骨格 ストレート。 【骨格診断】ストレートタイプの方の垢抜けるコツ

骨格ストレートに似合うブランド15選!【ここなら失敗しない!事故らない!】

骨格 ストレート

骨格診断ストレートってこんな特徴! 上半身にボリュームがあり、膝下はすっきりしている傾向にあるストレートさん。 筋肉がつきやすくメリハリボディの持ち主です。 画像引用: そのためフリルやドレープのような装飾があるものよりも、 シンプルでクラス感があるアイテムが得意です。 ストレートタイプの芸能人は、米倉涼子さん、藤原紀香さん、深田恭子さんなど。 持ち前の 健康美を感じさせる体型が、シンプルな定番スタイルを着ても寂しくならず、洗練された印象をつくります。 現在トレンドのゆったり気味のシャツはボリュームが出てしまうため、気太りする原因になります。 また小さめのシャツは肉感を拾ってしまうので、むっちりして見えてしまう。 シャツのサイズは大きすぎず、小さすぎずのジャストフィットが鉄則。 ボディラインを最も美しく見せてくれるものを探しましょう。 Tシャツはシンプルなアイテムだけに素材と形はしっかりと似合うものをセレクトしましょう。 骨格診断ストレートのお悩み別の着こなし 背が低いストレートさんにおすすめコーデ 骨格診断によるタイプは、基本的に身長は関係ありません。 背は低くともストレートさんは似合うアイテムを着れば、間違いなくスタイルアップして見えます。 でも、 さらにスタイルアップする効果的な方法があります。 それが 「直線を多くつくること」です。 例えば 定番のシャツは無地ではなくストライプ柄をセレクト。 ボトムスは直線的なラップスカート選びましょう。 単なるストレートスカートでも直線的で似合うのですが、あえてラップスカートを選ぶことで ラップ部分の重なりが更なる直線ラインを作ってくれます。 結果、視線をより縦に流すことができるのです。 ならば ラインがたくさんあるプリーツスカートはどうなの?と思いますよね。 でも、残念ながら プリーツは逆効果。 体に厚みのあるストレートさんにとって、 プリーツスカートはヒップ部分の立体感を拾ってしまい着太りに繋がります。 あくまでも縦長の直線はストレートさんに似合うアイテムの中からつくること。 ミニサイズのストレートさんはぜひ試してみてくださいね。 ぽっちゃり&太めのストレートさんにおすすめのコーデ メリハリボディのストレートさんは、着太りしてしまうのが一番のお悩みです。 気になるところは全部隠したい!その気持ちとてもよくわかります。 でも、ストレートさんは 胸元と腰回りの2カ所を隠さず見せることで、驚くほど細見えするんですよ! 例えば 定番のVネックのトップスでデコルテを見せ、ウェストにタックの入っていないストレートのパンツで、腰回りをすっきりさせる。 服はあくまでもシンプルでベーシックに。 トレンドや遊び心は小物やアクセサリーを上品に加えてスタイルアップを目指すといいですよ。 ストレートとナチュラルの違いが分からない!? ストレートでも体の厚みがあまりない方や、チュラルでも骨感を感じない方もいます。 体型や特徴からのタイプ分けは残念ながら自己判断では限界があるのです。 そこで 体型の特徴ではなく着る服の印象、「着くずし」によってその違いを確かめる方法があります。 きちんと感の似合うストレートとラフな印象が似合うナチュラル。 もし同じ素材や形が似合ったとしても、2つのタイプにはスタイリングの印象に決定的な違いがあります。 例えばシャツ。 裾をインせずに出したり、大きく襟抜きや、無造作な腕まくりをすると途端にだらしなく見えてしまうのがストレートの特徴。 逆にナチュラルはボタンをきちんと留めると、おカタく真面目な印象になりがちです。 そのため着崩した方が断然ナチュラルさんらしい魅力的なスタイリングになります。 もしもストレートとナチュラルの違いに迷ったら、まずは 着くずした時の印象から判断してみましょう。 骨格診断ストレートにおすすめのブランド 今季のトレンドでは、タイトスカートやシャツワンピなどストレートさんの得意なアイテムも多数流行中。 そのため比較的お買い物がしやすいかもしれません。 中でもトレンドに関係なくストレートさんに似合うアイテムが揃うブランドをご紹介します。 それだけに合わせやすいというメリットもありますが、もう少し変化したものを着たいと思う方も多いのではないでしょうか。 ストレートタイプである私も同じ思いを持ち、似合うアイテム以外の服を着る時があります。 その時に気を付けているのは、 「きちんとキレイにすっきり」と、スタイリングすること。 たとえ苦手なアイテムでも、この言葉を意識するだけで、 自然と体のラインをきれいに活かす仕上がりになるのです。 「着たいものを美しく着る」 骨格診断はそれを叶えてくれる強い味方になってくれるはず。 ご自分の得意なデザインや素材を活かしながら、自由にファッションを楽しんでくださいね。

