見渡せ ば 花 も 紅葉 もなか り けり 浦 の 苫屋 の 秋 の 夕暮れ。 見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ 藤原定家「三夕の歌」

三夕の和歌(サンセキノワカ)とは

見渡せ ば 花 も 紅葉 もなか り けり 浦 の 苫屋 の 秋 の 夕暮れ

言わずと知れた「秋の三夕」。 私は西行法師の「心なき・・・」が好みだが、「寂しさは・・・」もなかなか意味深。 「見渡せば・・・」はあまりにも平凡な景色が目に浮かび、まあそれがいいのかもしれないが、「寂しさは・・・」はそれに対するアンチテーゼみたいだ。 つまり、定家が「見渡しても花も紅葉もない(=色がない)浜辺に古ぼけた苫屋が目に入るだけの寂しい景色、それが秋の夕暮れだよ」と言うのに対し、 寂蓮は「いやいや寂しさというのは色だけじゃないんだ、槇のような常緑樹の生えている山でも秋の夕暮れには寂しいものだよ」と言うんだな。 まるで、喧嘩しているみたいだ。 寂蓮法師は藤原俊成の養子で、定家は俊成が歳いって出来た長男だとか。 歌が作られた順番は知らないが、興味深いね。 何か、どろどろしたものがありそうで・・・ 寂蓮の歌には、定家のひたすらきれいな歌に対する反発のようなものを感じるのは私だけだろうか? その点、西行法師のは、何せ、「心なき身」と自らをへりくだっているところが好ましい。 「見渡せば・・・」については、パロディが面白い。 見渡せば金も着物もなかりけり 米櫃までも秋(空き)の夕暮れ ・・・ってのが、あった。

次の

見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ(藤原定家)

