ノートpc ハイエンド。 デル、14型サイズで15.6型4K有機EL搭載の「New XPS 15」 ~8コアCPU/GTX 1650/Wi

ドスパラ社長 西尾「そうだ!超ハイエンドパソコンを自作しよう!」~パーツ集め編~|ドスパラ公式通販サイト

ノートpc ハイエンド

購入に関する お問い合わせ/ご注文• 個人のお客様• 電話 03-6833-1010• 法人のお客様• 電話 03-6739-3808• 電話によるお問い合わせ• 24時間365日受付対応しております電話 0570-783-794 ガイダンスに従って、メニュー番号を押してください。 現在の窓口混雑状況はこちらをご覧ください。 IP電話・ひかり電話を ご使用のお客様• 電話 03-6833-1286• FAX 048-739-1315•

次の

最高スペック!ハイエンドなおすすめゲーミングPC

ノートpc ハイエンド

PR ビデオ編集や3DCGレンダリングなどのクリエイティブワークは、昔からPCの主要用途だ。 こういったクリエイティブワークをスムーズに行うのに、ハイスペックなPCが必要というのは今も昔も変わらない。 そのため、クリエイティブ向けというと、大型のタワー型マシンを連想する方が多いかもしれない。 ノートPCでも動画編集がスムーズに! しかし、技術革新によってそういった事情も変わってきている。 近年のCPUやGPUの進化は目覚ましく、最新のハイエンドノートPCは、数年前の大柄なハイエンドデスクトップPCを上回る性能を持っており、ノートPCでもかなりレベルの高いクリエイティブワークをこなせるようになっている。 大柄のタワー型デスクトップPCに比べ、ノートPCは格段に省スペースで取り回しもしやすいので、学生などのプロクリエイター予備軍にも導入しやすい。 プロのクリエイターにとっても、持ち運べるハイスペックPCがあれば、より効率的に業務が行えるし、仕事の幅を広げることにもつながるだろう。 エプソンダイレクトから登場した「」は、そういったクリエイティブ向けの高性能なノートPCを探している人にお勧めの製品だ。 単に高性能というだけにとどまらず、クリエイティブ用途を強く意識し、クリエイティブ適性の高い内容となっている。 これからその魅力を詳しく見ていこう。 評価機としたEndeavor NJ7000Eのスペック。 BTOに対応しているためこの構成は一例であり、CPU、メモリ、ストレージなどは柔軟にカスタマイズしてオーダーできる 高性能かつ省スペース、持ち運びも可能 クリエイティブ向けのハイスペックを備えるEndeavor NJ7000Eだが、ボディーは意外にコンパクトな印象だ。 3(厚さ)mmで、画面の狭額縁化により、同じ画面サイズの先代機であるEndeavor NJ6100Eに比べると約13%小型化しているという。 重量も先代の約2. 6kgから約2. 2kgへ削減した。 移動や設置が無理なくできて、とても扱いやすい。 設置に必要なスペースが小さく、使わない時にしまっておく時にもそれほど場所を取らないのはとてもありがたい。 高性能ノートPCというと、巨大なACアダプターというイメージがあるかもしれないが、本製品はACアダプターもスリムだ。 重量も約679gと軽い部類で、一緒に持ち運ぶ際も困らない。 タッチパッドには、指紋センサーを内蔵する。 外へ持ち運ぶ際に重要となるセキュリティを確保しつつ、指で触れるだけのスピーディーなログインを両立できる 6コア12スレッドのパワフルなCPUを採用 CPUには第9世代CoreプロセッサーのHシリーズ(TDP 45W)を採用しており、BTOでCore i7-9750HとCore i5-9300Hの2種類から選べる。 上位のCore i7-9750Hは6コア12スレッドで動作する。 2〜3年前のノートPCでは4コア8スレッドが最高で、6コア12スレッドはデスクトップPC向けCPUの中でも「ウルトラハイエンド」と位置付けられるワークステーションクラスの特別なカテゴリーにしかなく、大きなタワー型ボディーのデスクトップPCでしか使えなかった。 動画編集や写真編集、CGレンダリングではCPUのコアやスレッド数が性能に直結しやすい傾向があるだけに、コア数のアドバンテージは大きい。 特に第9世代では、従来よりさらに動作周波数が向上し、シングルスレッド性能、マルチスレッド性能ともに高速化されている。 Core i7-9750Hは、実際に当時の6コアデスクトップPCと同等以上の性能を発揮でき、クリエイティブ適性は文句なしだ。

