岡山 イオン シネマ。 イオンシネマ岡山 上映スケジュール

【イオンシネマ岡山】映画料金がいつでも1,000円!割引チケットでも大人料金が1,180円♪

岡山 イオン シネマ

2019年11月1日改訂 第1章 総則 第1条 目的 このワタシアター利用規約 以下、「本規約」といいます。 は、イオンエンターテイメント株式会社 以下、「当社」といいます。 が運営する、パソコン又はその他インターネットを利用した通信機能を有する情報機器 スマートフォン、タブレット等を含み、以下、パソコンと総称して「情報通信機器」といいます。 の利用者向けの情報配信サービス及びその他会員サービス 以下、「本サービス」又は「ワタシアター」といいます。 の利用に関して定めることを目的とします。 第2条 定義 本規約において、次の用語は、以下に定義する意味で使用します。 「ワタシアター会員」又は「会員」とは、本サービスの利用を希望されるお客さまで、本規約を承諾の上、当社が定める方法により所定の登録を完了した方をいいます。 会員は、有償無償の別、所定の手続き完了の有無、利用可能なサービス範囲により、下記のとおり分類されます。 「ライト会員」:本規約の定めに従い、ライト会員の資格を取得したお客さま• 「プラス会員」:本規約の定めに従い、プラス会員の資格を取得したお客さま• 「プラス仮会員」:本規約の定めに従い、プラス会員登録のために会員証カードの発行を受けた後、プラス会員登録情報の登録が未了のお客さま• 「プラス期限切れ会員」:本規約の定めに従いプラス会員又はプラス仮会員の資格を取得した後、本規約が定める有効期間満了までに更新手続きを行わず、本規約が定める更新可能期間を経過していないお客さま• 「本サイト」とは、当社が本サービス提供するために運営する会員専用サイトをいい、第11条に定めるマイページを含むものとします。 「会員証」とは、当社が会員に発行する会員番号(QRコード)及び認証コードを表示するために当社が発行するものをいいます。 会員証は、以下のとおり分類されます。 「デジタル会員証」:マイページ内に作成され、会員がマイページにログインすることにより表示されるデジタル形式の会員証• 「会員証カード」(第4条第1項に定める特別な会員証カードを含みます。 ):プラス会員としての登録のために発行される、カード形式の会員証 第2章 会員登録 第3条 ライト会員登録 ライト会員サービスの利用を希望するお客さまは、本規約の内容を承諾の上、当社の定める方法に従い、情報通信機器を利用して以下に定める事項 以下、総称して「ライト会員登録情報」といいます。 を申告することにより、ライト会員登録の申込みを行うものとします。 なお、当社が認める場合には、ライト会員登録情報の申告に際し、当社が運営する他のプログラムにおいて登録済みの情報からライト会員登録情報に該当する情報を移行する場合があります。 [ライト会員登録情報]• ライト会員の資格の取得に伴い、当社は当該お客さまに対し、デジタル会員証を発行します。 第4条 プラス会員登録、プラス仮会員及びプラス期限切れ会員• プラス会員サービス又はプラス会員登録前のプラス仮会員が享受できる一部サービスの利用(ライト会員からプラス会員又はプラス会員登録前のプラス仮会員への会員区分の変更を含みます。 )を希望するお客さまは、本規約の内容を承諾の上、当社の定める手続きに従い、当社の定める費用(以下、「入会費」といいます。 )を支払うものとします。 入会費は、400円(税込)とします。 但し、当社が期間を定めて、又は、上映作品とタイアップして、発行する特別な会員証カードについては、上記とは異なる金額を設定することがあります。 )、当社のWebサイト会員登録画面(以下、「Webサイト窓口」といいます。 )並びにその他指定箇所(以下、これらの窓口を総称して「窓口」といいます。 )において、入会費支払済のお客さまに対し、当社は会員証を発行し、プラス会員登録のための会員番号(QRコード)及び認証コードを付与します。 Webサイト窓口経由のご入会の場合には会員証カードを発行しませんが、後日劇場窓口にてお申し出頂くことにより、会員証カードの発行を受けることができます(但し、会員証カードの発行を受けた場合には、会員番号(QRコード)及び認証コードが変更されます。 前項の定めに従い会員証カードを発行されたお客さま(Webサイト窓口経由のご入会の場合を除く)は、発行後速やかに、本規約の内容を承諾の上、当社の定める方法に従い、情報通信機器を利用して以下に定める事項(以下、総称して「プラス会員登録情報」といいます。 )を申告することにより、プラス会員登録の申込みを行うものとします。 なお、当社が認める場合には、プラス会員登録情報の申告に際し、当社が運営する他のプログラムにおいて登録済みの情報からプラス会員登録情報に該当する情報を移行する場合があります。 [プラス会員登録情報]• ライト会員からプラス会員へ会員区分を変更されたお客さまの会員番号(QRコード)及び認証コードは、プラス会員の資格取得をもって、会員証に記載されたものに置き換わり、ライト会員の資格取得の際に付与された会員番号(QRコード)及び認証コードは無効となります。 Webサイト窓口経由でご入会手続きのお客さまは、当該入会手続きについて前項の定めが準用されます。 この場合、当該お客さまは、プラス仮会員になることはなく、入会手続き完了をもって、当初からプラス会員となります。 会員証カード発行後、プラス会員登録情報の登録が未了のお客さまは、プラス仮会員として取り扱われるものとします。 プラス仮会員は、プラス会員向けサービスの利用について所定の制限を受けるものとし、その詳細は、本規約、本規約と共に適用される他の規約及び当社が随時告知するところに従うものとします。 第5項に定める有効期間内にプラス会員登録情報の登録を完了しないお客さまは、プラス会員のサービスを全て受ける事が出来ません。 プラス会員の有効期間は、会員証の発行日から起算して(当該発行日を含みます。 )1年間とします。 会員証の発行日以降にプラス会員登録情報の登録を完了した場合でも、プラス会員の有効期間は、会員証の発行日から起算します。 プラス仮会員の有効期間は、上記と同じとします。 プラス会員の更新手続きには、本規約の内容を承諾の上、当社の定める手続きに従い、当社の定める費用(以下、「更新費」といいます。 )の支払いが必要となります。 更新費は、400円(税込)とします。 お支払いいただいた更新費は、いかなる場合にも返金しないものとします。 プラス仮会員の更新手続きは、上記と同じとします。 前項の更新手続きは、有効期間満了の3ヶ月前から可能とします。 更新後の有効期間は、会員証カードの発行日の応当日から起算して(当該応当日を含みます。 )1年間とします。 プラス会員又はプラス仮会員で有効期間満了までに更新手続きを完了しなかったお客さまで、有効期間が満了した日の翌日から起算して1年(以下、「期限後更新可能期間」といいます。 )を経過していないお客さまは、プラス期限切れ会員として取り扱われるものとします。 プラス期限切れ会員は、本規約の内容を承諾の上、当社の定める手続きに従い、期限後更新可能期間内に、第6項の更新費を満額支払うことにより、更新費の支払い完了からプラス会員又はプラス仮会員の資格を回復します。 かかる期限後更新により回復した会員資格は、期限切れとなった従前の有効期間が満了した日の翌日から起算して1年経過する日をもって終了するものとし、その結果、期限後更新による資格回復によりプラス会員又はプラス仮会員として取り扱われる期間は、1年未満になるものとします。 プラス会員からプラス期限切れ会員となったお客さまが、前項の期限後更新を完了するまでのプラス期限切れ会員期間中に利用可能なサービスは、本規約、本規約と共に適用される他の規約又は当社が随時なす告知において別途定める他は、ライト会員のサービスと同一となります。 