ケセラセラ の 意味。 ケセラセラとはの意味や定義 Weblio辞書

「ケセラセラ」とは?意味や使い方をご紹介

ケセラセラ の 意味

「明日の面接試験どうしよう」 と悩む友人に、 「そんなに悩まなくても…何事もケセラセラだよ」 とはげました。 果たしてこれは、励ましたことになっているのでしょうか? この 「ケセラセラ」の意味を紹介します。 ケセラセラとは何語?本当の意味を紹介! 「ケセラセラ」は、1956年のヒッチコック監督映画『知りすぎていた男』の主題歌で、主演女優で歌手のドリス・デイが歌い大ヒットしました。 「Que Sera、Sera(ケセラセラ)」は、初めスペイン語のタイトルのように出ていたのですが文法的に誤りがあり、またどこの国の言語でもないので、一種の「疑似外国語」としてそのまま使ったそうです。 そして副題の「Whatever will be Will be なるようになる 」が付けられているそうです。 この時点では本当の意味はありません。 「なるようになる」の意味としては、二通り考えられています。 一つは、「先のことを気にしても仕方ない。 今を精いっぱい生きることが大事、何事もなるようになるさ」という励まし。 もう一つは、「前向きな気持ちでいれば、きっと自分が信じたように世界は見えてくるし、なっていくよ。 」というポジティブ思考の意味です。 ただし、どちらも悩んでいる人に対してであって、初めから前向きな人には使えませんね。 世の中を楽観視しすぎる危険があるからです。 いかがでしたか? この「ケセラセラ」には、生きるヒントの、おまじないの言葉のようですね。 何か行き詰まった時などに思い出してみてください。

次の

ドリス・デイの曲「ケセラセラ」って何語なの?

ケセラセラ の 意味

スワヒリ語は、主にタンザニア、ケニア、ウガンダ、コンゴなどの共通語となっています。 そーゆー国に行く機会があれば事あるごとに「ハクナマタタ!」とあいさつ代わりに言ってみてください。 きっと「何言ってんだコイツ?」みたいな変な顔をされると思いますww ハクナマタタの由来は? ハクナマタタの由来となっているスワヒリ語では、「問題ない」をより強調した言葉となっています。 ライオンキング以外ではケニアにおける有名な歌謡曲「Jambo Bwana(ジャンボ・ブワナ)」の歌詞でも用いられており、人を元気づけるようなポジティブな言葉となっています。 ハクナマタタの意味はケセラセラと同じ? 「ハクナマタタ」は、ライオンキングで主に挿入歌として有名です。 映画「ライオンキング」においてもスワヒリ語の「大丈夫、問題ない、どうにかなるさ」という意味で用いられています。 ライオンキングのものまねで知られる芸人の大西ライオンが叫ぶ「心配ないさ~」というフレーズも、このハクナマタタが元ネタとなっています。 似たような意味の言葉で、ケセラセラ なるようになるさ というものがあります。 スペイン語が元となっている言葉で、「どうにでもなる」「どうにかなる」といった前向きな意味を持っています。 「ケセラセラ」は心を軽くするおまじないとされ、ありのままを受け入れ、変えられる事に目を向けようという意味合いも持っています。 前向きになりたい時に口にしたり、相手に使ってみてはいかがでしょうか。 ライオンキングとスワヒリ語との関係とは? ライオンキングはケニアなどのアフリカ地方をモチーフとしている作品であり、そのため「ハクナマタタ」以外にも多くのスワヒリ語が使われています。 例えば主人公の名前シンバ(Simba)はスワヒリ語で「ライオン」を意味しています。 またイボイノシシのプンバ(pumbaa)は「まぬけ」、ヒヒのラフィキ(rafiki)は「友達」という意味のスワヒリ語から名前が付けられています。 調べてみると、「なるほど~」ってなって楽しいですね! ハクナマタタの歌の、日本語の歌詞を調査してみた! なんだか気持ちが軽くなる、前向きになれる歌ですね! 最後に 今回は「ハクナマタタ」について、意味や由来、類義語などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 ライオンキングの挿入歌「ハクナマタタ」もテンポの良い明るい曲ですので、聞いてみると気が楽になりますよ!是非オススメです!以上最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

「ケセラセラ」とは?意味や使い方を解説!

