イナゴ 聖書。 中国を襲うバッタ集団、日本の面積の3倍に……!?【澁谷司──中国包囲網の現在地】

聖書にある「最後の審判」のラッパとの関係

イナゴ 聖書

『聖書』の「ヨハネの黙示録」第9章には、第5の御使い 天使 がラッパを吹くと、さそりの力を持ったイナゴが現れると書かれている。 そして、そのイナゴはすぐには人間を殺さず、5ヶ月間、さそりに刺されるような苦痛を与えるという。 こんな描写を彷彿とさせる現象が起きている。 すでに一部報道されているように、現在、インドやパキスタンは、サバクトビバッタの脅威に晒されている。 その数、およそ4000億匹だという。 1日で3. 5~100万人の食料を奪う サバクトビバッタは、過去、たびたびアフリカ、中東、アジアに被害を与えてきた。 このバッタは普通のバッタと比べて体が大きい。 成虫のオスの体長は4~5センチメートル、メスの体長は5~6センチメートルである。 飛行スピードが速く、移動距離が長い。 1日に約150キロメートルも行軍する。 毎日、自分の体重分の約2グラムを食べるという。 もし、現在の勢力を保てば、1日、最低でも約3. 5万人の食料 約100万人の食料説もある を食い荒らすと言われる。 サバクトビバッタの一部は、すでに東アフリカへ侵入し、ケニア・エチオピア・ソマリアなどに甚大な被害を与えた。 他方、別の一部が、目下、東へ向かって進軍を続けている。 縦60キロメートル、横40キロメートルにもおよぶ大軍団である。 向かう先は……中国だ。 中国共産党にとって、この進軍こそが新たな脅威となってきた。 6月までに500倍!? バッタの中国への侵入ルートは、3つあるという。 1 インド・パキスタンを経由しチベットに侵入するルート。 2 ミャンマーから雲南省へ侵入するルート。 3 カザフスタンから新疆ウイグル自治区に侵入するルートである。 国連食糧農業機関 FAO は、サバクトビバッタが6月までに、500倍まで増えると推計した。 これは中国の国土面積の8分の1。 日本の国土面積の3倍以上だ。 あくまで大雑把なイメージにすぎないが、少なくともとんでもない規模だ。 中国国家林草局は2月26日、サバクトビバッタの侵入を防御するよう緊急通知を発令している。 北京政府の危機感の表れである。 挫折した「鴨軍団」 実は、2月下旬、中国共産党は、友好国パキスタンへ浙江省から10万羽の鴨軍団を送り込もうとした。 鴨はバッタを取って食べる。 しかし現実問題として、沿海部の浙江省からだと中国大陸を横断してパキスタンまで行かねばならない。 その距離は数千キロもある。 また、チベット高原やヒマラヤ山脈を越える必要がある。 中国政府が、鴨軍団をパキスタンまで空輸するのならばともかく、地上を行くのはまず不可能だろう。 さらに、たとえ鴨軍団をパキスタンへ空輸したからと言って、果たして、鴨軍団が数千億のサバクトビバッタを退治できるとも思えない。 逆に、鴨軍団はサバクトビバッタに逆襲される公算が大きい。 結局、北京による鴨軍団派遣という発想はユニークだったが、「絵に描いた餅」に終わっている。 次々に北京政府を襲う天災 まさに満身創痍の北京政府である。 2018年8月以降、習近平政権は「アフリカ豚コレラ」 ASF に悩まされた。 そのためか、食料品全体の値段が高騰した。 中国にとって経済的ブローとなっている。 これが第1の天災である。 次に、2019年12月、武漢市で「新型肺炎」が発症した。 翌年1月から現在に至るまで「新型肺炎」は中国全土に拡大している。 「新型ウイルス」の致死率はそれほど高くはないが、SARSと比べで感染力が強い。 習近平政権は、人の移動を厳しく禁じたので、経済活動は著しく制限された。 そうでなくても中国経済は停滞しているので、「新型肺炎」は景気悪化を招いている。 これが第2の天災である。 そこに、第3弾の天災であるサバクトビバッタが中国へ襲来したら、習政権はもたないだろう。 よく知られているように、習国家主席は、まるで"中国共産党王朝"の皇帝 天子 にように振る舞っている。 しかし、"徳を失った天子"は、天によって滅ぼされる運命 「易姓革命」 にあるのではないだろうか。

次の

聖書に、こんな言葉ありますか?

