通信講座 宅建。 【2020年版】宅地建物取引士(宅建士)の通信講座~比較・おすすめ・ランキング

【みんなの本音】宅建通信講座の口コミ2ch掲示板まとめ!

通信講座 宅建

「宅建の通信講座に興味があるけど、どんな講座があるか分からない・・・」 「なるべく安くておすすめの通信講座が知りたい!」 こんな悩みや疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 宅建の通信講座(通信教育)を選択する基準として、価格・料金はとても大きな要因です。 ただし 価格は安くても品質がよくなければ、通信講座を受講する意味もなくなってしまいますよね。 そこでここでは数ある通信講座の中でも特におすすめの5社に絞って、 宅建の通信講座の安さランキングを紹介します! さらに、 総合的に一番おすすめできる講座はどれなのかについてもお伝えします。 コストパフォーマンスの良い通信講座を選んで、宅建合格に向けた第一歩を踏み出しましょう! 順位 講座名 最安値 基本費用 1位 スタディング 18,500円 18,500円 2位 アガルート 0円 29,800円 3位 クレアール 38,870円 38,870円 4位 フォーサイト 0円 66,800円 5位 資格スクエア 69,300円 69,300円 宅建の通信講座ではオプションの直前対策講座などで 後から追加料金がかかるケースはほぼありません。 そのため 最安値と基本費用が変わらないパターンがほとんどであることが分かります。 以下ではそれぞれの通信講座の価格以外の側面についても見ていきましょう。 業界最安値:スタディング スタディングのメリット 最も安い宅建講座を提供しているスタディングは、 スマホ学習機能に優れた通信講座でもあります。 スタディングでは講義動画の視聴はもちろんのこと、テキストの閲覧や学習スケジュールの管理、問題演習、講義ノートを取ることさえもスマホ上で行うことが可能です。 そのため通勤電車の中や職場での休憩時間など、 ちょっとした隙間時間を最大限に活用して勉強を進めることができます。 さらに 学習の根幹となるテキストや講義動画のクオリティも極めて高く、市販の教材で学習を進めるよりもずっと効率よく理解を深めることができるでしょう。 スタディングのデメリット スタディングの宅建講座ではスマホやPCで閲覧できるデジタルテキストを用いるので、 基本的に冊子版のテキストがついていません。 スタディングでは基本的に講義動画が学習の中心となるので、テキストは講義の補助教材として活用されます。 そのため 紙のテキストがなくとも基本事項の理解に支障はないのですが、紙のテキストを使った勉強に慣れている方は最初は少々戸惑うでしょう。 スタディングではオプションで冊子版テキストを購入することもできるので、紙のテキストが欲しい方は注文すると良いでしょう。 これらの冊子版オプションや市販のテキストを購入した場合でも、 依然としてスタディングの講座費用は業界最安値であるので、費用面でのアドバンテージは変わらないと言えるでしょう。 最強の合格者特典:アガルート アガルートのメリット アガルートは元々の講座費用が極めて安いにもかかわらず、 合格者に対する全額返金制度まで備えています。 合格者への全額返金制度はアガルートだけの特徴であり、 業界最高の合格者特典だと言えるでしょう。 また、アガルートのもう一つのメリットは合格率の高さです。 平成30年度宅建試験の アガルート受講生の合格率は53. 45倍でした。 このようにアガルートは安いだけでなく、しっかりと数字で合格実績を出している点も好印象です。 アガルートのデメリット まず上記の合格率ですが、 何人分のデータから算出された数字なのかが明確ではありません。 さらにホームページに掲載されている合格者の声も数人分しかなく、 合格率を出すにはデータの母数が足りていないことが示唆されます。 そのため、 公表している合格率が信用に足るものであるかどうかについては、正直なところ疑問が残ります。 また、アガルートには eラーニングシステムが最低限しか備わっていないというデメリットもあります。 スマホで講義動画を見ることはできるものの、問題演習やその他学習補助機能はないので、他社と比較すると少々利便性に欠けるでしょう。 