ご返答ありがとうございました。 「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」への返信(返事)の仕方

ご回答ありがとうございますの敬語は?上司へのお礼メールの例も

ご返答ありがとうございました

「早速のご返信」の意味と使われるシーンとは? 「早速のご返信」の意味は「すぐに返信をくださり」 「早速のご返信」の意味は「すぐに返信をくださり」です。 「早速」には「あることに対してすぐ」という意味があり、手紙やメールの返事をくれる「返信」に丁寧の「ご」がついた「ご返信」がついています。 そこで「早速のご返信」とは「すぐに返信をくださり」という意味になるのです。 すぐに返信をくださったことへのお礼や、感謝を伝えるときに使われる言葉です。 「早速のご返信」の後には「ありがとうございます」が使われるのが一般的です。 「早速のご返信」と書いたメールを送るのは、自分が送ったメールに対して、相手がすぐに返事をくれた時に使います。 相手のメールにさらに返信するときに、メールの冒頭に「早速のご返信ありがとうございます」と書くことで、すぐにお返事がもらえて嬉しい気持ちや、感謝しているお礼を伝えることができるでしょう。 ビジネスの関係では、遠くにいる人でも、直接会わない人でもメールでやりとりすることができますので、ビジネスシーンで使われることが多いのです。 また、「早速のご返信」は目上の方にも、取引先の方にも使うことができる敬語表現になりますので、相手に失礼な印象を与えずに使うことができる便利な言葉です。 仕事をスムーズに進める上でも、使いやすいフレーズとして覚えておくとよいでしょう。 「すぐにご返信くださりありがとうございます」という感謝の気持ちを伝えられるフレーズになりますから、メールの冒頭に入れてまずはお礼をしましょう。 その後に仕事の詳細について詳しく書くと、相手も気持ちよく読んでくれます。 たとえば「早速のご返信ありがとうございます。 来週の資料について添付してお送りします。 よろしくお願いいたします。 」「早速のご返信ありがとうございます。 ご参加いただけるとのことで、当日お会いできることを楽しみにしています。 」というように使います。 自分から連絡したことに対して、対応してくれたお相手にひとまずお礼メールをするという方法があります。 少し時間が欲しい時にもひとまず送っておくと、相手の印象がよくなるでしょう。 たとえば「早速のご返信ありがとうございます。 詳細につきましては、資料をまとめて10日までにお送りしたいと思います。 よろしくお願いします。 」「早速のご返信ありがとうございます。 社内で検討してまたご連絡差し上げます。 よろしくお願いいたします。 」と使います。 「早速のご返信」は社外の方にだけでなく、もちろん社内でも活用できる言葉です。 丁寧な言葉の「ご」という敬語表現がついていますので、目下の方にはもちろん、目上の上司にも使うことができます。 たとえば「早速のご返信ありがとうございます。 いただいたアドバイスをもとに、再度作り直したいと思います。 よろしくお願いします。 」「早速のご返信ありがとうございます。 皆さんに楽しんでもらえる打ち上げにしたいと思っておりますので当日もよろしくお願いします!」と使います。 もちろん「早速のご返信ありがとうございます」だけでも構いませんが、相手の状況に合わせて言葉を選ぶと、より丁寧さやあなたの気遣いが伝わるようなお礼の言葉となるでしょう。 たとえば「お忙しいところ、早速のご返信ありがとうございます。 」「出張中でお疲れなのに、早速のご返信ありがとうございます。 」「出先にいらっしゃるのに、早速のご返信ありがとうございます。 」などと使います。 状況を加味した上でお礼をしているので、メールをもらった相手もホッとしてくれることでしょう。 朝早く返事をくれたことや、夜遅くに返事をくれることに対して一言加えると、相手への印象も良くなりますし、わざわざしてくださったことへきちんと感謝している気持ちを伝えることができます。 たとえば「早朝にも関わらず、早速のご返信ありがとうございます。 」「夜遅い時間にも関わらず、早速のご返信ありがとうございます。 」「休憩中のところ、早速のご返信ありがとうございます。 」と使います。 「早速のご返信」に、もらう」の謙譲語である「いただき」をつけることで、より丁寧な印象を与えることができるようになります。 たとえば「早速のご返信をいただきありがとうございます。 それでは来週お会いできることを、楽しみにしております。 」「早速のご返信をいただき、ありがとうございます。 詳細をお送りしますので、ご確認くださいませ。 」と使います。 「恐れ入ります」は「恐縮です」と同じような意味があり「すみません」「申し訳ない」などの謝罪と、感謝の意味を表す言葉です。 