水曜日が消えた 小説 ネタバレ。 水曜日が消えた(映画)原作やパクリ疑惑あり?セブンシスターズとの違いは?

水曜日が消えた舞台挨拶と試写会情報!前売り券発売日や特典は?出演俳優は?

水曜日が消えた 小説 ネタバレ

中村倫也さん主演の映画の本ということで購入。 1人の身体に7人の人格を持ち、曜日ごとに人格が変わる青年の話。 「解離性同一性障害」 とても幼い時期に、惨い事故とか虐待をうけて、心が事実を受け入れ … られず、「これは自分の身に起きていることではない!」と強く思い込むことで、心が他の人格を作ってしまうことが原因か、とされる障害。 この青年も、小学生だった16年前の事故が原因だった。 その事故のことを少しずつ思い出していく時や、治療で、7人の人格を1人に統一させるという話が出てきた時の人格同士の葛藤。 読んでいて胸がつまり、苦しくなった。 7人とも、それぞれ16年 7日に1日だから、正確には、2年と3ヶ月ほど、という認識らしい 生きてきた記憶、実績、人脈を持っている。 大変な葛藤だ。 ラストはネタバレになりそうなので書かない。 コロナ禍の影響で、映画公開が延びて、ようやく公開されるみたい。 カメレオン俳優、中村倫也さんが、7人をどう演じるのか、物語がどう展開していくのか、映画も楽しみな作品です。 続きを読む.

次の

【水曜日が消えた】原作あらすじネタバレ。結末は病気の原因が判明!端野さんと一ノ瀬はどうなる?

水曜日が消えた 小説 ネタバレ

中村倫也主演の映画『水曜日が消えた』。 早くから注目されている作品なので、 映画を観たい!!という方も多いはず。 本記事では、 ・『水曜日が消えた』は怖いのか ・映画の感想、評判はいいのか 以上について ネタバレなしで記載していきます。 映画『水曜日が消えた』は怖いの?実際に観た感想 コロナの影響で延期になった中村倫也さん主演の『水曜日が消えた』。 ずっと楽しみにしていた作品だったのでようやくみられるとTOHOのauマンデーを利用してみてきました。 この作品、予告動画をみていると「怖いのかな」と思ってしまいがちですが、ホラー映画ではなく、なんともジャンル分けしにくい映画でした。 ミステリーなのかサスペンスなのか……ただ、 怖い描写は一切なかったのでホラーではないのは確かです。 出血するような描写もなければ誰かが残酷な死に方をすることもありません。 伏線が多く、一度の鑑賞だと拾いきれなかったりくみ取れないものが多かったのですが、最初から最後まで目が離せない物語展開で、新感覚の、とても面白い映画でした。 あまり書くとネタバレになるので映画の内容には触れられませんが、頭を使うような伏線が多いことに加えて主演の中村倫也さんの演技力が非常に高く、カメラの使い方も独特だったのでおそらく途中で飽きてしまう人は少ないのではないかと思います。 個人的に同日公開の映画『ドクタードリトル』の方が期待値が高かったのですが、本作の方が面白かったです。 ばっち akbysk1226 はいはい。 私1回目6割くらいしか解釈できてなかった。 原作読んでまた見に行こうっと😊 — まゆ waterlily020619 水曜日が消えた、思ってた話と違った。 普通である事がいかに自由なのか不自由なのか。 火曜日は平凡でいつも損な役回り。 とても良き。 無事に公開できて良かった。 久々に映画館で観た作品がこれで良かった。 何曜日の側に居たいかな。 ただただ中村倫也くんが可愛かった。 前者は1人の人間を7人でシェアする話で、後者は1人の人間を7人で作り上げた話でしょ。 新感覚の映画でした。 帰宅して浸りながらパンフレット読みます!!最高!!! — うつぼのかおがすき。 性格も個性も全く異なる7人は一つの体で不便を感じつつも平穏に過ごしていた。 それぞれの人格は曜日名で呼ばれており、他の曜日よりもおとなしい性格の火曜日は何かとそんな役回りである嫌なことを押し付けられることが多かった。 そしてある日、火曜日はいつもと同じように平凡な一日を終え、一週間後に目を覚ますため眠りについたが…… どういうわけか水曜日に目を覚ましてしまう。 消えた水曜日の代わりに火曜日は水曜を満喫するも、水曜日が消えたのには理由があって__。 キャストは誰? 配役についてまとめ 以下、主要キャストについて記載します! 7人の僕(月曜~日曜):中村倫也 一ノ瀬:石橋菜津美 新木:中島歩 高橋:休日課長 瑞野:深川麻衣 安藤:きたろう 豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですね! まとめ 以上が映画『水曜日が消えた』の感想や評判、口コミレビューについてまとめでした。 いかがだったでしょうか。 少しでも皆様のお役にたてたということであれば幸いです! 今ホットな俳優中村倫也さん主演の映画ともあってかなり注目されてる本作。 1人7役という例のない役を演じられているので、ぜひファンの方も、気になっている方も、映画を観てみてくださいね! ではでは、映画をみるよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ。

次の

水曜日が消えた(映画)のロケ地と公開日はいつ?キャストとネタバレ(あらすじ)は?