ケセラセラ の 意味

以下、 原文と日本語訳は太字にしました。 とても驚いたお姫様、 そのお姫様に、人々が歌いにやって来た。 1~2 行目: 「Dans」は前置詞で「~の中で」。 「berceau」は男性名詞で「揺りかご」。 「vieux」は形容詞で「古い」。 「vient」は (3人称単数)。 を表します。 「arriver」は自動詞で、「到着する」という意味もありますが、ここでは「(出来事が)起こる」。 「生まれる」と言っても同じです。 「揺りかごの中で予兆が生まれた」というのは、論理的に考えると少し無理のある、わかりにくい表現ですが、「揺りかご」は赤ん坊のイメージと切り離せないので、おそらくお姫様が身ごもって、子供が生まれる予兆が見られたということだと想像されます。 3~4 行目: 「princesse」は「お姫様」。 「toute」は tout の女性単数形。 副詞ですが、女性形容詞の前では性・数の一致をします(辞書で tout を引くと記載されています)。 「qui」は、いわゆる「前置詞つき関係代名詞」(文法編の に該当)。 「l'on」の。 「chanter」は「歌う」。 突然妊娠して当惑するお姫様に、誰かが次のせりふを言ったのでしょう。 Que sera sera Demain n'est jamais bien loin Laissons l'avenir, venir Que sera sera Qui vivra, verra ケ・セラ・セラ(なるようになりますよ) 明日は決してそれほど遠いものではありません 未来が来るにまかせましょう ケ・セラ・セラ(なるようになりますよ) 生きていればわかりますよ• 1 行目: 「Que sera sera. (ケ・セラ・セラ)」は、「なるようになる」という意味のスペイン語(もどき)です。 によると、もともと16世紀にイギリス人貴族がモットー(紋章の銘)とするために(What will be will be. という意味にするつもりで)作った不正確なイタリア語の言葉に由来し、これがのちにスペイン語風の綴りに置き換えられたようです。 たまたま「Que」も「sera」も、フランス語で同じ綴りになる単語がありますが、このような「Que」の使い方は存在しないので、もちろんこれはフランス語ではありません。 ドリス・デイが歌う英語の歌の中では、このスペイン語(もどき)の英訳のような形で、What will be will be. (直訳すると「あるであろうことがあるであろう」)という英語が出てきます。 これをフランス語に逐語訳すると Ce qui sera, sera. (「sera」は 3人称単数)となるはずですが、フランス語版の歌ではこのように逐語訳されてはおらず、代わりに意訳として 5 行目のことわざ が出てきます。 2~3 行目: 「Demain(明日)」は名詞で、主語になっています。。 「bien」は副詞で「とても、たいへん」という強調の意味ですが、否定文中なので「それほどは」という感じになります。 「loin」は「遠い」。 要するに「すぐに明日がやって来る」というような意味です。 「Laissons」は laisser(~させる、~するにまかせる)。 英語の let に相当する「放任」を意味する一種の使役動詞です。 ので、「venir」はになっています。 「avenir(未来)」と「venir(来る)」が韻を踏んでいます。 5 行目: 諺 を参照してください。 あたかも「Que sera sera」という言葉の訳であるかのようにして「Qui vivra, verra」が出てくるため、この諺は「ケ・セラ・セラ」のイメージが切り離せないものとなっているようです。 女の子は尋ねるのだった、 「ねえ、ママ、私も(誰かを)愛するようになるのかしら」 すると彼女のお母さんは(次のように)言うのだった。 1 番とのつながりでいうと、お姫様から生まれた子(女の子)が、口がきけるくらいの年になった頃の話という設定です。 とすると、その母親は 1 番に出てきた「お姫様」になります。 1~2 行目: 「vit」は (3人称単数)。 voir (見る)は、英語の see と同様、後ろにがくると、「〔他の人が〕~するのを見る」という「知覚動詞」となります。 これに関係代名詞「qui」がかかっています。 「demandait」は他動詞 demander (尋ねる)の直説法半過去(3人称単数)。 物語風に、情景描写をする感じなので、が使われています。 「demandait」の直接目的が、次のカッコ内のせりふ全体です。 3~4 行目: 「Dis」は (2人称単数)と同じ形ですが、ここは。 「moi」は強勢形。 命令文では、このように にします。 「mamie」は、ここでは英語の mammy (ママ)をフランス語風の綴りにしたもの。 「si」は「もし」ではなく、ここでは「... かどうか」。 「aimerai」は他動詞 aimer (愛する)の単純未来(1人称単数)。 他動詞なのに、直接目的(「誰を」に相当する言葉)がされています。 「Dis-moi si j'aimerai」だけを直訳すると「私が愛するようになるかどうかを私に言ってくれ」となります。 「disait」は dire (言う)の半過去(3人称単数)。 