桜 駅 から 近鉄 四日市 駅。 近鉄四日市駅/あすなろう四日市駅

近鉄四日市駅

桜 駅 から 近鉄 四日市 駅

07時• 07:09 発 07:24 着• 15分• 近鉄四日市行• 07:24 発 07:39 着• 15分• 近鉄四日市行• 07:39 発 07:53 着• 14分• 近鉄四日市行• 07:55 発 08:11 着• 16分• 近鉄四日市行• 08時• 08:10 発 08:27 着• 17分• 近鉄四日市行• 08:26 発 08:40 着• 14分• 近鉄四日市行• 08:45 発 09:00 着• 15分• 近鉄四日市行• 11時• 11:11 発 11:25 着• 14分• 近鉄四日市行• 11:45 発 11:59 着• 14分• 近鉄四日市行• 12時• 12:11 発 12:25 着• 14分• 近鉄四日市行• 12:45 発 12:59 着• 14分• 近鉄四日市行• 13時• 13:11 発 13:25 着• 14分• 近鉄四日市行• 13:45 発 13:59 着• 14分• 近鉄四日市行• 14時• 14:11 発 14:25 着• 14分• 近鉄四日市行• 14:45 発 14:59 着• 14分• 近鉄四日市行• 15時• 15:11 発 15:25 着• 14分• 近鉄四日市行• 15:44 発 15:59 着• 15分• 近鉄四日市行• 16時• 16:11 発 16:25 着• 14分• 近鉄四日市行• 16:30 発 16:46 着• 16分• 近鉄四日市行• 16:50 発 17:05 着• 15分• 近鉄四日市行• 17時• 17:10 発 17:24 着• 14分• 近鉄四日市行• 17:29 発 17:43 着• 14分• 近鉄四日市行• 17:48 発 18:04 着• 16分• 近鉄四日市行• 18時• 18:07 発 18:22 着• 15分• 近鉄四日市行• 18:27 発 18:42 着• 15分• 近鉄四日市行• 18:47 発 19:00 着• 13分• 近鉄四日市行• 19時• 19:06 発 19:19 着• 13分• 近鉄四日市行• 19:25 発 19:39 着• 14分• 近鉄四日市行• 19:44 発 19:59 着• 15分• 近鉄四日市行• 20時• 20:12 発 20:26 着• 14分• 近鉄四日市行• 20:31 発 20:45 着• 14分• 近鉄四日市行• 20:50 発 21:05 着• 15分• 近鉄四日市行• 21時• 21:22 発 21:37 着• 15分• 近鉄四日市行• 21:43 発 21:57 着• 14分• 近鉄四日市行• 22時• 22:10 発 22:26 着• 16分• 近鉄四日市行• 22:31 発 22:44 着• 13分• 近鉄四日市行• 22:49 発 23:03 着• 14分• 近鉄四日市行• 23時• 23:21 発 23:35 着• 14分• 近鉄四日市行•

次の

近鉄四日市駅/あすなろう四日市駅

桜 駅 から 近鉄 四日市 駅

search-route-detail-btn'. my-station'. via-my-station'. ek-form-sfname'. ek-form-sv1name'. ek-form-sv2name'. ek-form-sv3name'. ek-form-stname'. ek-form-search'. ek-datepicker'. ek-datepicker'. ek-datepicker'. on 'dp. format 'mm' ; setFormDT year, month, day ; if datepicker. on 'dp. ek-datepicker'. preventDefault ; alert "大変申しわけありませんがお使いのブラウザではカレンダー表示は非対応です。 ek-form-year,. ek-form-month,. ek-form-day,. ek-form-hour,. ek-form-minute'. ek-form-year'. ek-form-month'. ek-form-day'. ek-form-hour'. ek-form-minute'. ek-datepicker'. date moment [year, month-1, day, hour, min] ; datepicker. ek-btn-nowtime'. format 'mm' ; if hour button[data-ek-form-sr]. active'. active'. ek-form-hour,. ek-form-minute'. ek-form-hour,. ek-form-minute'. ek-btn-nowtime'. search-route-option-priority'. format 'YYYYMMDDHHmm'. ek-form-hour,. ek-form-minute'. ek-btn-nowtime span. text'. ek-form-hour,. ek-form-minute'. ek-form-hour,. ek-form-minute'. ek-btn-nowtime'. search-route-option-priority'. format 'YYYYMMDD'. ek-form-hour,. ek-form-minute'. ek-btn-nowtime span. text'. ekitan. isShowDefaultList : false; suggest. removeAttr 'data-ek-suggest-selector'. attr 'data-ek-suggest-selector',suggest. position! suggest. left, 'top': pos. attr 'class', 'tab-nav'. off 'click'. on 'click', suggest. attr 'class', 'active'. off 'click'. on 'click', suggest. html item. attr 'data-ek-delete-code', item. off 'click'. on 'click', suggest. attr 'data-ek-mydata-json',json. off 'click'. on 'click', 'li', suggest. off 'click'. on 'click', 'a', suggest. html ''. append header. focus ; suggest. ek-mydata-ul'. html ''. hide. removeAttr 'data-ek-suggest-selector' ; suggest. ek-mydata-ul'. suggest ; data. currentTarget. data 'ek-delete-code' ; stationHistoryList. ek-mydata-ul'. suggest ; suggest. parent. parent. on 'blur',this. ek-mydata-ul'. suggest ; suggest. parent. parent. on 'blur',this. find 'div. active' ; if e. keyCode. find 'li. next. find 'li:first-child'. keyCode. find 'li. prev. find 'li:last-child'. keyCode. find 'li. removeClass 'active' ; data. keyCode. find 'li. active' ; if l.

