羽生 イオン 営業。 イオンモール羽生公式ホームページ :: モール概要

イオンモール羽生公式ホームページ :: 営業時間・サービス案内

羽生 イオン 営業

【イオンモール羽生の立地】 イオンモール羽生 当SC は、埼玉県企業局が整備した「羽生下川崎産業団地」内の商業系エリアに出店しました。 当SCは東北自動車道羽生I. Cから南西に 4. 5kmと程近く、栃木県日光市と東京都豊島区を結ぶ国道122号に国道125号バイパスが合流した幹線道路に面しており、広域からの道路アクセスに最適な立地となっております。 また、開店日より、東武伊勢崎線・秩父鉄道「羽生駅」西口からSCへの路線バスも運行中で、公共交通機関を利用してのご来店も便利となっております。 【イオンモール羽生の特徴】 当SCは、232,806平方メートルの敷地に、商業施設面積88,208平方メートル、駐車スペースを約5,000台備えた、地上3階建ての施設です。 「イオン羽生店」を核店舗とし、約285mのモールに、埼玉県初出店となる57店や、イオンモール初出店となる35店を含む計200の専門店を展開して います。 大型専門店としてシネマコンプレックス「イオンシネマ」、家電専門店の「上新電機」、アミューズメント施設の「プラサカプコ ン」、スポーツ専門店「スポーツオーソリティ」が出店いたしました。 イオンは、「環境配慮への取り組み」を積極的に推進しており、当SCにおいても、約9万本の植樹を行います。 また、SCの周囲には、埼玉県企業局が整備す る2つの公園と緑地帯が広がり、SCと合わせ総本数約11万本の樹々が溢れる「緑と憩いの安らぎ空間」を、県と協力しながら地域の皆さまにご提案いたしま す。 また、イオンモール初の取り組みとして、SCの屋根面に約100kwの太陽光発電が可能な約1,000平方メートルにおよぶソーラーパネルを設置しま した。 当SCは、高齢者やお身体の不自由な方々への配慮はもちろんのこと、お子さま連れなどすべての方々に優しい「ユニバーサルデザイン」をこれまで以上に進化 させた施設づくりを行っております。 当社は、この度、お客さまや関係者の方々のご意見をもとに、これまでの案内表示や、トイレ設備、駐車場などの見直しを 図りました。 トイレの一例として、お子さま専用のトイレ「キッズトイレ」を導入し、車椅子車駐車場については、イオンのグループSCとして最大級となる 60台分を配置しております。 休業日 年中無休 電話 SC代表 048-560-1000 イオン代表 048-560-0008 【イオンモール羽生の立地】 イオンモール羽生 当SC は、埼玉県企業局が整備した「羽生下川崎産業団地」内の商業系エリアに出店しました。 当SCは東北自動車道羽生I. Cから南西に 4. 5kmと程近く、栃木県日光市と東京都豊島区を結ぶ国道122号に国道125号バイパスが合流した幹線道路に面しており、広域からの道路アクセスに最適な立地となっております。 また、開店日より、東武伊勢崎線・秩父鉄道「羽生駅」西口からSCへの路線バスも運行中で、公共交通機関を利用してのご来店も便利となっております。 【イオンモール羽生の特徴】 当SCは、232,806平方メートルの敷地に、商業施設面積88,208平方メートル、駐車スペースを約5,000台備えた、地上3階建ての施設です。 「イオン羽生店」を核店舗とし、約285mのモールに、埼玉県初出店となる57店や、イオンモール初出店となる35店を含む計200の専門店を展開して います。 大型専門店としてシネマコンプレックス「イオンシネマ」、家電専門店の「上新電機」、アミューズメント施設の「プラサカプコ ン」、スポーツ専門店「スポーツオーソリティ」が出店いたしました。 イオンは、「環境配慮への取り組み」を積極的に推進しており、当SCにおいても、約9万本の植樹を行います。 また、SCの周囲には、埼玉県企業局が整備す る2つの公園と緑地帯が広がり、SCと合わせ総本数約11万本の樹々が溢れる「緑と憩いの安らぎ空間」を、県と協力しながら地域の皆さまにご提案いたしま す。 また、イオンモール初の取り組みとして、SCの屋根面に約100kwの太陽光発電が可能な約1,000平方メートルにおよぶソーラーパネルを設置しま した。 当SCは、高齢者やお身体の不自由な方々への配慮はもちろんのこと、お子さま連れなどすべての方々に優しい「ユニバーサルデザイン」をこれまで以上に進化 させた施設づくりを行っております。 当社は、この度、お客さまや関係者の方々のご意見をもとに、これまでの案内表示や、トイレ設備、駐車場などの見直しを 図りました。 トイレの一例として、お子さま専用のトイレ「キッズトイレ」を導入し、車椅子車駐車場については、イオンのグループSCとして最大級となる 60台分を配置しております。 休業日 年中無休 電話 SC代表 イオン代表.

