オリックス がん保険 評判。 商品詳細|がん保険ビリーブ|オリックス生命保険株式会社

オリックス生命評判【良い・悪い・普通】とランキング!《生保40社比較》

オリックス がん保険 評判

給付金・一時金名称 支払事由の概要・支払限度 がん初回診断一時金 初めてがんと診断確定されたとき• 保険期間を通じて1回のみ がん治療給付金 がんの治療を目的として入院を開始したとき• 支払回数無制限 ただし、2年に1回を限度 がん入院給付金 がんの治療を目的として入院したとき• 支払日数無制限 がん手術給付金 がんの治療を目的として約款所定の手術を受けたとき• 支払回数無制限 がん退院一時金 がん入院給付金の支払対象となる入院で、かつ、10日以上継続入院して退院したとき• 支払回数無制限 ただし、「がん退院一時金」をお支払いした入院の退院後、退院日を含めて30日未満に開始した入院の退院についてはお支払いしません。 この商品に付加できる主な特約 給付金・一時金名称 支払事由の概要・支払限度 がん先進医療給付金 〈がん先進医療特約(2018)〉 がんを直接の原因として約款所定の先進医療による療養を受けたとき• 通算2,000万円 がん先進医療一時金 〈がん先進医療特約(2018)〉 がん先進医療給付金が支払われる療養を受けたとき• 1回の療養につき50万円限度 がん通院給付金 〈がん通院特約〉 がんの治療を目的として約款所定の以下の通院をしたとき• がんにかかわる保障は、責任開始日からその日を含めて91日目(がん責任開始日)より開始します。 がん責任開始日前にがんと診断確定されていた場合には、保険契約者または被保険者の知・不知にかかわらず、保険契約・特約は無効となります。 異なるがんを併発して入院・手術等をした場合でも、がん治療給付金・がん入院給付金・がん手術給付金・がん退院一時金およびがん通院給付金は重複してお支払いしません。 2種類以上の手術を同時に受けた場合には、1回の手術とみなしてがん手術給付金をお支払いします。 被保険者が死亡した場合、主契約、特約とも保障は消滅します。 またこの商品に死亡保険金はありませんが、被保険者が死亡したときに解約払戻金がある場合は、契約者にお支払いします。 がん先進医療特約(2018)について• 先進医療とは公的医療保険制度にもとづく評価療養のうち、厚生労働大臣が定める医療技術のことで、医療技術ごとに適応症 対象となる病気・症状等 および実施する医療機関 施設基準に適合する病院または診療所 が決められています。 医療行為、医療機関および適応症などによっては、 がん先進医療給付金、がん先進医療一時金の支払いの対象とならないことがあります。 療養を受けた日現在において、公的医療保険制度の給付対象となっている場合や、承認取消等の事由によって先進医療ではなくなっている場合は、 がん先進医療給付金、がん先進医療一時金の支払いの対象とはなりません。 がん先進医療一時金については、同一の先進医療において複数回にわたって一連の療養を受けた場合は、それらの一連の療養を1回の療養とみなします。 がん先進医療給付金の支払額の通算が2,000万円に達したとき、この特約は消滅します。 がん通院特約について• クレジットカードの名義人は、保険契約者ご本人に限ります。 保険契約1件あたりの保険料が10万円以下のご契約に限ります。 クレジットカード払とは、クレジットカード会社が保険料相当額を当社に入金した後、お客さまの利用口座から保険料相当額の振替えを行う仕組みです。 したがって、クレジットカード会社が当社に入金した後に解約手続きをした場合には、解約後にクレジットカード決済口座から保険料相当額が振替えられます。 保険料払込免除 不慮の事故により、その事故の日から180日以内に約款所定の身体障害の状態に該当したとき、または病気やケガで約款所定の高度障害状態に該当したときは、将来の保険料の払込みが免除されます。 保険のお引受けについて.