ありがとうの代わりに使うことで、恐縮しているニュアンスを伝えることができます。 たとえば「お忙しいところ、早速のご返信恐れ入ります。 メールの件、承知いたしました。 」「早速のご返信恐れ入ります。 添付の資料をもとに、プレゼン資料を作成していきます。 またご連絡させていただきます。 」と使います。 早速のご返信は「すぐに返事をくださり」という意味がありますが、少し状況が違うと感じる場合には、「ご丁寧な返信」を使うことができます。 相手が礼儀正しく、こちらが気持ちよくなるような気持ちをくれた時に使うのがおすすめです。 たとえば「ご丁寧な返信ありがとうございます。 来週の会議の議題について、承知しました。 」「ご丁寧な返信ありがとうございます。 会場でお会いできることを楽しみにしております。 」と使います。 「連絡」は相手からつながりをつけてくれることになりますから、「返信」と同じ意味で使うことができます。 そこに丁寧な「ご」がつきますから、目上の方にも使える敬語表現として使うことができます。 たとえば「早速のご連絡ありがとうございます。 先ほどは有意義な時間が過ごせて、私どもも勉強になりました。 今度ともよろしくお願いいたします。 」「早速のご連絡ありがとうございます。 ご欠席ということで承知いたしました。 また機会がありましたらよろしくお願いします。 」と使います。 「返答」は「返事をすること、答えること」という意味がありますから、「返信」と同じ意味の類語です。 同じように「ご」がついていますから、「ご返答」は丁寧な敬語表現として使うことが可能です。 使い方は「早速のご返答ありがとうございます。 ご希望に添えるように検討して参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。 」「早速のご返答ありがとうございます。 参考にさせていただきます!」「お忙しいところ、早速のご返答ありがとうございます。 」と使います。 「返事」は「呼びかけに対して答えること」という意味になりますから、「返事」とほぼ同じ意味で使うことができます。 「返事」の場合には、丁寧な表現に「ご」ではなく「お」がつきますので、間違えないようにご注意くださいね。 たとえば「早速のお返事ありがとうございます。 大切に読ませていただきますね。 」「早速のお返事ありがとうございます。 ご参加いただけるということで、感謝申し上げます。 当日はよろしくお願いいたします。 」と使います。 「早急(そうきゅう、さっきゅう)」は「非常に急なこと」という意味がありますから、「早急なご連絡」は急いで連絡をくれたことに感謝を伝える意味になります。 もちろんご連絡でなくても「ご返信」でもOKです。 たとえば「早急なご連絡ありがとうございます。 助かりました。 」「早急なご返信をいただき恐れ入ります。 それではこのまま進めさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 」と使います。 「ご連絡」「ご返答」「お返事」を織り交ぜながら、言い換えることも可能ですので、使える幅は広がります。 ビジネスメールでは、「早速の」は「prompt」を使って表現していきます。 使い方は「早速のお返事ありがとうございます。 」は「Thank you for the prompt response. 」となります。 「速い」という意味の「fast」を使って、「早速のご返信ありがとうございます」を「Thank you for your fast reply. 」とも言い換えることができます。 「Reply」は「返信」という意味がありますので、類語も含めてそのまま使うことができます。 使い方は「早速のご返信ありがとうございます。 」は「Thank you for the prompt reply. 」となります。 「返信」は「返事」の「Response」にも言い換えることができます。 早速のご返信ありがとうございますをビジネスメールで使いこなそう! ビジネスメールでよく登場する「早速のご返信ありがとうございます」について、詳しくご紹介しました。 相手にお礼を伝えることで、その後の仕事もスムーズに進めることができるフレーズです。 相手の状況を配慮したり、何にお礼を伝えたいのかを少しプラスするだけで、その場に応じた気遣いの言葉にもなるでしょう。 ビジネスでは、メールや手紙でのやり取りはつきものです。 ビジネスメールの件名のマナーや、返信用封筒のマナーについても押さえておくと万が一の場合に安心です。 こちらの記事もぜひ参考にしてくださいね! たとえば「早速のお返事ありがとうございます。 大切に読ませていただきますね。 」「早速のお返事ありがとうございます。 ご参加いただけるということで、感謝申し上げます。 当日はよろしくお願いいたします。 」と使います。