ベテラン講師による講義:クレアール クレアールのメリット クレアールの宅建講座では、30年近くも宅建試験の指導に携わってきた 大ベテラン講師が講義を担当してくださいます。 講義の信頼度の高さは随一でしょう。 また、クレアールでは 学習範囲を「試験に出るところ」に徹底的に絞っているので、効率よく合格ラインを超える実力を身に付けることができます。 他にも講義内容やその他の学習上の不安まで なんでも質問できるなどサポート体制も万全であり、総じて非常にバランスの取れた通信講座だと言えるでしょう。 クレアールのデメリット クレアールではこれといった大きなデメリットはないものの、テキスト・講義動画などのクオリティやスマホ学習システムなどが他社よりも特筆して優れているとも言えません。 さらにフォーサイトやアガルートのような破格の返金制度などもなく、 他の通信講座と比べると少々推しポイントに欠けるというのが実情です。 不合格なら全額返金:フォーサイト フォーサイトのメリット 講座費用の安さランキングではパッとしませんでしたが、実は教材・実績・受講生サポートなど あらゆる面で優れた通信講座がフォーサイトなのです。 まず教材については、 テキストはフルカラーかつ図表も豊富であり、初学者でも難なく学べる極めて良質なものとなっています。 さらに講義映像は専用スタジオでハイビジョン撮影されているので、 他講座とは比較にならないほど鮮明です。 おまけに 独自のスマホ学習システムは特許を取得と、教材については完璧とも言えるクオリティです。 高品質な教材に裏付けられた確かな合格実績もフォーサイトの魅力であり、2018年度の フォーサイト受講生の合格率は70. 54倍の高さを誇ります。 こうした合格実績に対する自信の現れか、フォーサイトでは 不合格者に対する全額返金保証制度まで実施しています。 このようにフォーサイトは学習面において全く隙のない講座となっており、試験合格という目標を達成するのに最も有効な宅建講座だと言っても過言ではないでしょう。 フォーサイトのデメリット フォーサイトの合格実績については、算出に用いられたデータが全て公式サイトで公開されています。 それを見ると700人以上の方のデータから合格率を算出していることが分かるので、 公表されている合格率の信憑性はかなり高いと言えるでしょう。 その他の面で見ても特に惜しいポイントは見当たらず、 フォーサイトのデメリットはやはり講座費用の高さだけにとどまるでしょう。 AIによる出題予測:資格スクエア 資格スクエアのメリット 資格スクエアは 業界で唯一AIを使った出題予測を取り入れている最先端の通信講座です。 ちなみに宅建試験ではカテゴリーが分かれば出題される問題もほとんど分かってしまうので、「カテゴリーの一致」=「問題の一致」と考えても実態と大きく違わないでしょう。 このように資格スクエアは 他のどんな通信講座よりも効率的に合格を掴めるポテンシャルを持っていることが分かります。 これは2019年度試験の結果としては最高の合格率であり、非常に注目されている宅建講座となっています。 資格スクエアのデメリット 資格スクエアの宅建講座では 質問対応サービスが存在しません。 そのため学習上の疑問は講義を聞いて解決するしかないでしょう。 また、スマホを使った問題演習機能が用意されていないので、ゲーム感覚で問題演習を行う、といったことはできません。 講座名 おすすめポイント 総合点 フォーサイト 実績・教材の質は最高クラス 97点 スタディング 破格の安さとスマホ学習システム 90点 資格スクエア 業界初のAIによる出題予測 89点 アガルート 合格者への全額返金制度 88点 クレアール ベテラン講師と親身なサポート 85点 やはり通信講座を選ぶ以上、 最終的なゴールは試験に合格することなので、価格の安さだけでなく 実績や教材の良し悪しも重視して講座選びをすべきでしょう。 そうなると、実績・教材のクオリティ共に隙のないフォーサイトが、総合順位としてはトップに立ちます。 一方で、スタディングは講座費用でも教材のクオリティにおいても優れているので、 コスパを重視するならスタディングを選ぶのがおすすめです。