プラス仮会員からプラス期限切れ会員となったお客さまは、第8項の定めに従い期限後更新を行うまでは、本規約、本規約と共に適用される他の規約又は当社が随時なす告知において別途定める他は、一切のサービスをご利用になることができません。 プラス会員からプラス期限切れ会員となったお客さまが第8項の定めに従い期限後更新を行わなかった場合には、期限後更新可能期間満了以後は、ライト会員になるものとします。 この場合、プラス会員資格(又はプラス仮会員資格)に基づいて獲得した一切の権利、特典は、別段の定めなき限り全て失効するものとします。 プラス仮会員からプラス期限切れ会員となったお客さまが第8項の定めに従い期限後更新を行わなかった場合には、期限後更新可能期間満了をもって自動退会となるものとします。 この場合、それまでに獲得した一切の権利、特典は、別段の定めなき限り全て失効し、本サービスの利用に関する一切の情報は回復させることができないものとします。 プラス会員が会員証カードの紛失、盗難、汚損、毀損等により会員証カードの再発行を希望する場合、本規約の内容を承諾の上、当社の定める手続きに従い、当社の定める費用(以下、「再発行手数料」といいます。 )を支払うことにより、新たな会員証カードを発行いたします。 再発行手数料は、200円(税込) とします。 再発行する新たな会員証カードは、通常の会員証カードとなります。 お支払いいただいた再発行手数料は、いかなる場合にも返金しないものとします。 プラス会員が会員証カードの再発行を受ける場合、再発行手続きをした時点から、旧会員証カードは無効となり、会員番号(QRコード)及び認証コードは再発行された会員証カード記載の会員番号(QRコード)及び認証コードに変更されます。 プラス仮会員が会員証カードの紛失、盗難、汚損、毀損等により会員証カードの再発行を受ける事は出来ません。 再度第1項に定める費用をお支払いいただき、プラス会員又はプラス仮会員として再度ご入会いただきます。 この場合、それまでに獲得した一切の権利、特典を引き継ぐことはできず、全て失効するものとします。 お客さまがWebサイト窓口にて入会手続き又は更新手続きをされる場合には、当社指定のクレジットカードによる決済のみとさせていただきます。 当社はクレジットカードによる決済の安全性を確保するための措置を講じており、本サービスにおいてはインターネット上の暗号通信技術SSL(Secure Socket Layer)を採用しています。 Webサイト窓口にて入力いただいた、クレジットカード番号及びセキュリティー番号に関しては、当社では、割賦販売法に則り、当該情報の取得を行っておりません。 プラス会員サービス又はプラス会員登録前のプラス仮会員が享受できる一部サービスの利用を希望するお客さまが満18歳未満の場合には、窓口において、保護者の同意が必要となります。 第5条 会員番号(QRコード)及び認証コード 会員番号(QRコード)及び認証コードは、各会員に対しそれぞれ一つのみ付与されます。 万一、同一のお客さまが複数の会員番号(QRコード)及び認証コードを保持される場合でも、いずれかの会員番号(QRコード)及び認証コードへの移行、統合は認められず、各会員番号(QRコード)及び認証コードに基づいて獲得した特典を移行、統合することはできません。 第6条 個人情報等• 本サービスの運営に際して、当社が会員から取得する個人情報は、本サービスの運営のために利用する他、別途当社の定める「個人情報の取扱いについて」の定めに従い、取り扱うものとし、本規約と「個人情報の取扱いについて」の定めに齟齬がある場合には、本規約の定めが優先するものとします。 なお、本サービスの利用を希望するお客さまは、「個人情報の取扱いについて」を予め承諾の上、会員登録の申込みを行うものとみなします。 会員のアクセス履歴および利用状況の調査のため、その他会員に適切と当社が認めるサービスを提供するために、当社は、お客さまが会員登録の申込み時に登録した情報、登録又は本サービス利用の際に用いた情報通信機器のご利用環境 情報通信機器を通じてご利用の場合の当該端末の通信状態、ご利用に際しての各種設定情報なども含みます。 、お客さまのIPアドレス、位置情報、本サービスのご利用状況(本サイト及びその他当社サイトの閲覧履歴、利用履歴を含みます。 )、当社劇場のご利用状況(鑑賞又は購入された映画、利用日時、場所を含みます。 )などをお客さまの申告によらずに自動的に入手し、当社内で分析・利用できるものとし、お客さまはこれを予め承諾するものとします。 第3章 会員サービス 第7条 ライト会員サービス• ライト会員は、本規約の定めに従い、メールマガジン配信、当社が随時案内するキャンペーン等のイベントへの応募、マイページ 第11条に定義する意味を有するものとし、以下同じとします。 の利用、各種クーポンの利用、e席リザーブ(第9条に定義する意味を有するものとし、以下同じとします。 、その他当社が随時提供するサービスを利用できるものとします。 当社はライト会員の登録メールアドレスに対して、以下の各号の項目を提供するにあたり回数や時間等の制限なく継続的に電子メール 以下、「ライト会員向けメール」といいます。 を配信することができるものとし、ライト会員はライト会員向けメールの受信を予め承諾するものとします。 ライト会員向けメールの配信は、お送りするサービスに承諾いただいた会員に対し、当社が必要と認める場合に不定期に行われるものであり、当社は、ライト会員向けメールの配信により提供する情報を任意に決定するものとします。 第8条 プラス会員サービス• プラス会員は、本規約の定めに従い、メールマガジン配信、当社が随時案内するキャンペーン等のイベントへの応募、マイページの利用、各種クーポンの利用、e席リザーブ、ミタクーポンサービス(第10条に定義する意味を有するものとし、以下同じとします。 の利用、その他当社が随時提供するサービスを利用できるものとします。 当社はプラス会員の登録メールアドレスに対して、以下の各号の項目を提供するにあたり回数や時間等の制限なく継続的に電子メール 以下、「プラス会員向けメール」といいます。 を配信することができるものとし、プラス会員はプラス会員向けメールの受信を予め承諾するものとします。 プラス会員向けメールの配信は、お送りするサービスに承諾いただいた会員に対し、当社が必要と認める場合に不定期に行われるものであり、当社は、プラス会員向けメールの配信により提供する情報を任意に決定するものとします。 第9条 e席リザーブ• 会員は、当社が本サービスの一部として運営するオンラインチケットe席リザーブサービス 以下、「e席リザーブ」といいます。 を利用することができるものとします。 e席リザーブの詳細は、当社が別途定める「e席リザーブ利用規約」に規定します。 会員は、e席リザーブを利用する場合には、e席リザーブ利用規約の内容を承諾の上、これを遵守するものとします。 第10条 ミタクーポンサービス• プラス会員及びプラス仮会員に限り、当社が本サービスの一部として運営するサービス 以下、「ミタクーポンサービス」といいます。 に参加することができるものとします。 ミタクーポンサービスの詳細は、当社が別途定める「ミタクーポンサービスご利用規約」に規定します。 なお、プラス仮会員によるミタクーポンサービスのご利用範囲には制限があり、その詳細はミタクーポンサービスご利用規約に定めるとおりとします。 プラス会員及びプラス仮会員は、ミタクーポンサービスを利用する場合には、ミタクーポンサービスご利用規約の内容を承諾の上、これを遵守するものとします。 