高島屋 売上。 日本の百貨店ランキングTOP10!売上、利益、時価総額、年収などを徹底解説 三越伊勢丹や高島屋など各社の強みは?

名古屋高島屋アムールデュショコラ2020|売り上げランキング

高島屋 売上

スポンサーリンク 有名子会社・関連会社の比較 2017年3月時点 事業規模の比較(単位:百万円) Jフロントリテイリング 三越伊勢丹 高島屋 H2Oリテイリング 近鉄百貨店 丸井 売上高 順位(2017年度) 1位:三越伊勢丹(1兆2,534億円) 2位:Jフロント(1兆1,085億円) 3位:高島屋(9,236億円) 4位:H2O(9,021億円) 5位:近鉄百貨店(2,664億円) 6位:丸井(2,370億円) 純利益 順位(2017年度) 1位:Jフロント(269億円) 2位:高島屋(208億円) 3位:丸井(187億円) 4位:三越伊勢丹(149億円) 5位:H2O(142億円) 6位:近鉄百貨店(17億円) 売上については 三越伊勢丹・Jフロントの2強といった感じになっています。 (そもそも複数の百貨店の集合体だからという理由はありますが。 ) そういう意味で言うと高島屋とH2Oリテイリングは単独の百貨店ではかなり事業規模が大きいと言えます。 そして近鉄百貨店と丸井は大手と言えども事業規模は小さめみたいです。 純利益についてはJフロントと高島屋は順当ですが、 売上で最下位の丸井の順位の上がり方と三越伊勢丹の順位の下がり方が際立っています。 そして近鉄百貨店は全然パッとしないようです。 安全性の比較 Jフロントリテイリング 三越伊勢丹 高島屋 H2Oリテイリング 近鉄百貨店 丸井 流動比率 順位(3年平均) 1位:丸井 2位:高島屋 3位:H2O 4位:三越伊勢丹 5位:Jフロント 6位:近鉄百貨店 丸井以外はちょっとどうかしてる程に流動比率が低いです。 なぜ低いのかと言うと、それは 流動負債の大きな部分を「商品券」や「ポイント引当金」などの「1年以内に支払い義務が発生する可能性はあるが、必ずしも全て支払わなければならないものではない」類のものが占めているからです。 自己資本比率 順位(3年平均) 1位:三越伊勢丹 2位:Jフロント 3位:高島屋 4位:H2O 5位:丸井 6位:近鉄百貨店 際立って近鉄百貨店の自己資本比率が低いだけで他の5社はそんなに変わらないようです。 利益性の比較 Jフロントリテイリング 三越伊勢丹 高島屋 H2Oリテイリング 近鉄百貨店 丸井 利益率 順位(3年平均) 1位:丸井 2位:高島屋 3位:Jフロント 4位:三越伊勢丹 5位:H2O 6位:近鉄百貨店 6社の中では 丸井の利益率が飛びぬけて高く、逆に近鉄百貨店の利益率が飛びぬけて低いことがわかります。 ネットFCF 順位(3年平均) 1位:Jフロント 2位:三越伊勢丹 3位:H2O 4位:近鉄百貨店 5位:高島屋 6位:丸井 この項目については丸井に注目してみたいと思います。 なぜなら純利益の項目では売上規模の割にかなり高順位につけていましたが、営業CFを見てみるとボロボロになっており、それに従ってネットFCFの順位も最下位に沈んでいるからです。 直近2年間は丸井は営業CFの赤字を財務CFで賄っている状態です。 世に言う自転車操業です。 この営業CFの大赤字の原因はずばり 「割賦売掛金」が多いことです。 割賦売掛金とはざっくり言うと「分割払い」のことで、通常の売掛金は代金が期日に一括で支払われるのに対して割賦売掛金は代金が一定の期日ごとに分割で支払われます。 つまりは割賦売掛金の場合は 通常の売掛金より代金の回収スピードが「かなり遅い」ということになります。 もちろん現状は銀行がお金を貸してくれているようですし、売掛金も無事に回収出来れば問題はないのですが、丸井に就職しようと考えている方はこのことを頭の片隅に入れておいた方がよいと思います。 高島屋は2015年度にドカッと設備投資を行ったためここの順位では下位につけていますが、直近2年では営業CFの内々に設備投資を収めているので今後の順位は変動がありそうです。 事業セグメントの比較 Jフロントリテイリング 「百貨店」と「パルコ」(どちらも百貨店のような気もしますが)の売上と利益の比率はそこまで変わりがありません。 要は「百貨店」でほぼ全ての売上と利益を出していることになります。 三越伊勢丹 売上こそ「百貨店」依存体質ですが、利益については「 クレジット・金融・友の会」と「 不動産」の比率が大きな部分を占めていることから、この2つの事業はこの会社にとっての「金の卵」だと言えるでしょう。 高島屋 この会社もさきほどの三越伊勢丹と同じで「 金融」と「 不動産」が利益比率の大きな部分を占めている「金の卵」のようです。 H2Oリテイリング この会社の場合は「百貨店」にあたる「阪急百貨店」が売上・利益ともに半数を占めており、「スーパーマーケット」や「イズミヤ」はあまり利益率は良くないようです。 近鉄百貨店 この会社も「百貨店」の売上・利益比率は共に高いのですが、他の5社と違う特徴として「 卸・小売」と「 内装」の2つの事業の利益貢献度が高い点が挙げられます。 この2つの事業内容は「卸・小売」は(株)ジュテルン近鉄による輸入自動車販売と(株)ジャパンフーズクリエイトによる食料品の製造・販売で、「内装」は(株)近創による内装業です。 丸井 「小売」と「フィンテック」の売上と利益の比率が逆転しています。 字面を見るとこの会社は「小売の会社」ではなく、「フィンテックの会社」みたいです。 とは言うもののこの「フィンテック」はエポスカードによるクレジットカード業務と消費者ローン業務などにより構成されているため、ネーミングだけ現代風にしてあるだけのようです。 ただいずれにせよメインの稼ぎ頭は「フィンテック」なので、 「小売の会社」と言うよりかは「カード会社」と言った方が現実に即していると思います。 ちなみに2017年度における各会社の百貨店部門の売上構成比は以下のようになります。 (丸井に関しては該当するデータが存在しなかったのでここでは「データなし」としています。 ) 多少のバラツキはありますが、どこも「衣料品」と「食料品」での売上が大きいようです。 あえて特徴を挙げるならば Jフロントと三越伊勢丹は「衣料品」が強く、近鉄百貨店は「食料品」が強いようです。 まとめ これまで見てきた6社の特徴をまとめると以下のようになると思います。 Jフロントリテイリング• ・売上では国内2位だが、利益では圧倒的に国内1位• ・財務面でもCFの面でも一番バランスが取れている「優等生タイプ」• ・ガッツリと百貨店だけで利益を出している 三越伊勢丹• ・売上は国内1位だが、利益効率に関してはそこまで良くない• ・その他の面ではJフロントとだいたい似ているのでここも「優等生タイプ」• ・Jフロントとの違いは百貨店でガッツリと利益を出すだけではなく、金融と不動産でも利益を出しており、一辺倒ではなく多角的に利益を出せること 高島屋• ・単独の百貨店の中ではおそらく国内最強• ・実際に単独でJフロントと三越伊勢丹の百貨店集合体に匹敵するほどの営業CFを稼いでいる• ・財務は普通• ・セグメント構成は三越伊勢丹と似ているが金融と不動産に関してはより儲かっている H2Oリテイリング• ・あらゆる意味で「中くらい」• ・イマイチこれといった特徴がないように見える 近鉄百貨店• ・売上と利益を含めた事業規模という意味では6社の中で最も小さい• ・財務面でもけっこう厳しめな状況• ・ただ毎年の出費は少なく抑えてあり、堅実な経営をしている印象• ・百貨店だけでなく、輸入自動車の販売や内装業で割と儲けている 丸井• ・売上こそ小さいが利益率は抜けて高いため、6社の中でも利益額は大きい• ・財務面では一番健全に見える• ・ただし見た目は儲かっているように見えるが営業CFはマイナスが続いており、実際の内情は火の車状態• ・6社の中でもかなり特殊な事業構造をしており、利益を見るともはや「百貨店」ではなく「カード会社」 志望動機として使えそうな点 Jフロントリテイリング• 1 国内最大級の事業規模と最大の利益額を誇る点• ・単独の百貨店として国内最大である点 H2Oリテイリング• ・一見地味だが、実際はそこそこ事業規模も大きく会社としては安定している点 近鉄百貨店•