次の

近鉄四日市駅

桜 駅 から 近鉄 四日市 駅

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年2月)• (2年)• - 三重軌道(現・内部線)諏訪前 - 南浜田間開通時に同線の 諏訪前駅開業。 - (現・湯の山線)諏訪 - 川島村(現・)間開通時に同線の 諏訪駅開業。 (大正4年) - 三重軌道四日市市 - 諏訪前間が延伸開業。 (大正5年)• - 四日市鉄道四日市(後に四日市市と改称) - 諏訪間が延伸開業。 - 三重軌道の路線がに移管される。 (大正11年) - 伊勢鉄道(現・名古屋線)海山道 - 新四日市(後に四日市と改称)間開通時に前に開業。 (大正15年) - 伊勢鉄道の社名変更により、伊勢鉄道四日市駅がの駅となる。 (2年) - 四日市鉄道の四日市市 - 諏訪間が廃止。 (昭和3年) - 三重鉄道の四日市市 - 諏訪前間が廃止。 諏訪前駅を廃止し四日市鉄道諏訪駅に統合。 (昭和4年) - 伊勢電気鉄道の桑名 - 四日市間延伸時に同線の諏訪駅開業。 (昭和6年) - 三重鉄道が四日市鉄道を合併。 諏訪駅は伊勢電気鉄道と三重鉄道の駅となる。 (11年) - 参宮急行電鉄が伊勢電気鉄道を合併 、伊勢電の諏訪駅と四日市駅が参宮急行電鉄名古屋伊勢本線の駅となる。 (昭和16年) - が参宮急行電鉄を合併、参急の諏訪駅と四日市駅が関西急行鉄道の駅となる。 また路線名が名古屋伊勢本線から名古屋線に変更された。 (昭和19年)• - 会社合併により三重鉄道諏訪駅がの駅となる。 - 関西急行鉄道と南海鉄道が合併して近畿日本鉄道が成立。 関急の諏訪駅と四日市駅が近畿日本鉄道の駅となる。 (昭和31年) - 近鉄名古屋線の海山道 - 川原町間経路変更に伴い同線の四日市駅を廃止。 近鉄と三重交通の諏訪駅を現在地に移転して、 近畿日本四日市駅に改称。 (昭和39年)• - 三重交通の鉄道事業が三重電気鉄道として分社され、近鉄と三重電気鉄道の駅となる。 - 湯の山線のに伴い、同線と内部線が分断。 (昭和40年) - 近畿日本鉄道が三重電気鉄道を合併。 近鉄単独駅となる。 (昭和45年) - 近鉄四日市駅に改称。 (昭和46年) - 高架化工事開始により名古屋線 - 湯の山線の直通運転休止及び名古屋線の待避線撤去。 代替としてに待避線設置。 (昭和48年)• - 名古屋線上り線・湯の山線高架化。 - 名古屋線下り線高架化。 (昭和49年)• - 内部線四日市駅移設。 - 高架化完成。 名古屋線の待避線復活。 (昭和50年) - 高架下店舗「パティオ近鉄」開業。 (昭和54年) - 旧駅ビル跡に四日市近鉄ビル増築。 (4年) - 四日市近鉄ビル増築。 (平成13年) - SF(ストアードフェア)システムの導入および大阪地区における「」対応カードの取り扱い開始に伴い、当駅における「途中下車指定駅」の制度が廃止される。 (平成19年) - 使用開始。 (平成27年) - 内部・八王子線が四日市あすなろう鉄道に経営移管。 同時に内部・八王子線のホームのみ「 あすなろう四日市駅」に駅名が改称される。 (令和元年) - 改札階及びホームのがLCD 液晶ディスプレイ 化される。 諏訪駅 [ ] 路線変更前後の近鉄四日市駅付近 (昭和30年)までは、現在の近鉄四日市駅付近には駅はなく、現在地から300メートルほど東、交叉点の北西側にあたる場所に 諏訪駅が存在した。 1890年(明治23年)、市街地東縁の地にのが開業したが、四日市の町の中心である諏訪神社周辺への駅設置が望まれた。 (大正2年)、諏訪神社近くに三重軌道(のちに三重鉄道、三重交通、近鉄を経て、現在の内部八王子線)が諏訪前駅(後に諏訪駅に統合)を設け、続いて同年四日市鉄道(のちに三重鉄道、三重交通を経て、現在の近鉄湯の山線)も諏訪駅を開業し、四日市郊外からの鉄道網の拠点として成長した。 (昭和4年)に伊勢電気鉄道(後の近鉄名古屋線)が開通し、諏訪駅は外部の鉄道網とも結ばれることになった。 なお、先行して諏訪駅を経由し四日市駅まで開業していた三重鉄道(旧三重軌道・内部八王子線)および四日市鉄道(湯の山線)は、1927年(昭和2年)11月に両線の四日市 - 諏訪間を廃止し、伊勢電気鉄道に線路敷を譲った。 