次の

商品詳細|がん保険ビリーブ|オリックス生命保険株式会社

オリックス がん保険 評判

このように、主契約に関しては かなり充実しており、 プロの間での評判もいいです。 シンプルに入院と手術のみの 医療保険を 検討している場合は、 選択肢としてありです。 1入院の選び方ですが、 おすすめは120日型です。 三大疾病無制限などを付加しても、 それ以外の病気で長期入院の可能性は ないとは言えないからです。 無制限を付けた場合は 全てのがんも入院無制限になります。 その部分だけを考えると、 がん保険と同じです。 つまり特約でがん診断一時金を付加すれば、 医療保障付きがん保険というようなことが 可能になります。 三大疾病無制限は いざというときに使うという保険の本質を考えると 付加しておくべきだと思います。 他の生活習慣病4疾病も60日延長されますので 他社と比較する場合の参考にしましょう。 手術に関しては放射線治療も対象です。 保険会社によってはわざわざ分けて記載していたりしますが、 ちゃんと対象になります。 入院中の手術給付金も20倍です。 こちらも他社と比較するときには参考にしましょう。 保険料が安い代わりに、 外来でも入院中でも同じ手術給付金だったり、 入院中が10倍になっている保険会社もあります。 先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円まで 先進医療給付金が 50万円を限度として 技術料の10%給付される 重度三大疾病一時金特約・がん診断一時金特約が付加可能 これらの一時金は二つの特約の合計が入院日額の200倍まで付加可能 重度三大疾病の範囲はがん( 上皮内がん含む)・ 脳卒中・ 急性心筋梗塞 どちらの特約もがん( 上皮内がん含む)診断一時金は初回診断時・2回目以降は入院時に給付 重度三大疾病一時金の脳卒中・急性心筋梗塞の 給付条件は入院開始時に給付対象となる 一時金は1年に1回を限度に何度でも給付対象となる がん通院給付金特約は 約款所定の手術・放射線・温熱療法・抗がん剤治療は日数無制限で保障される がん通院給付金特約は重度三大疾病やがん一時金特約と セットでなければ付加できない 入院一時金特約は 入院をしたときに一時金が通算50回まで給付される 入院一時金特約は 1万円~主契約入院給付金の20倍まで設定できる 通院治療支援特約は 生存して退院したときに一時金が通算50回まで給付される 通院治療支援特約は主契約に関係なく 1万円~10万円まで設定できる 保険料払込免除特約の条件が悪性新生物と診断又は脳卒中・急性心筋梗塞で手術を受けたときか所定の状態 女性疾病特約は入院日額が上乗せされる 女性疾病特約は女性特有の病気と全てのがんでの入院も対象となる( 新キュアレディはこの特約が付加されている) このように特約に関しては 数は少ないものの、 大事なところはカバーされています。 女性疾病特約を付加すると 新CURE Lady という商品になります。 女性疾病と全てのがんでの入院日額が 上乗せされる特約です。 手術は上乗せされません。 特約部分で優れている点 重度三大疾病一時金や がん一時金については 入院日額の200倍まで付加できますから、 入院日額5000円でも 100万円まで付加可能です。 1年に1度復活もしますから、 特約としては強いと思います。 2年に1度ではありません。 回数も無制限です。 プロの間での評判もいいですね。 もうひとつの強みとして 重度三大疾病一時金は それぞれの疾病に対して対象となります。 例えば、がんになって一時金を受け取り、 1年以内に脳卒中で入院した場合は それぞれが別扱いとなるため、 給付の対象となります。 保険会社によっては 「三大疾病」とひとくくりにされるところもありま す。 がんは 上皮内がんでも対象となり 100%支給されます。 保険会社によっては 上皮内がんは対象外だったり、 10%しか給付されないところもあります。 保険料払込免除特約の条件も 悪性新生物と診断される他、 脳卒中・急性心筋梗塞は 60日以上の後遺症だったり 60日以上の労働制限だったり するところも多いのですが、 手術を受けたときも対象となりますので 少し幅が広くなっています。 通院治療支援特約は 通院日額ではなく一時金で 受け取ることができますので 何度も請求する必要もなく わかりやすくなっています。 特約部分で残念な点 一つだけ残念なのは 三大疾病の範囲が 「がん」に関してはいいのですが、 他の2疾病に関しては 「脳卒中」「急性心筋梗塞」に 限定されてしまっているところです。 脳血管疾患・心疾患ではありません。 この場合、 例えば狭心症で入院しても 給付の対象にはなりません。 これだけが唯一、残念なところです。 保険料などをプロに比較してもらう場合の 見直し相談先のおすすめはこちらです。 他の医療保険もあわせて比較してもらいましょう。 保険料試算や パンフレットなどの請求はこちら。 新CURE 女性特約つき 新CURELady.

