米津 玄 師 パプリカ インタビュー。 米津玄師、子供たちへの祝福を願った「パプリカ」誕生秘話 (1) 菅田将暉や池田エライザとは違うアプローチ

米津玄師「パプリカ」MVフルVer.公開、Eテレではインタビューを放送(動画あり)

米津 玄 師 パプリカ インタビュー

もくじ• 米津玄師NHK「内村五輪宣言」で語る応援ソング。 引用:「NHK 内村五輪宣言」特設サイトより 7月24日に放送された、特番 「 内村五輪宣言!~TOKYO 2020開幕 2年前スペシャル~」にて、米津玄師さん本人がインタビューに答えました。 「応援ソング」への想いを 米津さんはこう語っています。 自分が応援ソングと呼ばれるものを作るとしたら、小さなものでいい。 大きな物語ではなくって、それは小さな物語で良くて。 引用:「NHK 内村五輪宣言」米津玄師インタビューより 聴いた子供たちが、 元気に生きていくための糧になってほしいと、作った歌とのこと。 子供たちの小さな想いが、米津玄師さんの楽曲を通して、これからもっと大きな力に繋がっていくことでしょうね。 本当に素晴らしいプロジェクトだと思います。 『 これって野菜のパプリカですか?』という質問に対し、米津玄師さんが答えています。 可愛いじゃないですか?パプリカって。 「パプリカ」は語感もしいいし、見た目もすごい赤かったり黄色かったりして、鮮やかな色であって。 直接的な意味はないんですけど、「なんか分からないけど、パプリカって気持ちいいよね?」って それが あの3分間の音楽の中で、ものすごく気持ちよく鳴ってくれていたら、俺はそれでいいと思っていて。 引用:「NHK 内村五輪宣言」米津玄師インタビューより パプリカという言葉の響きと、鮮やかな色の可愛さが、イメージにぴったりだったという訳ですね。 誰が歌うのかっていうことに対してはすごくいろいろと考えていたんですけど。 歌声がいいとか、歌い方が気持ちいいとか、人間性がどうなのかとか。 そういうことで選んでいった結果、1番気持ちよかったのがあの5人になったて感じですね。 あの5人を 自分が引っ張っていかなければならない立場ではあるんですけど、それと同じくらいに引っ張ってきてもらったなっていう感覚がすごくあります。 引用:「NHK 内村五輪宣言」米津玄師インタビューより 確かにFoorinの5人は、可愛いだけじゃなくエネルギーに満ち溢れた魅力を持っていますよね。 見た目は子供なんですけど、大人をはるかに凌ぐようなパワーを感じさせます。

