野菜 冷凍保存。 野菜の冷凍保存の方法!生のままで超簡単!

野菜炒めを冷凍保存する方法は?アレンジ料理や自然解凍に便利な保存テクニック!

野菜 冷凍保存

忙しい毎日のお料理に、時短や節約に役立つ冷凍保存はますます重要に。 最近ではセカンド冷凍庫も売れているそうです。 より効果的に食材を冷凍する為のコツをご紹介します! 野菜を冷凍保存して、ストックして使いたい! そんな主婦のご要望にお応えして、野菜の冷凍保存方法を 全て実際に実験・検証した上でわかりやすくまとめました。 スタンダードな野菜から、たまに使いたいけど1度に使い切れないあの野菜など、様々な野菜の冷凍保存方法をご紹介いたします。 また、気になる 保存期間や 冷凍後の食感、 調理方法などもわかりやすくまとめています。 野菜の冷凍方法 野菜別一覧(五十音順) 冷凍保存方法を知りたい野菜を選択してください。 基本的な野菜の冷凍保存方法 野菜の冷凍保存方法は大きく分けて2通りの方法があります。 生のまま冷凍させる 生のまま野菜を冷凍させる場合は、 料理する際に使いやすい大きさにカットしてから、1度に使う分に小分けにして、ラップをし密閉容器に入れて冷凍するのが基本です。 野菜によっては、切り方に注意して冷凍しないと調理しずらいものもあるので、注意しましょう。 また、 トマトはカットしなくても、そのままの状態で冷凍保存が可能です。 下茹でしてから冷凍させる 下茹でが必要な冷凍保存の場合は、生のまま使う場合よりも短い時間の下茹でが基本です。 少し硬めに茹でて、しっかりと水気を切ってからラップに包み、密閉容器に入れて冷凍します。 水気がしっかりと切れていないと、冷凍後に野菜がくっついてしまうので、キッチンペーパーなどで丁寧に水気をふき取るか、ザルに揚げてしっかりと水気を切ってから冷凍保存しましょう。 また、これ以外にもや キュウリなどは、それぞれ下処理が必要です。 そのまま冷凍保存できない野菜もありますので、注意が必要です。 冷凍野菜の調理方法 基本的には 冷凍のまま調理するのがオススメです。 自然解凍してしまうと、水分が流出してしまい、食感も損なわれてしまうので、炒め、茹で、煮込みなどに冷凍のまま使用します。 下茹でした冷凍野菜を茹でて解凍する場合には、通常の茹で時間よりも短い時間で茹で上げましょう。 野菜によっては、冷凍することで食感が損なわれてしまうものもあるので、それぞれに合った調理方法が必要です。 また、ご家庭で冷凍保存する場合は添加物や保存料を使用しないため、市販の冷凍野菜よりは日持ちせずに、色味も悪くなる場合がありますが、お子様がいる家庭などでも安心して使用できます。 実際に検証してみて思ったこと 野菜の冷凍・調理を実際に検証してみて思ったことは、 やっぱり野菜は生で使うのが一番美味しい!もちろん、市販の冷凍野菜は企業努力により、家庭でのフリージングなど比べ物にならない品質で美味しく売られていますが、家庭での冷凍だと生食にはなかなか勝てません。 野菜は、どうしても余らせたくない時に冷凍保存して、活用していきたいですね! また、ここに載っていない野菜で冷凍保存方法を知りたい野菜があれば、からお問合せください。

