ミラン 対 サッスオーロ。 ミランは不調続きのスソをどうするべきか。放出の選択肢は?

サッスオーロのインテル・セリエA・苦手が話題

ミラン 対 サッスオーロ

現地時間10月2日、サン・シーロでセリエA7節のミラン対サッスオーロ戦が開催された。 ミランは過去2試合同じだったスタメンを3人変更。 右SBはカラブリアからアバーテ、CBは怪我のロマニョーリからゴメス、左ウイングはニアングからL・アドリアーノに代えた。 本田は7試合連続のベンチスタートとなった。 一方のサッスオーロは、「ミラン・キラー」として知られるベラルディをはじめ、ミッシローリ、ダンカン、ガッツォーラという主力4人を怪我で欠く苦しい布陣となった。 先制点を奪ったのはミラン。 9分、ゴメス、デ・シリオと繋ぎ、ペナルティーエリア手前からボナベントゥーラが右足でミドルシュートを放つと、アチェルビに当たってコースが変わったボールはゴールネットに突き刺さった。 しかし、その1分後にサッスオーロは早くも同点に追い付く。 自陣でパレッタからボールを受けたアバーテが、アジャポンのプレッシャーを受けてパスミス。 これを拾ったポリターノがGKドンナルンマの股を抜いてゴールを決めた。 さらにサッスオーロは22分、クロスボールからアジャポンがゴールネットを揺らす。 しかし、これはボールが手に当たったとしてゴールは取り消され、アジャポンにはイエローカードが出された。 スソが右サイドを起点に中央でトップ下的な動きも見せるミランは36分、ハーフウェーラインで起点を作ったバッカが左サイドのデ・シリオに展開。 直後の38分にL・アドリアーノ、39分にボナベントゥーラがスソの仕掛けからゴール前で好機を得たが、いずれも得点には繋がらなかった。 ミランの速攻になりかけた時に前半終了を告げるホイッスルが鳴り響く。 すると、これに納得いかず主審に激しく抗議したモンテッラ監督が、退席処分を食らった。 ミランは後半頭から低調だったL・アドリアーノに代えてニアングを投入。 攻撃陣をテコ入れした。 しかし、勝ち越しゴールを奪ったのはサッスオーロ。 54分、ショートコーナーからペッレグリーニが斜めのクロスを上げ、オフサイドトラップをかいくぐってフリーになったアチェルビが右足ボレーを決めた。 サッスオーロはさらにその2分後、ドゥフレルとのワンツーで抜け出した後に軽快なステップの突破でゴメスを振ったペッレグリーニが、左足を振り抜いてゴールネットを揺らす。 2点差を付けられたミランは59分、モントリーボに代えてロカテッリを投入。 すると67分、ニアングが3人と競り合いながら強引な縦の突破を見せ、アンテイのファウルを誘ってPKを獲得する。 これをバッカが決めて、1点差に詰め寄った。 さらにミランは73分、同点に追い付く。 ロカテッリがCKのクリアボールに反応してペナルティーエリア外からダイレクトで左足を振り抜くと、ゴール左上に豪快に突き刺さった。 下部組織出身の18歳にとっては、嬉しいセリエA初ゴールとなった。 そして77分、ショートコーナーからニアングが左足でクロスを上げると、ファーサイドから走り込んだパレッタが打点の高いヘディング。 これが決まり、ミランはついに逆転に成功する。 サッスオーロは80分、ペナルティーエリア内でポリターノが左足でフィニッシュしたが、ドンナルンマのスーパーセーブに弾かれた。 このまま1点を守り切りたいミランは83分、FWバッカを下げてMFポーリを投入。 交代枠を使い切り、これで本田の出番はなくなった。 結局、このまま4-3でタイムアップ。

次の

ミランが“天敵”サッスオーロを乱打戦の末に下す! 本田はまたも出番なし(SOCCER DIGEST Web)