次の

オリックス生命のがん保険believeビリーブの魅力とデメリット

オリックス がん保険 評判

気になるところから読みましょう!• オリックス生命の「がん保険ビリーブ」の評判やデメリットは? 保険の中でも特に選ぶのが難しいといわれているがん保険ですが、あなたがどこに重点をおくかで選ぶがん保険が変わってきます。 オリックス生命「がん保険ビリーブ」は初めてがんと診断され、入院したときの保障をとくに手厚くしてあります。 保険料をみると他社のがん保険に比べて、もともと安めの保険料設定ですが、女性の保険料は特に安く設定されています。 いざがんになったときに一時金の給付を重視する最近人気の傾向をふまえており、おまけに女性なら保険料も抑えられるのでこれから注目されていくがん保険ではないでしょうか。 では細かく基本的な情報から見ていきましょう。 オリックス生命「がん保険ビリーブ」の評判・口コミは? オリックス生命「がん保険ビリーブ」の実態を把握するには加入者の評判・口コミを見ることが一番です。 以下でオリックス生命「がん保険ビリーブ」の評判・口コミを解説します。 がん保険ビリーブの評判・口コミバランスのとれた保険です 40代女性 「特約をあまりつけずにこれだけでかなり多くの保障がついているので安心しています。 」 がん治療に必要な保障が始めから組み込まれているので安心です。 がん保険ビリーブの評判・口コミ健康サービスが充実 50代女性 「セカンドオピニオンが無料で受けられたりと、多くのサービスがついているのもよかったです。 」 セカンドオピニオンを受けたいけど、主治医の他にお医者さんはよく知らないし、診察を受けるだけでも色々費用がかさみそうと言う時に無料で受けられるセカンドオピニオンサービスはとても心強いものでしょう。 」 ビリーブは初めてがんと診断されたときにはダブルで一時金が受け取れる仕組みになっているので安心です。 がん保険ビリーブの口コミを見ましたが、他の保険と比べて良いのでしょうか。 保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。 無料なので、やってみて損はありません。 オリックス生命「がん保険ビリーブ」の商品内容 保険期間 終身 保険料払込期間 60歳払済・65歳払済・終身払 契約可能な年齢 0歳~75歳(契約年齢によっては条件に制限があります) 保険料払込方法 月払い・半年払い・年払い 付帯サービス 24時間電話健康相談サービス・セカンドオピニオンサービス 糖尿病専用サポートサービス・介護認知症サービス 支払方法 口座振替・クレジットカード払い 24時間電話健康相談サービスは医師などの経験豊かなスタッフが24時間年中無休で相談に応じてくれます。 しかも、オリックス生命「がん保険ビリーブ」に加入すると、セカンドオピニオンを受けることができます。 専任のスタッフが相談・予約手配をし、その後面談によるセカンドオピニオンが受けられます。 今診てもらっている主治医以外の医師からの意見も聞きたいというときにとても頼りになるサービスです。 オリックス生命「がん保険ビリーブ」の保障内容と特約 具体的にどんな保障がついているのか、またどんな特約をつけることができるのか見ていきましょう。 ちなみに、主契約と特約保障 特約 とは、 主契約:加入したら必ず付く保障 特約保障:任意で付ける保障 のことで、主契約に加えて自分の好きなように特約保障をつけていくことになります。 保障内容 保障金額の例 保障の概要 主契約 がん初回診断一時金 100万円か50万円 初めてがんと診断確定されたとき 保険期間を通して1回のみ がん治療給付金 50万円か25万円 がんの治療を目的として入院を開始したとき2年に1度を限度に何度でもOK がん入院給付金 10,000円か5,000円 入院したとき 支払日数無制限 がん手術給付金 20万円か10万円 手術したとき 支払回数無制限 がん先進医療給付金 通算2,000万円限度 先進医療にかかる技術料と同額 がん先進医療一時金 1回の療養につき50万円限度 先進医療給付金の10%相当額 がん退院一時金 10万円か5万円 がんで10日以上の継続入院後に退院したとき 特約 がん通院給付金 10,000円か5,000円 がんで通院したとき いかがですか?基本保障に特約を付けて契約すると保険料が高くなるものですが、オリックス生命「ビリーブ」は基本保障が十分充実しています。 がんも通院治療が当たり前になってきている現在は通院も欲しいところなので、こちらは特約でカバーしましょう。 これで保険料がお手ごろなら言うことないですよね。 がん保険ビリーブの保障内容をみてみたけど他の医療保険と比べてどの部分が良いのかわからないという人もいるでしょう。 