次の

大手百貨店の違いを数字で比較

高島屋 売上

百貨店事業を展開する、高島屋、2020年2月期までの通期本決算の、業績の推移や財務を紹介します。 公開された財務諸表の数字を、5つのグラフと表で分析。 最後に、売上、利益、総資産、保有する現金と有利子負債(借金)、利益剰余金(内部留保)を、同じ縮尺(スケール)で作成したグラフで、会社の決算と規模をわかりやすく視覚的にご確認いただけます。 (日本方式での会計基準。 項目によって公開されていない場合もあります) Contents• 会社計画(予想)と決算情報 2021年2月期の会社計画(予想) 金額 売上高(収益) Net sales (Revenues) 非公表 営業利益 Operating income 経常利益 Ordinary income 親会社の所有者に帰属する当期利益 Net income attributable to owners of parent 2020年4月月発表の決算短信、業績予想より 企業情報 Company profile• 会社名 株式会社高島屋 Takashimaya Company, Limited• 設立年月日 1919年(大正8年)8月20日• 本社所在地 大阪府大阪市中央区難波五丁目1番5号• 代表者 代表取締役社長 木本 茂• 資本金 660億2,500万円• 従業員数 13,631人(連結)8,758人(単体)• 平均年間給与 678万5,000円(2019年2月28日現在)• 8億円 経常利益 Ordinary income 232億円 親会社の所有者に帰属する当期利益 Net income attributable to owners of parent 160. 2億円 営業利益率 Operating margin ratio 2. 8% 粗利益率(売上総利益率) Gross margin 31. 1% 売上原価率 Cost of sales ratio 68. 2億円 有利子負債 Interest- bearing debt 1,930億円 利益剰余金(内部留保) Retained earnings 3,083億円 純資産比率 Capital ratio 39% ROA(総資産利益率) Return on assets 1. 37% ROE(自己資本利益率) Return on equity 3. 52% 流動比率 Current ratio 72. 3億円 財務キャッシュフロー Cash flows from financing activities -234. 8億円 フリーキャッシュフロー Free cash flow 171.