次の

梅雨

ご返答ありがとうございました

「早い返信ありがとう」は、丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現です。 「ありがとう」はこのままの形で謙譲語にすることはできません。 謙譲語にする場合は「感謝する」などの言葉に言い換え「早い返信感謝いたします」などの表現にします。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 丁寧語よりも尊敬語、謙譲語の方が丁重な表現だとされています。 「早い返信ありがとう」の敬語表現は「早い返信ありがとうございます」です。 丁寧語にあたります。 「早い返信ありがとうございます」をより丁寧な形の敬語にする場合は、「ありがとう」を「感謝する」に言い換え「早い返信を感謝いたします」などの形にします。 「返信」を尊敬語にして「早いご返信ありがとうございます」「早いご返信感謝いたします」という場合もあります。 使い方 「メールを確認いたしました。 早い返信ありがとうございます」「いつも早い返信ありがとうございます。 連絡が取りやすくて大変助かっております」などの使い方をします。 「早い」は言わずに「ご返信ありがとうございます」とだけ言う場合も多いです。 「早い返信ありがとう」のシーン別の使い方 「早い返信ありがとう」は、色々なシーンで使われます。 シーン別に使い方をご紹介します。 メールでの使い方 相手から思ったよりも早く返信が来た時などに使います。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」などの使い方をします。 しかし、目上の人やお客様からの返信のお礼にはあまり使いません。 一緒に仕事をしている同僚や、部下からのメールに対しての返事として送る場合が多いです。 ビジネスシーンでの使い方 「早い返信ありがとうございます」は目上の人に対して使う場合は気を付ける必要があります。 敬語では目上の人の仕事内容や行動指針を目下の人は正確に把握することはできない、という考え方に基づいて言葉を選びます。 返信を早くするか遅くするかは仕事の優先順位にあたりますので、厳密にいうと、目上の人から返信が「早かった」か「遅かった」かは、目下の人には判断できないということになります。 このため、「早い返信ありがとう」ではなく「返信をくださってありがとう」という言葉を返すのが自然です。 「ご返信ありがとうございます」「ご返信感謝いたします」などが適切です。 お客様に対して お客様に対しても「早い返信ありがとう」はあまり使いません。 返信が早くて助かるのは、多くの場合その方が業務を早く進められるためです。 しかし、お客様に「業務が早く進んだ」と伝える必要はない場合が多いため、「早い返信ありがとう」というお礼の言葉は適切ではありません。 「ご返信ありがとうございます」が適切です。 同僚・部下に対して 「早い返信ありがとう」は一緒に業務を進めている同僚に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとう」は「貴方が早く返信してくれるおかげで、仕事がスムーズに進みます」という感謝を伝える言葉ですので、同じ業務についている同僚に対して使うのは適切です。 「早い返信ありがとう」は部下に対しても使うことができます。 部下に使う場合は「貴方の業務の優先順位や速度は適切だ」という肯定の言葉になります。 「早い返信ありがとう」の「早い」には、類義語が多数あります。 それらを使った敬語表現をご紹介します。 早速 「早速」は「反応が早い」という意味です。 「早速出かけることにしよう」「早速ですが」「早速準備する」「早速返事をくれた」などの使い方をします。 「早速のご対応」「早速のお返事」は、よく使われる慣用句的な表現です。 何かサービスや商品などを勧めた後、「それをお願いする」などの返事をすぐに貰った時などに使います。 「早速のご対応、大変感謝いたします」「早速ご対応くださいましてありがとうございます」「早速お返事くださいましてありがとうございます」などの使い方をします。 「早速のご対応」などは、慣用句的な表現なので気にする人は少ないと考えられますが、お客様の反応に対して「早い」「遅い」などのコメントをすることは、本来は失礼にあたります。 「早速のお返事ありがとうございます」などはやや馴れ馴れしい表現です。 早々 「早々」は「そうそう」と読みます。 「本来の時期よりも早く」「その状態になってすぐに」という意味の言葉です。 「会議を早々に退席した」「開会早々に退出者が相次いだ」「入社早々海外出張を言い渡された」などの使い方をします。 「彼は早々と出かけて行った」などの文脈では「はやばや」と読むこともあります。 「早々に返信をくださいましてありがとうございます」「早々のご返信ありがとうございます」などは、あまり使わない言い回しですが意味は通じます。 