次の

骨格ストレートタイプに似合うおすすめの水着【2019年】

骨格 ストレート

「骨格ストレートなので、 カーディガンが苦手です」という話をブログやTwitter等でよく見かけます。 もっさりする、おばさんっぽくなる、太って見える等、苦手と感じる理由は色々あると思います。 春や秋などの中途半端な時期の羽織りにも便利でジャケットのように堅くないカーディガン。 苦手だと避けるのは勿体無いです! 今回は、骨格ストレートでカーディガンが好きな私が、 自分でも似合うと思うものや褒められ率の高いものを教えます。 これを読めば、絶対にはずせない選び方がわかるようになりますよ!• 骨格ストレートのカーディガン選び、絶対おさえたいポイント4つ 結論から言うと、骨格ストレートがカーディガンを選ぶ際に絶対おさえておきたいポイントはこちら。 ハイゲージ• セットインスリーブ• 長めか短めの丈(腰骨あたり)• 首もとがすっきりしている ここは絶対にはずしてはいけません。 ひとつずつ解説していきますね。 ハイゲージ 網目の細かいものをハイゲージといいますが、骨格ストレートなら ハイゲージ一択です。 ミドルゲージ、ローゲージと網目が大きくなるにつれて、着膨れ率が高まります。 こういったローゲージのゆるっと感はかわいいですよね。 とはいえ、 ローゲージかつケーブル編みのカーディガンは確実に事故りますw ストレートなら、かわいいよりキレイめを目指したほうが素敵になれます。 セットインスリーブ セットインスリーブとは、肩から脇に垂直に袖付けされたもの。 ドルマンスリーブやパフスリーブ、ドロップショルダー、ラグランスリーブなどは袖幅が太く、 厚みのある上半身や腕のボリュームを際立たせてしまいます。 骨格ストレートにドロップショルダーが似合わない理由はここで詳しく解説しています。 長めか短めの着丈 骨格ストレートには中途半端な着丈が一番NG。 このような、 おしりの中間あたりの着丈のものは太ってみえたりもっさりしてしまいます。 腰骨あたりまでの短めの着丈のものか、おしりがすっぽり隠れる丈以上のロング丈がすっきり見えておすすめです。 首元がすっきりしている 首が短めの骨格ストレートさん。 首周りの開きは絶対に死守したいところ。 丸首の首の開きが少ないカーディガンは首の短さを強調してしまいます。 トッパーカーディガンもこのように首周りに立ち上がりがあるものがありますが、ないほうが個人的にはすっきり見えて好きです。 骨格ストレートのカーディガン選び、できればおさえたいポイント3つ 上記の絶対おさえたいポイントの他に、できればおさえておきたいポイントがこちら。 メランジではないもの• 裾にリブがない• きれいめの生地感(ゆるっとしていない) もちろん全てあてはまるものが良いですが、ここはあてはまらなくても絶対おさえておきたいポイントさえあてはまればそこそこ似合うと思います。 二色以上の色がまざったような色味のことです。 よくグレーにありますよね。 こんな感じのものです。 杢グレーといって、白とグレーがまだらになったような色。 一色の方がキレイめな印象になり、メランジだとややカジュアルな印象になるかと思います。 骨格ストレートならキレイめに寄せたほうが断然似合います。 裾にリブがない 裾にリブがあると、ロングカーディガンでもちょっとコクーンシルエットに近くなるかと思います。 ストンとまっすぐなシルエットのほうが断然似合います。 リブがないロングカーディガンだと足さばきが悪くなると感じる人もいるかもしれません。 その場合サイドスリットが入っていれば全く問題ないのでチェックしてみてくださいね。 きれいめの生地感 カーディガンといってもいろんな生地があります。 ジャケットに比べてカーディガンが苦手な人は、特有のゆるっとした生地感が原因かもしれません。 厚みがあるものや、薄くてもハリのある生地のものもありますので、そういったものを選べばジャケットにも負けない心強い存在になるはずです。 骨格ストレートにOL御用達ツインニットが似合わない理由 カーディガンに苦手意識を持っている骨格ストレートさんは、ツインニットが似合わなかったから…という人も多いのではないかと思います。 社会人になって、オフィスカジュアルって何!?状態になった時、とりあえずOLならツインニットでしょ!