次の

【2019年版】百貨店業界の動向や現状、ランキング等を研究

高島屋 売上

wwdjapan. 1位はこれまた不動の伊勢丹新宿本店で2700億円の売上高がある。 阪急の「2700億円目指す」というのは、伊勢丹新宿に追いつきたいということの表れである。 この記事はウェブ版だが、同じ記事の紙媒体には面白い表が付けられていたのでそちらをご紹介したい。 あまり美しくない画像で申し訳ない。 単独店舗で売上高2000億円を越えているのは伊勢丹新宿と阪急うめだ本店しかないから、その販売力は大したものだといえる。 しかし、このランキングで浮かび上がってくるのは高島屋の強さである。 トップテンに高島屋が3店舗(大阪、日本橋、横浜)もランクインしている。 JRとの合弁会社であるJR名古屋高島屋を入れると4店舗がランクインしていることとなり、トップテンのうちその4割が高島屋だということになる。 逆にそれ以外の伊勢丹、阪急、西武、近鉄、松坂屋は、強い単独店があるものの、それ以外の店舗が弱いということがいえる。 三越もいまや日本橋だけがランクインしており、銀座店は売上高が1000億円にも届いていない。 そして、もう少し見て行くと、前年比で大幅増となっているのは4店舗あり、そのうち3店舗は大阪だということにも気が付く。 故にタカシマヤゲートタワーモールの初年度売上高は150~200億円くらいと考えられるのではないかと思う。 阪急うめだ本店が好調だった理由を記事では 阪急本店の商品別売上高は、婦人服が同6%増、ラグジュアリーブランドが同13%増、化粧品が同24%増となった。 勢いを象徴するのが3階の婦人モードのゾーンで、デザイナーブランドからガールズブランド、ジュエリー、雑貨、化粧品などを混在させた構成が買い回りを促し、同16%増で推移する。 としているが、重要な視点が欠けているのではないだろうか。 阪急に限らず、難波(高島屋)、阿倍野・天王寺(近鉄)がそろって大幅売上高増ということは、大阪地区全体の売上高が良かったということになる。 一方、東京の各店舗は微増か微減である。 となると、阪急の売り場構成が巧みだったというよりも、大阪全体の好調に引きずられたという要素が強いということになる。 考えられる要因は2つ 1、前年までの大阪の各店舗が悪すぎた (悪すぎたために前年増が容易だった) 2、大阪地区が好調だった要因が何かある である。 そして、2の要因でいうなら、これはまさしく外国人観光客の増加、インバウンド需要の好調ということになるのではないか。 インバウンド需要の増加だといえる理由は難波と天王寺の好調である。 2015年末~2016年前半にかけてインバウンド需要が苦戦した際、それでも高島屋大阪店は好調で、その理由はインバウンド需要の堅調な推移だと言われた。 実際に、当時、高島屋難波店に行ったところ、平日の昼下がりだというのに免税レジは長蛇の列だった。 いかにインバウンド需要が底堅かったかを物語っている。 そして、天王寺(近鉄)の急上昇である。 天王寺はこれまでほとんど外国人観光客はいなかった。 心斎橋・難波や梅田に比べて著しく外国人観光客は少なかった。 それが2016年末から2017年初頭にかけて外国人観光客が急増した。 実際にJR天王寺駅に直結している阪和線(堺、関空、和歌山方面行き)や大和路線(奈良行き)は平日昼間でも外国人観光客でいっぱいである。 2017年初頭までは、朝夕の通勤ラッシュは満員だったが、平日昼間はそれほど混雑しない路線だった。 それが今は平日昼間でも座席が埋まっている。 埋まっている原因は外国人観光客である。 あべのハルカス近鉄本店の急上昇は間違いなくインバウンド需要の増加といえる。 一方、東京はこれまででインバウンド需要をあらかた取り込みきっており、すでに分母が大きいため増加率が低いということになったと考えられるのではないか。 さて、阪急うめだ本店は意気軒高だが、果たして順調にこのまま300億円上積みできるだろうか。 不可能ではないと思うが、不安定なインバウンド需要に支えられている点に危うさも感じる。 これは急上昇した大阪地区の全店舗にもいえることだ。 今のインバウンド需要がいつまで続くのか。 うまく行けば世界有数の観光地として定着できるが、一時のブームで終わる可能性もある。 インバウンド需要に対応することは重要だが、「インバウンドはボーナス」とでも考えて、インバウンド抜きでもぐらつかない経営姿勢が求められるのではないか。 instagram.

次の