次の

イオンモール羽生

羽生 イオン 営業

【イオンモール羽生の立地】 イオンモール羽生 当SC は、埼玉県企業局が整備した「羽生下川崎産業団地」内の商業系エリアに出店しました。 当SCは東北自動車道羽生I. Cから南西に 4. 5kmと程近く、栃木県日光市と東京都豊島区を結ぶ国道122号に国道125号バイパスが合流した幹線道路に面しており、広域からの道路アクセスに最適な立地となっております。 また、開店日より、東武伊勢崎線・秩父鉄道「羽生駅」西口からSCへの路線バスも運行中で、公共交通機関を利用してのご来店も便利となっております。 【イオンモール羽生の特徴】 当SCは、232,806平方メートルの敷地に、商業施設面積88,208平方メートル、駐車スペースを約5,000台備えた、地上3階建ての施設です。 「イオン羽生店」を核店舗とし、約285mのモールに、埼玉県初出店となる57店や、イオンモール初出店となる35店を含む計200の専門店を展開して います。 大型専門店としてシネマコンプレックス「イオンシネマ」、家電専門店の「上新電機」、アミューズメント施設の「プラサカプコ ン」、スポーツ専門店「スポーツオーソリティ」が出店いたしました。 イオンは、「環境配慮への取り組み」を積極的に推進しており、当SCにおいても、約9万本の植樹を行います。 また、SCの周囲には、埼玉県企業局が整備す る2つの公園と緑地帯が広がり、SCと合わせ総本数約11万本の樹々が溢れる「緑と憩いの安らぎ空間」を、県と協力しながら地域の皆さまにご提案いたしま す。 また、イオンモール初の取り組みとして、SCの屋根面に約100kwの太陽光発電が可能な約1,000平方メートルにおよぶソーラーパネルを設置しま した。 当SCは、高齢者やお身体の不自由な方々への配慮はもちろんのこと、お子さま連れなどすべての方々に優しい「ユニバーサルデザイン」をこれまで以上に進化 させた施設づくりを行っております。 当社は、この度、お客さまや関係者の方々のご意見をもとに、これまでの案内表示や、トイレ設備、駐車場などの見直しを 図りました。 トイレの一例として、お子さま専用のトイレ「キッズトイレ」を導入し、車椅子車駐車場については、イオンのグループSCとして最大級となる 60台分を配置しております。 休業日 年中無休 電話 SC代表 048-560-1000 イオン代表 048-560-0008 【イオンモール羽生の立地】 イオンモール羽生 当SC は、埼玉県企業局が整備した「羽生下川崎産業団地」内の商業系エリアに出店しました。 当SCは東北自動車道羽生I. Cから南西に 4. 5kmと程近く、栃木県日光市と東京都豊島区を結ぶ国道122号に国道125号バイパスが合流した幹線道路に面しており、広域からの道路アクセスに最適な立地となっております。 また、開店日より、東武伊勢崎線・秩父鉄道「羽生駅」西口からSCへの路線バスも運行中で、公共交通機関を利用してのご来店も便利となっております。 【イオンモール羽生の特徴】 当SCは、232,806平方メートルの敷地に、商業施設面積88,208平方メートル、駐車スペースを約5,000台備えた、地上3階建ての施設です。 「イオン羽生店」を核店舗とし、約285mのモールに、埼玉県初出店となる57店や、イオンモール初出店となる35店を含む計200の専門店を展開して います。 大型専門店としてシネマコンプレックス「イオンシネマ」、家電専門店の「上新電機」、アミューズメント施設の「プラサカプコ ン」、スポーツ専門店「スポーツオーソリティ」が出店いたしました。 イオンは、「環境配慮への取り組み」を積極的に推進しており、当SCにおいても、約9万本の植樹を行います。 また、SCの周囲には、埼玉県企業局が整備す る2つの公園と緑地帯が広がり、SCと合わせ総本数約11万本の樹々が溢れる「緑と憩いの安らぎ空間」を、県と協力しながら地域の皆さまにご提案いたしま す。 また、イオンモール初の取り組みとして、SCの屋根面に約100kwの太陽光発電が可能な約1,000平方メートルにおよぶソーラーパネルを設置しま した。 当SCは、高齢者やお身体の不自由な方々への配慮はもちろんのこと、お子さま連れなどすべての方々に優しい「ユニバーサルデザイン」をこれまで以上に進化 させた施設づくりを行っております。 当社は、この度、お客さまや関係者の方々のご意見をもとに、これまでの案内表示や、トイレ設備、駐車場などの見直しを 図りました。 トイレの一例として、お子さま専用のトイレ「キッズトイレ」を導入し、車椅子車駐車場については、イオンのグループSCとして最大級となる 60台分を配置しております。 休業日 年中無休 電話 SC代表 イオン代表.