となって 買った事がありますが、おどろくほど似合いませんでした。 それもそのはず 、ツインニットは基本的に骨格ウェーブさん向けのものが多いからです。 骨格ストレートとウェーブは真逆な骨格タイプ。 ストレートにとってウェーブ向けの服は最も似合わないタイプといえます。 よくあるツインニットの特徴は• 長くも短くもない着丈• 詰まり気味のクルーネック この2点は絶対におさえておきたい点で触れた部分に反しています。 どうしても太ってみえてしまうんですよね。 ウェーブ向けのツインニットは、同じくウェーブ向けのフレアスカートとあわせられるような着丈になっています。 そもそもストレート向けのコーディネート用に作られたものではないのです。 骨格ストレートのカーディガンは着用方法で垢抜ける 骨格ストレート向けのカーディガンをさらに似合わせるためには、着用方法に注目してみてください。 ボタンをしない(トッパーを着る) 上半身に厚みのある骨格ストレートさん。 物やサイズ感によってはボタンを閉じると窮屈に感じる事もあると思います。 ぴったりすぎないジャストサイズのものなら良いのですが、そうではない場合、ボタンは閉じないで着るのがおすすめです。 手持ちの骨格ストレート向けではないカーディガンをなんとか似合わせたい場合も、 クルーネックの場合は上下のボタンのいくつかをはずして着用したり、 タックインしてみると着られるようになることも。 そもそもボタンのついていない トッパーカーディガンがとくにおすすめです。 骨格ストレート=Vネックと思っている方も多いと思いますが、Vネックロングカーディガンよりトッパーの方がすっきり見えます。 ボタンの装飾がない分よりシンプルですし、ボタンの重みでシルエットが崩れたりもありません。 Vネックよりもキレイめに見えますよ。 腕まくりをする 骨格ストレートに限った事ではありませんが、手首を見せる事で抜け感がでてもっさり見える事が防げます。 カーディガンだけでなく、シャツも腕まくりする事でより似合う着こなしができると思います。 かっちり見えすぎるという事もなくなるのでおすすめの方法ですよ。 骨格ストレートに似合う!おすすめカーディガン4選 最後に、骨格ストレートの私が選ぶおすすめカーディガンを紹介します。 短丈ならこれ! 肉感を拾わない絶妙なサイズ感と、しっかりあいた胸元が首を長く見せてくれる。 タイトスカートともスリムなパンツともガウチョなどのワイドなパンツとも相性が良く、着回しがききます。 インナーにレースのあるものをチラ見せしてもかわいい。 これからの暖かくなってきた季節にもう少し薄手のものが良い場合はこちら。 ラグランスリーブですが、袖幅が太くないタイプなので、セットインと同じように細見えするタイプです。 ちょっと着丈が中途半端なので、タックインして着るのがおすすめ。 色みはブルベ向けが多いです。 これからの紫外線が気になる時期の羽織や、冷房対策に使える薄手カーディガンならこれ。 スラブ生地は太さ・長さ・形などが不規則な糸で編まれた生地の事で、表面が凸凹しているのが特徴。 本来は骨格ストレートに凸凹のある生地はNGですが、元が薄手なので凸凹感はほとんど気になりません。 なのに、ちょっと混ざった太い糸のおかげで、 薄手なのにくたっとしておらず、ほど良いハリがあるんです。 凸凹のおかげで肌に触れる面積が少なく通気性がいいので、真夏に着ても暑く感じにくいのもおすすめポイント。 ネック部分にやや立ち上がりがありますが、薄手なのでボリュームがないため気になりません。 上記のものが薄すぎる場合はこちら。 春にちょうどいい厚さのロングトッパー。 トレンドの膝下のロング丈ですが、深めのスリットで足さばきも良く、Iラインの効果で細見えします。 ネック部分に立ち上がりがないのもすっきり見えておすすめです。 いかがでしたか? その他骨格ストレート向けのブランドで探してみると、もっさりしない垢抜けカーディガンが見つけやすいと思います。 骨格ストレート向けのブランドに関してはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。 カーディガンに苦手意識を持っていた方のお役に少しでも立てたら嬉しいです。 参考になった方はクリックお願いします。 shiinafuwamaro.