第11条 マイページ 会員(プラス仮会員及びプラス仮会員からプラス期限切れ会員となったお客さまを除く)は、情報通信機器を利用して本サイト内の会員専用指定アドレスにアクセスすることにより、会員登録情報に基づく各会員の属性に応じた情報を集約した情報提供サイト 以下、「マイページ」といいます。 にログインし、関連情報を入手し、本サービスを享受するために利用することができます。 第12条 サービス利用条件• 会員は、本サービスの利用をもって、当該利用時点において効力を有する本規約の内容を承諾したものとみなされます。 当該規約の内容にご承諾頂けない会員は、本サービスをご利用になれません。 会員は、自己の責任と負担において本サービスを利用するために必要なソフトウェア、情報通信機器、ハードウェア等の調達およびインターネット接続に必要な契約の締結等通信環境の設定を行うものとします。 また、マイページへのログイン及びログイン後のセッション管理その他本サービスの運営のためにcookie クッキー 又は類似の技術を使用しますので、会員は、ご利用の情報通信機器においてcookie クッキー 、その他所定の機能を有効に設定する必要があります。 ライト会員向けメール及びプラス会員向けメールの受信並びに本サイトへのアクセス等の本サービスの利用に必要となる通信料、その他一切の費用は、各会員が負担するものとします。 本サービスを経由して当社が提供するその他のサービスを利用するためには、当社の指定する他の利用規約等に別途同意して頂く場合があります。 第4章 会員の義務・責任 第13条 登録ID等及び会員証の管理• 会員は、登録ID メールアドレス 以下、単に「登録ID」といいます。 及びパスワード 以下、登録IDと総称して「登録ID等」といいます。 並びに会員証を自己の責任において厳重に管理するものとします。 会員は、登録ID等及び会員証を第三者 ご親族、他のお客さまを含み、以下本条において同じとします。 に貸与、譲渡、名義変更、売買、質入等をしてはならないものとし、第三者に開示・漏洩しないものとします。 会員は、登録ID等又は会員証が盗難等にあった場合、又は第三者により登録ID等又は会員証が不正使用されていること又はその疑いが判明した場合には、直ちに当社にその旨連絡するとともに、当社からの指示がある場合はこれに従うものとします。 本サービスご利用の都度入力頂いた登録ID等と会員登録情報を照合し、これらの一致を確認した場合、その後ログアウトまでの一連の通信は全て会員ご本人によって行われたものとみなします。 この場合において、登録ID等につき偽造、変造、盗取、紛失、漏洩、無権限使用、不正使用その他の事故が生じた場合であっても、当社は会員に生じた損害について一切の責任を負いません。 会員証について、盗取、紛失、無権限使用、不正使用その他の事故が生じた場合であっても、当社は会員に生じた損害について一切の責任を負いません。 当社が第3項の連絡を受けた場合であっても、当社が登録ID等及び会員証の使用不能措置を講じるために必要な合理的期間内においては、なお前二項の規定が適用されるものとします。 第14条 著作権等• ライト会員向けメールおよびプラス会員向けメール、本サイトおよび本サービスに基づいて提供される情報 以下、これらを総称して「サービス情報」といいます。 には、当社又はその他の第三者が権利を有する商標が含まれており、会員は、これを当社又はその他の権利者に無断で使用してはならないものとします。 サービス情報に含まれる画像、イラスト、音声、動画を含めた全ての素材は、当社又は当社に対しその素材の使用を許可する第三者が保有又は管理している著作権又はその他の権利により保護されており、会員は、当社又は当該第三者に無断で、サービス情報に含まれる素材の全部又は一部について、複製、頒布、展示、貸与、送信、改変、翻案、二次的著作物の作成、その他一切の使用を行ってはならないものとします。 会員が前二項の規定に違反したことにより第三者との間で紛争が生じた場合、当社は一切の責任を負いません。 第15条 禁止事項• 会員は、本サービスの利用に関連して、以下の行為を行うことを禁じます。 会員証及び特典を第三者に使用させる行為• 会員証及び特典を第三者に売買、譲渡する等の行為• 第三者に付与されるべき特典を不正に取得する行為• 第三者又は当社の財産権、プライバシーその他の権利を侵害し、又は侵害する恐れのある行為• 公序良俗に反する行為、犯罪的行為、その他法令に違反し、又はそのおそれのある行為• 事実に反する情報、その他公序良俗に反し、又はそのおそれのある情報を、当社、他のお客さま又は第三者に対して提供する行為• 当社の承認なく、本サービスを通じて、又は本サービスに関連して行う営利を目的とする行為又はその準備を目的とする行為• 本サービスの運営を妨げ、又は誹謗する行為• イオンシネマ各館又は当社の営業を妨げ、又は誹謗する行為• その他当社が不適切と認める行為• 上記各号に準じる行為• 会員が本規約に違反した場合もしくはそのおそれがある場合、その他相当の事由により当社が必要と判断した場合には、当社は、当該会員に通知することなく、特典利用の停止、会員資格の停止または強制退会の処分をすることができます。 会員が本規約に違反したことにより当社が損害を被った場合、当社は、前項に定める特典利用の停止、会員資格の停止または強制退会の処分の有無に関わらず、当該会員に対し当社が被った損害賠償を請求できるものとします。 第5章 登録情報の確認・変更・退会・抹消等 第16条 登録情報の確認・変更 会員(プラス仮会員及びプラス仮会員からプラス期限切れ会員となったお客さまを除く)は、会員登録時に入力した登録ID等、その他の会員登録情報を確認又は変更する場合には、マイページにアクセスし、所定の入力・操作を行うものとします。 第17条 退会• 会員は、随時退会できるものとします。 退会を希望する会員は、マイページにアクセスし、所定の退会手続を行うものとします。 前項により退会した場合は、有効期間にかかわらず全ての特典が失効し、登録した会員情報は当社にて全て消去いたします。 当社は既に受領した入会費、更新費及び再発行手数料の払戻しはいたしません。 会員証の紛失等により、会員が会員情報の削除を希望する場合、退会と同様の手続きとします。 退会手続き完了後は、失効及び削除した会員情報等は如何なる事由があっても回復させることはできません。 前各項の定めにかかわらず、プラス仮会員及びプラス仮会員からプラス期限切れ会員となったお客さまについては任意退会の定めは適用されません。 当該お客さまについては、第4条第12項の自動退会の定めが適用されます。 第18条 登録情報の抹消及び会員資格の喪失• 当社は、本サイトへの最終ログイン日又は当社サービスの利用に付随した会員番号(QRコード)の最終読み取り日のいずれか後に到来する日の翌日から起算して2年経過した会員については、当該会員を退会したものとみなし、登録ID、パスワード、その他の会員登録情報を、会員に事前に通知することなく、抹消することができるものとします。 なお、本サイトへのログイン及び当社サービスの利用に付随した会員番号(QRコード)の読み取りのいずれもない会員については、会員登録日又はカード会員証発行日のいずれかの早い日の翌日から起算して2年経過した場合には、上記のみなし退会及び会員登録情報の抹消を適用するものとします。 また、プラス仮会員及びプラス仮会員からプラス期限切れ会員となったお客さまについては、第4条第12項の自動退会の定めも適用されます。 会員が以下の項目のいずれかに該当する場合、当社は当該会員に事前に通知することなく、直ちに当該会員の登録を取り消すことができるものとし、当該登録の取消しをもって当該会員は会員資格を喪失するものとします。 