次の

【宅建】通信講座を一発合格した私が徹底比較!本気で選ぶベスト5!

通信講座 宅建

1.宅建の難易度が分かりずらい理由 宅建の資格取得を考えるとき、気になるのはそれが簡単なのかそれとも難しいのか、また難しいとしてそれはどれくらいの難易度なのか、ということではないでしょうか。 宅建試験の合格率は15%ほど。 そこまでは検索して調べれば誰でも確かな数字としてわかります。 だけどそれが実感としてまたあなたにとって、どの程度の難易度なのかは、どんなに調べてもわかりません。 なぜなら、宅建の勉強をしたことのある人に直接聞いても、ネットの書き込みを調べても、宅建に合格するのは「難しい!」と言う人と、「簡単!」と言う人にくっきりと分かれます。 あなたもそのことを不思議に感じませんでしたか?結果、簡単なのか難しいのか分からずじまいになります。 そのため宅建に興味はあるものの、最初からあきらめてしまう人も少なくないようです。 2.宅建には難易度を下げるツボがある しかしながら、学校の成績は宅建試験にはあまり関係がありません。 実際に、著者よりも学歴優秀な方が何度も合格目指してチャレンジしていらっしゃいますし、その逆もあります。 あなたの周りにも似たようなことがあると思います。 「どうしてそんなことがあるの?」と不思議に思うことから、確かな一歩が始まります。 そこには何か理由があるはずだと感じることでしょう。 そうなんです! 宅建を簡単にした人には、ちゃんと理由があるんです。 その理由をこれから紹介していきます。 このあと掲載するおすすめの通信講座や独学教材は、そのポイントをしっかり押さえたものになります。 宅建合格へ向けて頑張ろうというときの参考になる情報ですので、最後までお読みいただき、しっかりと比較検討してください。 また、宅建試験の傾向や、宅建が簡単な人の理由、簡単に合格するための勉強のコツも掲載しています。 まずは、すぐに教材を入手したい方に向けて、「合格に強いおすすめの通信教育」と「独学教材」を掲載します。 その後、それぞれのおすすめの理由と特徴、独学と通信で迷っている方に向けたメリットデメリット比較、宅建に簡単に合格できる理由と勉強のコツを掲載していきます。 3.おすすめの通信講座 (独学での一発合格を目指すならこの教材がおすすめ!) 関連記事:市販教材の比較検討に 5.宅建試験の傾向と通信講座おすすめの理由 毎年20万人ほどの人が受験をする大人気の国家資格宅建。 でもその合格率は15%ほど。 そんな人気の宅建試験は、いったいどんな出題傾向なのでしょうか。 そしておすすめの教材の理由もいっしょに見てみましょう。 1.宅建の出題傾向 宅建の学習範囲は、実は、相当広いです。 ですからやみくもに学習を始めてしまって「難しい!」と嘆く人が後を絶ちません!対策を立てずに宅建の知識を全て網羅しようと思えば、きりがないほど広いのが宅建試験の難しいところです。 ですから 試験を研究せずに真正面からぶつかると合格までの道のりを苦労することになります。 いっぽうで、宅建試験は、例年似通った傾向の問題が出題されています。 宅建士という大事な資格にそれでいいのかと思いますよね。 でもそれにはちゃんとした理由があります。 宅建士は本当に重要な仕事です。 ですから「宅建士の重要なポイントを押さえていない人を資格認定するわけにはいかない」のです。 宅建の試験は全部で50問出題されます。 その50問に重要なポイントを出題していくと、それほど大きな出題傾向のアレンジはできないということになります。 ですからどうしても似通った問題になってしまいます。 宅建は2015年から士業になりました。 その資格の重要性は弁護士などの従来士業と変わらないほどに認められてきていますし、これからますますその傾向は高まることが予想されます。 このまま社会が多様化を続け複雑化していけば、もしかすると将来50問が100問になる日が来るかも知れません。 宅建の出題範囲を隅から隅まで勉強しようと思えばきりがありませんが、以上のことを踏まえて重要度の高いポイントを押さえて学習すれば、すんなり合格できます。 みなさんの周りでも見られる、「宅建は難しい!」と言う人と「簡単に合格できる!」と言う人の不思議な現象の原因は、こんなところにあります。 2.通信教材のおすすめの理由は? おすすめの通信教材は、宅建の合格者を数多く輩出してきた「宅建試験に関するプロの講師が監修」しています。 ですから、出題されるポイントを効率よく学習できるように、工夫がされ、また受講者をなんとしても合格へ導こうとの熱意が込められています。 前述したように宅建試験は出題傾向を分析し、それに沿った教材や学習方法を取ることが、ラクに合格できるかどうかに大きくかかわってきます。 教育のプロ・宅建試験のプロが研究しつくした教材による通信教育は、いわば受験者が出題傾向の分析を専門家に依頼したようなものです。 いっぽう独学での合格を目指すときには、出題傾向の把握ができるような学習法を自分で考えて進めていかなければなりません。 専門家による通信教育はスタート地点が独学よりだいぶ先のほうにあるという感覚でお得です。 3.そんなに的を絞った学習で大丈夫なの? お話してきたように宅建試験では、重要ポイントがある程度絞られています。 また範囲の広さは半端ではありません。 そのようななかで、ほとんど出題されることのないところにまで手を広げて学習することは、合格を遠のかせるだけでなく、頭の中の整理整頓も難しくなり学んだ知識を活かすことも困難になります。 特に試験に合格しようという時の教材選びは、 「宅建の知識を網羅する教材」ではなく、「合格に特化した教材」をチョイスすることが目標達成への近道です。 6.通信教育と独学、どちらを選べばいいのかしら?メリット・デメリット比較 通信教育と独学、どちらにしようかと迷っている人も多いことと思います。 そこで、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。 自分に合った学習スタイルを選択すれば、合格への道のりもそのぶんラクになると思います。 わかりやすく箇条書きにしてみました。 通信と独学のどちらが自分に合っているかを考えるとともに、各種教材の特徴や強みをチェックしてみることも大切ですので、次にその特徴と強みをみていきます。 