コインランドリー クッション。 枕はコインランドリーで洗えるの?洗濯・乾燥時の注意点まとめ!

コインランドリーの乾燥時間!濡れたままの毛布などを乾かす目安は?

コインランドリー クッション

この記事の目次はこちら• 枕をコインランドリーで洗濯する方法 コインランドリーで洗濯してダニ対策 何でも洗濯機で洗濯するのが大好きな私が、「コインランドリーを使用してみよう!」と思ったのは、 『コインランドリーの乾燥機にかけるとダニが死滅する』ということを知ったからです。 ダニは「 高温(60度以上)にならないと死滅しない」と言われていますよ。 想像してみてください! 毎日頭や顔をうずめているところにダニがうじゃうじゃ出てきているところを... ダニの退治の仕方については「布団の掃除の仕方」の記事でも述べましたが、ダニは本当に生命力の強い生き物です。 枕のダニ対策もして気持ちよく眠りに入りましょう。 コインランドリーで洗濯できるものとできないもの コインランドリーによっては、枕を「洗えないもの」とはっきり表示しているところもあります。 でも、洗えないものの表示の中に「枕」とは記載されていないところも多くありますね。 たとえば、あるコインランドリー店では以下のように表記されていました。 『洗わない方がよいもの』 ・和ぶとん(綿がかたよったりします) ・羊毛布団(羊毛がかたよったり、縮んでしまいます) ・ぬいぐるみ(綿が飛び出てしまいます) ・ウールの製品(縮みや変形をおこします) ・水洗い不可のもの(縮みや変形をおこします) これを見ると、天然素材のものは洗濯が難しいようですね。 枕も素材を見て洗濯できるか判断するのが良さそうです。 綿のように 「天然素材のもの」は避けた方が良いでしょう。 他に、洗濯できない枕の素材で調べてみると... 「羽毛」、 「フェザー」、 「羽」、 「そばがら」、 「低反発ウレタン」のものなどがありました。 羽毛は水に濡れることでふわふわ感がなくなってしまう可能性がありますし、低反発ウレタンのものはウレタンがバラバラになってしまいますよ。 ただし、製品によってはこれらが使われていても洗えないのものがありますよ。 事前にしっかりと確認しましょう。 枕を洗濯するときの注意点 『洗える枕』については、自宅で洗うようにコインランドリーでも洗えるようです。 ただし、洗濯するときは、「 目の細かい洗濯ネットに入れる」ようにしましょう。 洗濯後はしっかり乾燥させることが大事 枕をキレイに洗濯できたとしても、しっかり乾燥させなければ カビやダニが発生する原因となってしまいます。 枕はしっかりと 風通しのよいところで干すことが大事です。 「天日干し」をしたほうがいいものと「陰干し」をしたほうがいいものがあるので、洗濯表示に従いましょう。 干し終わったら、掃除機をかけるとダニの死骸や汚れが取れますよ。 コインランドリーの乾燥機を使うとダニを除去できるので、乾燥機の活用はとてもおススメです。 『乾燥機にかけてもいい枕』の場合、ぜひコインランドリーの乾燥機を使ってみてくださいね。 ふっくらと仕上がりますよ。 まとめ:基本的にはコインランドリーで洗えるが... 『洗濯機で洗える枕』はコインランドリーでも洗っても大丈夫なようです。 ただし、コインランドリーによって『枕は洗えない』という表示がされていることがあるので事前によくチェックしましょうね! 枕をコインランドリーで洗濯しようか迷ったら、次のポイントを押さえておけばいいでしょう。