次の

イオンモール羽生の商業施設ガイド|ショッピング&グルメ情報

羽生 イオン 営業

概要 羽生下川崎産業団地は埼玉県企業局が工業施設用途として整備したものであるが、当モールの部分は商業施設用途に変更され 、仮称「 イオン羽生ショッピングセンター」として着工 、(19年)に開業した。 イオンモール株式会社は同年8月にと合併しており 、当モールが合併後初の出店となる。 店舗面積88,208・テナント数約200店を擁し、開業時点では約285mのモール専門店部分は最大規模であった。 実際のは自家用車30分圏内 だが、埼玉県利根地域 だけでなく、群馬県、栃木県からも来客がある。 なお、イオングループではかつて羽生市中心部に羽生店を出店していたが撤退しており、羽生市内へは事実上の再出店となる。 テナント 出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「」を、営業時間およびを設置する金融機関の詳細は公式サイト「」を参照。 核店舗は(旧・ジャスコ)羽生店である。 1階は輸入食材や高級スイーツ関連の専門店およびレストラン街を中心に、宝飾品、輸入雑貨の専門店などが出店している。 サービス関連のテナントでは携帯電話ショップ、医療機関、住宅設備のショールーム、調剤薬局併設のドラッグストア、家電量販店、高齢者デイサービスセンターなどが立地する。 2階は大型書店、スポーツショップ、大手CDショップ、登山用品専門店を始め、ゲームセンター、スポーツクラブ、若者向けファッションの店舗が立地する。 3階はシネマコンプレックスをはじめファミリー向け衣料品、服飾雑貨の専門店、100円ショップ、レトロな駄菓子屋、キャラクターショップ、ホビー関連の専門店、サービス関係では英会話教室、パソコン教室、旅行代理店などの専門店が立地する。 閉店したテナント• (2011年5月22日で閉店 2階 西街区)• (2011年7月10日で閉店 1階 東街区)• 面白てぃしゃつ屋 (2011年8月21日で閉店 3階 東街区)• (2012年1月10日で閉店 1階 アトリウム街区)• エステ ベル リフレ(2013年3月31日で閉店 2階 アトリウム街区)• - 埼玉県初出店 (2013年10月9日で閉店 3階東街区) 沿革• (平成19年)• - 建設着工。 - 試験開業(プレオープン)。 - 正式開業。 (平成25年)• 脚注 [].

次の