次の

アスク、MSI製ハイエンドノートパソコンの取り扱いを開始

ノートpc ハイエンド

トーマスです。 ともやってます。 お問い合わせは。 この記事の目次(クリックでジャンプ) クリエイティブハイエンドノートの条件 今回紹介するクリエイティブにも対応できるハイエンドノートパソコンに求める条件は下記。 Core i7以上の高い処理能力 画像編集や動画編集を効率良く進めるためにははCPUの処理能力は高ければ高いほど良い。 最低をCore i7として、それ以上のCPUを搭載したノートパソコンに限定した。 i7は第8世代になってからも進化を繰り返していて、特にハイエンドノートパソコン用のi7 8750Hで性能が劇的に向上している。 (画像引用:) GTX1050以上のGPU GPUにはMX150などの処理能力が低いものではなく、GTX1050以上のゲームもプレイ可能なGPUを搭載しているノートパソコンに限定した。 動画編集の際の書き出し時間はCPUの性能によるところが大きいけど、編集作業の快適さを左右するのはGPUで、GPU性能が高ければより快適な編集作業が可能になる。 今回は最低でも16ギガ以上のメモリを搭載しているノートパソコンに限定した。 3K以上の高解像度 ディスプレイの解像度は高ければ高いほど作業性は高い。 最近は動画編集も画像編集も取り扱うデータの解像度が上がり続けているから、コンテンツをより正確に表示しながら作業するためにも高い解像度が役立つ。 また、ブログ執筆などでも解像度が高ければ画面分割での作業性を高めることができる。 現実的に持ち運べる重量 クリエイティブハイエンドノートパソコンは効率的な排熱を維持するためにそのほとんどが15. 6インチ以上と大きい。 とはいえ持ち運ぶためにノートパソコンを選択しているんだから軽くないと意味が無い。 今回は現実的に持ち運べる範囲の2キロ前後のノートパソコンに限定した。 ゲーミングノートではない ハイエンドノートパソコンと言えばゲーミングノートパソコンが一番に浮かぶけど、デザインが毒々しすぎる。 人によっては出先での利用をためらうデザインのゲーミングノートは省いた。 ZenBook Pro 15 ZenBook Pro ZenBook Pro 液晶サイズ 15. 6 インチ 15. 6 インチ 解像度 3840x2160 3840x2160 CPU Core i9 8950HK Core i7 8750H GPU GeForce GTX 1050Ti GeForce GTX 1050 メモリ 16 16 ストレージ GB SSD1TB SSD:512GB 駆動時間 約5時間 約5時間 重量 kg 2. 01 2. 01 USB-A(フルサイズ) 2 2 USB-C 2 2 レビュー ASUSがビジネスユースとして販売するZenBookシリーズの最上位モデル。 ZenBook Pro 15の上位モデルはハイエンドデスクトップパソコンに匹敵するCore i9 8950HKを搭載していて、今回紹介するクリエイティブハイエンドノートの中で最も処理能力が高い。 下位モデルもi7 8750Hとi7の中では最上位クラスのCPUを搭載した。 CPUの性能が高い割りにGPUが1050Tiまたは1050と、平均的なものを採用しているから、ボトルネックになるとしたらこのGPUだろう。 最大の特徴はディスプレイ化されたタッチパッドで、電卓やショートカット、サブディスプレイとしても活用可能。 そのサイズ感から用途は限定されるけど、汎用性は高い。 また、コスパにも優れていて、下位モデルであれば実売価格は23万円ほどと、今回紹介する中で最も安い。 スペックが高すぎるあまりバッテリー駆動時間がトレードオフになっているけど、このサイズはコンセントを確保しながらの作業が想定されるから多くの人にとっては問題にはならない。 SurfaceBook2 液晶サイズ 15インチ 15インチ 15インチ 解像度 3240x2160 3240x2160 3240x2160 CPU Core i7 8650U Core i7 8650U Core i7 8650U GPU GeForce GTX 1060 GeForce GTX 1060 GeForce GTX 1060 メモリ 16 16 16 ストレージ GB SSD:1T SSD:512 SSD:256 駆動時間 17時間 17時間 17時間 重量 kg 1. 905 1. 905 1. 905 USB-A(フルサイズ) 2 2 2 USB-C 1 1 1 レビュー マイクロソフトが販売するSurfaceシリーズの最上位クラスのモバイルマシン。 価格以外は最強のクリエイティブハイエンドノート。 一応2 in 1の形ではあるけど、キーボード側もしっかり重いから2 in 1特有のバランスが取りにくいということもなく、通常のノートパソコンと変わらない感覚で使える。 