フィリピン航空 マイル。 フィリピン航空

フィリピン航空の特徴・評判。使いまくったので口コミ投稿する。

フィリピン航空 マイル

フィリピン航空の評判・口コミについてまとめます。 2019年には集中して利用するようにしてフィリピン航空の良さ・イマイチさがわかってきました。 アライアンス加盟の噂が出ており、その動向は気になるところです。 日本人に人気のスターアライアンス、ワンワールドに加盟するのか、それとも利用者が少ないスカイチームへと行ってしまうのか。 フィリピンは東京から4時間前後のフライトで到着します。 マニラは観光スポットとしてはイマイチですが、周辺の離島には人生で一度は訪問したい絶景スポットがたくさんあります。 乗りまくった投稿者よりリアルな写真とともに口コミ投稿します。 ニノイ・アキノ国際空港• これらの機材に当たると機内モニターがないことがあります。 日本の国際線路線にも稀にモニターなしの機材に当たることがあるので、チケット購入時に気をつけると良いでしょう。 モニターがない機材には代わりにエンタメ用のアプリが用意されています。 生涯に渡り、上級会員の扱いを受けられます。 ステータスマッチは可能か 可能です。 ステータスマッチというのは、ある航空会社の上級会員がその地位を利用して、他の航空会社の上級会員資格を手に入れることです。 フィリピン航空はアライアンスは未加盟ながら独自のマイレージプログラムを持っており、利用具合に応じて会員ステータスが別れています。 スターアライアンス系やワンワールド系の航空会社からのステータスマッチに成功したという口コミは多くあります。 という私もANAプラチナからマブハイ・マイルのプレミアエリート会員の資格を獲得することができました。

