ウィリアム ラムゼイ 卿。 ウィリアム・ラムゼーとレイリー卿による希ガスの発見について。液体空気の分留について少しの知見。HeとNeの関係と、不活性性についての知見。おもしろい。

ウィリアム・ラムゼイ卿 Sir William Ramsay Google Doodle

ウィリアム ラムゼイ 卿

周期表において第18族元素(希ガス)かつ第3周期元素に属す。 アルゴンは地球大気中に3番目に多く含まれている気体で、その容量パーセント濃度は0. 地球上のアルゴンのほとんどは質量数40のもの(アルゴン40)であり、これは地殻中のカリウム40の崩壊により生成した。 一方、宇宙においてはアルゴン36が最も多量に存在し、超新星爆発による元素合成によりつくられた。 >なお、1904年にレイリー卿は「気体の密度に関する研究、およびこの研究により成されたアルゴンの発見」よりノーベル物理学賞を、ウィリアム・ラムゼーは「空気中の希ガス元素の発見と周期律におけるその位置の決定」によりノーベル化学賞を、それぞれ授与された。 引用元:. ウィリアム・ラムゼー(William Ramsay, 1852年10月2日 — 1916年7月23日)はスコットランド出身の化学者である。 1904年に空気中の希ガスの発見によりノーベル化学賞を受賞した。 なお、同年のノーベル物理学賞は希ガスであるアルゴンを発見した功績によりレイリー卿が受賞している。 引用元:.

次の

ウィリアム・ラムゼイ卿ってどんな人?希ガスを発見しノーベル賞を受賞した!│れきし上の人物.com

ウィリアム ラムゼイ 卿

本日の<グーグルロゴ>は、希ガスの発見により、1904年に「ノーベル化学賞」を受賞しましたスコットランド出身の化学者<ウィリアム・ラムゼイ>(1852年10月2日~1916年7月23日)の生誕167周年になります。 グラスゴーのアカデミーで学び、グラスゴー大学で化学を学びます。 1869年に大学を卒業しますと、ドイツのテュービンゲン大学に留学し<ヴィルヘルム・ルドルフ・フィッティッヒ>さんの元で学び、その後、グラスゴーに戻ると、現・ストラスクライド大学)で研究を行い、1879年にブリストル大学の化学の教授へ就任。 1881年には学長にもなりますが、時間を見つけては研究を行いました。 1887年には、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの教授に就任。 この頃、窒素の研究で様々な論文を発表。 1894年4月、彼は、<ジョン・ウィリアム・ストラット(レイリー卿)>((1904年に「ノーベル物理学賞」受賞)の窒素に関する講義に参加します。 <レイリー卿>は、化学合成によって作られた窒素と、空気から分離された窒素では、密度が異なることを発表していました。 (空気から分離された窒素の方が、密度が大きい) つまり、空気には酸素、窒素以外のものが含まれているのではないかと考えました。 2人は、この件について、共同で研究を行うことにしました。 そして、空気から分離された窒素から、新たなる気体の抽出に成功します。 抽出された気体は、他の物質に対して反応が低く、不活性であることから、ギリシャ語の「怠惰な」を意味する」という単語から「アルゴン(Ar)」と名付けられました。 1895年には、「アルゴン」を生成中に、未知の気体を生成。 調べてみると、それは、以前から存在すると指摘されていた「ヘリウム(He)」であり、その抽出に成功しました。 更に、1898年には「クリプトン(Kr)」、「キセノン(Xe)」、「ネオン(Ne)」を発見。 「ヘリウム(He)」の抽出成功により、飛行船などに用いられていた水素の代用品として使われるようになり、また、「クリプトン(Kr)」、「キセノン(Xe)」、「ネオン(Ne)」は、電球に用いられています。