ミラン 対 サッスオーロ

この試合ではミランの120周年が祝われる予定だったが、スペイン人FWスソに対する繰り返しのブーイングによって、その雰囲気を味わうことができなかった。 イタリアのミランのサポーターは、スソには完全に飽き飽きしている。 スソは長い不調期からなかなか脱出できない。 サイドからの攻撃より中央からの攻めを好むジャンパオロは、複数の試合でスソを本来のポジションではないトップ下気味で使っていたからだ。 現在のステファノ・ピオリ監督になって、ハカン・チャルハノールとサイドが入れ替わったりすることはあるが、スソは本来のポジション、ウィングに復帰した。 そして本来のポジションに戻ればすぐ復活できると思った人々の期待に、彼は答えられていない。 よく考えたら、これは今シーズンだけに出てきた問題ではない…。 2015年にミランに移籍してからずっと、スソにはサポーターを驚かせる素晴らしいパフォーマンスもあれば、全くボールに触れない試合もあった。 非常に波の激しい選手です。 スソのプレースタイル スソの好きな攻撃パターンはすぐ頭に浮かぶ。 右サイドでボールをもらい、目の前のディフェンダーに仕掛ける。 スソが一番得意とするディフェンダーを交わす方法は、左足のアウトサイドでボールを動かし、中に絞る動き。 そうでない場合は、コーナーフラグ辺りまで進んで、右足でクロスを上げる。 この4年、セリエAでのスソのプレーを観戦してきた人はこのパターンをよく知っている。 そして最近は、つまらない顔でそれをやろうとしているスソを見つめているだろう…。 このパターンが完全に読まれていると言っているわけではない。 ディフェンダーがいくらその動きを予想していても、彼のボール扱いのスピードにはついていけないことが多い。 そしてスソには、ディフェンスを交わした後に絶妙なクロスを入れる技術もあり、高い確率でゴールになる精度の高いシュート技術も持っています。 今年はあまり見られないが、前シーズンまではスソ対策に二人の選手がマークについてたことがよくあった。 写真提供:Getty images 得意なスタイルがリミットに ところが最近は、スソのプレースタイルが彼のリミットになっている。 サイドでボールを受けるのが大好きで、それしか試みないということがミランの攻撃パターンを随分制限している。 スソが相手のディフェンスにとって危険になるのはボールを持っている時のみです。 ボールを持ってない時、彼はディフェンダーの裏を狙った縦の動きは全くしようとしない…。 また、守備に対する努力のなさはミランが苦しむ時間帯の大きな負担となる。 ミランの練習が現在どんな風に組まれているのはわかりませんが、ピオリ監督がスソにもっと求めなければならないのは間違いない。 彼の技術ならサイドだけではなく他のポジションでも通用するし、ボールなしの動きも戦術をしっかり身につければ簡単にできるはず。 スソ自身も好き嫌いを言っている場合ではない!すでに26歳なので、いろんな難しい場面で通用する選手になりたいのなら、今の自分に納得せずにもう少し努力するべきです。 写真提供: Gettyimages ミランはスソをどうすればいい? ミランにとって調子のいいスソは大事な戦略要員になる。 しかし、彼が結果を見せていない時期がそろそろ長すぎる…。 マーケットに出すべきなのか?それとももう少し様子を見た方がいいのか?ミランは現在、頭を悩ませているだろう…。 はっきりしていることは、現在同じポジションで彼の代わりにプレーできる選手がいないということです。 ナポリ戦、スソがウイルス性胃腸炎で出場できなかった時は代わりにアンテ・レビッチが試合に出たが、あまりいいパフォーマンスは示せなかった。 また、サム・カスティジェホはラツィオ戦時の怪我から復活したばかりで、フル出場は考えにくい。 結局、サッスオーロ戦の時にドリブルもクロスも一つもできなかったスソが、次のアタランタ戦(日本時間22日)にも出場することになるだろう…。 今度こそ良い活躍をしてくれるだろうか?それとも再びミランを悩ませるようなパフォーマンスになるのだろうか?クリスマスが近いので、クラブもサポーターもスソからの良いプレゼント(彼にしかできない素晴らしいゴール)を期待している。

次の

【ミラン対サッスオーロ】3連勝ならず。決定力不足を再露呈【選手採点・コメントetc.】

ミラン 対 サッスオーロ

2020年7月22日、 USサッスオーロ・カルチョと ACミランが セリエAで対決します。 前回の試合は次のような結果で終わりました : Sassuolo 0 - 1 AC Milan. この2チームはFootyStatsの記録上、過去数シーズンで 14回対戦しました。 過去14対戦のうち、 USサッスオーロ・カルチョが4試合で勝利したのに対し、 ACミランは8試合で勝利し、その他の2試合は引き分けに終わりました。 今シーズン USサッスオーロ・カルチョの ホーム戦でのパフォーマンスは 良いです。 ACミランの アウェイ戦でのパフォーマンスは 良いです。 USサッスオーロ・カルチョと ACミランの過去の試合の平均ゴール数は 3. 14でした。 これまでのところ、 セリエAでの USサッスオーロ・カルチョはホーム試合では1試合あたり 平均勝ち点1. 46、 ACミランはアウェイ試合では1試合あたり 平均勝ち点1. 57を記録しました。

次の