高温期11日目 フライング ドゥーテスト。 高温期11日目で陰性でも結果は正確ではない!原因や陽性になる可能性なども解説

高温期11日目で陰性でも結果は正確ではない!原因や陽性になる可能性なども解説

高温期11日目 フライング ドゥーテスト

本記事は妊娠が発覚した周期の妊娠検査薬フライング結果まとめです。 妊娠検査薬の写真の掲載はございません。 基礎体温の推移 基礎体温は、高温期の範囲内の体温をジグザグと推移しています。 妊娠検査薬フライング結果 実はすでに3回フライングで検査してしまっています。 笑 最初に行ったのが、前回の記事(【12周期目D24】高温期10日目。 高温期に薬を服用するか迷った話)を書いたあとです。 結果を見たところで薬を服用するかどうかの判断は私の中で変わらなかったですが、気になって仕方がなくなってしまい、生理日1週間後から分かるというドゥーテストの妊娠検査薬でチェックしました。 生理日から検査できるチェックワンファストをその日に買ったばかりでしたが、チェックワンファストを使うのはやめました。 笑 1本で900円ちょっとかかり、店頭でしか買えないチェックワンファストより、Amazonで安い時は2本で600円ちょっとで買えるドゥーテストの方が試しやすかったためです。 生理日4日前にフライングしました。 2回目は、高温期13日目、生理日1日前にチェックワンファストを試しました。 あと1日待てば生理予定日だったので、これまたフライングです。 ちなみに、生理予定日はルナルナが提示してくれるのを参考にしています。 最近の私は平均27日周期です。 3回目は、今日の朝。 ドゥーテストで行いました。 生理日翌日にフライングです。 実際の結果ですが、• 生理日予定日4日前(ドゥーテスト):とても薄い陽性• 生理日予定日前日(チェックワンファスト):陽性(終了窓の線より少し薄いくらいの濃さ)• 生理日翌日(ドゥーテスト):陽性(確認線より少し薄いくらいの濃さ) 今までも何度かフライング検査した時があったのですが、陽性になったことなんて1度もありませんでした。 陰性しか示さない妊娠検査薬を見て「不良品なんじゃないか」と疑ってみたり、「陰性しか示さないクリアブルーは不吉だ。 これからはドゥーテストにしよう」とよく分からない理由で妊娠検査薬の種類を変えてみたりしたこともありました。 (最初は家の近くの薬局で売っているクリアブルーを使っていましたが、途中からドゥーテストに切り替えました) 一番最初のフライングで薄い陽性反応を見た時はとっても嬉しかったんです。 仮に化学流産になったとしても、受精までは上手くいったということになります。 今までは妊娠検査薬が反応したことはなかったので、一歩進めた気になりました。 ただ、私は欲深い人間のようで、時間が経てば経つほど、今まではそこまで望んでいなかったにも関わらず、更なる欲が生まれてきました。 「初めて陽性になったんだから、妊娠していてほしい。 でも、うまく進んでいけるのだろうか…?」と、少しずつ不安な気持ちが大きくなっていきます。 「フライング検査をすると、化学流産を知ることにもなるし、病院に行くまでの期間が長く不安になるからやめたほうがいい」というような文章を過去に読んだことがあるのですが、「今のこの感情のことをいうのか」と少し学びました。 たとえいま「おめでとう」という言葉をもらったとしても、今後も持続するのだろうかという不安の気持ちの方が大きく、あまり嬉しい気持ちにはなれないんです。 私のわがままなのでしょうか。 今は「信じて待つ」ということを学ぶ機会なのかなぁ、とぼんやり考えながら過ごす日々です。 信じたからと言って、自分の望んだ結果になるとは限りません。 裏切られることもあるでしょう。 しかし、親になるからにはある程度「子どもを信じて待つ」という姿勢がきっと求められる時が来るんでしょうね。 じっと待つことのできない弱い私は、訓練しておく必要がありそうです。 今回の陽性反応は、卵管造影法と病院の先生の(ざっくりとした)タイミング指導のおかげかな、と勝手に思っています。 このブログは心拍確認までできたら終わりです。 (その後、別ブログに移動します) 2018. 16 結衣子.