次の

骨格ストレートタイプに似合うおすすめの水着【2019年】

骨格 ストレート

本当は試着したいけど…骨格ストレートな私が通販で服を購入 1月に渋谷東急で骨格診断を受けて骨格ストレートと判明した私。 それ以来特に 似合う服を意識しながら洋服を買っています。 当然試着はしたい! しかしながら緊急事態宣言が発令され外出自粛の世の中では、服屋で試着することもままならない。 となると実店舗に代わって服を買う手段となるのがネット通販。 本当は試着したいけれど……と思いつつ、物欲に負けて一か八か買ってみました。 パーカーって骨格ストレートには正直鬼門だとは思いますが、パーカー好きの私としては1枚は持ちたいもの。 ZOZOでジップパーカーランキングを眺めながら「これ条件通りでは?」と思ったものの、試着もせずに買うなんて…と初めは買う気まではありませんでした。 すると偶然にもこのパーカーを見つけた翌日、私が愛読しているブログでこのパーカーが紹介されていたんですよ! スポンサーリンク Pierrot(ピエロ) 地厚3typeカットソー 無地グレー 春・秋の部屋着兼私服の制服化に取り入れたいと思い購入。 無印良品の太番手天竺編み長袖Tシャツ(黒ボーダー)と似たような着心地のものを探していたときに見つけ、気になっていました。 Pierrotは通販しかなく試着できないため購入する決め手にかけていたのですが、先日セールで1枚1000円+送料無料キャンペーンをやっていたのでお試し。 届いてみると写真で見て思っていた生地の感じとちょっと違った。 値段を考えるとこんなものかな? あとサイズも少々窮屈でした。 サイズに関しては同じ商品の新デザイン版(下記リンク)がよかったのかも?ただこちらは欲しいデザインが売り切れだったんだよね。 番外編:ユニクロ UVカットジャージージャケット(ネイビー) これだけはネット通販ではなく、緊急事態宣言が出される前に 実店舗で購入したもの。 骨格ストレートに似合う定番といえばテーラードジャケット。 元々大学生頃に買ったものがあり、羽織ってみると確かに我ながら似合うなと思っていました。 しかし10年前の安物ジャケット、当然ながら生地が傷んでおり毛玉が気になる。 さらにサイズもきつくなっている。 新しいものと入れ替えたくて昨年からずっと探してました。 ただジャケットってわりと値が張るんですよね。 よさそうなものがあってもなかなか手が出なくて。 そんな中偶然ユニクロで手にとったUVカットジャージージャケットが 着心地良く見た目もしっかり見えて非常によかった。 しかもお値段3990円(税込4389円)とジャケットにしてはかなりお手頃! 最初に見つけて試着したのは3月だけど、そのときは金銭的余裕がなく購入を断念。 4月初めに「今じゃなくても…」と思いつつ、物欲に抗えず買ってきました。 ジャケットなら長く着れるだろうということも加味して。 色は黒とネイビーで迷いつつ、試着したときより似合うようにみえたネイビーを買いました。 サイズは普段ならXLを選ぶところだけれど、 この商品はわりと大きめな上ストレッチも効いているのでLサイズを選択。 せっかく買ったものの、まだ着ていく機会が少なくて寂しいです。 ちょっとでも着たい!と思い、先日普段ならで出かける近所のスーパーへこれを着ていきました。 スポンサーリンク あとがき~今この時期に洋服を購入した理由 今買っても着ていく機会がないなあ…と思いつつも洋服を買ったわけですが、今月3着も買ってしまった理由について考えると• 前からほしいと思って調べていたもの• 流行に左右されづらい定番もの 3着ともこの2点に合致していて、なおかつセールで安くなっていたり(パーカーとグレーT)、なかなか見つからずにいた中やっと見つけたものだったり(テーラードジャケット)、 何かしら購入を後押しするきっかけがあったものでした。 前からほしいと思って調べていたものは、自分が欲しい服の条件が明確になっています。 だから実物を見て試着出来ていない点を除けば、条件をクリア(少なくとも写真・商品概要上は)しているものが容易に絞られる。 また流行に左右されづらい定番ものなら、洋服を着て出かける機会の少ない今購入しても長く着ることが出来て、商品の寿命はそんなに変わらないでしょう。 逆に流行り物だと今買っても着る機会が少なく、着ていける頃には流行が終わっている可能性もあるし。 ……などと購入した理由を考えてみたけれど、 正直半分は「物欲に勝てなかった」だけです。 ちゃんと試着して本当に似合うのか?着心地や色は商品説明・口コミ通りか?etc 現物を見て試着した上で洋服を買う方が失敗がないし、総合的にも満足度は上がるはず。 とはいえ全部前からほしいと思っていたものだし、3着とも既存の古い服(うち2着は引きこもり以前の服)との入れ替えを前提に買ったものなので、「物を増やす」ことにならなかった点はいいかな。 幸いPierrotの長袖グレーTシャツ以外は今のところ思った通りな服だったし。 (PierrotのグレーTもある程度着てみないとまだなんとも言えない。 ) しばらく出かける機会もなさそうですが、家に居るときや日用品買い出しの際にも、せっかくだからこれらの服を着て楽しもうかと思います。

次の