水曜日が消えた 小説 ネタバレ

CONTENTS• 映画『水曜日が消えた』の作品情報 C 2020「水曜日が消えた」製作委員会 【公開】 2020年(日本映画) 【脚本・監督】 吉野耕平 【キャスト】 中村倫也、石橋菜津美、中島歩、休日課長、深川麻衣、きたろう 【作品概要】 映画『水曜日が消えた』は、MVやCM、短編作などで注目される吉野耕平が監督を務めました。 『君の名は。 』にCGクリエイターとして参加し、「次世代の映像作家100人2019」に選ばれた吉野耕平の初長編作品。 曜日ごとに人格が替わる「僕」を4年ぶりの映画主演となる中村倫也が演じ、全ての秘密を知る元同級生に石橋菜津美、物語のカギを握る図書館司書に深川麻衣、そのほか、中島歩や「ゲスの極み乙女。 」の休日課長やきたろうらが脇を固めます。 映画『水曜日が消えた』のあらすじ C 2020「水曜日が消えた」製作委員会 「僕」は幼い頃に交通事故に遭い、それ以降曜日ごとに人格が入れ替わるようになりました。 7人の人格では曜日ごとの名前で呼ばれていました。 その中でも「火曜日」の僕は一番損な役回りで、奔放な性格だったり、マイペース過ぎる「他の曜日」の僕の後始末をして回る日々です。 趣味の読書も図書館が休館日なので利用することができません。 「他の曜日」が嫌がるので、定期通院も「火曜日」の仕事です。 よくも悪くも、曜日ごとに人格が入れ替わらない日々に変化はなく、担当医の安藤からも特段変わったことを言われるわけでもありません。 各曜日の僕は連絡事項を日記に付けていて、それを安藤に提出するのも「火曜日」の仕事です。 事故から16年が経っていますが、それが7等分されると2年4カ月でしかなく、「火曜日」にとってもそれだけの月日しか実感がありません。 そんな僕に唯一関わってくれるのは元同級生の一ノ瀬だけです。 一ノ瀬は毎日人格が変わる僕の事情を知った上でなお、友人関係を続けてくれる女性です。 ある日、「火曜日」が目覚めるとその日は水曜日でした。 「水曜日」が消えて「火曜日」の人格が日付をまたいで残っていたのです。 今までにない2日間の時間に、新鮮さと戸惑いを感じる「火曜日」の僕。 そしてついに、いつも休館で行けないままだった図書館に行くことができました。 どうやら別の曜日とは面識のある図書館司書の瑞野とも「火曜日」として親しくなり始めます。 僕は一ノ瀬にも事情を話したうえで、「水曜日」が消え、倍に増えた人生を何とかキープし続けようとします。 「火曜日」の中で何が起き始めていました……。 (以下、他作品のネタバレに触れている部分があります) 多重人格者というのは過去にも多くの映画に登場しています。 アルフレッドヒッチコックの『サイコ』(1960)から始まり、近年でも『ファイト・クラブ』(1999)『シャッター・アイランド』(2010)、そしてM・ナイトシャマラン監督の『スプリット』(2016)や『ミスター・ガラス』(2019)がありました。 映画『水曜日が消えた』では、このミステリー的な要素に加え、それ以上に「人の幸せとは何か?」と問いかけてきます。 病気として多重人格をみるなら治療には「人格の統一」を考えますが、 7人の「僕」がそれぞれの毎日を「僕」らしく生きている状況で、誰かひとりに統一するのは難しいことでしょう。 そんなことも考えて、最後に「僕」が下す決断もまた、幸せの在り方、何をもって幸せを感じるか、不便と不幸の違いについてなど、いろいろと考えさせられる結末になっています。 映画『水曜日が消えた』の主役は、突然人生に大きな変化が起きた青年。 人が成長するということを、風変わりなユーモアを交え、「多重人格」という新たな目線を加えて描き出しています。 まとめ C 2020「水曜日が消えた」製作委員会 映画『水曜日が消えた』は、曜日ごとに人格が入れ替わる青年の物語です。 この驚くような設定の映画に、中村倫也を主演に迎えたことは大きな成果といえます。 芸歴15年の中村倫也は2019年のドラマ『凪のお暇』(2019)の安良城ゴン役でブレイクし、ドラマ『美食探偵 明智五郎』では主演を務めています。 映画では若きバイプレーヤーとして活躍している中村倫也。 『屍人荘の殺人』(2019)では自称名探偵の留年大学生を、『影裏』では意外なキャラクターで登場し、ハリウッドの実写版『アラジン』(2019)では吹替にも挑戦しています。 この後も『サイレント・トーキョー』や『騙し絵の牙』が待機中ですが、彼が映える役は実年齢を感じさせない不思議な浮遊感、浮き用離れ感を伴っています。 映画の「僕」は、実際の年齢の7等分しか生きていないため、同学年の友達よりもはるかに幼い……。 中村倫也は、そんな「僕」にまるで当て書きをされたようにピタリとはまったのです。 Wヒロインという立ち位置の石橋菜津美と深川麻衣も、物語にうまくフィットしています。 2人とも、年齢で見れば中村倫也より年下ですが、石橋菜津美演じる一ノ瀬は、時には保護者のような元同級生になれますし、深川麻衣は落ち着きのあるお姉さんキャラにちゃんとはまります。 中村倫也の不思議な幼さによって、三者の間に年齢差は感じられなくなっていました。 が、吉野耕平監督は物語を紡ぐことにとても重点を置いているようです。 映画『水曜日が消えた』は、多重人格という問題点も絡めたミステリアスな作品なのです。 映画『水曜日が消えた』は2020年6月19日(金)より全国公開。

次の