迅速 「迅速」は「非常に速い」という意味です。 「早い返信ありがとうございます」の「早い」という部分をより強く表現したい場合は「迅速な返信ありがとうございます」などの表現をします。 また、「迅速」は目上の人に対して使用しても問題ありません。 基本的には「早い」「早速」などは、目上の人の仕事対応に対して使わない方がよいでしょう。 しかし、「迅速」は「仕事の進め方が適切だ」というような意味ではなく、速度自体を賞賛しているようなニュアンスのある言葉であるため、例外的に目上の人に使っても問題ありません。 「迅速なご返信ありがとうございます。 大変助かりました」「迅速にご返信くださいまして感謝いたします」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」を使わない方が良い場面 目上の人の仕事に対して「早い」「遅い」などのコメントをするのは失礼にあたる場合が多いです。 「早いことを感謝する」という言葉であっても、目上の人に対して、仕事の優先順位や速度を意見する形になります。 目上の人には「早い返信ありがとうございます」ではなく「ご返信ありがとうございます」という言葉を使うようにしましょう。 お客様に対しても「早い」「遅い」などの言葉をかけるべきではありません。 早い返信は、自分たちの業務を遅滞なく遂行できるという点で助かる、という場合が多いです。 しかし、それはお客様が気にかける事ではないため、その点について礼を言うと返って失礼にあたることがあります。 「ご返信ありがとうございます」という言葉が適切です。 「早い返信ありがとう」に似た場面で使う敬語表現 一緒に仕事をしている上司に対してであれば「迅速な返信ありがとうございます」などの言葉を使用することができます。 しかし、お客様や部署が違うなどで同じ仕事をしているわけでは無い目上の人に対して「迅速な返信ありがとう」は使いません。 一緒に仕事をしているわけではない相手の、仕事の速さを賞賛するのは不自然であるためです。 では、そのような相手に対して「こちら業務を気づかって早く返信するなどの心配りをしてくれてありがとう、助かっている」という感謝を伝えたい場合はどうしたらよいのでしょうか。 そのような場面でよく使用される言葉をいくつかご紹介します。 格別のお取り計らい 「早く返信するなどして、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という気持ちを伝えるような場面でよく使用される言葉に「格別のお取り計らい」があります。 「格別のお取り計らい」は「他よりも特にこちらに気にかけて、うまくいくように都合を合わせてくれている」という意味です。 「平素より格別のお取り計らいをいただきまして、誠にありがとうございます」「いつも格別のお取り計らいをいただきまして感謝しております」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」は基本的には目上の人に対して使用しません。 「早い」という言葉には、仕事の速度が適切であるということをこちらが判断しているようなニュアンスが僅かにあります。 このため、目上の人に対して「早い」と伝えたい時には速さを称賛しているようなニュアンスがある「迅速」を使います。 「迅速なご返信ありがとうございます」であれば、目上の人に対して使っても問題ありません。 「早い返信をしてくれるなど、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という意味で「早い返信ありがとう」と言いたいというような場面では、「お心遣いをいただきましてありがとうございます」「お気にかけていただきましてありがとうございます」「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などの表現をします。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を使いこなそう! 「早い返信ありがとう」は丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現にあたります。 同僚や部下に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとうございます。 おかげで今日中に仕上げることができそうです」などの使い方をします。 目上の人に対しては「早い返信ありがとう」ではなく「迅速なご返信ありがとうございます」という言葉を使います。 お客様に対しては「早い」という言葉は基本的に使いません。 「お心遣いいただきましてありがとうございます」などの言葉で感謝を伝えます。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を押さえて使いこなせるようになりましょう。