次の

高温期11日目で陰性でも結果は正確ではない!原因や陽性になる可能性なども解説

高温期11日目 フライング ドゥーテスト

Contents• 早期妊娠検査薬が陽性になるまで それでは、高温期7日目からフライング検査をして、早期妊娠検査薬が陽性になるまでの様子をまとめていきますね。 高温期7日目 高温期7日目はさすがに真っ白です。 こんなに早くから早期妊娠検査薬でフライング検査をする人はなかなか居てないですよね。 汗 高温期8日目 高温期8日目の早期妊娠検査薬です。 画像だと分からないのですが、青色矢印のところに判定ラインとは言えないぼやっとした反応がありました。 「蒸発線」と呼ばれるものだったのかも知れません。 高温期9日目 高温期9日目の早期妊娠検査薬です。 うーん。 画像ではかなり分かりにくと思いますが、うっすらと判定ラインがあるのが分かります。 高温期7日目・8日目とは明らかに違う反応でした。 この結果から 最短で陽性反応が確認出来るのは高温期9日目ということになると思います。 高温期10日目 高温期10日目の早期妊娠検査薬です。 実物の方がもう少し濃い反応なのですが、画像でもギリギリ判定ラインを確認していただけるかなと思います。 高温期11日目 高温期11日目の早期妊娠検査薬です。 これくらいの濃さになれば画像でもしっかりと判定ラインを確認していただけると思います。 高温期12日目 高温期12日目の早期妊娠検査薬です。 判定ラインがだいぶ濃くなってきました。 hcgホルモンの分泌が順調に進んでいるのでしょうか。 高温期13日目 高温期13日目の早期妊娠検査薬です。 判定ラインが一気に濃くなりました。 誰が見ても【陽性】と分かるレベルだと思います。 高温期14日目 高温期14日目の早期妊娠検査薬です。 高温期14日目は生理予定日ですね。 本来はこの日から検査するのが早期妊娠検査薬の正しい使い方です。 終了ラインに比べるとまだ少し薄いですが、くっきりと判定ラインが現れてくれました。 高温期7日目から14日目までの比較 陰性から陽性に変わっていく様子がよく分かっていただけると思います。 高温期7日目の赤ちゃんの様子 では、私が待ちきれなくてフライングしてしまった【高温期7日目】 妊娠している場合、お腹の中の赤ちゃんはどれくらいに成長しているのでしょうか。 受精卵が着床して妊娠が成立 女性のお腹の中。 子宮から伸びる「卵管膨大部」で卵子と精子は排卵日に受精します。 そして、受精卵は分裂を繰り返しながら卵管を通って子宮の中に到着します。 子宮の中に到着した受精卵は子宮内膜に【着床】します。 着床することで妊娠が成立。 ここまでに約1週間かかると言われています。 なんと 高温期7日目の赤ちゃんは、まだ受精卵。 ようやく妊娠が成立したところでした。 ちなみに、 hcgホルモンは妊娠が成立してから約48時間後から分泌が始まると言われています。 妊娠検査薬の判定ラインはhcgホルモンに反応するので、やはり、いくら早くても早期妊娠検査薬が反応するのは高温期9日目といえますね。 朝一番の尿で検査すること 妊娠検査薬は朝一番の尿で検査するのが良いと言われています。 それは朝一番の尿が1番濃いからです。 尿が濃いということはhcgホルモンの濃度も濃くなります。 なので、妊娠検査薬の反応が1番分かりやすいと言われています。 検査は1日1回にすること 妊娠しているかどうか気になると1日に何回も検査したくなりますね。 でも、そこは我慢して「1日1回」「朝一番の尿」だけで検査しました。 フライング検査をした理由にも書きましたが、判定ラインが日に日に濃くなっていく様子を確認したかったからです。 判定ラインが濃くなっていく様子を比べるためには 検査する時の条件を揃える必要があります。 1日に何回も検査したり、検査する時間帯をバラバラにしたり検査する時の条件が揃っていないものを比べてもあまり意味がありません。 妊娠検査薬の種類を統一すること また、日によって違う種類の妊娠検査薬を使って比べるのもNGです。 妊娠検査薬の種類によって、判定ラインの濃さや現れ方に違いがあるからです。 精度が高い妊娠検査薬で検査して次の日に、精度の低い妊娠検査薬を使用してしまうと順調なのに判定ラインが薄くなって不安になってしまうかも知れません。 フライングにおすすめの妊娠検査薬 最後はフライング検査におすすめの妊娠検査薬をご紹介します。 海外製のWondfo 海外製のWondfoには第1子の時も第2子の時も大変お世話になりました。 私が海外製のWondfoをおすすめする理由は.

次の

フライング妊娠検査薬の画像!!高温期13日目、生理予定日1日前

高温期11日目 フライング ドゥーテスト

php on line 971 妊娠検査薬のフライング画像をまとめておきます。 体外受精なので、排卵日や着床日はかなり厳密にわかっています。 ただ、一回妊娠検査薬が真っ白になってしまったので、ちょっと特殊だと思います。 妊娠検査薬のフライング画像まとめ 検査を始めたのは高温期8日目です。 高温期8日目は、• 体外受精の4分割の新鮮胚を移植してから6日目• 生理予定日の6日前• 排卵日から8日後 です。 妊娠検査薬の画像はコチラ。 高温期8日目:真っ白。 生理予定日の6日前。 高温期9日目:真っ白。 高温期10日目:15分後くらいからうっすら線が出てきた…!!• 高温期11日目:前日より線が薄くなった。 高温期12日目:真っ白に。 1回目のhCG 着床すると分泌するホルモン の判定日で病院で測るとhCGが10くらいしかない…。 化学流産を覚悟。 (化学流産だと思って検査をやめる。 高温期17日目:2回目の妊娠判定日で、hCGが100くらいになってる。 終了線の半分くらいの薄さに。 高温期20日目:生理予定日の6日後。 終了線とほぼ同じくらいの濃さに。 高温期23日目:3回目の妊娠判定日。 hCGが1000を超える。 終了線より濃い。 高温期25日目:あいかわらず終了線より濃い。 <関連記事> 他の人のブログを見るともっと反応が早い人が多い 私の場合は、hCGが分泌され始めるのが遅く(着床が遅かった?)、妊娠検査薬で陽性がでるのが遅そうでした。 高温期10日目で反応がでるのはほぼ平均だと思いますが、高温期12日目で陰性の人はほとんど見かけませんでした。 妊娠した他の不妊治療の方のブログを見ると、高温期9日目から11日目の間にうっすら陽性が見えてきて、濃くなったり薄くなったりしながらも、徐々に濃くなっていっていました。 フライング検査をしている方は生理予定日の1週間前くらいからしてましたね。 まだ反応でないと思いつつ、真っ白だったとき結構ショックなんですよね…。 なので、待てるならせめて生理予定日まで待ってから検査したほうがいいかもしれません。 私の場合、高温期10日目(生理予定日の4日前)からうっすら陽性反応が出始めた• 終了判定の線と同じくらいの濃さになったのは生理予定日の6日後• 高温期23日目でhCGが1000を超え、明らかに終了線より陽性の線が濃くなった 参考になるとうれしいです。

次の