会員登録又はその他当社に対する申告において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合• 第15条に定める禁止事項の一に該当する行為を行った場合• 本規約に違反した場合• その他会員として不適格であると当社が判断した場合 第6章 サービスの停止等 第19条 サービスの停止• 当社は、次の各号に該当する場合において、本サービスの全部又は一部の提供を停止することがあります。 本サービスの運用設備の保守上又は工事上やむを得ない場合• 電気通信事業者等の都合により本サービスの運用通信回線の使用が不可能な場合• 天災地変、戦争、テロ行為、暴動、騒乱、労働争議その他の非常事態の発生により、本サービスの提供が困難になったとき、又はそのおそれがあるとき• その他、当社が本サービスの全部又は一部の提供を中断又は停止することにつき、やむを得ないと認める相当の事由があるとき• 当社は、前項の規定により本サービスの全部又は一部の提供を停止するときは、予めその旨を会員に通知するものとします。 ただし、緊急を要する場合、その他やむを得ない場合にはこの限りではありません。 第20条 サービスの廃止 当社は、会員に対する通知又はその他適切と認める方法による告知若しくは公表をした上で、本サービスの全部又は一部を、いつでも廃止できるものとします。 第7章 その他 第21条 免責• 当社は、本サービス及びサービス情報の完全性、正確性、確実性、有用性等を保証するものではありません。 当社は、本サービス又はサービス情報が不完全、不正確であったこと等により生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとします。 本サービスの利用及びサービス情報の閲覧は、会員の責任で行うものとします。 本サービスの利用又は本サービスの利用を通じてサービス情報を取得することにより、会員、その他第三者が損害を被った場合であっても、当社はいかなる責任も負いません。 当社は、以下の各号に定める事由に起因して会員に生じた損害について、一切責任を負いません。 通信回線の混雑若しくは故障又は停電等• 当社又は当社の委託先が管理するシステム以外のコンピュータ・システムに生じた障害• 天災地変、戦争、テロ行為、暴動、騒乱、労働争議その他の非常事態の不可抗力• 本規約に違反する会員の行為 第22条 広告掲載• 当社は、本サイト又はサービス情報内に、商品又は役務を提供する第三者 以下、「広告主」といいます。 の広告を掲載する場合があります。 広告主のなす取引 以下、「広告主取引」といいます。 は、会員と広告主の間で行うものであって、本サービスは、広告主取引の場を提供するにとどまり、当社は、広告主取引の当事者とはならず、また広告主取引に関する責任も負わないものとします。 広告主取引に関するトラブルは、会員と広告主の間で解決するものとします。 広告主の誘導するウェブページ上の記載内容、広告主取引の内容及び条件、広告主における個人情報の取扱い等の内容の完全性、正確性、確実性、有用性等について、当社は一切の責任を負わないものとします。 第23条 準拠法 本規約は、日本法に準拠することとし、同法に基づいて解釈されるものとします。 第24条 管轄裁判所• 本サービスの利用に関連して会員と当社との間で紛争が生じた場合には、両者は誠意をもって協議の上解決するものとします。 前項の協議によっても解決せず、両者に紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。 第25条 その他• 当社は、本サービスの利用細則を随時定めることができ、当社が相当と認める方法でこれを公表するものとします。 かかる利用細則は、本規約と一体のものとして、会員に適用されるものとします。 当社は、当社が必要と認める場合、会員に対する事前の通知をすることなく、本規約を変更することができるものとし、当社が相当と認める方法でこれを公表するものとします。 なお、かかる変更は、当社が別段の定めをしない限り、上記に定める公表がなされた時点をもって効力を生じるものとします。 本規約は2019年11月1日から適用するものとします。 但し、本規約第4条に規定するWebサイト窓口経由の入会手続き及び更新手続きに関しては、2019年11月12日より運用を開始いたします。 本規約におけるミタクーポンサービスの「ミタ」と、当社が別途提供するイオンシネマ ポイントカードにおける「ポイントサービス」(2019年10月31日をもって発行終了)の「ポイント」は併用することが出来ず、また、同一の映画観賞について「ミタ」と「ポイント」の重複付与は受け付けることはできません。 2019年11月1日改訂 第1条(総則)• このご利用規約(以下、「本規約」といいます。 )は、イオンエンターテイメント株式会社(以下、「当社」といいます。 )が提供する会員サービス(以下、「ワタシアター」といいます。 )のうち、「ミタクーポンサービス」について定めるものです。 ミタクーポンサービスを利用するお客さまは、本規約の他、当社が別途定める「ワタシアター利用規約」の内容を承諾の上、本規約及びワタシアター利用規約の双方を遵守するものとします。 なお、ワタシアター利用規約における定義語は、本規約においても同一の意味を有するものとします。 当社が別途提供する「イオンシネマ ポイントカード」によるポイントサービスは、本規約の対象外とします。 当該ポイントサービスは、「イオンシネマ ポイントカードご利用規約」の定めに従い運営されます。 第2条(定義)• 「ミタクーポンサービス」とは、本規約の定めに従い、提供されるクーポンサービスをいいます。 「ミタ」とは、プラス会員及びプラス仮会員(いずれもワタシアター利用規約に定義する意味を有するものとし、以下、総称して「プラス会員等」といいます。 )が、本規約の内容を承諾の上、本規約の定めに従い、当社が運営する映画館(以下、「劇場」といいます。 )において映画をご鑑賞された際に付与される、ミタクーポンサービス内の各サービスを享受するためのもととなる、「1ミタ、2ミタ、3ミタ」と例示されるように数える単位のことをいいます。 第3条(対象者)• ミタクーポンサービスは、プラス会員等を対象に提供されます。 但し、プラス仮会員によるミタクーポンサービスのご利用範囲には制限があり、その詳細は本規約に定めるとおりとします。 プラス仮会員(ワタシアター利用規約に定義する意味を有するものとし、以下同じとします。 )は、本規約の定めに従いミタの付与を受けることができますが、第7条に定める無料鑑賞クーポンを除き、付与されたミタを利用することはできません。 プラス会員からプラス期限切れ会員(ワタシアター利用規約に定義する意味を有するものとし、以下同じとします。 )となったお客さまは、ミタクーポンサービスを利用できませんが、プラス会員の有効期間内に獲得したミタ、第6条に定める2ミタde割引クーポン及び第7条に定める無料鑑賞クーポンは、ワタシアター利用規約の定めに従い期限後更新を完了してプラス会員の資格を回復した時点から、本規約の定めに従い利用することができます。 但し、当該プラス会員の資格回復に伴い、該当するミタ、2ミタde割引クーポン及び無料鑑賞クーポンの有効期間は延長されません。 プラス仮会員からプラス期限切れ会員となったお客さまは、ミタクーポンサービスを利用できませんが、プラス仮会員の有効期間内に獲得したミタ及び第7条に定める無料鑑賞クーポンは、ワタシアター利用規約の定めに従い期限後更新を完了してプラス仮会員の資格を回復した時点から、本規約の定めに従い利用することができます。 但し、当該プラス仮会員の資格回復に伴い、該当するミタ及び無料鑑賞クーポンの有効期間は延長されません。 第4条(ミタ付与)• 当社は、以下に定める場合に限り、プラス会員等に対してミタを付与するものとします。 