チュウ レンポウ トウ。 100 ツムラ大建中湯(ダイケンチュウトウ): ツムラの漢方薬

チュウレンポウトウ

チュウ レンポウ トウ

九蓮宝燈(チュレンポウトウ) >九蓮宝燈(チュレンポウトウ) 同じ種類の数牌で1と9を3つ、2345678をそれぞれ1つそろえてあがれば完成する役 待ち牌 一気通貫(イッキツーカン) 一翻 あと一枚がそろえばあがれる事を宣刻すること。 リーチをかけてから一巡目でロン、ツモであがること。 面子が全て順子で雀頭が役牌でない。 また待ちが両面待ちであることが条件 1、9、字牌を使わず作る役。 ポン、チー、カンなどを使わず自分の引きであがる役。 一盆口(イーぺーコー) 同じ種類で同じ数字の3つの組み合わせがあること。 役牌 東一局だと東、南一局だと南というように同じ場の牌や、自分の座っている位置が北家であれば北のように同じ牌、または三元牌を揃えること 海底摸月 最後の牌でツモであがれば完成する役。 河底撈魚 最後の牌でロンであがれば完成する役。 嶺上開花 槓をした時、不足した牌をリャンシャン牌で補ったときにあがる役 槍槓 他のプレーヤーが加槓したときにあがる役。 2翻 三暗刻 3つの暗刻(アンコ)を作る役 一気通貫 同じ種類で123、456、789と揃える役 三色同刻 萬子(マンズ)、筒子(ピンズ)、索子(ソウズ)の3種類で刻子を作る役 対々和 4つの刻子(コウツ)を作る役 三色同順 萬子、筒子、索子の3種類で順子を作る役 ダブル立直 七対子 7つのトイツを揃える役 混全帯ヤオ九 全て1、9、字牌と関連している役 三槓子 槓子を3つ作る役 混老頭 全て1、9、字牌で構成された役 小三元 3種類の三元牌で雀頭、刻子、刻子の組み合わせを作る役 3翻 二盃口 2つの一盆口を作る役 純全帯ヤオ九 全て1、9と関連している役 混一色 1種類の数牌と字牌で作る役 6翻 清一色 1種類の数牌で作る役 役満 大三元 3種類の三元牌を刻子、槓子にした役 国士無双 全ての種類の字牌と全ての種類の数牌の1,9を揃えた役 四暗刻 4つの暗刻(アンコ)を作る役 緑一色 索子(ソウズ)の2、3、4、6、8、と發だけを使って作る役 四喜和 大四喜および小四喜の総称。 大四喜は4つの刻子を東西南北で作る役。 小四喜は3つの刻子と雀頭を東西南北で作る役 字一色 字牌だけで作る役 清老頭 全て1、9で構成された役 九蓮宝燈 同じ種類の数牌で1と9を3つ、2345678をそれぞれ1つそろえてあがれば完成する役 四槓子 4つの槓子をそろえてあがれば完成する役 天和 配牌された時点ですでにあがっている役。 親のみ 地和 配牌された時点で聴牌していて、第一ツモであがれば完成する役。 子のみ 大車輪 2、3、4、5、6、7、8の筒子を対子でそろえた形の役 流し満貫 捨牌がすべて1、9、字牌だった時に完成する役 人和 配牌された時点で聴牌していて、第一ツモの前にロンであがれば完成する役。 子のみ.