当時の伊勢電気鉄道の線形は、名古屋方面からの線路が現在の近鉄四日市駅北方500メートル付近からカーブを描いてほぼ直角に曲がり、(天理教カーブ)そのまま東に進み、四日市駅前でまたほぼ直角にカーブして()、南に方向転換していた。 なお南側は、現在は関西本線と近鉄名古屋線が立体交差しているあたりで、現在の路線に合流していた。 諏訪駅と川原町駅の間には 西町駅が存在していた。 諏訪駅の周りには商店街が形成され、グループの前身である 岡田屋もすぐそばにあった。 しかし、諏訪駅前後の急曲線は速度向上や車両大型化に支障をきたし、近鉄名古屋線最大の上のネックであった。 諏訪駅は市の中心駅にしては規模が狭く、建物の老朽化もあったため、 1956年(昭和31年)に近鉄名古屋線の大幅なルート変更で現在地へ移転し、名称も「 近畿日本四日市駅」に変更された。 線形変更の結果、近鉄名古屋線と関西本線は四日市では接続しなくなった。 一方、戦時統合で八王子線と湯の山線を承継した(当時)も近畿日本四日市駅を起点としたため、1927年以前のように国鉄四日市駅を起点とする路線の復活は行われなかった。 地上11階・地下1階の駅ビルに接続しており、2階が改札・、3階がホームとなっている。 各階にはエレベーター、上りエスカレーターが設置されている。 改札口は南北に各1ヶ所が設けられている。 が置かれ、名古屋線の - 間と、湯の山線の各駅を管理している。 名古屋線のホームは内側2線(2番線と3番線)を主本線、外側2線(1番線と4番線)を待避線としている。 ホームは、1 - 4番線がで8両(ホームは10両分あるが 、ホームに柵があり立ち入り禁止となっている)、5番線が6両、6番線が4両である。 湯の山線ホームは分岐の関係上、伊勢中川寄りにずれて設置されている。 のりば [ ] のりば 路線 方向 行先 備考 1 E 名古屋線 下り E 方面 A ・方面 M ・方面 一部4・5番のりば 2 3 上り E ・方面 基本的には優等列車が使用 4 5 E 名古屋方面 一部の当駅発着準急・普通 K 湯の山線 下り K 方面 6• 同時に近鉄四日市駅から改称。 島式ホーム1面2線を持つで、湯の山線の高架下にある。 内部線が近鉄の一路線であった時期も含めて、近鉄四日市駅とは改札外連絡となっている。 近鉄駅の改札とは中央通りを挟んで反対側に位置しており、両社は歩道橋で結ばれている。 改札口はホーム頭端部に位置する。 ホームの有効長は3両。 近鉄時代には自動改札機と行燈式の発車標を想定した設計であり、これらは四日市あすなろう鉄道転換時に撤去された。 のりば [ ] 近鉄時代から引き続き、ホーム番号は名古屋線・湯の山線からの続番となっている。 乙特急以下の定期営業列車の全列車および観光特急「しまかぜ」が停車しており、1列車のみも停車する 21時00分発、当駅22時45分着。 この1列車を除いた名阪甲特急の全列車とは全て通過する。 名古屋線では列車待避や緩急接続が頻繁に行われており、大多数のが特急・急行と連絡し、一部の普通は特急・急行の2本を待避する。 本数は少ないものの、急行による特急待避や乙特急との緩急接続も設定されている。 当駅発着の列車が多数設定されており、からの準急は当駅までの設定であり、当駅始発の近鉄名古屋行き準急はまでの各駅に停車する。 名古屋方面へは、夜間の下り最終および朝ラッシュ後と夕ラッシュ直前には当駅発着の急行が、早朝や夜間を中心に近鉄名古屋駅から当駅終着の普通列車が設定されている。 伊勢中川方面へは、全時間帯で当駅始発の行き普通列車が、夜間と平日朝に行き 平日夜間2本、土休日1本 および行き 平日・土休日1本のみ 、行きの普通列車 平日2本、土休日1本 が設定されており、平日朝には行き急行も1本のみ設定されている。 2012年ダイヤ変更までは休日にも当駅始発・到着の鈴鹿線直通急行が各1本設定されていた。 時刻表上では当駅で準急と普通列車の連絡とされているが 、実際には大多数の準急が当駅で普通列車に種別変更して継続運転される。 本数は少ないが、当駅終着として運転された普通列車が行先変更の上で継続運転する列車もあり、平日朝9時台近鉄名古屋行き急行と平日朝7時台の鈴鹿線平田町行き急行は、当駅で普通列車から急行に種別変更する。 当駅では車両の増結・解放も行われており、昼間時間帯以外に近鉄名古屋駅 - 当駅間を4両・5両編成で走る準急は、当駅から伊勢中川方面行きの普通列車に種別変更する際に2両と2両・3両に切り離される。 