次の

【米津玄師/パプリカ】歌詞の意味を徹底解釈!米津玄師が語る誕生秘話をもとに考察。

米津 玄 師 パプリカ インタビュー

米津玄師が「<NHK>2020応援ソング」プロジェクトに書き下ろした新曲「パプリカ」が、8月15日にリリースされた。 オーディションによって選ばれた5人の小学生による新ユニット・Foorinが歌うこの曲。 米津玄師が作詞、作曲、プロデュース、ダンスの振付を辻本知彦と菅原小春が手掛けている。 ユニット名は、同曲を歌い踊る5人の姿を米津玄師が"風鈴"に例えて名付けたという。 「パプリカ」はどのようにして作られたのか。 「子供の頃から、わかりやすい大きな応援ソングというものに対する嫌悪感がすごくあった」という米津玄師が応援ソングを手がけるにあたって大事にした「小さな世界」とは。 曲に込めた思いを語ってもらった。 米津玄師とFoorin 撮影:yusuke yamatani 誰に歌ってもらうんだろう? おもしろそうだな、やりたいなと思いつつ「果たして自分でいいのか」というのは思いました。 これまで自分の作ってきた音楽はわかりやすい応援ソングではなかったし、どちらかと言うとそれとは真逆のものだったので。 果たして自分に作れるのかどうかと考えつつも、それを作ることによって新たな場所に行けるのかなと思って、話を受けました。 そのあたりはいかがでしょうか。 いろいろ考えました。 最初にお話をいただいたときから、いくつかのキーワードがあったんです。 まずは、歌って踊れる応援ソングである。 そして、歌う人は自分以外の人間である。 で、名の売れている人ではない。 そうなると、誰に歌ってもらうんだろうっていうところが、すごく難しくて。 自分でも全く立脚点が見えないまま、どういうところに落とし込んでいったらいいのかを考えて。 今までやってきた人に歌ってもらう曲というのは、その人ありきで書いていたんです。 たとえば「灰色と青」の菅田将暉くんだったら、菅田くんという存在がいて、そのパーソナリティを知った上で、そこと自分との距離感ということで作っていった。 「打上花火」のDAOKOちゃんや「fogbound」の(池田)エライザもそうで。 でも、今回は、誰なんだろうって。 そこが自分の中で一番悩んだところでした。 自分の身の回りには特に思いつかなくて。 結果として、オーディションをさせてもらったんです。 150人くらい集めてもらったんですけど。 そうですね。 最初にあった「子供たちが歌って踊れる応援ソング」というキーワードから、ぼんやりと子供という像はありました。 でも特に思い描く人間はいなかったし、別に小学生にしようと思ってたわけではないですね。 オーディションでも、来てくれた人たちは小学生から18歳くらいまでの人たちで。 その中から選ぶときにも、別に小学生じゃなくてもいい、そこで出会った人に決めようと思ってたんです。 でも、オーディションに来る人達って、こんなことを言うのはあれですけど、「カラオケ歌上手合戦」みたいな感じなんですね。 歌い方とか、身振り手振りとか、どうしてもそういう方向になっていってしまう。 だから、そこにあんまり染まってない子どもたちのほうが、美しく魅力的に見えたんです。 それで最初に選んだのが、もえのとひゅうがという二人でした。 どんなポイントがあったんでしょう? もえのという女の子は、すごく大人なんです。 オーディションは前半に自己PRが2分、後半に歌が2分みたいな感じだったんですけれど、歌ってるときに歌詞を間違えると、緊張して何もできずに終わっちゃうような子たちが沢山いて。 でも、もえのは歌ってる途中で間違えても、特に取り乱すようなこともなく「すいません」ってちゃんと謝ることができた。 そこがまず魅力的に見えたんですよね。 すごくちゃんとした、気配りの出来る子。 ある種の度胸というか、女優根性のようなものも持っている女の子です。 声がいいのが、大前提ではあるんですけど。 ひゅうがは、ほんとに天然素材というか、無垢な感じですね。 ワイルドなところもあるし、歌い方もいぶし銀なところがあって、声もいい。 そういう、優等生のもえのと、ワイルドなひゅうがの二人の対比が面白いなと思って。 そこから決まりました。 5人のグループになったのは? 自分の原体験であるマンガやバンドでも、5人くらいが一つのチームになって、いろんなキャラクターたちが相互作用を起こしていくのを見るのがすごく好きだったんです。 そういう意味では、まず二人が決まって。 その二人を中心に、あとはどういうキャラクターがいたらいいかを考えて決めていきました。 簡単に言うと、「ルフィ海賊団」を作るみたいな感じでしたね。 予めご了承ください。