次の

大建中湯ダイケンチュウトウ

チュウ レンポウ トウ

1.建中湯(ケンチュウトウ)の謂われ・・・中(チュウ)を建てる 建中湯(ケンチュウトウ)の名は、 中(チュウ)を建てる(しっかりと丈夫にする)という効能に由来します。 中(チュウ)には、二通りの解釈があります。 一つは、漢方用語の 中焦(チュウショウ)のことで、臍から上部の腹部にある漢方医学の 脾 ヒ)と 胃(イ)、すなわち上部の消化機能を建てる(丈夫にする)という解釈です。 建には健と同様に、しっかりと丈夫にするという意味があります。 二つ目は、いわゆる「おなか(腹)」という意味です。 小建中湯(ショウケンチュウトウ)の適応症状は古典に「腹中急痛」と記載されています。 これに基づいて 建中は、中(おなか)を建てる(丈夫にする)という意味も含まれます。 小建中湯は上腹部痛だけでなく下腹部痛(臍周辺の腹痛)に用いられています。 なお漢方用語の ・ 中(チュウ)については、に、 ・ 脾(ヒ)に関してはやにも解説していますので参照してください。 5.建中湯類に類似する方剤 なお 大建中湯(ダイケンチュウトウ: 山椒サンショウ、 人参ニンジン、 乾姜カンキョウ 膠飴)は、 小建中湯とは内容が異なっています。 中建中湯(チュウケンチュウトウ)は、 大建中湯をと 小建中湯あるいは 桂枝加芍薬湯を組み合わせた方剤です。 補気建中湯(ホキケンチュウトウ)とういう胃腸が弱い人の腹部膨満感やむくみに用いる漢方方剤があります。 本方の成り立ちは 建中湯類の基本となる 膠飴(コウイ)、 芍薬(シャクヤク)や 甘草(カンゾウ)や 桂皮(ケイヒ)を含まず、異なる系統の方剤です。 また、 堅中湯(ケンチュウトウ)は、 桂枝湯+ 半夏(ハンゲ+ 茯苓(ブクリョウ)という方剤です。 これは、 桂枝湯+ 芍薬+ 膠飴(コウイ)を基本とする 建中湯類と少し異なりますが、腹痛に用いられる用途は同様です。 6.建中湯類と補中益気湯(ホチュウエッキトウ) 中(チュウ)を調えるという【効能又は効果】は、 建中湯類は 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)も同様です。 図2に 黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ)と 補中益気湯の配合生薬を比較しました。 黄耆建中湯にと 補中益気湯の適応病態は、体力が衰えて疲労感がある状態は類似していますが、筋肉の緊張状態が異なります。 ・ 黄耆建中湯は、筋の緊張に伴う腹痛や過敏性腸症候群の便通異常を伴います。 芍薬(シャクヤク)を含む方剤です。 ・ 補中益気湯は、胃下垂や手足のだるさ・脱力感など筋肉の緊張が低下した病態を伴います。 人参(ニンジン)と 黄耆(オウギ)を含む代表的な 補気剤(ホキザイ)です。