見渡せ ば 花 も 紅葉 もなか り けり 浦 の 苫屋 の 秋 の 夕暮れ

秋の歌には心に沁みる名歌が多いと思いませんか? 個人的には童謡の「まっかな秋」や「紅葉」などを聞くと、幼少時の思い出も重なって強い哀愁に襲われます。 実はこれらの多くの秋の名歌にはある共通点があります。 いずれも「秋の夕暮れ」の場面を歌っているということです。 「秋の夕暮れ」。 この場面に哀愁と美を感じてしまうのは、日本人のDNAに刷り込まれているかのようです。 この記事の音声配信「第五回 三夕の歌」を 和歌にも秋の夕暮れを歌った「三夕(さんせき)の歌」という名歌があります。 13世紀(鎌倉時代)初頭に編纂された 新古今和歌集に採られた三首で、いずれも三句目を「けり」で切り、五句目を「秋の夕暮れ」で結んでいるのが特徴です。 新361「さびしさはその色としもなかりけり 真木立つ山の秋の夕暮れ」(寂蓮) 『秋の寂しさってのは、その色とは関係なかったんだなぁ~。 だって真木(常緑樹)の山の夕暮れもグッとくるもん』 寂連が言う「色」とは赤や黄色の「紅葉の彩り」のことですね。 秋の寂寥を誘うのは定番の紅葉ではなく、夕暮れそのものだ! という歌です。 寂蓮は杉や檜が群生する「闇深い山」でこの真実を発見しました。 西行や定家というビッグネームに埋もれがちですが、実のところ夕暮れという情景にもっとも感慨を寄せているのはこの寂蓮です。 寂蓮の一首がなければ三夕というえり抜きに至らなかったことでしょう。 悪くもないがそれほどのものでしょうか? その実この歌は西行が詠んだということ自体に価値があるのです。 「心なき身」とは隠遁の身を卑下し顧みたものです。 本来僧とは執着の念から遠くあるべきですが、西行はこれから生涯逃れることができませんでした。 花に月、そして鴫立つ沢の夕暮れ。 いくら修行を積もうと自ずと心の底から湧き起ってくる妄念、西行にとって「美」とは二律背反の「苦しみ」であったのです。 ちなみに藤原俊成は西行の夕暮れを「御裳濯河歌合」で負に判じ、「千載和歌集」に採ることもしませんでした。 出家して釈阿と名乗るも世俗にどっぷりつかった俊成に、この歌にある魔力は到底理解できなかったのです。 言葉だけを追えば『何もない粗末な風景の方が情趣がある』といういわゆる「わび・さび」の表明であり、この「あるがままの美」がわび茶の方面で多大に喧伝されました。 例えば千利休の師匠でありわび茶を大成した「竹野紹鴎」は、この歌こそがわび茶の心であると評しています(「南方録」)。 しかし実のところ、定家の歌は極めてテクニカルです。 上句で『見渡せば花も紅葉も…』と言いかけて『なかりけり』と結ぶ。 するとどうでしょう、下句の本来寂れた情景に花紅葉が残像となって重層し、現実を超越した夕暮れの情景を表象する。 要するにこの歌はシュルレアリスムなのです。 彼は若干二十五歳にしてこの歌を詠んだといいますから、言語遊戯たる和歌の構造というものを若くして聡明に理解してたのでしょう。 さすが和歌の賢人藤原定家、早熟の天才!! と称えるべきでしょうか? いえむしろ定家は若さゆえ、あれこれのテクニックに頼らなければならなかったのです。 寂連とそして西行の独白をもう一度ご覧になってください。 心から共感できるのは…、言わずもがなですよね。 同じ「秋の夕暮れ」というモチーフを用いながらこうも多様であるのかと、和歌の魅力を再認識させてくれたはずです。 いや~、やはり噂にたがわぬ名歌ぞろいでしたね!! ん? ややこしい話はいらない? なるほど、おっしゃるとおりです。 鴨長明はこう言っています。 「秋の夕暮の空の景色は、色もなく、声もなし。 いづくにいかなる趣あるべしとも思えねど、すずろに涙のこぼるるがごとし。 これを、心なき者は、さらにいみじと思はず、ただ眼に見ゆる花・紅葉をぞめではべる。 」 無名抄 何だか分かんないけどジーンとくる。 秋の夕暮れの美しさは、そんな美しさですもんね。 余談 ちなみに10世紀初頭に編纂された古今和歌集には「秋の夕暮れ」を詠んだ歌はほとんどありません。 「秋の夕暮れ」に抱く寂寥と美の感情、これはいつ誕生したのでしょうか? それは「三夕」の歌人にヒントがあるようです。 西行に寂連、この二人は共に仏道を歩んだ歌人です。 二人が生きた平安末期から鎌倉時代にかけて、仏教では末法思想が信じられていました。 末法思想は仏教の歴史観で、1052年を末法元年として釈迦の教えが消滅した「法滅」の時代になり、世の中が乱れるという思想です。 そしてその教えが正しいかのように、平安末期は「保元・平治の乱」、「治承・寿永の乱」といった大きな争いが起きました。 釈迦が消滅したのなら、別の仏にすがろうという機運が高まります。 これが歴史の授業で学んだ「鎌倉新仏教」の起こりですね。 その別の仏の代表が「阿弥陀如来」です。 阿弥陀如来は十億万仏土先の西方にいて、その地こそが極楽浄土とされました。 西行の名にある「西」の文字も、この浄土を願ってのことなのでしょう。 万事が朽ち果てる無常なる秋、その遥か西方に沈む夕日に浄土を望む。 この言葉にならぬ荘厳な美しさを、寂連は「真木立つ山」、西行は「鴫立つ沢」と合わせ、自分だけの秋として歌に留めたのです。 (書き手:和歌DJうっちー).

