特急南風 指定席。 特急南風2000系のグリーン車と指定席、自由席を乗り比べ![画像大量]

新型特急南風2700系のグリーン車、指定席と自由席を乗り比べ![画像大量!]

特急南風 指定席

本日は高知遠征の移動日です。 通常なら空路で伊丹から高知龍馬空港へ飛びますが、やはり旅は車窓の景色が大切です。 なので時間はかかりますが、今回は鉄道の旅をチョイスしました。 まずは新大阪駅。 毎週のように乗っている新幹線に今日もお世話になります。 新幹線ユーザーなら使われている方も多いと思いますが、メチャメチャ便利なのが『エクスプレスカード』。 これはスマホで簡単に新幹線の予約が出来、大混雑のみどりの窓口に並ぶ必要はありません、 しかも乗車予定の6分前までなら、何度でも時間や席移動が可能なんです。 また乗車距離に応じてポイントがたまり、1000ポイントでのぞみ号のグリーン車が指定席と同価格で乗れる特典もあります。 それはさておき、今は岡山を目指します。 8:59発みずほ605号鹿児島中央行に乗り込みます。 みずほ、さくらの700系九州新幹線はグリーン車と同じで片側2列のゆったりシート。 もっと乗ってたいですけど、岡山までは早いですね。 わずか45分で到着です。 鹿児島中央行きの新幹線をホームで見送り、在来線に乗り換えです。 在来線乗換え口へ。 特急南風の切符は新大阪駅で発券しておきました。 ちなみに在来線特急はJ-WESTで予約し、クレジットカードで支払うと通常よりもお得な金額で乗車できますので、移動回数が頻繁な方はこういった鉄道会社のカード利用が便利ですね。 10:05 南風5号高知行きが出発します。 10:27 児島駅停車、ジーンズの街らしく自販機もジーンズ柄にペイントされています。 さあここからが第一弾の見せどころポイント、瀬戸大橋です。 両サイドの景色は座席からは撮りにくいので、デッキに出ての撮影会です。 進行方向右側は、高速道路利用ならおなじみの与島サービスエリアが。 そして左側は眼下に瀬戸内の波の景色が広がります。 橋上で南風号、アンパンマン列車と通過します。 10:42 丸亀駅停車 10:47 多度津駅停車 10:54 善通寺駅停車 10:59 琴平駅停車、やはりこちらは大勢の外国人観光客が下車されました。 11:30頃より左手に見えてくるのが断崖絶壁の秘境、大歩危小歩危エリアです。 高い位置から見下ろす吉野川の景色は圧巻ですね。 11:44 大歩危駅停車 秘境の景色も落ち着いたところで、ランチの時間にしたいと思います。 先ほど岡山駅で乗車前に買った『桃太郎の祭ずし』を食べることに。 パッケージが色鮮やかだなあ思いきや、中を開けると箱から桃が出てきました。 蓋を開けるとチラシ寿司、凝った演出ですね。 車中揺れますが美味しくいただき、あとは終着の高知駅を目指すのみです。 12:29 高知駅到着。 ホームを降りるとそこはアンパンマン一色ですね。 階段もイラストがデザインされています。 時間はかかりましたが、かなり楽しんで鉄道の旅を満喫できました。 さあこれからは高知の歴史ワールドへの探検に行ってきます。 大阪から3時間半の車窓の旅、おつかれさまでした。 関西在住で出張族サラリーマンをしています ノンシュガーマンと申します。 実はこのブログを開設する前は、長年連れ添った嫁と離婚し娘とも会うことが出来なくなっていた辛い時を過ごしていました。 そんな時に声をかけてくれたのが昔一緒に働いていた助ボンのパパという友達でした。 私は全くWEBに関する知識がないので、現在は助ボンのパパの力を借りて当ブログを運営しています。 失意のどん底にいた時に手を伸ばしてくれた彼と一緒に活動できることが今の幸せです。 前向きに記事を書き進めるおかげか、私のことを良く理解しれくれる女性と再婚することもできました。 ここでは出張族サラリーマンのためのおひとり様グルメや、家族で行った楽しい旅行&趣味の世界を綴っていきたいと思います。