なお、映画鑑賞券記載の上映日の翌日以降に会員よりミタ付与のお申し出があった場合、または、映画鑑賞券のご提示なしにミタ付与のお申し出があった場合には、当社は、その理由の如何を問わず、ミタの付与を行いません。 プラス会員等が、劇場において上映される映画の映画鑑賞券(以下、「映画鑑賞券」といいます。 )をご購入(前売鑑賞券、シネマギフト券、シネマチケット等当社が随時指定する有償チケットを、ご希望の上映回の映画鑑賞券と交換される場合を含み、以下、同じとします。 )の後、当社が定める方法にて、デジタル会員証又は会員証カードの会員番号(QRコード)の読み取りを行って、劇場窓口、自動券売機又はチケット発券機から当該映画鑑賞券の発券を受ける際に付与するものとします。 発券時に当社が定める方法によりデジタル会員証又は会員証カードの会員番号(QRコード)の読み取りを行わない場合には、ミタは付与されません。 プラス会員等がe席リザーブ(ワタシアター利用規約に定義する意味を有するものとし、以下同じとします。 )にて映画観賞券をご購入したものの、映画観賞券の発券を受けず、当該映画を鑑賞しなかった場合には、当社が定める方法にて、ご購入時にプラス会員等ご本人のデジタル会員証又は会員証カードの会員番号(QRコード)及び認証コードの入力がなされている場合に限り、当該映画観賞券記載の上映日の翌日までにミタが自動的に付与されます。 ミタは、映画鑑賞券1枚 一般、大学生、高校生、小中学生、幼児等の券種別は問いません。 )のご購入 プラス会員等ご本人がご利用になる映画鑑賞券のご購入に限ります。 )につき、1ミタの割合で付与されます。 プラス会員等が、同伴者のためにまとめて映画鑑賞券をご購入される場合には、当該同伴者がプラス会員等(以下、「プラス同伴者」という。 )であり、以下の定めに従う場合に、当該プラス同伴者に対してミタが付与されます なお、プラス同伴者ご本人がご利用になる映画鑑賞券に限ります。 プラス会員等でない同伴者の方がご利用になる映画鑑賞券及び以下の定めに従わないプラス同伴者がご利用になる映画鑑賞券に関するミタは、どなたに対しても付与することはできません。 当該映画観賞券の発券に際して、当社が定める方法にて、当該プラス同伴者のデジタル会員証又は会員証カードの会員番号(QRコード)の読み取りを行う場合に、当該発券を受ける際に付与するものとします。 当該発券時に上記の読み取りを行わない場合には、ミタは付与されません。 プラス会員等がe席リザーブにてご購入されたプラス同伴者の映画鑑賞券については、映画観賞券の発券を受けず、当該映画を鑑賞しなかった場合には、当社が定める方法にて、ご購入時にプラス同伴者のデジタル会員証又は会員証カードの会員番号(QRコード)及び認証コードの入力がなされている場合に限り、当該映画観賞券記載の上映日の翌日までにミタが自動的に付与されます• 当社が実施するキャンペーンに付随して、当社の裁量により、ミタの付与率を変更する場合があります。 ミタは、本条の定めに従い付与されたご本人以外の第三者に譲渡することはできません。 第5条(ミタ有効期間)• 付与されたミタの有効期間 以下、「ミタ有効期間」といいます。 )は、当該ミタが付与された映画観賞券記載の上映日から起算して1年(当該上映日を含む)が経過するまでとしますが、プラス会員等の有効期間内に第4条の定めに従い新たにミタが付与されると、その最終のミタが付与された映画観賞券記載の上映日から起算して1年(当該上映日を含む)が経過するまで延長されるものとします。 ミタ有効期間は、稼動状況等を踏まえて、当社が必要と認める場合には、これを随時変更することができるものとします。 プラス会員は、第5条に定めるミタ有効期間内に付与されたミタが、2ミタに達した場合には、当社が定める方法にて、2ミタ分をクーポン(以下、「2ミタdeクーポン」といいます。 )」とお引換えいただけます。 2ミタdeクーポンと引換えた2ミタは、ミタの残高から引かれます。 プラス会員は、映画観賞券を購入される際に、2ミタde割引クーポンを劇場窓口にご提示することにより、当社が指定する映画鑑賞料金(当社が指定する特別興行作品、グランシアターご利用の場合の料金、その他当社が指定する上映作品を除きます。 )にて、映画観賞券を購入いただけます。 したがって、プラス会員の該当する料金区分によっては、2ミタde割引クーポンをご利用になるメリットが無い場合があります。 2ミタde割引クーポンは、クーポン1枚につき、プラス会員に限り、1回分の上映に限り、ご利用いただけます。 2ミタde割引クーポンの有効期間は、第1項に定めた引き換えた日から起算して6ヶ月間(当該引換日を含む)とし、理由の如何を問わず、それ以降のご利用はできません。 満席等の理由によりご希望の上映回にご提供できる座席がない場合や、特別興行等当社が必要と認める場合には、2ミタde割引クーポンのご利用を制限させていただきます。 また、IMAX、D-BOX、4DX、MX4D、3D上映など特別上映方式によるご鑑賞、およびゴールドクラス、ウルティラ、プレミアシートなどの特別料金設定による座席におけるご鑑賞の場合は、別途当社が定める追加料金をお支払いただくことにより、2ミタde割引クーポンをご利用いただけます。 2ミタde割引クーポンは、理由の如何を問わず、2ミタに戻すことはできません。 但し、2ミタde割引クーポンをご利用された場合で、当社の責めに帰すべき事由により映画上映中止等のトラブルが発生し、当社の裁量により払戻しを行うときには、あらためて2ミタde割引クーポンを会員に交付させていただきます。 2ミタde割引クーポンは、理由の如何を問わず、ミタの引換えを行ったプラス会員ご本人以外の第三者に譲渡することはできません。 プラス会員等は、第5条に定めるミタ有効期間内に付与されたミタが、6ミタに達した場合には、自動的に6ミタ分が引き換えられて「イオンシネマ無料鑑賞クーポン(以下、「無料鑑賞クーポン」といいます。 )」が発行されます。 プラス会員等は、当社が別途指定する方法にて無料鑑賞クーポンをご希望の作品の鑑賞チケット(当社が指定する特別興行作品、その他当社が指定する特別料金設定のチケットを除くものとし、以下、「鑑賞チケット」といいます。 )1枚と引換えることができます。 無料鑑賞クーポンは、クーポン1枚につき、プラス会員等に限り1回分の上映に限り、ご利用いただけます。 第2項に定める無料鑑賞クーポンの鑑賞チケットへの引換えが出来る期間は、第1項に定めた無料鑑賞クーポンが自動発行された日から起算して6ヶ月間(当該自動発行日を含む)とし、理由の如何を問わず、それ以降の鑑賞チケットへのお引換えはできません。 満席等の理由によりご希望の上映回にご提供できる座席がない場合や、特別興行等当社が必要と認める場合には、無料鑑賞クーポンのご利用を制限させていただきます。 また、IMAX、D-BOX、4DX、MX4D、3D上映など特別上映方式によるご鑑賞、およびゴールドクラス、ウルティラ、プレミアシートなどの特別料金設定による座席におけるご鑑賞の場合は、別途当社が定める追加料金をお支払いただくことにより、無料鑑賞クーポンをご利用いただけます。 無料鑑賞クーポンは、理由の如何を問わず、ミタに戻すことはできません。 また、プラス会員等は、無料鑑賞クーポンを鑑賞チケットに引換えた後は、理由の如何を問わず、これをキャンセルすることはできません。 ただし、当社の責めに帰すべき事由により映画上映中止等のトラブルが発生し、当社の裁量により払戻しを行う場合には、無料鑑賞クーポンを鑑賞チケットに引換えた後であっても、あらためて無料鑑賞券を会員に交付させていただきます。 無料鑑賞クーポン及び鑑賞チケットは、理由の如何を問わずこれを引き換えたプラス会員ご本人以外の第三者に譲渡することはできません。 