次の

早急な返信ありがとうございますって英語でなんて言うの?

ご返答ありがとうございました

「ご回答いただきありがとうございます」は、謙譲語の「いただく」を組み合わせています。 意味は、回答してもらいありがとうございますと言う意味です。 「ご回答いただきましてありがとうございます」は、謙譲語の「いただく」・丁寧語の「まして」を組み合わせています。 意味は「ご回答いただきありがとうございます」と同じですが、より丁寧な敬語です。 「ご回答くださいましてありがとうございます」は、尊敬語の「くださる」・丁寧語の「ます」を組み合わせています。 意味は、回答してくれてありがとうございますと言う意味です。 回答ありがとうございますは回答に対するお礼の気持ちを表現できる ご回答ありがとうございますは、回答に対するお礼の気持ちを表現できる言葉です。 「回答」は、質問・要求などに答えることを意味します。 接頭語の「ご」をつけると、目上の方にも使える丁寧な言葉になります。 「ありがとうございます」は、相手に感謝の気持ちを伝えるお礼の言葉です。 ご回答ありがとうございますは、回答をしてもらったお礼を伝える言葉です。 「大変ありがとうございます」と言う言葉は、様々な事柄へのお礼に使えます。 そこで、下記記事では「大変ありがとうございます」の意味や敬語、類語・言い換え例などを紹介しています。 誰かにお礼の言葉を伝えたい方は必見です。 例文は、「〇〇の件、早々にご回答いただきましてありがとうございます」です。 「そうそう」と読む「早々」は、急いで・はやばやとなどの意味を持っています。 「早々」と「ご回答ありがとうございます」を組み合わせた使い方は、相手に素早く回答をもらった際に使いましょう。 例文は、「早々にご回答いただきありがとうございます」で、はやばやと回答してもらいありがとうございますと言う感謝の気持ちを伝えられます。 「ご回答ありがとうございます」は、ビジネスメールなどの冒頭の挨拶文にも使えます。 「丁寧」は注意深く念入りであること・細かい点まで注意の行き届いていることなどを意味します。 また、相手に対する敬意を表す意味もある言葉です。 「丁寧な」と「ご回答ありがとうございます」を組み合わせた使い方は、相手を敬いながら、細部まで注意の行き届いた回答をしてもらった場合などに使います。 例文は、「早々にご丁寧なご回答ありがとうございます」で、素早く細部まで注意の行き届いた回答をもらいありがとうございますの意味を表現可能です。 「賜る」は「もらう」の謙譲語で、「ご回答」と「ありがとうございます」の間に入れて使います。 例文は、「ご回答を賜りありがとうございました」で、回答をもらいありがとうございましたと言う意味です。 また、「ご回答を賜り誠にありがとうございました」は、本心から思う気持ちを意味する「誠」をプラスしています。 「ご回答を賜りありがとうございました」よりも、感謝やお礼の気持ちが大きい様子を表現可能です。 「ご回答いただきありがとうございます」や「ご配慮いただきありがとうございます」は、ビジネスメールでも使用頻度の高い敬語です。 そこで、「ご配慮いただきありがとうございます」の意味や使い方などを下記記事でくわしく紹介しています。 相手から配慮を受けた場合に活躍する言葉です。 answerは答える・答えて言う・応じるなどの意味がり、your answerはあなたの答えを意味します。 例文は、Thank you for your answerで、ご回答ありがとうございますのニュアンスを表現可能です。 replyは答える・返事をする・応答するなどの意味があり、your replyはあなたの返事を意味します。 例文はThank you for your replyで、ご回答ありがとうございますの意味を表現可能です。 response toは反応・感応・反響などを意味し、questionは質問・問いなどの意味があります。 例文はThanks for the speedy response to that questionで、早々のご回答をありがとうございますの意味を表現可能です。 「ご回答ありがとうございます」は、「お忙しいところ」や「お忙しい中」など、相手の忙しさを気遣うフレーズと一緒に使われることも多いです。 そこで、下記記事では「お忙しい中」のビジネスでの使い方や英語での表現方法などを紹介しています。 また、「ご多忙」や「お忙しいところ」などについても紹介されています。 「返答」は、問いや呼びかけなどに対して答えることを意味します。 「ご返答いただきましてありがとうございます」は、目上の方にもつかえる敬語です。 例文は、「ご多忙にもかかわらず、ご返答いただきましてありがとうございます」です。 この例文は、大変忙しいであろうに返答してもらってありがとうと言う意味を伝えられます。 「返信」は、手紙やメールの返事をすることです。 「ご返信いただきましてありがとうございます」の敬語なら、目上の方にも使えます。 例文は、「お忙しい中、ご返信ありがとうございます」で、忙しいにもかかわらず返信してもらいありがとうと言うニュアンスを伝えられます。 「ご回答の程」は、回答してもらうよう・回答してくれるようと言う意味を表しています。 「ご回答の程よろしくお願い致します」と言うフレーズは、相手へ柔らかい印象を与えながら回答をお願いする際におすすめです。 「賜りたく」は「もらいたい」と言う意味で、「ご回答賜りたくお願い申し上げます」は回答をもらいたいとお願いしますと言う意味を表現しています。 「ご回答賜りたくお願い申し上げます」は、目上の方にも使える丁寧な表現です。 ご回答ありがとうございますの類語でも紹介した「ご返信ありがとうございます」は、「早速」を組み合わせて使うことも多いです。 そこで、下記記事では「早速のご返信」のビジネスでの使い方や上司など目上の人への連絡メールの例文をくわしく紹介していますので、ぜひご覧ください。

次の