次の

米津玄師

米津 玄 師 パプリカ インタビュー

それからちょうど一年後の2019年8月、米津玄師さんが自ら歌うセルフカバーバージョンが、NHK Eテレ「みんなのうた」で放送されたのです。 曲調もアレンジされ、これまでFoorinバージョンに慣れ親しんでいた人たちも、また夢中になりました。 そんな米津玄師セルフカバー版の公開を記念して、NHK Eテレでは「 パプリカスペシャル 米津玄師インタビュー」が、同年8月16日を放送。 パプリカに込めた想いや、子どもたちへ向けたメッセージを語る内容だったのですが、これがすごくよかったのです。 特に「夢に向かってがんばる子どもたちへ、メッセージをお願いします」という質問に対する回答には、大人である僕も胸が熱くなるほどグッとさせられました! NHK Eテレで放送されたインタビュー部分を、文字でご紹介します。 パプリカ、Foorin版とセルフカバー版。 込めた想いは同じ __ セルフカバーに、どんな思いを込めましたか? 米津玄師: 込めた思いというのは、Foorin版も、自分のバージョンも、変わらないんですけど。 「まぁ、物理的に変わっていってしまっているな」とは思います。 当事者性があるか、ないか、という点で。 無くなったら、センチメンタリズムみたいなものが、どうしても大きくなってしまうので。 だから、ただひたすら、何の意味もなく、はしゃぎ回るようなニュアンスというのも……。 どうにかこうにか、自分も同じように、そういうものを出したいな、と。 どうあがいても、大人の自分が歌うのと、子どもが歌うのとでは違ってくるので、そこら辺は幅として残っていてもいいのかな、とは個人的には思います。 子どもの頃の体験は、大人になっても自分の深いところに影響 __ NHK「みんなのうた」で、流れることをどう感じていますか? 米津玄師:ほんと、光栄ですよね。 「みんなのうた」って、やっぱりそれに影響を受けていまだに覚えている曲とかもいっぱいあるし。 それが恐らく、自分の深いところに影響を及ぼして、自分の今の音楽に関わってきていると思うんですよね。 もしかしたら、フワッと忘れていってしまうものなのかも知れないですけど、絶対にその体験自体がなくなる訳でない。 「パプリカ」を聞いた子どもたちが、10年後、20年後、それをどういう風に受け止められるのかな、というのが、今からものすごく楽しみというか。 それによって、まだその子たちの中に、ほんのわずかですけど自分の居場所があるというのが、とっても嬉しいですね。 子ども達が歌ったり踊ったりしているのを見て、本当に作ってよかった __ 「パプリカ」の反響をどう思いますか? 米津玄師:なんか、本当とんでもないですよね。 人と会ったりしても、すごいよく言われるんですよね。 「最近うちの息子が」とか、「うちの甥っ子が」とか、「パプリカ歌ってるよ、踊ってるよ」というのを、動画で見せてもらったりとかよくするんですけど。 それが本当に1回、2回とかじゃなくて、もうもの凄い勢いであるんですよね。 そういう動画とかを見せてもらったりとかする度に、 「あぁ本当に作ってよかったな」って毎回思いますね。 夢を持つことより、楽しんで没頭することが大事 __ 夢に向かってがんばる子どもたちへ、メッセージをお願いします。 米津玄師:明確に一つ、目標を持つ。 それに対して、その目標のために頑張っていくというのは、すごく健全なことだなとは思うんですけど。 「目標を持つことと、それに向かっていくこと。 どっちが大事なのか?」といったら、向かっていくことの方が全然大事だと思うんですよね。 向かっていく最中は、没頭できるというか、我を忘れることができる。 そうやって向かっていくにつれて、いろんな周りの人間たちとかと、うまく生きていく、術を得ると思うんですよね。 どこかに向かっていこうとすることが一番大事であって、それに対して夢というのは、ただの付随でしかない。 だから……楽しく生きることですね。 楽しむこと、没頭して何もかもに全部フワッとなる瞬間が1個ある。 それに没頭するためには、楽しむ必要がある。 楽しく生きていくというのが、一番大事じゃないですかね。 そうやって生きていくことによって、将来のあなた自身を励ましてあげてください。 そういう風に思いますね。 大人はよく、子どもに「将来なりたい職業は?」「夢は何?」と質問しますが、そういう事では無いということですよね。 どこかに向かって行こうとするのが大事• そのためには没頭が必要• 没頭するには、楽しくないといけない• 楽しく生きよう! さて、そんな考えをもった米津玄師さんの「パプリカ」は、子ども達にも大人気です。 我が家の息子は今、保育園児なのですが、朝の体操でいつも踊っています。 それもあってか、週末に保育園のお友達と遊んでいるとき、子ども達が暴れまわって大変になったときに「パプリカ」を流すと、子ども達はパッと止まって、一斉に踊り始めるのです。 3歳児も、4歳児も、5歳児も。 とっても可愛く思うと同時に、パプリカの子どもを惹きつける力は凄いな、と驚かされます。 素晴らしい曲をありがとう! 米津玄師さん!! 【告白】僕は最初、好きじゃなかった。 でも、ふと気づけば大好きに…… 以下、余談。 僕が、この「パプリカ」を初めて聞いたのは、最初にNHK Eテレ「みんなのうた」で公開されたとき。 当初は、東京2020マスコットの「ミライトワ」「ソメイティ」が踊るミュージックビデオだったのですが、僕はこれを見て「NHKが東京オリンピックのプロモーションを子ども相手にゴリ押しして、嫌らしいな」と感じました。 さらに、NHK Eテレ「みんなのうた」は、日替わりで様々な2曲が流れるのですが、この「パプリカ」は異常に回数が多かったのです。 曲の良し悪しというより、プロパガンダとも思えるこのやり方に、僕は嫌悪感を抱いてしまいました。 数ヶ月後……。 当時、4歳だった息子と保育園に登園した際、園児達が園庭で「パプリカ」を踊っているじゃないですか。

次の