そんな方は、 保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。 無料なので、やってみて損はありません。 参考: がん保険ビリーブの保障プランと月額保険料をシュミレーション 37歳女性でシュミレーションしたものがこちらです。 月額保険料:2949円 基本給付金額 10000円 がん初回診断一時金 100万円 がん治療給付金 50万円 がん手術給付金 20万円 がん退院一時金 10万円 がん先進医療特約 付加する がん通院特約 付加しない 保険料払込期間 終身払い オリックス生命の「がん保険ビリーブ」の特徴・告知内容 オリックス生命「がん保険ビリーブ」には以下のような特徴・ポイントがあります。 初回のがんに手厚い保障• 主契約のがん入院時の保障が手厚い• 特約の通院保障では入院での保障のみが対象 また、告知内容も3項目ありますので、合わせて解説します。 初回のがんに手厚い保障 オリックス生命「がん保険ビリーブ」では初めてがんと診断されたとき、診断確定時点で一時金が受け取れます。 そしてこのときにこのがんの治療を目的として入院したときはまた一時金が受け取れます。 10,000円コースだと100万円+50万円=150万円です。 他のがん保険だと100万円限度になるため、ビリーブは優れているといえます。 主契約のがん入院時の保障が手厚い オリックス生命の「がん保険ビリーブ」の特徴はなんといってもがん治療で必要なほとんどの保障が始めから組み込まれていることです。 したがって、がん治療を始めたときにあの保障付けとけば良かったなという心配はあまりありません。 特にがん診断確定時と入院したときの保障が手厚くなっています。 この2つで金銭的な不安がかなり解消されるのではないでしょうか。 特約の通院保障では入院での保障のみが対象 ビリーブの特約は通院保障のみです。 がん入院給付金を受け取れる病気に該当して入院し、その退院後の1年以内の通院に対して60日を限度に支払われます。 ただ、所定の手術・放射線治療・温熱療法・抗がん剤治療のための通院については支払日数は無制限(制限なく)保障されます。 ただし、あくまで入院後の通院治療となります。 オリックス生命「がん保険ビリーブ」の告知内容は? オリックス生命「がん保険ビリーブ」の告知内容は以下の3つです。 今までに、がんまたは上皮内新生物にかかったことがありますか? 最近3か月以内に、下記の「別表1」の病気または病状で、医師の診察・検査・治療・投薬のいずれかをうけたことがありますか? 別表1:ポリープ、しゅよう、結節、しゅりゅう 腫瘤 、異形成・・・他、省略 過去2年以内に、健康診断・人間ドックをうけて、下記の「別表2」の検査結果の異常(要再検査・要精密検査・要治療)を指摘されたことがありますか?(再検査・精密検査の結果、異常がなく、診療完了となった場合は「指摘なし」とみなします。 ) 上記の3項目が全ていいえであれば問題ありません。 オリックス生命「がん保険ビリーブ」の3つのメリット オリックス生命「がん保険ビリーブ」のメリットは以下の3つになります。 初めてがんと診断確定されたときは、「がん初回診断一時金」が支払われます。 さらに、がんの治療を目的に入院を開始した場合は、「がん治療給付金」が支払われますので、100万円コースの場合は がん初回診断一時金100万円 + がん治療給付金50万円 =150万円 が支払われます。 治療開始時の費用への不安が軽減され、治療の選択肢も増えます。 がんで10日以上の継続入院後に退院した場合には「がん退院一時金」が支払われます。 退院後の治療費や薬代、交通費などの出費にあてられますね。 ビリーブは他社と比べて安めの保険料設定になっていますが、女性の保険料はより安くなっています。 がん保険ビリーブのメリットが他の保険と比べてどのくらいすごいのかよくわからない人もいるでしょう。 そんな方は、 保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。 無料なので、やってみて損はありません。 参考: オリックス生命の「がん保険ビリーブ」のデメリット 自分に一番最適な保障をつけるためには、デメリットを把握しておくことも大切です。 しかし、2回目以降の給付は入院が条件に入っているため、他社の「2回目以降も診断の時点で給付」とする条件と比べると厳しくなっています。 この点についてはかなりのネックになるかもしれません。 がんは再発が怖いのでそれに備えることも必要になってくると思います。 がんになる確率は40代になるとグッと上がってくるので、がんは心配だけど保険料をおさえたいなという40代にはあまりおすすめできないかもしれません。 