ひめゆり の 塔 心霊。 沖縄・恐怖の心霊体験|戦跡巡りを行った結果【4スポットまとめ】

【本当にヤバい】沖縄県の心霊スポットを霊視してみた

ひめゆり の 塔 心霊

大田さん一家の冥福と恒久平和を祈る親族の山城千代さん(右)=19日夕、糸満市伊原の「赤心之塔」 【糸満】1945年6月19日、摩文仁村(現沖縄県糸満市)の伊原第三外科壕に米軍のガス弾が投げ込まれ、ひめゆり学徒らと共に犠牲となった大田さん一家をしのぶ慰霊祭が75年後の19日、糸満市伊原の「赤心(せきしん)之塔」で開かれた。 「赤心之塔」はひめゆり祈念資料館の手前左側にある小さな慰霊塔。 裏には故・大田トシさんの3人の子どもと義母ナハさん、夫の一雄さんの名前が刻まれている。 慰霊祭は1993年に始まり、トシさんが亡くなった後も金光教那覇教会の林雅信さん(80)やひめゆり平和祈念資料館の職員、南風原町の子ども平和学習のOB「アオギリ.com」らが毎年慰霊祭を行っている。 今年で28回目となる慰霊祭には大田さんの親族が初めて参加した。 伊原第三外科壕はもともと住民が隠れていたガマ。 日本軍が住民を追い出し、野戦病院となるが、大田さん一家は義母のナハさん、9歳の義雄さん、5歳の繁子ちゃん、3歳の貞雄ちゃんがいたため壕に残ることを許された。 しかし米軍のガス弾を受け、たまたま壕の外にいたトシさんだけが生き延びた。 夫の一雄さんは防衛隊で戦死している。 慰霊祭では林さんが思いを込めて祝詞(のりと)を読み上げ、参加者と共に冥福を祈り、恒久平和を願った。 訪れた親族の一人、米須出身の山城千代さん(91)は一雄さんのめいに当たる。 最近まで赤心之塔の存在も分からず「おじさんの家族がまつられてることさえ知らなかった。 慰霊祭に参加できて本当に良かった」と涙ぐんだ。 林さんによると、生前トシさんは毎晩子どもたちの顔が目の前に出てきて、眠れなかったという。 初めての慰霊祭が行われた後「これでやっと安眠できる」と泣き崩れたと、林さんは語った。 (金城実倫).