次の

大建中湯ダイケンチュウトウ

チュウ レンポウ トウ

筒子や 索子でも成立! チューレンは 萬子のみとよく誤解されますが、 筒子や 索子でも成立します! 2. 九蓮宝燈のここが難しい 本来なら九蓮宝燈をアガるコツや戦略をお伝えしたいのですが、この超難関役をアガる戦略といってもなかなか難しいものがあります 笑 なので、逆に九蓮宝燈がなぜ難しいのかを考えてみましょう。 単純にアガりの形を揃えるのが難しいというだけでなく、こんな理由もあるんです。 敵を知り己を知ればなんとかって言いますからね! 1と9の 暗刻を揃えるのが難しい まず、 同色の1と9の 暗刻を揃えるのが難しいですね。 同じ 門前の役満に四 暗刻と国士無双がありますが、四 暗刻は 暗刻であれば牌の指定はありません、国士無双は牌の指定はありますが 雀頭以外は1枚であれば良いので、もちろん両方とも簡単ではありませんが、九蓮宝燈に比べたらまだマシかと思います。 九蓮宝燈は、同色の1と9を 暗刻で揃えるなけらばならないので、どちらか一方でも場に2枚出てしまったら、その時点で九蓮宝燈の可能性が消えてしまいます。 清一色になりやすい 二時間ほど前にネット麻雀「天鳳」で九蓮宝燈をロン和了しました 索子での完成です 今の所体に不調はありせんw もちろん目指して和了ったわけではなく「清一色」狙いで揃えていきリーチを掛けて「これで和了れば清一色和了でトップとれる そして昇段もできる!」といった感じで九蓮宝燈のことなど頭の片隅にもない状態での和了でした もちろんのこと画面のキャプチャー(画キャプ)もしっかりと撮ってありますw 天鳳では牌譜がありますので後で一つづつ見ていくことができます 配牌時には七枚の索子、一索と七索の対子、二索、四索、五索一枚ずつという配牌でした 二巡目の自摸が九索、四巡目自摸が萬子でしたがこの時点で萬子と索子の二種類になりました 五巡目に一索を自摸り暗刻に、八巡目に九索を自摸って対子になっています 十巡目に三索を自摸って索子以外は二萬の対子のみになっていました 個々で牌譜を見ると下家が八索を対子に、対面が四巡目に切っています 八索は残り一つに・・・ 十一巡目に二萬を自摸りなんと暗刻になっています ここで捨てるのは対子になっていた片方の二萬を切りました(あんまり意味なしですが) 十二巡目に九索を自摸ってきました このあたりでは完全に清一色はできるぞ、という気持ちしか無いですね 一三巡目に最後の一つである八索を自摸っています 手配で最後の萬子である二萬を捨ててリーチをかけています この時点でも「清一色確定で和了ればトップ確定」」くらいのつもりでいたはずです さて、アガリ牌は・・・ 「さて、どれが上がり牌なのか・・・」と考えていましたが「三六索?う~~ん、六索はあっても三索はないなあ~」「六九索か?六索はあり得るけど九索はダメ!」・・・ そして一六巡目の対面が六索を自摸ってツモ切り(対面も聴牌状態でした)したところで「ぴよっ」っという音が成り「ロン」という文字が出てきました マウスでポチリと押すと・・・「どじゃああ~~ん」と銅鑼の音が この銅鑼の音は役満が出たときの音 和了ったのはわかったので「リーチ、清一色でおやっぱね~!!」のはずが画面に表示されたのは「九蓮宝燈」と・・・ その次に目に入ったのが役満の文字 少しの間わけがわかりませんでした この先、何もありませんように・・・なむなむw コンシェルジュのミライです。 当サイトのご利用誠にありがとうございます。 >ピンズの1113456688999で、1ピンを積もって、かんをして、2ピンがきたので、6ピン切り。 7ピンで積もったのですが、ちゅうれんではないでしょうか?教えて下さい。 ご質問の例では「九蓮宝燈」として扱われず「清一色」として扱われてしまう場合が一般的です。 そしてさらにチー・ポン・カンをしてはなりませんので たとえ暗槓であっても槓子を含む「九蓮宝燈」は成立しないとされています。 コメントいただきありがとうございます! お役に立てましたら幸いです。 今後とも当サイトを宜しくお願い致します。 九蓮宝燈にフリテンなしの9面待ちとマージャンをしてきましたが麻雀コンシェルジュの投稿を見ていたら私の先日(本年11月下旬)のツモ上りは九蓮宝燈だったのでしょうか? ピンズで一牌も切ることなく《1112234567899》のテンパイですぐに9ピンをつもりました。 迷うことなく2ピンを切って9面待ちにしたのですが2巡しかなくピンズは出ませんでした。 誰も見たことのない手牌に教科書を引っ張り出して皆で読みっこしました。 ・・・チュウレンポウトウとは9面待ちで・・と解説を読み上げテンパイだけでもすごいよね・・・とその日のマージャンは死人を見ることなく皆さんは無事家路に着きましたとさ。 という塩梅だったのですがこれチューレンでしたでしょうか???だとすれば無知の涙以外の何ものでもありませんねハッハッハ• コンシェルジュのミライです。 当サイトのご利用誠にありがとうございます。 >昔の話になるのです PSPの麻雀格闘倶楽部で4麻で コンピューター相手と約1000局目で 適当打ってたら気持ちのいいくらい手が揃って 九連宝燈目前まで行って上がったら まさかの純正九連宝燈でした 詳しく確率まで乗ってない場所が多いです 純正九連だせる確率までは 純正九連やっぱり九連より確率はひくいのですか? 1000局目付近で純正九連宝燈、とてもすごいですね! 貴重なご意見ありがとうございます。 九連宝燈の出現確率は0. こちらで調べてみた結果、純正九連宝燈の明確な確率は導き出せませんでした。 大変申し訳ございません。 ひとつの目安としてご紹介致しますが、コナミの麻雀格闘倶楽部が2003年10月に集計した統計記録によると、九蓮宝燈は全役満の19万1724件中308件で0. 16%、こちらの数字に対し純正九連宝灯は32件で0. 0167%という統計が明らかになっております。 こちらの統計でも分かるように、やはり純正九連宝燈の確率は通常の九蓮宝燈の出現率よりもはるかに低い数字だと言えます。 純正九連宝燈をダブル役満として扱う取り決めが存在するのも頷ける数字かと思われます。 お役に立てましたら幸いです。 今後とも当サイトを宜しくお願い致します! コンシェルジュのミライです。 当サイトのご利用誠にありがとうございます。 >索子でも九蓮成立と知り嬉しくてメールしました。 29年前大学2年時にそれも海底でつもりました。 その後、人前で自慢するも今日まで「萬子以外は九蓮ではない」と言われ続け、やっぱりそうなのかと残念な思いでおりました。 かつて九蓮宝燈は萬子限定の役満とするルールも存在したようですが、現在は色の制約はなくなり「萬子・筒子・索子」どの種類でも認められるルールと認識しております。 貴重なご経験をお話していただきありがとうございます! 九蓮宝燈や天和は役の中でも特別感があり、麻雀の魅力のひとつでもあり素敵な役ですね。 今後とも当サイトを宜しくお願い致します。

次の