次の

「見わたせば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ」の解釈の違い 藤原定家三夕の歌

見渡せ ば 花 も 紅葉 もなか り けり 浦 の 苫屋 の 秋 の 夕暮れ

定家の歌は、今のわたしたちにも容易に理解できる。 見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮れ 新古今の三夕の歌として名高い作品だが、 古文の知識がなくても、おおよその意味はつかめる。 浦の苫屋は、海辺の小屋といったところか。 八百年も前に詠まれた歌が、 容易に理解できたり、新鮮に感じられたりする不思議さ。 《見渡せば花も紅葉も》と文字を追ってゆくとき、 読者の心には花や紅葉が思い浮かぶ。 満開に咲いた桜の花や、 風に舞う花びらの様子、 色づき始めた紅葉、 野原や山々の景色、そうした情景が心をよぎる。 花や紅葉を詠んだ歌はそれこそ数知れずあり、 花、紅葉という言葉を耳にしただけで、 四季の移ろいが映像として思い浮かぶ。 言葉は歴史を背負っており、 過去に詠まれた歌が、目の前にある歌と連動して、 意味が重層的になってゆく。 ところが定家の歌では《なかりけり》と否定される。 イメージされたものが否定され、消し去られる。 しかしひとたび心に浮かんだものは、 そう簡単には消えない。 否定され、消し去られても、 花が咲いたり、木々が色づいたりしている情景は、 幻影として残り続けるのである。 あとに続く《浦の苫屋の秋の夕暮れ》に、 二重映像のようにかぶさってゆく。 意味だけを追ってゆけば、 詠まれているのは浦の苫屋だけである。 秋の海辺を見渡しても、 粗末な小屋しかなかったよ、そんな意味だろう。 ところが花や紅葉が呼び込まれて、さらに否定されることで、 浦の苫屋の存在が複雑になり、深化されてゆく。 花や紅葉は、人生の栄華の象徴にさえ思えてくる。 海辺に押し寄せる波は、 流れゆく時間であり、 過去も現在も同じように岸辺に打ち寄せる。 海辺に建てられた物寂しげな小屋は、 人生の果てに辿り着いた最後の住処である。 定家の歌はいわば引き算なのだ。 他の歌人がやっているように、 言葉を詠んで、イメージを増やしてゆくのではなく、 呼び入れたイメージを削いでゆく。 花のイメージを削ぎ、紅葉のイメージを削ぐ。 駒とめて袖うち払ふかげもなし 佐野のわたりの雪の夕暮れ この歌も同様である。 馬を止めて、袖の雪を払い落とすという一連の動作が、 歌の冒頭からイメージされる。 ところが《かげもなし》で否定される。 降りしきる雪から身を守ってくれる物陰すら見あたらないのである。 馬を止める動作も、雪を払い落とす動作も、 不可能なこととして否定される。 あとに残ったのは降りしきる雪だけである。 雪の白さが強烈に目に飛び込んでくる。 実体のあるのは佐野のわたりという場所だけである。 雪だけを呼んだ歌といってもよいだろう。 足すのではなく、引いてゆく美学。 削ったり、消したりすることで、 《浦の苫屋》や《佐野のわたりの雪》を、 象徴の域にまで高めてゆく。 こうした美学が王朝時代の最後に築かれた。 日本文化にとっては幸福なことだった。 御舟に『炎舞』という絵がある。 炎に引き寄せられる蛾を描いた作品である。 定家に共通する引き算の美学が、 絵画的技法として使われている。 御舟が軽井沢に滞在した折に、 灯にあつまる蛾の群れに興味を抱いて、 スケッチを重ねてこの絵ができたと言われている。 同じ出来事に感動したとしても、 西洋の画家なら、まったく違ったアプローチをしていただろう。 まず炎である。 炎はそれ自体で存在するわけではない。 マッチ、ライター、ろうそく、焚き火など、 木が燃えたり、ろうやガスが燃えて、 炎が空中に浮かぶ。 画家が炎を描くとき、 まずはその炎が立ちあがる情景を描写しようとするだろう。 御舟の絵の場合は焚き火である。 地面のうえに組まれた焚き木から炎が立ちのぼる。 背景には森や林、庭木、家の建物が描かれるかもしれない。 炎に見入る人物たちも描かれるだろう。 最後に炎に飛び込んでゆく蛾が描かれる。 西洋の画家なら、人物や背景を描き加えることで、 よりリアルな場面を築こうとするだろう。 御舟が実際に目にしたものは、そうした情景だったはずだ。 炎だけを見たわけではないだろう。 余分なもの、必要のないものをどんどん削っていった。 人物を削り、背景の風景や建物を削り、 最後には焚き木すら削ってしまった。 あとに残ったのは炎と蛾だけである。 それだけで充分だと御舟は考えた。 まさしく引き算の美学である。 余分なものを削ることで、炎に飛び込む蛾を象徴にまで持っていった。 定家が和歌を詠んだ方法と同じである。 御舟が『炎舞』を描いたのは32歳のときだった。 よくもこんなに完成度の高い作品が描けたものだと感心してしまうが、 伝統とはそうしたものだろう。 御舟は絵を描きはしたが、美学を築いたわけではない。 美学は昔からあった。 先人たちの絵を参考にしながら、絵を描けばよかった。 定家が和歌で打ち立てた美学が、御舟の絵の背景にあるのだ。 引いてゆくこと、 背景に描くべき人や風景は、 了解されたものとして省略してよいという合意。 空白を残すという水墨画の伝統。 金地のうえに描かれた松や梅や鶴。 仏画や伴大納言絵巻。 過去にそうした絵があるからこそ、 炎と蛾だけを組み合わせて、 洗練された絵を構築することができたのである。 龍安寺の石庭や利休の茶室、 世界で最も短い詩の形式である俳句、 盆栽、ソニーのウォークマン、 印籠や根付、浄土院の掃除地獄、 引き算によって成り立つ美は数多くある。 日本人は足し算より引き算の方が得意なのかもしれない。

次の