第8条(ミタの制限)• ミタは、会員が現金、クレジットカード、またはその他当社が指定する方法で当社が販売する映画鑑賞券の購入代金をお支払いの場合に限り、第4条の定めに従い、これを付与いたします。 無料鑑賞クーポンで映画を鑑賞される場合には、ミタは付与されません。 ミタは、第4条第3項で定める同伴者に対する付与の場合のほか、映画鑑賞券をご購入されたプラス会員ご本人が当該映画鑑賞券をご利用になり劇場で映画を鑑賞される場合に限り付与いたします。 当社または配給会社等の事情により、ミタ付与の対象外となる上映作品が生じることがありますが、そのような場合であっても、当該作品の映画鑑賞券を購入された会員に対して、別のサービス特典等を用意することはいたしません。 異なる複数の会員番号にミタを累積された場合であっても、ミタの移行、統合もしくは払戻し、または還元はいたしません。 ミタ、2ミタde割引クーポン及び無料鑑賞クーポンの換金はいたしません。 ミタクーポンサービスの運用開始前から当社において実施している同様または類似のポイントサービスおよび本サービス運用関始後に当社において実施する本サービスとは別個のポイントサービスにおける付与ポイント、その他特典については、附則に定める場合を除き、重複付与はできず、また、ミタクーポンサービスのミタ、その他特典として移行または統合することもできません。 第9条(失効)• プラス会員等(又は、プラス期限切れ会員)は、退会、その他の事由を問わず、ワタシアター会員資格を喪失した場合には、その時点をもってミタクーポンサービスを利用できなくなり、それまでに獲得したミタ、2ミタde割引クーポン、無料鑑賞クーポン及びその他の特典は全て失効致します。 プラス会員(又は、プラス期限切れ会員)は、更新手続きを取らずにライト会員に会員区分が変更された場合には、その時点をもってミタクーポンサービスをできなくなり、それまでに貯まったミタ、2ミタde割引クーポン、無料鑑賞クーポン及びその他の特典は全て失効致します。 前各項の定めに従い、失効したミタ、2ミタde割引クーポン、無料鑑賞クーポン及びその他の特典は、その後、プラス会員等の資格を取得した場合でも回復させることはできません。 第10条(ミタの調整等)• ミタを付与した後に、当社の裁量によりミタ付与の対象となった映画鑑賞券の払戻しがなされた場合には、付与したミタの取消しも同時に行うものとします。 いずれの会員も、貯まったミタの換金および払戻し等を一切請求することができないものとします。 第11条(会員証の管理) 紛失または盗難により会員証を喪失した場合には、ワタシアター利用規約の定めに従い会員証の再発行を受けることにより、貯まったミタ及びクーポンの移行を行うことができるものとします。 但し、当社は、ミタやクーポンの不正使用その他の事故により会員に生じた損害について一切の責任を負いません。 第12条(業務の委託) 当社は、ミタクーポンサービスの運用に必要な業務の全部または一部を、第三者に委託して行わせることができるものとします。 第13条(その他)• ミタクーポンサービスは、本規約に記載する条件に従うものとします。 本規約に定めのない事項については、第1条第2項で定めるワタシアター利用規約の定めに従うものとします。 本規約の解釈等に疑義が生じた場合には、当社は信義誠実の原則に基づいて決するように努め、会員はその決定に従うものといたします。 本規約に基づく事項に関して当社と会員との間に紛争が生じた場合は、当社の本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。 第14条(本規約の変更) 当社は、当社が必要と認める場合、会員に対する事前の通知をすることなく、本規約を変更することができるものとし、当社が合理的と判断する方法でこれを公表するものとします。 なお、かかる変更は、当社が別段の定めをしない限り、上記に定める公表がなされた時点をもって効力を生じるものとします。 本規約は、2019年11月1日から適用します。 但し、別途当社が告知するまでの間は、プラス仮会員に対する第7条に規定する無料鑑賞クーポンの付与は、プラス仮会員からの劇場窓口への申請をもって受け付けるものとします。 この場合、第7条第4項に規定する「無料鑑賞クーポンの鑑賞チケットへの引換えが出来る期間」は、当該申請がなされた日にかかわらず、「第5条に定めるミタ有効期間内に付与されたミタが、6ミタに達した日」から起算する(同日を含む)ものとします。 本規約におけるミタクーポンサービスの「ミタ」と、当社が別途提供するイオンシネマ ポイントカードにおける「ポイントサービス」(2019年10月31日をもって発行終了)の「ポイント」は併用することが出来ず、また、同一の映画観賞について「ミタ」と「ポイント」の重複付与は受け付けることはできません。 なお、以下に従うことを条件として、「イオンシネマ ポイントカード」のポイントをミタへ移行することを認めます。 プラス会員等が保有する「イオンシネマ ポイントカード」(券面上の氏名の記載と当該会員の氏名が同一であることが必要)1枚のみを対象とします。 複数枚「イオンシネマ ポイントカード」を保有する場合でも、ミタへの移行は「イオンシネマ ポイントカード」1枚のみに限ります。 有効期限内の「イオンシネマ ポイントカード」に限ります。 6ポイント貯まっている「イオンシネマ ポイントカード」のポイントのミタへの移行は、一切認められません。 その場合には、「イオンシネマ ポイントカード無料鑑賞券」としてご利用ください。 1ポイントに対し1ミタの割合で移行します。 移行されたミタの有効期間は、ミタに移行した日から1年間有効とします。

次の

イオンシネマ岡山が営業再開

岡山 イオン シネマ

初代「イオン岡山店」については「」をご覧ください。 (26年)から6日間のソフトオープン(プレオープン)を経て、にグランドオープンした。 イオンモールののに位置づけられている。 概要 [ ] イオンモールが南の旧所有地を取得、2014年12月5日に開業したショッピングセンターであり、同社が中心駅前に立地する商業施設を手がけるのは初めてとなる。 開発計画では最大級の「都市型大規模モール」として、地下2階・地上8階の多層階、350の専門店で構成されている。 イオンモールの「西日本における旗艦店」と位置づけ、年間2000万人の集客を見込んでいる。 着工時に発表された開発コンセプトは「おかやま未来スタイル創造特区」であり、や・など大都市圏と遜色ない商品を取り入れた商業施設が目指されている。 2014年には店舗の詳細が発表され、モールコンセプトとして「ハレマチ haremachi 」が発表された。 モール内は、岡山駅南地下道と接続する地下2階のharemachi Gate、1階-4階までつながる吹抜けの「未来スクエア」、オープントップ部分にステップガーデンが配置された5階-7階の「haremachi Garden」という「3つの異なる都市空間」で構成される。 また、開業当初のテナントは356店舗(うち岡山県の地元企業65店舗、岡山県内初出店238店舗)であり、600席収容の「おかやま未来ホール」、岡山のものづくりを体感できる「ハレマチ特区365」の導入、モール独自のインターネットテレビ放送局「haremachTV」 などの広域情報発信機能が設置される。 中心市街地への立地から公共交通機関の利用を見込み、駐車場は約2,500台分の整備にとどめ、など郊外型の既存店に比べて少ない配置となっている。 なお、東に面している市役所筋を介して向かい側には同じイオングループの・があったが、イオンモール岡山の開業に伴い、2014年をもって閉店した。 跡地はイオンモール岡山と一体で再開発する方針で検討が進められている。 