第五人格 地下吊り。 【第五人格】チャットは民度が低い? 初めて悪口を書かれた話+おまけ

第五人格 開幕で「行って!私は地下に行く!」って言う人何が目的なの?

第五人格 地下吊り

ご無沙汰しております。 最近2周年を迎えた大人気スマホゲーム第五人格。 マンモス直前のスクリーンショット。 完全野良です。 上手い人と固定パーティが組める人や、殿堂級にいる方にとっては参考にならないかと思います。 ご注意ください。 鹿帯は負けてもそれほどポイントが減らず、勝てばたくさんのポイントがもらえます。 固定パーティ、ボイスチャットを利用すれば立ち回りが楽になりますが、そもそも勝率が高くないと組んでくれる人が見つからなかったり、仲間に迷惑をかけるのが怖かったりとなかなか難しいものです。 チェイスを上手になる!! のは大前提なのですが、このゲームは 立ち回り次第でファースト即死でも引き分けを取れたりとなかなか奥が深いゲームです。 即死でも引き分けを取りに行きましょう。 このゲーム、 パーティ編成の管理はかなり重要です。 編成次第で勝率も大きく変わってくると個人的には思っています。 特に 傭兵と占い師は野良鹿帯では必須級です。 もちろん、自分の好きなキャラでいいプレーをして勝つのが一番楽しいです。 ただ、安定して勝つのであれば、 好きなキャラを使うのは1試合で2人まで、残りの2人は占い師、傭兵を使いましょう。 これをやらない人が野良では結構多くて、比較的簡単な 呪術師、調香師、空軍、囚人あたりをピックする人が多いイメージです。 上位で占い師、傭兵がBANされるのは、この2キャラがゲームメイクに大きく関わってくるため。 それ位に強いキャラなので、どちらも自分で使えるようにしておきましょう。 以下解説です。 ・傭兵 傭兵の大きな特徴は3つ。 ダメージの反映が遅いこと。 そして、肘当てでチェイスしやすいこと、イス耐久が長いことです。 人格は36。 その特徴からファーストチェイスになることはほとんど無く、主な役割は救助になります。 まず、ゲーム開始直後。 どの場所でも救助に行けるようマップ中央付近の解読器を触ることが多いです。 初手で見つかった場合、ハンターはほぼ間違いなく他の人にターゲット変更するのでお散歩の時間を稼ぐことが出来ます。 これも非常に強い点で、特に広いマップだとお散歩は大きな意味を持ちます。 ただ、芸者やピエロだとそのまま攻撃に来ることもあるので注意が必要です。 1撃もらってしまうと後がちょっとキツくなります。 そして、ゲーム中盤の救助。 この救助の出来次第で勝敗にも関わってくるため、低ランク帯では誰もやりたがらないのですが、だからこそ重要なのです。 救助に関しては練習あるのみです。 どの試合でも必ず1度は救助の機会があるのでマルチ戦などで練習しておきましょう。 特に レオ、ボンボン、バルク、剣道ピエロ、アンなど救助狩りが強いハンターにおいても傭兵が要れば救助の成功率が高くなります。 注意したいのはダブルダウン DD に気をつけること。 1度救助した後は解読に回ることが多いのですが、DDしてしまうと傭兵は起き上がりが遅く、治療を挟むと解読がその分遅くなってしまいます。 上手いハンターはDDを狙いに来るので、救助後は肘当てできちんと距離を取るのが理想です。 鹿帯では存在感の貯まった相手に セカンドチェイスが伸びることはあまりないので、肉壁は要らないかなと思います。 調香師、囚人、空軍あたりだとセカンドチェイスはキツいのでそのまま離れて暗号記を回しましょう。 さらに傭兵が輝くのは通電後。 ジョゼフ以外 ラストチェイスになればハッチ逃げの可能性も十分狙えますし、1発肉壁して仲間をゲートから逃がすことも出来ます。 