次の

事後登録方法

フィリピン航空 マイル

この記事の目次• フィリピン航空とは は、アジアでもっとも古い航空会社で、1941年に設立されました。 フィリピン国内はもちろんのこと、アジア、オセアニア、ヨーロッパ、北米などに就航しています。 子会社であるPALエクスプレスとともに、フィリピン国内では29都市、世界30都市以上にアクセスが可能です。 サービス改善や新機材の導入なども積極的に取り組んでおり、 2018年にはイギリスのスカイトラックス社から4つ星評価を得ました。 日本からは、成田、羽田、中部、関西、福岡からマニラへ運行しています。 羽田からマニラまでの所要時間はおよそ4時間で、運行は毎日です。 成田からは、フィリピン航空の他にも複数の航空会社とLCCが運行しており、 人気のリゾート地であるセブ島は、成田から週4便、関西、名古屋から週3便が運行です。 フィリピン航空で貯められるマイルとは フィリピン航空は、まだスターアライアンスやワンワールドなどのアライアンスに加盟していません。 しかし、2014年に とマイレージ提携をしたため、ANAマイルを貯めることができるようになりました。 フィリピン航空独自のマイレージプログラムである、マブハイマイルでもマイレージを貯めることが可能です。 ANAマイルを貯めている方は、マニラ経由でヨーロッパなどの長距離でマイルを貯める方法もあります。 マブハイマイルとは は、フィリピン航空のマイレージプログラムです。 アライアンスに加盟していないため、 提携航空会社のANAとエティハド航空の2社のみで特典航空券の発行ができます。 マイル有効期限は2年間で、 マイルの加算や使用をすることで有効期限をまた2年間延長することが可能です。 マブハイマイルのマイルは、 フィリピン航空の利用の他、ANAやエティハド航空に乗っても同じく有効期限が延びます。 失効してしまったマイルでも手数料を支払うことで取り戻すことが可能です。 マブハイマイルでマイルを発券するには、 インターネット上では手続きができません。 特典旅行交換フォームに記入してフィリピン航空の発券オフィスに提出するか、電話をすることになります。 ANAはWeb上での交換が可能です。 また、 獲得したマイルは家族や友人へも譲渡が可能です。 マブハイマイルのメリット フィリピン航空しか乗らないという方は、マブハイマイルでマイルを貯めるメリットもあります。 マブハイマイルに 入会するのは無料で、 クラシック、エリート、プレミアエリート、ミリオンマイラーという会員ランクがあり、クラシックからスタートします。 エリート会員は、フィリピン航空やコードシェア便で25,000マイル獲得もしくは30区間の搭乗で資格を取得でき、ラウンジの利用、優先チェックインなどの特典を付与され、ボーナスマイルも25%加算されます。 プレミアエリートでは、45,000マイル獲得以上か50区間の搭乗などの条件が必要です。 アメリカ、カナダ、ロンドン便に搭乗すると75%のボーナスマイルなどの特典があります。 ミリオンマイラーは、生涯にわたって、さまざまな特典を享受できるクラスです。 発券手数料や変更手数料などが全て免除され、同伴者の優先搭乗などさまざまな特典があります。 ANAマイルを貯められるフィリピン航空 フィリピン航空とANAは業務提携をしているので、フィリピン航空を利用してもANAマイルを貯めることができます。 ANAは、スターアライアンス加盟の航空会社ですが、フィリピン航空をはじめ、インドネシア航空やベトナム航空とアライアンスを超えて独自で提携をしているのです。 JALはワンワールドに加盟していますが、フィリピン航空とは提携関係にありませんので、 JALマイルを貯めることはできません。 ANAでマイルを貯めると、ANA便はもちろんのこと、コードシェア便、スターアライアンス加盟航空など使える航空会社も多いというメリットがあります。 ANAマイルの貯め方 フィリピン航空はなので、ANAマイレージカードを提示するだけでマイレージを貯めることができます。 エコノミークラスでは、 ANAの公式サイトから購入する Y、S、L、M、H、Qクラスで100%の積算率です。 格安航空券は、クラスにより獲得できるマイレージも異なります。 V、B、X、Kクラスで70%、 E、T、U、Oクラスで50%の積算率に下がってしまうので注意が必要です。 予約クラスは航空券や予約時に確認できますが、上記アルファベット以外のクラスとなるとマイル加算の対象になりません。 プレミアムエコノミーでは、W、Nクラスとなり、獲得マイル数は125%です。 ビジネスクラスでは、C、D、I、Zは125%、Jクラスは150%となっています。 特典航空券に必要なマイル ANAでマイルを貯めても、フィリピン航空のマブハイマイルで貯めてもANAの航空券やフィリピン航空の特典航空券を発券することは可能です。 羽田からマニラまでの必要マイル数は、 ANAマイルで20,000マイルですが、 フィリピン航空では、35,000マイル必要になります。 フィリピン航空でマイルを貯めていると、ANAで貯めるよりも多いマイレージが必要になるので、 ANAマイルがお得です。 マイルを獲得するには マイルを獲得するには、フィリピン航空のチェックイン時にマイル申請をする必要があります。 Webチェックインをされる方は、チェックイン時にフィリピン航空のチェックイン画面からロイヤリティプログラムでANAを選択し、マイレージ番号を入力するとマイレージの登録が可能です。 ツアーなどを利用してマイレージを貯める時には、Webチェックインが利用できませんので、搭乗日当日にチェックインカウンターで依頼しましょう。 事後登録 予約の際ANAマイレージクラブお客様番号(10桁)の登録を忘れてしまった場合、 ANAウェブサイトもしくはメール・郵送で事後登録ができます。 マイルが反映されるのに即時~4週間かかるようなので早めの申請をおすすめします。 搭乗後3日後から6か月以内なら申請が可能です。 ANAマイルのアカウントがなくても、事後に作ることは可能ですが、それでもイーチケットと搭乗した際の搭乗券の半券などが必要になります。

次の

ANAのマイルでフィリピン航空の特典航空券を取得するときの注意事項(失敗談あり)

フィリピン航空 マイル

目次(このページの内容)• 特徴 [マブハイマイルのメリット] ・マイルの有効期限は延長可能 ・ANA国内線乗ってマイル有効期限延長OK ・片道の特典航空券マイル数は往復の半分 ・ANA国際線ファーストクラスの必要マイル数が、ANAマイレージクラブより少ない。 ただし、失効しても、手数料を払えばマイルを取り戻すことも可能。 例えば、2017年1月〜12月の間に、一度でもマイルの加算、または使用があれば、今まで貯めてきたマイルの有効期限は、2018年度に延長されます。 もし、2017年1月〜12月の間に、一度もマイルの加算・または使用がなければ、全てのマイルは2018年1月31日に失効します。 マイルの加算は、フィリピン航空のほか、提携しているANA、エティハド航空も対象になります。 つまり、ANA国内線に乗っても、マブハイマイルの有効期限は延長できることになります。 有効期限を過ぎて失効したマイルは、下の手数料を払えば、復活させることも可能です。 1,000マイル毎に、15米ドル+1回の手続き毎に10米ドル手数料 例えば、2,000マイル復活させるには、40米ドルかかります。 マイレージ提携エアライン マブハイマイルの会員は、以下の航空会社便でマイルを獲得・使用できます。 しかし、。

次の