平日ダイヤの7:41発津新町行き普通列車と9:52発近鉄名古屋行き準急および土休日ダイヤの8:17発近鉄名古屋行き準急と9:29発近鉄名古屋行き普通列車の4本は5番線から、土休日ダイヤの6:47発津新町行き普通列車は4番線から発車する。 近鉄湯の山線• 始発駅であり、通常は普通列車のみの運転である。 日中(9時台 - 14時台)は約30分間隔で、それ以外の時間帯は約15分 - 20分間隔で発着している。 四日市あすなろう鉄道内部線 [ ]• 始発駅であり、普通列車のみの運転である。 朝7時台から9時台までを除き、原則として行きと行きが約30分間隔で交互に運転されており、日中以降は概ね毎時00分・30分発が内部行き、毎時13分・43分発が西日野行きとなっている。 当駅乗降人員 [ ] 近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り。 調査日 一日 乗降人員 2005年11月8日 52,309 2008年11月18日 52,378 2010年11月9日 51,496 2012年11月13日 47,102 2015年11月10日 45,694 2018年11月13日 45,116 利用状況 [ ] 「三重県統計書」によると、近年の1日平均は以下の通り。 年度 近鉄 四日市 あすなろう 1日平均 乗車人員 1日平均 乗車人員 1997年 26,855 未 開 業 1998年 25,920 1999年 24,892 2000年 24,345 2001年 23,467 2002年 22,006 2003年 21,693 2004年 21,375 2005年 21,658 2006年 21,909 2007年 21,797 2008年 21,642 2009年 20,727 2010年 20,633 2011年 20,720 2012年 21,103 2013年 21,686 2014年 21,260 2015年 23,920 4,005 2016年 25,118 3,821 2017年 23,915 3,650 2018年 24,236 3,597 近鉄四日市駅の利用状況の変遷を下表に示す。 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)であり、調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きい。 駅中に近鉄百貨店が位置し、東側に古くからの繁華街である諏訪地区、西側に再開発されたララスクエア四日市があり、両地区をふれあいモールが接続している。 ララスクエア四日市、四日市都ホテル 公共・文化施設• ・・プラネタリウム• じばさん三重• - 前から延びる。 選定の「新・日本街路樹100景」(1994年)のひとつ。 宿泊施設• 四日市駅前(1 - 2Fはテナントが入居)• ホテル四日市 商業施設• 四日市店 - 駅ビル• 四日市店• 四日市• 四日市本店• ララスクエア店• ララスクエア四日市店• 他テナント• ふれあいモール(近鉄高架下周辺)• グルメパーク(飲食)、ファッションストリート(ファッション)• 跡(閉鎖)• 四日市一番街• 四日市二番街• 四日市三番街• 四日市店 学校施設• 古川学園向陽台高校• 企業施設• 近畿日本鉄道名古屋輸送統括部(旧・名古屋営業局)• 本社 金融機関• 四日市駅前店• 四日市支店• 四日市支店• 四日市西支店• 四日市支店• 四日市支店• 四日市西支店• 四日市駅前支店• 四日市支店• 四日市支店• 四日市本店 史跡・公園施設• 鵜の森公園・• ・ バス路線 [ ] 近鉄四日市駅東バスのりば 西のりば [ ] 高速バス 乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考 0 四日市中部国際空港線 京都 三重交通 ナガシマリゾートライナー 大阪 三重交通 一般路線バス 乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考 1 41 前、公団住宅前 笹川団地 三重交通 日永カヨー前、公団住宅前、笹川団地 笹川ジャブ 日永カヨー前、公団住宅前 笹川テニス場 2 