さらに、ゲートを開けている最中にハンターが瞬間移動で飛んできても肘当てで距離を取ることが出来ます。 3人通電からも勝ちが狙える傭兵の存在は、通電後も輝きます。 能力値が高い万能キャラで、主な役割はゲーム盤面のサポート、チェイス、解読になります。 個人的に人格は39、理由は後述します。 まず、 占い師の強い点は初手、ハンターの位置が見えます。 ハンターはどこに居てどこに向かっていくのかが分かるためチェイスを避けやすいです。 チャットは人によって異なることがあるので対戦前に決めておくと良いです。 占い師の大きな特徴は、どんな攻撃も防ぐフクロウを1度だけ使えること。 チェイス中に貯められれば尚良いですが この使い道次第でゲームを有利に持って行けるので、使い道はいくつかあり、使い分けが重要です。 1つめはファーストチェイスにつける使い道。 チェイスが伸びそうなサバイバーや香水を使った後の調香師、酒を飲んだバーメイドなどに付けられるのが理想です。 フクロウを付けるかの判断は難しいですが、 チェイスが上手そうだと思える仲間なら付けて良いと思います。 具体的には60秒チェイスが持ちそうな人、強いポジションにいる人などです。 逆に、フクロウを付けたのにすぐやられてしまうともったいないので、即死しそうな場合は後に取っておくのも重要です。 2つめは救助で使う使い道。 占い師は基本39人格で、 救助には あまり行かなくて良いように思います。 もちろん他の救助職の人がイスから遠ければ行くこともありますが、基本は解読とフクロウサポートです。 理由は解読が早いため。 傭兵、空軍、祭祀などよりも占い師が暗号記を回した方が早いので、救助はまかせましょう。 救助においてフクロウの使い道は2つ。 救助する側に付けるか、救助された側に付けるかです。 この判断は非常に難しいです。 救助する側に付ける場合、確実な救助、そしてDD回避が期待できます。 救助狩りが強いハンターや、救助者が霧刃、蜘蛛糸を食らってしまった時などに付けるとDD回避の確率が高まります。 救助された側に付ける場合、セカンドチェイスが少し長くなることが期待できます。 フクロウの間に強いポジションに逃げられたり、チェイスが伸びたりすることが期待できます。 鹿帯ではセカンドチェイスが伸びる人は少ないので、ファーストチェイスでチェイスが長く持っていた人や、探鉱者、呪術師などセカンドチェイスが強いキャラなどに付けてあげるのが理想です。 ラストチェイスになり、ハッチを探しながらチェイスする際や、ゲートを開けている際に瞬間移動でハンターが飛んできた時など、フクロウを使用して通電後の動きを有利に出来ます。 ハッチ逃げの確率も高まるので通電後にフクロウが残っている状況も強いです。 傭兵と占い師はこれだけ強いキャラなので、できればパーティにどちらも入れたいところですが、鹿帯野良の方はなかなかピックしてくれません。 だいたい 呪術師、調香師、空軍、囚人、祭祀あたりが選ばれます。 なので自分は傭兵か占い師どちらかを使うようにしましょう。 基準は他の救助職の数で、他に オフェンス、空軍、墓守、祭祀、野人、カウボーイなどが2人いれば占い師、救助職が足りなければ傭兵を選んでいます。 それほどに鹿帯では重要です。 まず開幕チャットで地下室がどちら側にあるのかを優先して確認しましょう。 地下室がある付近は強いポジションであることも多いのですが、 病院中央、軍需工場やレオの思い出の工場、湖景村大船など 地下室がある場合なるべく避けましょう。 チェイスは可能ですが、1発もらったら離れましょう。 地下吊りは救助職にとって大きな負担となり、ほぼ確実にDDになります。 それどころかハンターがボンボン、タコ、蜘蛛などの場合救助すら難しくなります。 祭祀が居ると多少負担は減りますが、避けられるなら地下付近は避けましょう。 