7.TOP宅建学院の講座の特徴とおすすめの理由! TOP宅建学院は、毎年多くの合格者を輩出している宅建の専門校です。 そのため宅建の試験を知り尽くした専門校ならではの強みと経験にもとづくカリキュラムが人気です。 ではその特徴を見てみましょう。 ・全国No. 1級の宅建プロ講師が監修した教材で学べる ・TOP学院の教材は毎年本試験的中率が90%を超えている ・宅建試験を徹底的に分析し、試験に出るところを厳選。 無理なく無駄なくマスターできる ・必要な知識をテキストに凝縮。 TOP宅建学院のまとめ TOP宅建学院の通信講座は、宅建の専門校ならではの強みと合格ノウハウが凝縮されていることがわかりました。 その強みをもってすれば、合格への道のりも心強いものではないでしょうか。 TOPの特徴は、料金によって様々なコースがあり、3万円代のコースではテキストや問題集の他にCDが17枚、9万円代のコースになるとテキスト問題集のほかDVDが24枚と、紙学習だけではない教材がセットになっていることが次に紹介しますユーキャンとの大きな違いになります。 だけど名前は知っていても講座の特徴は知らない人がほとんどではないでしょうか。 そこで、ユーキャンの宅建講座の特徴をまとめてみたいと思います。 そうはいっても膨大な量の過去問に取り組むのは大変なことです。 だからユーキャンの過去問題集は、出題率の高い問題を厳選して掲載。 合格のための効果的な学習ができるように工夫されています。 ユーキャン講座の合格までの流れ 重要な部分の学習が薄まってしまいます」 というのがユーキャンの考え方です。 これは当サイトが独学の方に伝えてきたことと全く同じ考えです。 ですからユーキャンの教材は自信を持っておすすめできると考えています。 2.万が一合格できなかったらどうなるの? ユーキャンでは翌年の試験まで質問や添削指導サービスを継続することができますので、ご安心ください。 まとめ:テキストが薄いことの利点 効果的な合格を目指す上でテキストが薄いことの利点は、 ・頭の中の整理がしやすい ・隙間時間を有効利用しやすい ・短期間で合格を狙える ・気持ちの負担が少なくモチベーションを保ちやすい ・結果、合格しやすくなる ととても多いことがわかります。 重要ポイントを凝縮し合格のために作り出した薄いテキストだからこその人気講座なのですね。 講師陣が研究分析にかけた努力を想像してしまいます。 ユーキャンが多くの合格者を輩出している理由はここにあると思います。 独学で合格を目指すときには大きくわけて3つのリスクが考えられます。 確かに通信教育なら、専門家が研究し尽くした効果的なレールの上を歩いて行けばよく、そのぶん間違った勉強法で苦労するリスクはありません。 それに対して独学の場合は、自分でそのレールを敷いていかなければならないというデメリットがあり、レールの敷き方を間違うリスクがあります。 それを補うために当サイトでは、独学の方の効果的な勉強法と勉強プランを公開しています。 ですからイチからレールを敷く必要がありません。 「学習に費用をかけられない」、「どこから手をつけていいのかわからない」、「独学でも合格できる効果的な勉強手順を知りたい」とお考えの場合は、プランと勉強法を解説した下記記事をお読みのうえ、ご自分のスタイルに合うよう微調整してご使用ください。 また、苦手科目をなんとかしたい、暗記が苦手、モチベーションが保てない、という場合に対応した記事も掲載していますのでご活用ください。 では、独学で一発合格を目指す方におすすめの教材とその特徴を解説します。 10.独学におすすめの参考書と問題集の特徴 独学での合格を目指すうえで考えなければならないのは、 講師や添削の力を借りることができないという点です。 ですから 教材選びはより重要ということになります。 初心者でもわかりやすい平易な言葉や適切な図表によって、独学でも理解が進みやすい工夫がなされているか、また重要でない箇所まで網羅した分厚い教材ではないか、独学合格の道のりをラクにできる本かをよく検討して市販本の中からチョイスしなければなりません。 そこでそれらの問題をクリアするおすすめの市販本について見ていきたいと思います。 権利関係の難しいところもわかりやすく解説。 民法をスーッと理解できるためスタートダッシュが効き、宅建業法、法令上の制限とスムーズに進んでいけます。 また4分野すべてを網羅しているため、これ一冊ですべて事足りる内容になっています。 そのため、それ以前に出版された教材をご使用の方は、教材発行後に行われた法改正の内容を確認して学習を追加する必要があります。 12年ぶんありますので、理解度のチェック用、試験前の練習用と使い分けができます。 この2冊を使い倒せば合格できる内容になっていますが、「苦手な部分をあぶり出して徹底的に鍛えたい」「穴埋め問題集が欲しい、徒歩時間を有効利用したい」など、さらに効率よく成績を上げるための便利な強化本として次の2冊をご紹介します。 ) 以上の4冊が独学一発合格に向けておすすめの教材です。 宅建試験では毎年比較的似通った傾向の問題が出題されています。 ですから効率良く合格を目指そうとするなら、問題集、特に過去に実際に出題された過去問題集を中心とした学習が効果的です。 出版されている問題集は、毎年行われる法改正によって正答が変化したところに修正を加え、最新の法律に沿った形で出版しています。 発行年度の古い中古の問題集やネットの過去問をご使用の方は、その点をご注意ください。 さいごに 宅建を勉強すると、今までスルーしていた新聞折込の不動産チラシにも目を止める機会が自然に増えてくると思いますし、またそれを適正に判断する知識もできますので、資産形成を考えるきっかけは一般の人より多くなると思います。 宅建の資格そのものが仕事として活きることももちろんですが、そのように、知らず知らずのうちに役に立つ事が多いというのも、宅建の魅力の一つです。 だからこそ不動産業従事者はもとより、建設業、金融業、就職活動を控えた大学生、主婦のみなさんや高齢の方々など、毎年20万人もの人が資格取得を目指して日々努力しているのではないでしょうか。 そんな魅力のある国家資格を、できれば簡単に取得したいですよね。 宅建の試験は毎年7月に受験申込を受け付け、10月に試験が実施されます。 ユーキャンでは学習期間6ヶ月を目安にカリキュラムを組んでいますから、試験までの日程を考え、早めに行動することが大切です。