44 大井手、美里ケ丘、三重団地、赤水 あがたハイツ 大井手、美里ケ丘、三重団地、赤水、あがたハイツ 46 大井手、生桑道 三重団地 75 、神前大日山 3 80 城東町、、桜台二丁目 桜花台 三重交通 城東町、松本駅前、桜台二丁目、桜花台 桜リサーチパーク 1日1本 03 城東町、松本駅前(桜花台団地内通らず) 04 、松本駅前、かわしま園 悠彩の里 南のりば [ ] 高速バス 乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考 立川 東京(池袋)・大宮 三重交通 夜行 横浜 三重交通 一般路線バス 乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考 4 71 末永橋、生桑道、赤水 福王山 三重交通 みたき総合病院前、坂部ヶ丘、大沢台 前 前 平日朝運転 みたき総合病院前、坂部ヶ丘、前 山城駅前 末永、坂部ヶ丘、大沢台 四日市大学前 平日朝運転 5 01、12、90、91、94 三重交通 土日祝は12系統のみ 95、99 赤堀 ガーデンハウス東日野 土日祝は05、98、99系統 6 61 室山、高花平、水沢本町 宮妻口 62 63 室山、高花平 小山田病院 64 室山 高花平 平日1本 65 平日朝運転 7 51 日永カヨー前、前、采女ヶ丘 和無田改善センター 53 日永カヨー前、内部駅前、佐々木記念館 前 43 日永カヨー前、口、泊山 日永カヨー前、泊駅口、白鬚神社 平日朝運転 東のりば [ ] 一般路線バス 乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考 10 61,62,63, 64,71,97 三重交通 95 JR四日市、千歳町 平日朝運転 11 01 中町、東新町 JR四日市 土日祝は05系統 91,99 中町、東新町、千歳町 四日市港 90,98 中町、東新町、曙町 12 11 前、小杉、Jヒルズ 正門前 阿倉川駅、小杉 Jヒルズ 12 、Jヒルズ、キオクシア正門前 垂坂駐車場 四日市羽津医療センター、Jヒルズ キオクシア正門前 平日朝運転 四日市羽津医療センター Jヒルズ 直通(キオクシア南門前、キオクシア正門前停車) キオクシア東門前 平日朝運転 13 四日市羽津医療センター、キオクシア正門前 キオクシア東門前 急行、平日朝運転 四日市市民公園前 [ ] 高速バス 乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考 東京(新宿) 横浜 夜行 大阪(梅田・) JAMJAMライナー 横浜・東京(新宿) コトバスエクスプレス 徳島・高松 琴平 夜行 松山行、高知行に連絡 隣の駅 [ ] 近畿日本鉄道 E 名古屋線• による。 ただし、駅名は『日本鉄道旅行地図帳 8号 関西1』新潮社、pp. 31-32、および『』鉄道公認運送取扱人組合中央会、1920年、p. 187(国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより)による。 156• 「湯ノ山線改軌」『鉄道ピクトリアル』第157号、電気車研究会、1964年5月、 86頁。 『80年のあゆみ』近畿日本鉄道株式会社編、1990年10月1日、p213• 『鉄道ピクトリアル』(電気車研究会)1971年12月号(No. 258)p. 『HAND BOOK 2010』、近畿日本鉄道総合企画部編、2010年9月• 『最近20年のあゆみ』近畿日本鉄道株式会社編、1980年10月1日、p104• 近鉄時代は、近鉄の駅で「10番のりば」があったのは当駅のみであった(「9番のりば」はにも存在する)。 、『東海道ライン 全線・全駅・全配線 第8巻 名古屋南部・紀勢東部』、p. 17、、2009年9月、• 150 - p. 157・p. 162 - p. 184・p. 308 - p. 315・p. 320 - p. 342• - 近畿日本鉄道株式会社、2012年9月28日付ニュースリリース• 近畿日本鉄道• - 近畿日本鉄道• 浅井建爾『道と路がわかる辞典』、2001年11月10日、初版、127頁。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の