次の

The24Laundry

コインランドリー クッション

低反発マットレスはコインランドリーで洗濯できるの? 汗をかなり吸っているであろうマットレスですが、マットレスを丸洗いして、洗濯をするのはタブーとされています。 コインランドリーの洗濯機は、家庭用と比較して、大型のものが多く、厚みがあったりサイズが大きくて、家庭用洗濯機に入らないものも入ることが多いです。 しかし、低反発マットレスの中身はウレタンであることが多いために、コインランドリーの洗濯機で丸洗いをすることは不可とされています。 ウレタンは水分を吸収する性質を持っているため、水洗いをすると水分を吸ってしまい、コインランドリーの洗濯機を故障させる原因にもなりかねません。 低反発マットレスの洗濯表示にも、洗濯は不可と書かれているはずですが、それを無視して洗濯機で洗った場合に、コインランドリーの洗濯機の故障につながり、莫大な賠償金を請求されることになることも考えられます。 このことから、無理やりコインランドリーで洗濯することは、基本的に避けた方がいいでしょう。 ウレタン素材の低反発マットレスの掃除方法は、濡れタオルで拭くことに限られています。 また、もし家庭でお風呂場などで洗ってしまった場合は、マットレスの機能は劣化してしまう可能性もあります。 また、濡れると乾かないという性質があるので、廃棄しなくてはいけない、なんてことにもなりかねません。 ウレタン素材の場合は、手入れの仕方が異なりますので、気をつけましょう。 コインランドリーでの洗濯ができない低反発マットレスはクリーニングに出すべき? 低反発マットレスを家やコインランドリーの洗濯機で洗濯ができないことが分かりました。 それでは、お布団専門のクリーニングに出すことはできるのでょうか? 低反発マットレスは、素材がウレタンであることから、水に弱く、濡れると一気に劣化することが知られています。 したがって、通常のクリーニング業者ではほとんど引き受けてもらうことはできません。 しかし、そんな中で「洗王」という布団クリーニングの専門店は、ウレタン素材の低反発マットレスでも、一部の商品を除いて、クリーニングを引き受けるサービスを行っています。 厚さ10㎝以内のものであれば、洗えるものもあると言うのです。 もちろん、一部を除くとのことですので、商品によっては受け付けられないものもあります。 その中では、トゥルースリーパーはスポンジが割れる危険性があるため、受け付け不可となっています。 また、洗濯できるウレタン素材の低反発マットレスの場合であっても、乾燥に時間がかかるため、納期が2週間ほどになるとされています。 特殊な布団クリーニング業者の場合 コインランドリーでも使用できないとされる低反発マットレスの洗濯は頭を悩ませますね。 しかし、さらにトゥルースリーパーであっても、引き受けている業者さんがありました。 「京葉クリーンライフ」という布団クリーニング会社です。 この「京葉クリーンライフ」の口コミなどによると、低反発のものであってもしっかりと汚れやシミが取れており、機能もそのまま、という声があります。 人によっては、大変満足したという声があるほどです。 費用は、シングルサイズで、5,508円(税込み価格)となっているので、買い替えることを考えれば、もちろんお得ですよね。 優れた技術を持って作業している業者さんであれば、クリーニングも可能だと考えて良いかもしれません。 ただし、必ずしも仕上がりに満足がいかないこともある、などの注意書きがホームページに書かれていますので、確認した上でお願いするようにしましょう。 コインランドリーで洗濯できる低反発マットレスがある? 低反発マットレスの素材はほぼウレタンですが、まれに他の素材でできている低反発マットレスもあります。 「スザキーズ」の低反発マットレスは、ブレスエアーという素材を使用しており、そのため、丸洗いができるマットレスとして、販売しています。 この低反発マットレスは厚みが4㎝としており、価格はシングルサイズで16,900円(18,252円税込)となっています。 では、ブレスエアーはどのような特徴を持っているのでしょうか? 優れた圧縮回復性を持っており、ゴム弾性とコイルによる適度のクッション性があります。 高耐久性があり、へたりが少ないと言われています。 また、水切り性、乾燥性も高いので、水洗いが可能なのです。 ブレスエアーは連続繊維なので、塵埃の発生がほとんどなく、抗菌防臭効果が高いのです。 