次の

宅建の通信講座を徹底比較【2020年15社タイプ別に整理!】

通信講座 宅建

宅建の通学講座VS通信講座 ~合格できる講座はどれ?~ 宅建試験の平均合格率は約16. 合格率が10%に満たない資格試験も少なくないなか、10%はおろか15%をも超える宅建の合格率は高い方だと言えます。 この合格率からもわかる通り、他の国家資格と比べて宅建は比較的取得しやすく、実際に独学で合格している人たちも大勢います。 ただし、ここで留意すべき点もあります。 それは、合格者の属性についてです。 宅建試験の合格者の属性を職業別に見てみると、不動産・金融機関・建設関係といった、宅建に関連する業界に身を置く人たちが半数を占めています。 宅建関連職の人たちは当然、不動産に関する一定の知識を持った状態で、受験勉強をスタートします。 さきほど「独学で合格している人たちも大勢います」と述べましたが、その大半は、こうした実務従事経験者であることは想像に難くありません。 それでは、宅建関連業務の未従事者や今回初めて不動産について学ぶ初学者が、実務従事経験者と伍して戦うためにはどうすれば良いのか? それはプロの力を借りる、すなわち 宅建講座を受講して、確実かつ効率的に学んでいくというのが、やはり定石かと思います。 さて、宅建講座には大きく分けて、「通学講座」と「通信講座」の2種類があります。 それぞれにメリット・デメリットがあるのですが、通信講座にはない通学講座のみのメリットとしては、臨場感のある生の講義と同席するライバルたちの存在によって高いモチベーションの中で学習できる点。 デメリットとしては、時間や場所の制約が大きく、また費用が高額である点が挙げられます。 一方の通信講座のメリットとしては、時間や場所の制約を受けずに自分のペースで学習できる点。 そしてデメリットとしては、自宅でのひとり学習が中心となるため、モチベーション管理が難しい点が挙げられます。 それぞれにメリットとデメリットのある通学講座ならびに通信講座ではありますが、自分の学習環境・性格・目的にぴったりの講座を選ぶことができれば、あなたを宅建試験合格へとグッと近づけてくれることは間違いありません。 このサイトでは、宅建試験対策の通学講座・通信講座の中から、主だったものを5講座ずつピックアップして紹介していますので、講座選びの参考にしていただければ幸いです。

次の