また、岡山市北区にあったイオン岡山店(旧)も2014年9月末で閉店となり、建て替えの上、2019年7月26日に平屋建ての総合スーパー「」として再開業した。 なお、駐車場が2015年8月30日まで、土曜日、日曜日、祝日を中心にイオンモール岡山の来客用として使用され、イオンモール岡山との間は無料シャトルバスが運行されていた。 略歴 [ ] 建設中(2014年8月) イオンモール岡山が立地するJR岡山駅南の約8万8000m 2の敷地は、岡山市に本社を置くバイオメーカーがに旧の工場跡地を取得したもので、以来、長年にわたり本社および有料駐車場(林原モータープール)、レンタカー店 として活用されていた。 には林原が自社所有地の再開発構想として、「ザ ハヤシバラ シティ」構想を発表した。 「世界の名所になるような近未来都市をつくる」というコンセプトで、2つの大型百貨店、高級ホテル、35階建てのオフィスビルや45階建てマンション、恐竜の化石を展示する自然科学博物館や美術館などの文化施設を設けた複合施設として、末までに開業するという構想であった。 にはよりに基づく緊急整備地域のうち「岡山駅東・表町」の一部として指定されたが、長引く景気の低迷によって所有地の地価の下落が続き、着工のめどが立たない状況が続いていた。 総額約1,400億円の負債を抱え、不正経理の発覚により資金繰りが悪化した林原は、2月ににの適用を申請し、事実上の経営破綻に陥ったことで、この構想は頓挫した。 破産管財人のもと決定された林原の会社更生計画によって、JR岡山駅南の自社所有地は売却が決定され、2011年に入札が行われ、イオンモールが約200億円で落札した。 同年には林原の本社が移転し、には有料駐車場が閉鎖された。 土地は、会社更生計画案の確定を経たにイオンモールに引き渡された。 その後は駐車場部分を一時的に有料駐車場(の駐車場)として暫定活用し、既存建物の解体工事が進められた。 2012年にイオンモールは営業本部組織下に「岡山推進事業部」を新設し、具体的な施設整備の検討に入った。 に本体工事に着手し、に起工式が開催され、同時に施設概要が発表された。 には、国土交通省から「認定民間都市再生事業」として認定を受けた。 イオンモール岡山の敷地をめぐっては、かねてよりJR岡山駅周辺へのコンベンション施設の誘致を目指していた岡山市がイオンモールに対し敷地の一部の購入や施設の一部への3000人規模のコンベンション施設や観光バスの発着拠点の整備を打診する などの動きを見せた。 これに対しイオンモールは、2012年に岡山市に対し商業施設の面積が縮小することを理由に要請を拒否する旨を文書で回答し、代わりに500席程度のホールを整備することを表明した。 2014年に、キーテナントとして1階に(タカシマヤ フードメゾン) 、4階にの出店が発表された。 2014年には開業日を2014年12月5日に正式決定したことを発表した。 同年11月29日から6日間のソフトオープン(プレオープン)を経て、12月5日午前9時30分にグランドオープンした。 年表 [ ]• (23年) - 林原が岡山市藤野町(現:岡山市北区天瀬南町)から移転し、当地に本社工場を置く。 (平成23年)• - 林原が会社更生法の適用を申請し、事実上の経営破綻。 - JR岡山駅南の林原所有地の入札が実施され、イオンモールが約200億円で落札。 - 岡山市長が岡山市役所を訪問したイオンモール社長にコンベンション施設の整備への協力を要請。 - 林原が本社を移転。 - 林原モータープールが閉鎖。 (平成24年)• - 林原の会社更生計画案の決定を受け、イオンモールが土地を正式に取得。 - イオンモール社内に「岡山推進事業部」が設置。 12月26日 - イオンモールが岡山市のコンベンション施設整備の要請に応じられない旨を文書で回答。 (平成25年)• - イオンモール岡山の本体工事着工。 - 起工式を開催。 施設概要が発表される。 - 国土交通省から民間都市再生事業に指定。 - に基づく届け出を岡山市に提出。 (平成26年)• - ソフトオープン(プレオープン)。 - グランドオープン。 主なテナント [ ] おかやま未来ホール 情報 正式名称 おかやま未来ホール 完成 開館 開館公演 竹久夢二生誕130年『日本の美を愛でる』 客席数 609席 用途 多目的ホール 運営 所在地 〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井一丁目2番1号 イオンモール岡山5階 アクセス 外部リンク イオンシネマ岡山 AEON CINEMA OKAYAMA 情報 正式名称 イオンシネマ岡山 完成 開館 開館公演 『』(監督)他 客席数 (11スクリーン合計)1,973席 設備 ()、、ULTRA グランシアター 用途 映画上映() 運営 所在地 〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井一丁目2番1号 イオンモール岡山5階 アクセス 外部リンク• 地下 - haremachi GATE(・岡山駅につながる、岡山駅南地下道に直結する地下入口で地下2階にある)、、販売所、、 、駐輪場、駐車場• 1階 - 未来スクエア(中央吹抜アトリウム):岡山店 、イオンスタイル岡山、アーバンリサーチ、、haremach Studio(haremachTVのオープンスタジオ及び送出・配信マスター)• 2階 - 未来スクエア:イオンスタイル岡山、、、等• 3階 - 未来スクエア:イオンスタイル岡山、カジュアルファッション、ガールズファッション、雑貨• 4階 - 未来スクエア:イオンスタイル岡山、岡山店 、、フードコート haremachi Kitchen• 5階 - haremachi Garden:おかやま未来ホール(約600席収容可能な多目的ホール)、テレビスタジオ(OHKまちなかスタジオ ミルン) 、、、、駐車場• 8階 - 駐車場 アクセス [ ]• (JR西日本) 岡山駅から南へ徒歩10分。 岡山駅地下改札口(在来線専用)から岡山一番街を経由し岡山駅南地下道で地下2階のharemachi roadに直結している。 新幹線の場合は新幹線専用改札口を出て左側突き当たりのエレベーターで岡山一番街まで行くと便利で良い。 ・「」から徒歩10分。 (周辺の歩道にある地下の岡山一番街に行く階段利用が良い)• 、、「イオンモール岡山前・前 」市内循環バス「イオンモール岡山前 」下車。 市役所方面乗り場と店内の連絡には、2階につながる陸橋がある。 地下通路を使用すれば、イオンモール岡山から岡山駅南地下道を通り岡山一番街に出て、岡山一番街からICOTNICOTの連絡通路を通り、前バス停付近に出られる階段まで雨の日でも濡れずに行くことができる。 もちろん、ICOTNICOT地下の岡山駅前店の店内を経由すれば、岡山駅前商店街側の出入り口階段にも行ける 周辺 [ ]• 市役所筋(市道南方柳町線)• (JR西日本)• - 岡山駅前店• (旧ドレミの街)• 地域への影響 [ ] 周辺商業地への影響 [ ] 岡山市の中心部は、JR岡山駅やなど大規模商業施設が立地する「岡山駅前地区」とその1kmほど東に位置し、城下町の形成以来の歴史をもち、地元百貨店・を中心とする「」の2つに商業地区が分かれている。 イオンモール岡山の建設地は「岡山駅前地区」に位置し、JR岡山駅周辺の既存商業施設面積の合計を上回る規模の店舗であることから、「表町地区」の商業関係者には危機感が広がっている。 また、イオンモール岡山の開業に伴いの既存の大型商業施設との競合が懸念されている。 