次の

「南風」料金表|JR線ご利用案内

特急南風 指定席

本日は高知遠征の移動日です。 通常なら空路で伊丹から高知龍馬空港へ飛びますが、やはり旅は車窓の景色が大切です。 なので時間はかかりますが、今回は鉄道の旅をチョイスしました。 まずは新大阪駅。 毎週のように乗っている新幹線に今日もお世話になります。 新幹線ユーザーなら使われている方も多いと思いますが、メチャメチャ便利なのが『エクスプレスカード』。 これはスマホで簡単に新幹線の予約が出来、大混雑のみどりの窓口に並ぶ必要はありません、 しかも乗車予定の6分前までなら、何度でも時間や席移動が可能なんです。 また乗車距離に応じてポイントがたまり、1000ポイントでのぞみ号のグリーン車が指定席と同価格で乗れる特典もあります。 それはさておき、今は岡山を目指します。 8:59発みずほ605号鹿児島中央行に乗り込みます。 みずほ、さくらの700系九州新幹線はグリーン車と同じで片側2列のゆったりシート。 もっと乗ってたいですけど、岡山までは早いですね。 わずか45分で到着です。 鹿児島中央行きの新幹線をホームで見送り、在来線に乗り換えです。 在来線乗換え口へ。 特急南風の切符は新大阪駅で発券しておきました。 ちなみに在来線特急はJ-WESTで予約し、クレジットカードで支払うと通常よりもお得な金額で乗車できますので、移動回数が頻繁な方はこういった鉄道会社のカード利用が便利ですね。 10:05 南風5号高知行きが出発します。 10:27 児島駅停車、ジーンズの街らしく自販機もジーンズ柄にペイントされています。 さあここからが第一弾の見せどころポイント、瀬戸大橋です。 両サイドの景色は座席からは撮りにくいので、デッキに出ての撮影会です。 進行方向右側は、高速道路利用ならおなじみの与島サービスエリアが。 そして左側は眼下に瀬戸内の波の景色が広がります。 橋上で南風号、アンパンマン列車と通過します。 10:42 丸亀駅停車 10:47 多度津駅停車 10:54 善通寺駅停車 10:59 琴平駅停車、やはりこちらは大勢の外国人観光客が下車されました。 11:30頃より左手に見えてくるのが断崖絶壁の秘境、大歩危小歩危エリアです。 高い位置から見下ろす吉野川の景色は圧巻ですね。 11:44 大歩危駅停車 秘境の景色も落ち着いたところで、ランチの時間にしたいと思います。 先ほど岡山駅で乗車前に買った『桃太郎の祭ずし』を食べることに。 パッケージが色鮮やかだなあ思いきや、中を開けると箱から桃が出てきました。 蓋を開けるとチラシ寿司、凝った演出ですね。 車中揺れますが美味しくいただき、あとは終着の高知駅を目指すのみです。 12:29 高知駅到着。 ホームを降りるとそこはアンパンマン一色ですね。 階段もイラストがデザインされています。 時間はかかりましたが、かなり楽しんで鉄道の旅を満喫できました。 さあこれからは高知の歴史ワールドへの探検に行ってきます。 大阪から3時間半の車窓の旅、おつかれさまでした。 関西在住で出張族サラリーマンをしています ノンシュガーマンと申します。 実はこのブログを開設する前は、長年連れ添った嫁と離婚し娘とも会うことが出来なくなっていた辛い時を過ごしていました。 そんな時に声をかけてくれたのが昔一緒に働いていた助ボンのパパという友達でした。 私は全くWEBに関する知識がないので、現在は助ボンのパパの力を借りて当ブログを運営しています。 失意のどん底にいた時に手を伸ばしてくれた彼と一緒に活動できることが今の幸せです。 前向きに記事を書き進めるおかげか、私のことを良く理解しれくれる女性と再婚することもできました。 ここでは出張族サラリーマンのためのおひとり様グルメや、家族で行った楽しい旅行&趣味の世界を綴っていきたいと思います。