次の

ウィリアム・ラムゼイ卿 生誕167周年記念にGoogleロゴ変更

ウィリアム ラムゼイ 卿

を務めた初代ダルハウジー侯爵・10代ダルハウジー伯爵 ()の族長 Chief で議員を務めた 1570後-1629以前 は、に メルローズのラムゼイ卿(Lord Ramsay of Melrose に叙せられtた。 その翌年のに同爵位は ダルハウジーのラムゼイ卿(Lord Ramsay of Dalhousie)に名称変更された。 その長男で2代ラムゼイ卿となった () -1672 もスコットランド議会議員を務め、にスコットランド貴族 ダルハウジー伯爵(Earl of Dalhousie)と ケリントーンのラムゼイ卿(Lord Ramsay of Keringtoun)に叙せられた。 これがダルハウジー伯爵家の創始となった。 8代伯 () -1787 は、フリーメイソンの () 在職1767年-1769年 、スコットランド(在職1774年-1787年)、警察卿(Lord of Police) 在職1775年-1782年 、 () 在職1777年-1782年 等を歴任した。 彼は母方の叔父にあたるモール家から財産を相続したが、長男ではなく次男 () 1771-1852 にこの財産を継がせた。 ウィリアムはこれを機に「モール(Maule)」と改姓し、には連合王国貴族 フォーファー州におけるブレチン=ネイヴァーの ()(Baron Panmure, of Brechin and Navar in the County of Forfar)に叙されている。 一方8代伯の長男で9代伯位を継承した 1770—1838 は、フリーメイソンのスコットランド・グランドロッジ・グランドマスター 在職1804年-1806年 、スコットランド貴族代表議員(在職1796年-1815年)、 () 在職1816年-1820年 、 在職1820年-1828年 等を歴任し、に エディンバラ州におけるダルハウジー城のダルハウジー男爵(Baron Dalhousie, of Dalhousie Castle in the County of Edinburgh)に叙せられた(連合王国貴族は自動的に議員となる)。 9代伯が死去した際に生存していた唯一の男子である10代伯 1812-1860 は、(後に)の政治家であり、 () 在職1843年-1845年 、 在職1845年-1846年 、 在職1847年-1856年 等を歴任した。 またフリーメイソンのスコットランド・グランドロッジ・グランドマスター 在職1836年-1838年 も務めた。 彼はインド総督として近隣諸国や支配下の藩王国の併合を強硬に推し進めたことで知られ、植民地インドをより強力に総督府の統一的支配下に置くことに成功した。 その強力な支配力のもとに内政改革を次々と実行した。 しかし彼の強硬政策は後のの原因の一つとなった。 インド総督在任中のに連合王国貴族 エディンバラ州におけるダルハウジー城およびパンジャブのダルハウジー侯爵(Marquess of Dalhousie, of Dalhousie Castle in the County of Edinburgh, and of the Punjab)に叙せられたが、彼には男子がなかったため、この爵位は一代で絶えた(ダルハウジー城のダルハウジー男爵位もこの時に廃絶)。 10代伯の死後、8代伯の次男初代パンミューア男爵ウィリアム・モールの息子である第2代パンミューア男爵 1801—1874 が11代伯を継承し、姓を「モール=ラムゼイ」に改姓した。 彼はの政治家として 在職1846年-1852年、1855年-1858年 、 在職1852年 、 在職1855年-1858年 などの閣僚職を歴任した。 またフリーメイソンのスコットランド・グランドロッジ・グランドマスター 在職1867年-1870年 も務めた。 しかし子供はなく、パンミューア男爵位は彼の死とともに廃絶した。 11代伯の死後、8代伯の四男ジョンの次男である () 1806—1880 が12代伯を継承した。 彼は海軍大将 Admiral まで昇進した軍人であり、には連合王国貴族 フォーファー州におけるグレンマークのラムゼイ男爵(Baron Ramsay, of Glenmark in the County of Forfar)に叙せられている。 その長男である13代伯 () 1847—1887 は、の政治家であり、1886年にはを務めた。 その孫である16代伯 () 1914—1999 は、の政治家であり、の () 在職1965年-1992年 を務めた。 その長男である17代伯 () 1948- が現在の当主である。 彼はから ()を務めている。 本邸は・ ()にある ()。 家訓は「 祈れ、そして働け(Ora Et Labora)」 現当主の保有爵位 現在の当主第17代ダルハウジー伯爵 ()は、以下の爵位を保有している。 第17代ダルハウジー伯爵 17th Earl of Dalhousie のによる爵位• ダルハウジーの第18代ラムゼイ卿 18th Lord Ramsay of Dalhousie の勅許状によるスコットランド貴族爵位• ケリントーンの第17代ラムゼイ卿 17th Lord Ramsay of Keringtoun 1633年6月29日の勅許状によるスコットランド貴族爵位• フォーファー州におけるグレンマークの第6代ラムゼイ男爵 6th Baron Ramsay, of Glenmark in the County of Forfar の勅許状による爵位 一覧 ダルハウジーのラムゼイ卿 1618年• 初代ラムゼイ卿 -1629以前• 2代ラムゼイ卿 () -1672• 1633年にダルハウジー伯爵に叙される ダルハウジー伯爵 1633年• 初代ダルハウジー伯 () -1772• 2代ダルハウジー伯 -1674• 3代ダルハウジー伯 -1682• 4代ダルハウジー伯 -1696• 5代ダルハウジー伯 -1710• 6代ダルハウジー伯 1660頃—1739• 7代ダルハウジー伯 -1764• 8代ダルハウジー伯 () -1787• 9代ダルハウジー伯 1770—1838• 10代ダルハウジー伯 1812—1860• 1849年にダルハウジー侯に叙される ダルハウジー侯爵 1849年• 初代ダルハウジー侯・10代ダルハウジー伯 1812—1860• 彼の死去とともにダルハウジー侯爵廃絶 ダルハウジー伯爵 1633年• 11代ダルハウジー伯 1801—1874• 12代ダルハウジー伯 () 1806—1880• 13代ダルハウジー伯 () 1847—1887• 14代ダルハウジー伯 () 1878—1928• 15代ダルハウジー伯 1904—1950• 16代ダルハウジー伯 () 1914—1999• 17代ダルハウジー伯 () 1948-• は現当主の息子ラムゼイ卿サイモン・デイヴィッド・ラムゼイ 1981-• 185. , p. 101. Lundy, Darryl. 2016年2月9日閲覧。 Heraldic Media Limited. 2016年2月9日閲覧。 2016年2月9日閲覧。 Lundy, Darryl. 2016年2月9日閲覧。 Lundy, Darryl. 2016年2月9日閲覧。 Lundy, Darryl. 2016年2月9日閲覧。 2016年2月9日閲覧。 2016年2月9日閲覧。 , p. 101-107. Lundy, Darryl. 2016年2月9日閲覧。 , ed. 1896. London:. Lundy, Darryl. 2016年2月9日閲覧。 Lundy, Darryl. 2016年2月9日閲覧。 2016年2月9日閲覧。

次の