今回紹介するクリエイティブハイエンドノートの中で最も性能の高いGPUを搭載していて、画像と動画の編集作業を快適に進められる。 熱源となるGPUは大容量バッテリーと一緒にキーボード側に搭載していて、GPUの排熱が他のパーツに影響を与えない安心感のある作り。 SurfaceBook2の3:2ディスプレイはクリエイティブに最適な画面比率で、撮影した写真とか動画を画面いっぱいに無駄なく表示できる。 SurfaceBook2は15インチディスプレイではあるけど、3:2ディスプレイのおかげもあって、写真を表示は一般的な16:9比率ノートパソコンの17インチ級に匹敵するサイズになる。 また、バッテリー持続時間も公称値17時間と圧倒的。 ぱっと見プラスチックっぽいボディはマグネシウム合金製で、特徴的な配色もあってみれば見るほど質感が高い。 この質感の高さは実際に目にして感動してほしい。 Surfaceペンなどのクリエイティブ用のオプションパーツが販売されているけど、何もかもが高い。 値段以外は最高のノートパソコン。 HP Spectre x360 15 液晶サイズ 15. 6 インチ 解像度 3840x2160 CPU Core i7-8750H GPU GTX 1050Ti Max-Q メモリ 16GB ストレージ GB SSD512GB 駆動時間 13時間45分 重量 kg 2. 17 kg USB-A(フルサイズ) 1 USB-C 2 hpが販売するSpectreシリーズの最上位モデル。 黒と金で構成されたボディはアルミの削り出しで質感が高く、側面のエメラルドカットが超美しい。 ラグジュアリー感満載なのは外観だけではなく、スペックももちろん高い。 ノートパソコンのi7で最上位ランクの処理能力を誇る8750Hを搭載して、GPUもGTX 1050Ti Max-Qを搭載した。 GTX 1050Ti Max-QはGTX 1050の上位モデル1050Tiの省電力モデルで、高い画像処理能力と省電力を両立している。 このおかげでHP Spectre x360 15の駆動時間は13時間45分と長い。 ただ、2. 17キロと、今回紹介する中では最も重量が重いからタブレット型の実用性は薄い。 SurfaceBook2と違ってスタイラスペンが標準でついてくる良心的な仕様だから、タブレットタイプにしてイラストを描く用途にも向いている。 比較的価格が安く、CPUとGPUのバランスが良くボディの質感も高いクリエイティブハイエンドノート。 重量に納得できるのであれば買い。 Dell XPS 15 プラチナ 液晶サイズ 15. 6 インチ 15. 6 インチ 15. 6 インチ 解像度 3840x2160 3840x2160 3840x2160 CPU Core i7 8750H Core i7 8750H Core i7 8750H GPU AMD Radeon RX Vega M GL Graphics GeForce GTX 1050Ti AMD Radeon RX Vega M GL Graphics メモリ GB 16 16 16 ストレージ GB SSD:512GB SSD:512GB SSD:512GB 駆動時間 9 9 9 重量 kg 1. 996 1. 996 1. 996 USB-A(フルサイズ) 2 2 2 USB-C 1 1 1 レビュー Dellが販売するXPSの最上位モデル。 XPSといえば狭額縁ノートパソコンの元祖。 その意志は15. 6インチモデルでも受け継がれていて、15. 6インチとして最小のサイズ、重量を誇る。 CPUにノートパソコン用ハイエンドのi7 8750Hを搭載し、GPUはAMD製とGeForce製を選択できる。 ボディはアルミ削り出しとカーボンの組み合わせ。 カーボンの質感がプラスチックと似ていて好みが別れるところだけど個人的には苦手。 どれも性能の割りに価格が安くスタイリッシュ。 バッテリーの駆動時間も9時間と長い。 この上にDell XPS 15スプレマシーという最上位モデルがある。 そちらは32ギガメモリとi9を搭載して33万円の最強ノート。 おすすめクリエイティブハイエンドまとめ クリエイティブなハイエンドノートは思っている以上に選択肢が少ない。 そもそもゲームをしたければゲーミングノートがあるし、ゲーミングノートでもデスクトップでもないクリエイティブハイエンドノートの需要は一部のデザイナーとかYoutuberのみと少ない。 更に、多くのクリエイターがMacBookに流れるからWindows機は不人気。 そんな中でもWindowsでゲーミングでもないハイエンドノートが欲しいという俺みたいな変わり者のために俺が数日間調べた情報をまとめた。 同じような変わり者の参考になれば嬉しい。 俺が出先で動画編集できるハイエンドノートを購入しようとしている理由をまとめた記事は下記。

次の