次の

岡山駅から高知駅まで「特急 南風」を利用しようと思います。

特急南風 指定席

トラベルジャーナは、年50泊旅行取材()の個人ブログです。 👈 東京・上野 車窓 景色は良くないものの、午前にまぶしくない。 福島の復興の様子が分かる。 1号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 洗面所 2号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 3号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 洗面所 4号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 5号車 グリーン 1 2 3 4 5 6 7 8 AED 6号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 7号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 お手洗い 8号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 9号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 お手洗い 10号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C 車椅子 C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B 車椅子 B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A 車窓 海側。 午前の列車はまぶしい。 予約 | |• 当日|• 観光| | | || 下はこだわりの表。 午前の水戸方面なら、E席がおすすめです。 景色 海が見えるのは、 往復ともAB席です。 ただし、ずっと海が見える訳ではなく、午前中はまぶしいです。 福島県内で、復興の様子を見たい場合、CD席がおすすめです。 日差し 午前中は太陽がまぶしいため、 山側のCD席も人気があります。 コンセント 全席にあります。 トイレ 奇数号車の水戸・仙台寄り。 赤ちゃん 奇数号車の水戸・仙台寄りの化粧室にベビーチェア、ベビーベッドあり。 トランク 荷物置き場なし。 トランクがある場合、1番後ろの席を確保します。 水戸・仙台方面なら1番、上の方面ならいちばん大きな番号の席です。 寝る 椅子を大きく倒せる最後列の席が良い場合、1番後ろの席を確保します。 水戸・仙台方面なら1番、上の方面ならいちばん大きな番号の席です。 窮屈 最前列の席は、足が伸ばせませんが、デスクが大きいというメリットがあります。 予約 | |• 当日|• 観光| | | | | そもそも全車指定席とは?• 緑色 … すでに指定券販売済みの席。 黄色 … もうすぐ指定券を持った人が来る席。 赤色 … 今のところ当面空いている席。 指定席でも座席未指定でも、値段は同じ 特急ひたち、ときわには、座席未指定券の設定もありますが利用者は少なく、実質、全席指定席となります。 指定券… 乗車後に購入すると260円高くなる。 えきねっとチケットレスサービスなら、100円引き。 座席未指定券 … 値段は、指定席と同じ。 特急ひたち、ときわは、全車指定席だが、空いている席に乗車できる。 同じ料金ですので、指定席がお得です。 座席未指定券を購入しているのは誰?• 仕事や観光の終わる時間がはっきりしない人• 短距離の乗車の人• 平日の日中のようにすいている時間帯に乗車する人 時間がはっきりしなくても、スマホで変更できます えきねっとを使用していれば、購入した指定券は、発券前なら原則1回に限り、手数料なしで変更できます。 (複数回変更できる場合もあります) 例えば17時の列車の指定席を取っておき、間に合わない場合、16時54分までは、無料で変更できます(えきねっとが止まる深夜から早朝を除く)。 ただし、えきねっとは、ログイン失敗率がかなり高いので、練習が必要です。 朝の下り、夕方の上りは非常に混雑するので、乗車直前では満席の可能性 駅の自動券売機で、列車や席を指定することも可能です。 しかし、 朝の下り、夕方の上りは非常に混雑します。 間に合う列車が決まったら、その場でえきねっとにログインして席を押さえることが必要です。 なお、 並走の高速バスも満席になりやすいため、バスは保険にはなりません。 横浜・大宮などから乗り継ぎなら普通列車のグリーン車も選択肢 常磐線は、普通列車にグリーン車(自由席)が連結されています。 普通列車のグリーン車は、51キロ以上、どこまでいっても1000円です(土日祝日は800円、車内で購入すると割高)。 横須賀線、東海道線、高崎線、宇都宮線との乗り継ぎなら、グリーン券は通しで980円ですので、有効に活用できます。 ジョルダン 3月16日の時刻 例えば、横浜を通勤ラッシュが終わった11時頃出発し、友部に向かうようなケースでは、グリーン車が空いているうえ、特急との差が1時間未満のため便利です。 大宮周辺からも、同様のことが言えます。

次の