運良く救助されたとして、 まず地下室からは絶対に離れましょう。 2度目の地下はほぼ見捨てになります。 ハンターも見捨て読みで負荷をかけに来るので、3人通電も怪しくなってしまいます。 地下吊りはフクロウの消費、傭兵のDDなどゲーム後半残ったサバイバーにも大きな負担を残します。 逆に言えば地下でなければ即死でも立ち回り次第で引き分けに持って行く余裕はあるので意識してみましょう。 ありがとうチャットは絶対ダメ 4人で戦うゲームなので、連携もとっても大事。 ですが、 ゲーム中1度もチャットを打たず、どこで何をしているのか全く分からない人がいるのが鹿帯。 どこの暗号器が進んでいるのか、誰がハンターに追われているのか、地下室はどっちなのか、とにかくどれだけ情報を共有出来るかが重要です。 何処の暗号機が進んでいるのかが分かれば後半暗号機が固まるのを防げますし、引き継ぎも容易です。 チェイスしている場所が分かれば傭兵は救助に行きやすくなります。 地下室の場所共有も上で述べたとおり重要です。 チャットを打たないというメリットがまず無いので何かしら打ち続けましょう。 そして忘れがちなのがイスに吊られている人。 ハンターがキャンプしている場合は近くに居るを打ちましょう。 チェイス中にチャットを打つのは最初のうちは大変ですが、ハンターの場所が分かるのはとても大事です。 練習しながら慣れていきましょう。 すみません、ちょっと重いなどのチャットは使わない気がします。 そして、問題なのがありがとうチャット。 このゲームにおいて ありがとうは感謝の意味合いで使われることは少なく、味方の失敗に対して煽る意味合いで使われます。 など、このチャットを打つ方は人の失敗を馬鹿にして気持ちが良いのかも知れませんが、 打たれた方はやる気をなくします。 鹿帯で打つ人はたまに見かける程度ですが、このチャットを入れるくらいなら他のチャットを入れましょう。 ありがとうを打たれた側はさらに緊張してミスしやすくなりますし、余計にゲーム状況を悪化させます。 失敗は誰にでもあるものなので、そのミスをカバーしつつ引き分け、勝ちに持って行くのが真の上手さなのではないでしょうか。 勝てばうれしいですし、負けたらハンターさんの上手さを素直に褒めましょう。 どうしても勝てないときはありますし、失敗もあります。 鹿帯の最大の利点はゲームを楽しむ人が多いことだと思います。 上位に行くほど勝ちにこだわり、熱くなるが故に暴言や煽りが生まれます。 この点、鹿帯は適度にランク戦を楽しむライト層が多く、暴言を吐く人は少ない印象です。 単純にゲームを楽しみたいので自分はいつもマンモスに上がったらランク戦を辞めています。 マンモス以降はさらに上手いハンターが増えるので、素直に固定パーティをおすすめします。 チェイスの上達や見捨ての状況判断には上手い人の動画を見るのもおすすめです。 ゲームを楽しみながら野良鹿帯をがんばりましょう。 博士課程学生で材料化学の研究をしています。 東京大学在学時にサルの研究で2ヶ月コスタリカに滞在し、海外の魅力に目覚めました。 世界遺産検定1級1発合格。 英語とドイツ語を少々。 これまでに訪れた国は15ヶ国。 訪問した世界遺産は137カ所。 世界の世界遺産1121件すべてを訪問するため、ブログで世界遺産情報をどんどん発信しています。。 【更新情報】 5月10日プロフィール記事を大幅に更新しました。 4月1日~モロッコ・スペイン・ポルトガル旅行記を週3で連載中 5月4日より再開 今年も各国の辺境にある世界遺産をたくさん訪問していきます。 当面の目標は300件! 訪問済みの世界遺産のリストはこちら プライバシーポリシーはこちらから 世界遺産1121件すべての情報が網羅された世界遺産大辞典が改訂されました。