Que sera sera Demain n'est jamais bien loin Laissons l'avenir, venir Que sera sera Qui vivra, verra ケ・セラ・セラ(なるようになるわ) 明日は決してそれほど遠いものではありません 未来が来るにまかせましょう ケ・セラ・セラ(なるようになるわ) 生きていればわかるわよ• この繰り返し部分の説明については上記を参照。 2 番で出てきた「女の子」が年頃になった頃の話という設定だと思われます。 1~2 行目: 「Quand」は接続詞で「... とき」。 「vint」は。 その主語が「l'amant de ses amours」なので、ここは倒置になっています。 から倒置になっているといえます。 「amant」は普通は「愛人」ですが、ここは少し古めかしく「恋人」。 「amour」は男性名詞で「愛」。 「l'amant de ses amours」は、直訳すると「自分の愛の恋人」ですが、歌で語調をよくするために結果的に同語反復になっていると思われます。 「自分の愛する恋人」くらいの感じでしょう。 「demoiselle」は「お嬢さん」。 「demanda」は demander (尋ねる)の単純過去(3人称単数)。 第 1 群規則動詞なので、になります。 」は、のうち、の倒置による疑問文です。 「Est-ce que」を使って倒置でなくすと、次のようになります。 「es」は (2人称単数)。 つまり裏切らない、ずっと一人の人を愛し続ける、という意味です。 ただ、という規則があるので、ここでは「m'」という間接目的一語に置き換わっています。 「toujours」は副詞で「ずっと」。 このあたりは、会話的な感じがします。 「chanta」は chanter (歌う)の単純過去(3人称単数)。 Que sera sera Demain n'est jamais bien loin Laissons l'avenir, venir Que sera sera Qui vivra, verra ケ・セラ・セラ(なるようになるさ) 明日は決してそれほど遠いものではない 未来が来るにまかせよう ケ・セラ・セラ(なるようになるさ) 生きていればわかるさ• この繰り返し部分の説明については上記を参照。 この「彼女」が誰を指すのかは、あまり明確ではありませんが、2 番で出てきた母親と同じかもしれません。 1~2 行目: chanter (歌う)は、自動詞と他動詞の両方がありますが、ここは他動詞として使われており、直接目的語は「cet air charmant (この魅力的な曲)」です。 「air」は「空気」や「表情」という意味もありますが、ここは「曲」。 ここまでを直訳すると「彼女が自分の子供に微笑みながらこの魅力的な曲を歌ったとき」となります。 3~4 行目: 「C'」は 1~2 行目全体を指します。 「pour」は前置詞で「~のため」。 後ろにがくると「~するため」。 「lui (彼に)」は「自分の子供に」。 「dire (言う)」の直接目的は、「que dans la vie rien n'est jamais fini」全体です(「que」は、ここでは「... すること」という接続詞)。 「vie」は女性名詞で「人生、生活、生命」。 4 行目は と が組み合わさっています。 「fini」は、もともと動詞 finir (終わる、終える)の過去分詞ですが、ここは「終わっている」という状態を表す形容詞と取ったほうがわかりやすくなります。 「dans la vie rien n'est jamais fini」を直訳すると「人生においては何も決して終わらない(=終わった状態にはならない)」。 Que sera sera Demain n'est jamais bien loin Laissons l'avenir, venir Que sera sera Qui vivra, verra ケ・セラ・セラ(なるようになるわ) 明日は決してそれほど遠いものではありません 未来が来るにまかせましょう ケ・セラ・セラ(なるようになるわ) 生きていればわかるわよ• この繰り返し部分の説明については上記を参照。 インターネットで聴けるフランス語版「ケ・セラ・セラ」 1950 年代(諺 の解説で取り上げたヒッチコックの映画が出た直後)に仏語版ケ・セラ・セラが作られ、何人かの歌手が歌っています。 1) 歌:ジャクリーヌ・フランソワ。 シャンソンの伝統を感じさせる、落ち着いた、いわば文学的な雰囲気があります。 歌詞つき「カラオケ」バージョンです。 「Qui vivra, verra」の部分は、あたかも「Que sera sera」のフランス語訳ですよと言っているかのように、小さめの声で歌われています。 2) 歌:ミシェル・アルノー。 これも古いシャンソンのしっとりとした感じがあります。 昔の 45 回転のレコードからの音源なのでノイズがあります。 3) 歌:リーヌ・ルノー。 もっと陽気で楽天的で、元気の出るような歌声です。 4) 歌:フランソワ・ドゥゲルト。 キザになりすぎず、爽やかで好感の持てる歌声です。 4 人の中では、「Qui vivra, verra」が一番聞き取りやすく発音されています。 フランソワと L. ルノーは 3 番まで、M. アルノーと F. ドゥゲルトは 4 番まで歌っています。 (読解編).

次の