しかし、ビリーブには保険料払込免除特約が存在しないため、がんになっても払込期間中であれば保険料は払い続けないといけません。 がんになった後も保険料を払い続けるのは金銭面でもですが精神面でも負担となるでことしょう。 がん保険ビリーブのデメリットが他の保険と比べてどのくらい大きいものなのかよくわからない人もいると思います。 そんな方は、 保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。 無料なので、やってみて損はありません。 オリックス生命の「がん保険ビリーブ」の月々の保険料は? 30代、40代の男女が加入した時の月々の保険料を見積もってみました。 【条件】基準給付金額:1万円 払込年数:終身 付加する特約:なし 男 性 女 性 30歳 2,940円 2,320円 40歳 4,110円 3,000円 50歳 5,920円 3,760円 どうですか?がん治療に必要なだいたいの保障が付いて終身保障でこの保険料は安いといえます。 しかも、再三お伝えしているように、女性の保険料がとても安くなっています。 50歳になって3760円で加入できるのは相当珍しいです。 オリックス生命「がん保険ビリーブ」はがんの入院治療に備えたい人におすすめ がんの入院保障はいまだに重要です。 がんの入院は短期化しているとはいえ、がん治療を入院で行う方はまだ相当数います。 そういったことから、がんの入院治療に手厚く備えたい方にオリックス生命「がん保険ビリーブ」はおすすめです。 オリックス生命「がん保険ビリーブ」はがん入院が開始した時に、がん初回診断一時金とがん治療給付金が支給されます。 (基本給付金額10000万円コースの場合) がん保険ビリーブがおすすめな人はわかったけど、他の商品との比較もしてみたい!という方もいるでしょう。 保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。 無料なので、やってみて損はありません。 女性用医療保険でもがんに備えられる!オリックス生命の新キュアレディ がんの入院に備えたいという人はオリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」も検討する価値ありです。 約款所定の女性特有の病気や全てのがんで入院した場合、主契約の入院給付金に加え、女性入院給付金も上乗せ保障されます。 新キュアレディの詳細はこちら 【がん保険】総合人気ランキングTOP5! 独自調査によっておすすめランキング1位に輝いたのは、チューリッヒ生命「終がん保険プレミアムDX」です! ランキング系の記事で見かけたことがある人も多いと思います。 「終がん保険プレミアムDX」は治療を基準にした給付のみのシンプルな保障が特徴で、保障内容とコスパが最高レベルのがん保険です。 「終がん保険プレミアムDX」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。 独自調査によっておすすめランキング2位に輝いたのは、朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」です! 「スマイルセブンsuper(スーパー)」はがんに6大疾病を含めた7大疾病をカバーする保障内容の充実と、一時金の支払い回数が無制限という点で、総合的に見ても評価が高いがん保険です。 「スマイルセブンsuper(スーパー)」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。 がん保険総合人気ランキングの詳細はこちら 関連記事 ・ まとめ:オリックス生命の「がん保険ビリーブ」の評判・口コミやデメリット オリックス生命「がん保険ビリーブ」の評判・口コミやデメリットを解説しましたがいかがだったでしょうか。 この記事のポイントは以下になります。 オリックス生命「がん保険ビリーブ」の実態を把握するには評判・口コミやデメリットが役立つ• オリックス生命「がん保険ビリーブ」のメリットとデメリットはそれぞれ3つ• がん保険ビリーブはがん入院治療に備えたい人におすすめ オリックス生命は医療保険が長らくトップを走っているだけあって、がん保険もなかなかの充実ぶりではないでしょうか。 しかも、目に見えて女性の保険料が安いのも魅力です。 基本保障にいろんな保障がほぼセットになっているので、わかりやすく選びやすいでしょう。 男性にもですが女性には特におすすめながん保険です。 もしがん保険ビリーブよりも良い保険があるか知りたい!という人がいたら、 保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。 無料なので、やってみて損はありません。

次の