次の

【第五人格】地雷と言われる行動!鹿とマンモスの闇【IdentityⅤ】

第五人格 地下吊り

地下救助とは 名前の通り、地下の救助。 フィールドには建物の下に地下がある。 (2つの建物の内必ずどっちかにある) 地下救助は試合展開が大きく変わる程強い場所だ。 地下救助のきつい所 救助狩りされやすい 地下に繋がる通路は1か所しか無く、ほとんどが地下に行くまでにサバイバーを発見することが出来る。 上で1撃もらって椅子まで間に合わずもう一撃くらう場合も多い。 落下攻撃+通常攻撃 攻撃しながら地下の階段へ落下することで、攻撃した時の硬直が無くなる。 それによりすぐに攻撃することができる。 救助狩りされやすい理由の1つでもある。 というか正直これが脅威。 DD(ダブルダウン)を取られやすい 救助においてサバイバーが絶対にしたくないのが救助狩り。 に次いでDD(ダブルダウン)である。 ダブルダウンすると解読効率が一気に下がり、負けやすくなる。 地上で救助しに来たサバイバーに1撃与え、地上で待ち、救助したサバイバー&救助されたサバイバーを 落下攻撃+通常攻撃でダブルダウンを狙うハンターが多い。 即救助とは言っても、すぐに椅子に行くだけですぐに救助しなきゃいけないわけではない。 そこからできるだけ負傷せずに粘り救助できるのが理想。 即救助になってもDDするよりはマシ。 ただ、近くに救助者がいないと間に合わない。 地下に残る これは傭兵が特にやりやすいのだが、救助した後に救助した人が地下の奥にとどまることでダブルダウンを取りにくくなる。 地下にこもっているサバイバーを叩くと地上に逃げて行ったサバイバーを見失いやすく、トンネル回避ができる。 傭兵だったら一撃もらっても15秒間ダウンしないので、その間に地下から離れることで地下吊りを避けることができる。 (そのほかのサバイバーだと再び地下吊りされてしまうので、トンネル回避できれば勝てる状況以外はやめておこう。 ) もし下にいる自分を攻撃しに来たら・・・ 傭兵以外は無理だが、傭兵だったら一度攻撃をくらってから15秒間動けるので その間にアイテム「肘当て」を使い離れることで地下吊りを回避することができる。 もしこの方法をやってみて狙われたらやってみよう。 まとめ 以上が地下救助の考えです。 あくまでDD(ダブルダウン)しないのが良いという考えです。

次の

【第五人格】開幕即死で地下吊りされました。むしろ見捨ててください。(でも勝てます)

第五人格 地下吊り

壁1枚でしか仕切られていない強ポジだと、霧の刃が壁から飛んでくる事もあるため注意が必要となる。 リッパーの対策法 スキル開放をなるべく遅らせる 最初にリッパーに見つかった人は、 板や窓枠を駆使してなるべく攻撃を受けないようにする。 リッパーはスキルを開放しないと透明化できないため、早めに逃げるなどしてなるべく長い時間逃げ続けよう。 壁越し攻撃は常に警戒する リッパーは壁越しに霧の刃を飛ばせるため、強ポジで逃げているからと言って安心はできない。 逃走ルートを予測されないよう、 なるべく視界外に逃げるなどして霧の刃に当たらないようにしたい。 霧の刃は1回避けたらしばらく安心 リッパーの霧の刃は、20秒に1回しか使用できない。 1度避ければ20秒間は霧刃による攻撃を気にせず逃げ回れるため、その間にさらに安全な場所まで避難したい。 攻撃を受けそうなら近づく どうも逃げ切れそうにない場合、リッパーに密着して霧の刃による攻撃を阻止しよう。 通常攻撃であればリッパーに攻撃後の硬直時間が発生するため、逃げ切れる可能性が高まりやすい。 救助時は霧の刃に注意 リッパーのキャンプから救助する際、 霧の刃を受けてしまうと救助が間に合わなくなることが多い。 フェイントをかけるなどして、なるべく霧の刃を無駄撃ちさせるようにしたい。 霧の刃による攻防戦で救助のタイミングが遅れやすいため、注意しておきたい。 マジシャンの救助は無理をしないこと 救助するサバイバーがマジシャンの場合、状況によっては見捨てた方が良いこともある。 霧の刃を受けてから救助に取り掛かっても間に合わないため、返り討ちにあいやすい。 アイデンティティ5他の攻略記事 第五人格の人気記事.

次の