次の

今日から使える!冷凍のプロが教える、野菜を上手に冷凍保存する方法

野菜 冷凍保存

生の野菜は丸のまま冷凍するのは難しい。 細かく切ったり、一度茹でたり、一手間かけると、美味しく使いやすく保存することができます 野菜はそのまま冷凍するのは向いていない食材と言われています。 水分が多く含まれる野菜は、冷凍すると中の水分が凍ってしまい、解凍したときにその水分が一緒に流れ出して、味や質を変化させてしまうことがあるからです。 肉や魚などは生のまま冷凍したあとに解凍すれば、冷凍前とほぼ同じ状態に戻り、お刺身などはそのままでも食べることができます。 でも、生のまま食べることの多い野菜を冷凍後解凍すると、別の食感になってしまうことが多いです。 冷凍した野菜を美味しく食べるためには、加熱調理したり、刻んだり、すりおろしたりするのがおすすめ。 もしくは、凍ったまま調理することで、食感の変化を少なくすることができます。 この記事では野菜を下処理してから冷凍する方法をご紹介します。 また、半調理の状態で冷凍しておけば、あとがラクになるので、忙しいときにも便利です(野菜を生のまま冷凍する方法については「」をご覧ください)。 また、野菜を調理するときは、凍ったまま、炒めたり煮たりするのがおすすめです。 完全に解凍をすると、水分が出てしまい、旨みも栄養も一緒に流れてしまいます。 解凍後そのまま食べるような食材であれば、電子レンジで短時間加熱し、手早く解凍するといいでしょう。 葉野菜の冷凍&解凍方法 ほうれん草や小松菜などの葉野菜は、 いったん茹でてから冷凍するのが基本です。 解凍すれば、そのまま、おひたしや炒め物などに使えて、調理時間が短縮できます。 茹でるときは、その後電子レンジでの解凍や調理のことも考えて、 ややかためにしておくのが美味しく冷凍するコツです。 ここでは小松菜を例に紹介します。 小房に切り分け、茹でてから冷凍します。 サラダや炒め物などにするときは電子レンジで解凍してから、スープや煮込み料理にするなら凍ったまま入れて調理します。 そのままスープなどにすることはできますが、元のシャキッとした食感はありません。 根菜の冷凍&解凍方法 根 菜の場合もいったん茹でるなどの調理をしてから冷凍しますが、じゃがいもなどの芋類は茹でただけでは解凍とともに水分が抜けて、食感が悪くなることが多いです。 さらに、つぶす・すりおろすなど組織を細かくしておくと、味を落とさずに食べ切ることができます。 ここではじゃがいもを例に紹介します。 炒め物などにするときは電子レンジで解凍してから、味噌汁やスープ、煮込み料理にするときは凍ったまま調理します。 ハンバーグや炒め物などにするときは電子レンジで解凍してから、味噌汁やスープ、煮込み料理にするときは凍ったまま調理します。 味噌汁や煮物、炒め物など、調理するときは凍ったまま使います。 ただし、炊き込みご飯など、細かく刻んで、他の具材と一緒に冷凍すれば、食感の悪さもあまり気になりません。 キノコの冷凍&解凍方法 長く置いておくと、色が変わったりして、傷みやすいキノコ。 石づきを取り除き、食べやすい大きさに分けてから、ラップに包んだ上でフリーザーバックに入れて、冷凍します。 ポイントは洗わないこと。 汚れが気になるときは、濡らしたキッチンペーパーで軽く拭く程度にしてください。 キノコは水につけると旨みが逃げてしまいがちですが、特に冷凍すると解凍されたときにベチャッとしやすくなります。 料理するときは、凍ったまま、スープや炒め物などに使ってください。 自然解凍や電子レンジで解凍すると、水分が出てしまい、キノコの食感が残りにくくなります。 ひと手間かかりますが、野菜を上手に冷凍できるようになると、心を痛めて捨てることも減って、新しい料理にも挑戦してみる意欲が湧くかもしれません。 一人暮らしだからこそ身につけておくと助かるテクニックです。 上手に活用できるようになると、自炊もぐんと楽になりますよ。 毎日は難しい人でも少しずつ挑戦してみてくださいね。 その他の食品の冷凍保存方法は、『』『』『』『』『』『』『』にまとめてあります。 そのまま冷凍できるもの、また一手間加えて冷凍するといいものなど、一人暮らしの食事がもっとラクに美味しくするヒントをお届けしています。 併せてご覧ください。

次の

[野菜の冷凍保存]大根、キャベツ、白菜を丸ごと使い切る保存法

野菜 冷凍保存

葉物野菜を生のまま冷凍したときに、どうやったら美味しく食べられるのか調べてみました 傷みやすい野菜は、一人暮らしの場合、食べきるのが難しいことがあります。 とはいえ、カット野菜は割高。 冷凍保存できると無駄なく食べきれそうですが、野菜の冷凍は難しかったり面倒な印象があるかもしれません。 野菜は他の食材と比べて、その成分のほとんどが水分というものが多くあります。 冷凍保存をすると、野菜の組織が壊れてしまい、解凍したときにその中に含まれる水分が一緒に流れ出てしまい、元の状態には戻らなくなってしまいますが、いったん茹でることで、水分が抜けてしまったり、変色を防ぐ効果が期待できます。 ただし、最近は野菜の種類や調理法によっては、生のまま冷凍をしても食べられる、むしろその方が美味しいものもあるとも言われています。 でも、野菜によって食べ方や調理法はそれぞれ異なります。 そこで今回は葉物野菜を中心に生のまま冷凍し、どの野菜が冷凍に向くのか、またどんな切り方や調理法がいいのかを実際に試してみました。 実験! 冷凍保存した野菜と切り方、調理法、評価 それぞれの野菜に合わせて、調理しやすい大きさに切り、フリージングバッグに入れて、冷凍保存しました 一人暮らしの場合、わざわざ手間をかけて冷凍するのは大変です。 冷凍する方法は野菜を切って、フリージングバッグに入れるだけ。 火を通したり、味をつけたりといった手間をかけることはしないで、どれだけ美味しく食べられるかを調べます。 解凍してしまうと変質する可能性が高いので、自然解凍以外は凍ったまま調理をしています。

次の