同じ硬さなら、ウレタンよりも軽くすることが可能です。 さらに、ウレタン材はリサイクルが難しく、ごみとして廃棄されることがほとんどですが、ブレスエアーはポリエステルで作られているため、溶融してリサイクルが可能です。 このような素材のブレスエアーの低反発マットレスなので、コインランドリーでの洗濯も可能と言えるのです。 低反発マットレスの特徴とは? ここまで、低反発マットレスの洗濯についてご説明してきましたが、そもそもその人気の秘密はどこにあるのでしょうか? 低反発マットレスは、今や高い人気を誇っています。 まずは、低反発マットレスの寝心地はとても良いと言われています。 それは体が必要に応じて、沈み込むフィット感が心地良いと言うことで、多くの人が体感している感想なのです。 その一方で、通気性や耐久性があまり良くないという素材面でのデメリットも有名なところです。 この低反発マットレスの素材のほとんどがウレタンで、このウレタンが洗濯ができない原因となっています。 ウレタンは水に弱く、水に濡れるとボロボロになってしまい、割れてしまうことが知られています。 また、一度濡れてしまうと、乾かないという性質もあり、濡れてしまった際には廃棄するしかないようです。 ウレタンは紫外線にも弱いため、天日干しもお勧めできません。 湿気が少ない日に、陰干しを行うことしかできません。 そのため、低反発マットレスは家でもコインランドリーでも洗濯はできませんし、汚れは濡れタオルで拭き取り、完全に乾燥させることが必要です。 また、消臭、除菌スプレーでのお手入れが必須となりますね。 低反発マットレスを長く使う方法 汚れも付きやすく、シミも付きやすいマットレスですが、なかなかお手入れがしにくいのが難点ですね。 特に低反発マットレスは家庭の洗濯機はもちろん、コインランドリーもクリーニングもなかなか受け付けてもらえず、そのお手入れ方法に迷ってしまいます。 低反発マットレスは高反発マットレスに比べて、へたりも早く、寿命も短いと言われていますが、せっかく手に入れた心地良い寝具なので、少しでも長く清潔に使いたいものです。 そこで、低反発マットレスの正しいお手入れ方法をご紹介します。 低反発マットレスに何か汚れがついてしまった場合には、硬く絞った濡れタオルで汚れ部分を拭き取ります。 その後は、乾いた別のタオルで濡れている部分を拭き、市外線の当たらないところで陰干しをします。 乾きにくい素材なので、完全に乾くまで時間をかけて乾かしましょう。 完全に乾いたら、消臭、除菌スプレーをかけますが、これも適量以上にふりかけてしまうと、水分を取り込んでしまうので、適量を守りましょう。 定期的にお手入れをすることが汚れ、シミ対策へとつながります。 コインランドリーの洗濯は不可の低反発マットレスを知る 低反発マットレスのウレタン素材の特徴を知り、コインランドリーや自宅の洗濯機の丸洗いはできないことを覚えておきましょう。 水に弱いウレタンを使用していることで、水洗いができない低反発マットレスなので、汚れたり、飲みものをこぼしてしまった時の対処を誤ると、のちに大変な処理をしなければなりません。 特殊な洗濯方法で処理してくれる、ごくわずかなクリーニング店もあるので、どうしてもの場合には相談してみると良いでしょう。 常に定期的なお手入れをすることで、低反発マットレスを長く心地良く使いたいものです。

次の

コインランドリーで枕は洗える?乾燥までかけても大丈夫?

コインランドリー クッション

干す 軽くタオルドライしたら、風通しのいい場所で3日以上干して完了。 負担がかかるので洗濯機の脱水などはせず、自然に水が切れるのを待ちましょう。 枕は水を吸うと重くなり、なかなか乾きません。 天気予報を確認し、3日以上晴れた日が続くときを選ぶといいですよ。 詰替え用で中身だけ市販されているので、交換すれば丸洗いしたのと同じ効果を得られます。 古くなった中身は一度捨て、カバーも洗濯しましょう。 これならおうちでも簡単に枕がキレイにできますね。 キレイにしたいときはクリーニングに頼るのがおすすめです。 大手のクリーニング店や布団専門店であれば、枕のクリーニングコースを用意しているところがあります。 長く使っているお気に入りの枕や高価な枕は、プロにキレイにしてもらいましょう。 コインランドリーで枕を洗うのが面倒な人は「乾燥させる」か「カバーを洗う」のがおすすめ.

次の