportunity comes once in a lifetime たった一度のチャンスしかない、だから逃すな。 そのチャンスは人生で一度きりだから You better lose yourself in the music the moment, you own it You better never let it go 音楽に全てを捧げろ。 音楽はお前のものだ。 手放すんじゃないぞ You only get one shot, do not miss your chance to blow This opportunity comes once in a lifetime たった一度のチャンスしかない、だから逃すな。 そのチャンスは人生で一度きりだから Verse3 No more games I'ma change what you call rage Tear this motherfucking roof off like two dogs caged ゲームは終わりだ。 俺は怒りを押さえつけて変わるんだ。 まるでケージに閉じ込められた二匹の犬のように I was playing in the beginning, the mood all changed I've been chewed up and spit out and booed off stage 最初からやり直し、雰囲気も作り直した。 壊され、はけ口にされ、ブーイングもされた But I kept rhyming and stepped right in the next cypher Best believe somebody's paying the Pied Piper それでもアイツらと一緒にライムを書き続けた。 信じるものは金を払う奴らだけだ All the pain inside amplified by the fact That I can't get by with my 9-to-5 And I can't provide the right type of life for my family 痛みは日に日に増幅される。 俺はまともな仕事もできない。 家族にもまともな生活を送らせてやれない Cuz man, these goddamn food stamps don't buy diapers And there's no movie, there's no Mekhi Phifer, this is my life こんなクーポンじゃオムツさえ買えねぇ。 これは映画なんかじゃない。 俺の人生だ。 And these times are so hard, and it's getting even harder Trying to feed and water my seed, plus teeter-totter キツイ時間だ。 しかもよりキツくなりやがる。 Caught up between being a father and prima donna Baby mama drama screaming on her, too much for me to wanna 俺とアイツの間には赤ん坊がいるんだ。 もうたくさんだ Stay in one spot, another day of monotony's Gotten me to the point I'm like a snail, I've got もうこんなとこには留まりたくない。 そうだ、俺はカタツムリみたいなもんだよ To formulate a plot or end up in jail or shot Success is my only motherfucking option, failure's not 人生の筋道を立てないと撃たれるか刑務所入りだ。 成功はたった1つの選択肢。 失敗なんてないんだ Mom, I love you, but this trailer's got to go I cannot grow old in Salem's lot 愛してるよママ、でもトレーラーでは過ごせない。 こんな場所では年老いていけないんだ So here I go, it's my shot, feet, fail me not This may be the only opportunity that I got だから行くよ。 これが俺なんだ。 このチャンスは一度しかないんだ Chorus You better lose yourself in the music the moment, you own it You better never let it go 音楽に全てを捧げろ。 音楽はお前のものだ。 手放すんじゃないぞ You only get one shot, do not miss your chance to blow This opportunity comes once in a lifetime たった一度のチャンスしかない、だから逃すな。 そのチャンスは人生で一度きりだから You better lose yourself in the music the moment, you own it You better never let it go 音楽に全てを捧げろ。 音楽はお前のものだ。 手放すんじゃないぞ You only get one shot, do not miss your chance to blow This opportunity comes once in a lifetime たった一度のチャンスしかない、だから逃すな。 そのチャンスは人生で一度きりだから 『Lose Yourself』の歌詞の意味 『Lose Yourself』は「自分自身を忘れさせろ」という意味になります。 それがエミネムの場合「音楽自分自身を捧げる」という意味になります。 いくつか歌詞の中で彼の過去の話が出てきます。 トレーラーハウスというのは彼が住んでいたスラム街の家のこと。 こんな風にこの歌はある程度事実に基づいて作られた歌なのではないかなと思います。 彼の過去についてはこの記事で詳しく解説しています。

次の

ルーズ・ユアセルフ

エミネム lose yourself

海外メディアによると、彼の登場は完全サプライズであり、本人にとってもファンにとっても念願のパフォーマンスとなった。 もともとエミネムは、自身の半生を基にした『8 Mile』で、2003年のアカデミー賞歌曲賞を受賞。 例年、オスカーでは歌曲賞の候補者によるパフォーマンスが見どころになっているが、エミネムは授賞式を欠席。 Varietyでは、エミネムがセンサード・ヴァージョンを歌うことを拒否した、自分が受賞するとは思っていなかったなど、欠席にまつわる諸説を紹介している。 [PR] 情報筋が同サイトに語ったところでは、エミネムの登壇は完全シークレットとされ、リハーサルもドルビー・シアターを閉鎖した状態で行われた。 また彼の契約には、事前にマスコミに漏れたら出演をキャンセルするオプションが含まれていたという。 エミネムはこの日、当時のオスカー受賞時のビデオを自身のTwitterでシェア。 「ここにたどり着くまで、18年もかかってしまった。 ごめんよ」とツイートしている。 今回のアカデミー賞ではそのほか、『』で歌曲賞を受賞したの「(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン」や『』のメイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン」などが披露された。 日本からも吹き替え版でエルサの声を演じた女優・が、各国のエルサ女優たちと歌を披露して話題を呼んだ。 (編集部・入倉功一).

次の