次の

戦争のおそろしさ、人間の命の尊さを教えてくれます

ひめゆり の 塔 心霊

沖縄戦跡巡りを行った理由 肝試しや遊び半分でという不謹慎な理由ではありませんが、 慰霊という意味で戦跡を訪問したのではなく、 「戦争ではどのような事が起こったか?」に興味を持ち、 平和学習の一環・全戦没者追悼式参加という理由で沖縄の戦跡を訪れました。 スポンサーリンク 帰宅してから起こった心霊現象と体験 はっきりとした声を聞いたり霊そのものの姿をはっきりと見た訳ではありませんが、 お風呂に入っていると背後から見られている感じがする 濃くて丸くて黒い影が一瞬見える(歩いているとパッと見える事がある) 家の玄関あたりに白くて少し長い煙のような影が見える(真っすぐ見ようとすると消える) 夜電気を消して寝ようとすると見られているような気がする のような心霊現象と思われる事が起こっています。 この記事を書いているのは沖縄の戦跡訪問・沖縄全戦没者追悼式に参加してから1週間後の6月30日ですが、 沖縄訪問前には感じなかった事を感じるようになりました。 バリ島の祠に隣接する不気味な宿で体験した心霊現象に比べると恐怖感がなく、嫌な感じも少ないのですがちょっと心配になります。 スポンサーリンク 訪問した沖縄の戦跡と感想 この場所が「心霊スポット」と知らずに訪問した場合でも、激戦地や悲しい歴史がある場所には違和感を感じる事が多く、 帰宅してから調べてみると「 沖縄の有名な心霊スポット」だったという事が高い確率でありました。 意識していなくても「心霊スポット」だと分かるという事はやっぱり何かあるという事で、訪れた戦跡と感想をご紹介します。 旧海軍司令部壕|心霊スポットとして有名・目撃情報あり 旧海軍司令部壕は心霊スポットとして有名で、日本兵の幽霊の目撃者も多い場所です。 実際、 壕の中は湿度が高く不快で嫌な感じがしたので、 「できる限り早くここから出たい」「嫌だなあ」 と感じていました。 旧海軍司令部壕の上部・展示物の「見晴らしが良く景色がきれいな場所」・「晴れ日」「明るい昼間」であっても違和感がしました。 海軍司令部壕には今でもあちこちに 線香・仏花・水などが供えられており、 この事を神戸に帰ってから話すと 「これは何かがあったから霊を鎮める鎮魂のために置かれている」 と教えてくれました。 犠牲者が多いのに幽霊が出ないと言われている 「陸軍病院南風原壕」には線香や仏花が無かったので、 「旧海軍司令部壕はやっぱり出るのだ・・・」 と後になって更に恐怖を感じました。 平和祈念公園・摩文仁の丘|夜に訪れると不気味で異様な雰囲気 平和祈念公園を夜に訪問した目的は、 沖縄の伝統音楽や踊りが披露される全戦没者追悼式の前夜祭に参加するためで、普通の公園と思って沖縄平和祈念公園を訪問しました。 夕方7時頃のまだ明るい時間帯は不気味な感じがしませんでしたが、 前夜祭が終わって9時頃から灯籠を見学した後~夜の公園内で迷う~バイクで平和祈念公園を後にした後にかけて不気味な感じが増していきました。 恐怖心はありませんでしたが、 「何かがおかしい」 と強く感じたので、 平和祈念公園の歴史や何が起こったのか? を調べてみると、とんでもない歴史が明らかになりました。 【写真】沖縄戦跡終焉の地・摩文仁の丘から見える海 摩文仁の丘と呼ばれる平和祈念公園一帯は、日本軍の最後の陣地・沖縄戦終焉の地であり、民間人を巻き添えにしたので、 日本軍・沖縄現地住民共に多くの命が失われたという事実が判明しました。 この事を知って、「あの感覚は犠牲者が何かを訴えかけていたものだったのだ」と感じました。 ひめゆりの塔|心霊写真・現象がおこるとの口コミ多数 ひめゆりの塔は心霊現象が多く報告されていて、心霊写真が撮影されるスポットとして有名になっています。 私は、ひめゆり学徒隊について知るため・平和学習の一環としてひめゆりの塔と隣接する博物館を訪問する予定でしたが、 前日の夜にひめゆりの塔の前の道路を通っただけなのに、 恐怖感と「来るな」と拒絶されるかのような雰囲気を感じたので、行く事ができませんでした。 沖縄陸軍病院南風原壕群|特に心霊現象は起こらない 病院という性質上、今回訪問した 沖縄戦跡の中で最も心霊現象が起こりそうな場所ですが、特に違和感もなく心霊スポットとは思えない場所でした。 懐中電灯の光をお化けと見間違えて驚いてしまった事がきっかけで、 「陸軍病院壕には幽霊は出るのですか?」 と壕の中を案内してくれるガイドに聞いた所、 「病院壕の中で亡くなった方たちは天皇のために命を捧げるのが最高の名誉だと教育されてきた方々だったので、無念ではなく名誉と感じて亡くなられたと思います。 」 「そのためなのか、何度も入っているけど幽霊は見た事がありません」 と答えてくれました。 心霊現象が起こらないという証拠か、折り鶴は沢山ありましたが、鎮魂のための仏花・線香・水は置かれていませんでした。 まとめ いかがでしたか? 当記事では「 沖縄・心霊体験談|戦跡を巡って感じた事」をご紹介しました。 心霊スポット訪問が目的ではなく平和学習の一環として訪問したのにも関わらず、心霊現象を経験してしまったので、 遊び半分・肝試し目的で沖縄戦跡を巡る事はおすすめしません。 スポンサーリンク.

次の

ひめゆり終焉の地 沖縄県糸満市の「荒崎海岸」と「散華の碑」

ひめゆり の 塔 心霊

【糸満】1945年6月19日、摩文仁村(現沖縄県糸満市)の伊原第三外科壕に米軍のガス弾が投げ込まれ、ひめゆり学徒らと共に犠牲となった大田さん一家をしのぶ慰霊祭が75年後の19日、糸満市伊原の「赤心(せきしん)之塔」で開かれた。 「赤心之塔」はひめゆり祈念資料館の手前左側にある小さな慰霊塔。 裏には故・大田トシさんの3人の子どもと義母ナハさん、夫の一雄さんの名前が刻まれている。 慰霊祭は1993年に始まり、トシさんが亡くなった後も金光教那覇教会の林雅信さん(80)やひめゆり平和祈念資料館の職員、南風原町の子ども平和学習のOB「アオギリ. com」らが毎年慰霊祭を行っている。 今年で28回目となる慰霊祭には大田さんの親族が初めて参加した。 伊原第三外科壕はもともと住民が隠れていたガマ。 日本軍が住民を追い出し、野戦病院となるが、大田さん一家は義母のナハさん、9歳の義雄さん、5歳の繁子ちゃん、3歳の貞雄ちゃんがいたため壕に残ることを許された。 しかし米軍のガス弾を受け、たまたま壕の外にいたトシさんだけが生き延びた。 夫の一雄さんは防衛隊で戦死している。 慰霊祭では林さんが思いを込めて祝詞(のりと)を読み上げ、参加者と共に冥福を祈り、恒久平和を願った。 訪れた親族の一人、米須出身の山城千代さん(91)は一雄さんのめいに当たる。 最近まで赤心之塔の存在も分からず「おじさんの家族がまつられてることさえ知らなかった。 慰霊祭に参加できて本当に良かった」と涙ぐんだ。 林さんによると、生前トシさんは毎晩子どもたちの顔が目の前に出てきて、眠れなかったという。 初めての慰霊祭が行われた後「これでやっと安眠できる」と泣き崩れたと、林さんは語った。 (金城実倫) (琉球新報).

次の