イオンモール岡山の500mほど南には、岡山店・岡山の複合施設「ジョイフルタウン岡山」(開業)があり、20kmほど西に位置する内には、跡地に開業した、(2011年開業)が存在していることから、地方都市におけるイオングループとの流通二大大手企業の対決として注目が集まっていた が、イオンモール岡山に客を奪われて売り上げが落ち込んだ結果、不採算店舗の閉鎖の対象となり、イトーヨーカドー岡山店は2017年2月28日限りで閉店、アリオ倉敷も核テナントの食品館イトーヨーカドー倉敷店が2016年8月31日をもって退店した。 ジョイポリス岡山も2018年9月2日をもって閉店している。 加えて、倉敷市内には同じイオンモール運営の(開業)が既に存在している。 これに対して、イオンモールの岡崎双一社長は「岡山は都市規模から見て施設がまだ少ない。 当社が岡山駅南と倉敷に2つの大型SCを置いても十分余地はある」と記者会見で発言し、競合しないようイオンモール岡山を都市型で全年齢層向けの商業施設とする方針を示した。 周辺交通への影響 [ ] イオンモール岡山は、JR岡山駅から南へ約300mの中心市街地に立地することから、市内中心部の交通の悪化が指摘された。 2013年に開催された、に基づく住民向け説明会では、地元住民から周辺道路の交通渋滞を懸念する声が相次いだ。 イオンモールは、渋滞対策について岡山市と協議を行い、2014年に下記の4つの工事を、イオンモールの全額費用負担により実施することが、岡山市から発表された。 店舗地下2階と既存の岡山駅南地下道との接続• 店舗東側の市役所筋にイオンモール岡山と岡山ビブレを結ぶ歩道橋の新設• 市役所筋の下石井一丁目交差点から幸町交差点の間の中央分離帯を撤去・右折レーンの新設• 店舗南側のけやき通りの拡幅 さらにイオンモール側は、開業時の交通対策としてバスや電車など公共交通機関での来店客向けのインセンティブ(特典)制度の導入、ソフトオープン期間の設定、最大3000台の臨時駐車場の整備などを発表した。 しかし、イオンモール岡山が開業すると、下石井一丁目交差点の下石井岩井線へ行く左折がボトルネックとなり渋滞したため、岡山市は渋滞対策として、7,000万円をかけて2018年1月から3月まで、左折専用レーンの25メートル設置や横断歩道の移設や左折矢印信号の設置工事を実施した。 この他、岡山市の市長が2013年11月の定例市議会でイオンモールの開業により表町地区への回遊性向上が喫緊の課題となっているとして、JR岡山駅東口広場へのの延伸の検討を表明し、2014年1月にはJR西日本と協議を行うなど岡山市中心部の交通体系の整備が急がれている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 現在の中四国最大のイオンモールは2016年11月に増床された広島県にあるイオンモール広島府中である• OHKが運営協力。 ガソリンスタンドだったものが閉店し、レンタカー店になった。 両店とも地下2階が入口と注文レジ・厨房などで、地下2階の残りと地下1階が客席になっている。 こちらは2021年7月にイトーヨーカドー岡山店跡地へ移転予定。 そのため、市役所方面乗り場のバス停名称が、岡電バス・両備バス・下電バス・のみ源吉兆庵本社前・イオンモール岡山前で、岡山駅方面のバス停と施設名が逆転している。 ちなみに、岡電バス車内の次バス停告知放送では源吉兆庵のことを、季節の果実菓子源吉兆庵と言っている。 出典 [ ]• [ ]• PDF プレスリリース , 岡山放送, 2013年11月13日 , 2017年9月12日閲覧。 山陽新聞. 2013年4月23日. [ ]• 山陽新聞. 2013年11月30日. [ ]• 流通ビジネス. 2019年6月26日. 山陽新聞. 2002年11月27日朝刊• 山陽新聞. 2002年11月27日朝刊 [ ]• ネットアイビーニュース. 2011年2月1日. [ ]• 日本経済新聞. 2011年9月21日. 国土交通省 2013年5月24日• 日本経済新聞. 2011年10月26日. 岡山市• 西日本放送. 2012年12月26日. PDF プレスリリース , 髙島屋, 2014年11月5日 , 2017年9月12日閲覧。 イオンモール. 2014年2月25日. 2017年9月12日閲覧。 岡山市 2013年11月7日• NHK岡山放送局. 2013年5月1日. [ ]• ダイヤモンドオンライン. 2011年10月6日. 山陽新聞 2016年7月20日• 山陽新聞. 2018年8月2日22時38分更新. 2018年8月4日閲覧。 山陽新聞. 2013年4月24日. [ ]• 山陽新聞. 2013年12月17日. [ ]• 岡山市• 山陽新聞. 2014年1月21日. [ ] 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 のショッピングセンター• 岡山本店• のショッピングセンター• 外部リンク [ ]•

次の

岡山の上映スケジュール:イオンシネマ

岡山 イオン シネマ

新型コロナウイルス感染症拡大予防策について、イオンシネマでは以下のお願いと対応を行っております。 お客さまが安心して映画をご鑑賞いただけるよう、あらゆる観点から感染拡大リスクの低減に努めてまいります。 ご飲食時を除き、ご鑑賞時もマスク等の着用にご協力ください。 ・発熱や咳などの症状がある場合や、過去2週間以内に感染拡大が続いている国や地域へ訪問歴がある等、健康に不安のあるお客さまはご来場をお控えください。 ・現金授受の無いオンライン購入(e席リザーブ)や、キャッシュレス決済にご協力ください。 体温が37. 5度以上のお客さまは、ご入場をご遠慮いただく場合がございますので予めご了承ください。 ・体調の優れないお客さまは、スタッフまでお声掛けください。 ・劇場入口等に消毒液を設置しておりますのでご利用ください。 ・券売機等に整列される際は、足元の目印に沿ってお並びください。 ・入退場時は、周囲の方と間隔を空けてお進みください。 ・対面での飲食や、ご鑑賞中の会話はお控えください。 ・感染された方と同一劇場・同一日時にご鑑賞をされたことを報道等でお知りになった場合は、お近くの保健所までご連絡をお願いいたします。 ・座席・肘掛け等はアルコール消毒を行っております。 ・常時空調設備を稼働させ、適切に空調換気を行っております。 ・ロビーのテーブルやソファは数を少なくして設置しております。 ・レジに飛沫防止シートを設置しております。 ・券売機・レジ・トイレは間隔を空けてご利用いただいております。 ・金銭の受け渡しは、釣銭トレイを使用させていただきます。 ・飲食売店でポップコーンをご購入の際は、使い捨て手袋をお渡ししております。 またドリンクをご購入のお客さまには個包装ストローをお渡ししております。 ・チケットのご呈示のみでご入場いただけます。 ・ブランケットの貸出サービス、トイレ内ジェットタオルのご利用を休止しております。 ・退場の際のゴミ捨て用に専用テーブルを設置しております。 ・エスカレーターご利用の際は、出来るだけ他のお客様との間隔をお取り下さい。 ・エレベーターは、一度にご利用頂ける人数の制限、またはハンディキャップの方のみのご利用とさせて頂く 場合がございます。 ・従業員の体調管理・衛生管理を強化すると共に、フェイスシールド、マスクの着用を行っております。 ・事前チケット販売一時中止について 当日券の販売はご鑑賞当日のみとさせていただきます。 インターネット e席リザーブ はご鑑賞当日の0:15から、劇場ではご鑑賞当日の営業開始時より当日券を販売します。 ・休校期間中の小中高生さまのご利用について 各自治体の判断で休校の措置が取られていることに鑑み、休校期間中の小中高生のお客さまのご鑑賞につきましてはご遠慮いただく場合がございます。 政府、自治体の見解および感染状況により、対策内容は変更させていただく場合がございます。 予めご了承いただきますようお願い致します。

次の