イナゴ 聖書

【聖書箇所】 ヨエル書 1章1~20節 ベレーシート• 「ヨエル書は、表現と主題の両面において人目を引くものがある。 真に迫った描写で、ヨエルと肩を並べることのできる者はほとんどいない。 災害に襲われた国土、いなごの大軍の来襲、裁きの谷にすべての国民が集められる終末の時についての描写は、筆力満点の傑作である。 」 「旧新約聖書全解」434頁 とする J・シンドロー・バクスターの評価を、ヘブル語を通してどれだけ真実なものであるかを実際に味わってみたいと思います。 ヨエル書の鍵語は「 いなご」と「 主の日」です。 この二つの鍵語がどう結び付くのか、そしてヨエルはそこにどんな希望を見出したのか。 そこに焦点を当ててみたいと思います。 前代未聞のいなごの来襲による大災害の警告• ヨエル書においては「いなご」のイメージは強烈です。 いなごによる災害が未曾有のものであることが以下のような表現で強調されています。 またその増殖力が特徴。 専門的には、翅 はね のある直翅類。 聖書の中では最も多く登場する語彙です。 24回。 第四回目の脱皮後、ただちに飛び立ち、太陽を覆うほどになります。 多くのバッタの総称とも言われます。 「それらのうち、あなたがたが食べてもよいものは次のとおりである。 」とあるように、三番目に記されている「こおろぎ」の類いです。 22節にある四つの種はみな、「翅足を持ち、それで地上を飛び跳ねる種」です。 これらはみな食べることが許されています。 新共同訳では「羽がないいなご」と訳されています。 レビ記11章22節にのみ登場します。 このバッタの幼虫 青虫、毛虫、いも虫 がイチジクやオリーブなどの果樹の葉を食べて被害を与えます。 ナホム書3章17, 17節の「ゴーヴ」は大形のバッタの幼虫期、ないしは若虫期のものと言われます。 幼虫期や若虫期のバッタは成虫以上に食欲が盛んで、大きな被害を与えるとされています。 この「ゴーヴ」のイメージが、ナホム書では神の「衛兵」の比喩として用いられています。 草を食い切り、なめ尽くす、バッタの幼虫です。 ヨエル書1章4節に「いなご アルベ が残した物は、ばった イェレク が食い」とありますが、翅のあるアルベが飛び去ったあとに、その幼虫が現われて残りを食い尽くすことは、実際にあり得る話です。 原語は「なめるもの」「たたむもの」の意味で、おそらく、小さな翅をたたんでいる状態の、若い発育中のばったさすのであろうと説明しています。 この「ハースィール」は、ある種のバッタ、その幼虫であるとされています。 いずれにしても、訳語の「食い荒らすいなご」から連想されるのは、大喰らいのいなごの幼虫ということになります。 このように、一口に「いなご」と言っても、多くの種類があることが分かります。 ヨエル書1章4節に登場する四種の「いなご」とは、順に以下の通りです。 ヨエル書の「いなご」は、私たちの想像を絶するようないなごの大軍です。 砂漠と草原地帯の乾燥した平原で、一定の熱さと湿気があり、ある条件を満たすと、突然爆発的にその数を増し群れとなって周囲に広がって行きます。 そして雲のように他の地域に移動しはじめるのです。 何千万、何億といういなごが雲のように来襲することで大災害をもたらすその経験がベースとなって、神の警告的な預言がなされているのです。 主の日は近い、その日が来る。 その警告的な預言とは、1章6節にあるように、「一つの国民がわたしの国に攻め上った。 力強く、数えきれない国民だ。 その歯は雄獅子の歯、それには雄獅子のきばがある。 」とあるというものです。 「一つの国民」と「力強く、数えきれない国民」は同義です。 つまり、外国 異邦人 の侵略者たちによる破滅的な神のさばきがもたらされるという警告です。 15節ではそのさばきは「その日」「主の日」と呼ばれます。 このことを後の世代に伝えよと命じられているのです。 【新改訳改訂第3版】ヨエル書1章3節 これをあなたがたの子どもたちに伝え、子どもたちはその子どもたちに、その子どもたちは後の世代に伝えよ。 4節と同様の修辞法です。 この修辞法の名称は分かりませんが、とても重要な事柄を忘れることなく、次の世代、その次の世代にも周知徹底させようとする呼びかけです。 伝えるべき「これ」とは、いなごの大軍の来襲に例えられる「力強く、数えきれない国民」 1:6 の来襲です。 それは、アッシリヤ、バビロン、ペルシャ、ギリシャ、ローマ、そして最後は反キリストによる勢力が考えられます。 神のご計画においては、歴史の中で登場する強国はすべて、終わりの時に来襲する反キリストの型なのです。 それゆえ、ヨエルの警告は現代にとってもこれから成就する預言なのです。 それゆえヨエルは、未曾有の出来事が襲う「主の日」に備えて幾つかの命令をしています。 その命令は以下のようにパラレリズムの修辞法によって表わされています。 1 2節 長老たちよ。 これを聞け。 この地に住む者もみな、耳を貸せ。 2 5節 酔っぱらいよ。 目をさまして、泣け。 すべてぶどう酒を飲む者よ。 泣きわめけ。 甘いぶどう酒があなたがたの口から断たれた 預言的完了形 からだ。 いなごの大軍に象徴される恐ろしい侵略と荒廃を予想させます。 3 14節 断食の布告をし、きよめの集会のふれを出せ。 長老たちとこの国に住むすべての者を、あなたがたの神、【主】の宮に集め、【主】に向かって叫べ。 訳語は同じでも、原語は指示代名詞付きの単数、複数と、異なっています。 「主の日」こそ、ヨエル書の主題であり、それは未曾有の神のさばきと、その後に来る終末の回復の希望が同時に現われる日なのです。 【新改訳改訂第3版】出エジプト記10章12~19節 12 【主】はモーセに仰せられた。 「あなたの手をエジプトの地の上に差し伸ばせ。 いなごの大群がエジプトの地を襲い、その国のあらゆる草木、雹の残したすべてのものを食い尽くすようにせよ。 」 13 モーセはエジプトの地の上に杖を差し伸ばした。 【主】は終日終夜その地の上に東風を吹かせた。 朝になると東風が いなごの大群を運んで来た。 14 いなごの大群はエジプト全土を襲い、エジプト全域にとどまった。 実におびただしく、こんな いなごの大群は、前にもなかったし、このあとにもないであろう。 15 それらは全地の面をおおったので、地は暗くなった。 それらは、地の草木も、雹を免れた木の実も、ことごとく食い尽くした。 エジプト全土にわたって、緑色は木にも野の草にも少しも残らなかった。 16 パロは急いでモーセとアロンを呼び出して言った。 「私は、おまえたちの神、【主】とおまえたちに対して罪を犯した。 17 どうか今、もう一度だけ、私の罪を赦してくれ。 おまえたちの神、【主】に願って、主が私から、ただこの死を取り除くようにしてくれ。 」18 彼はパロのところから出て、【主】に祈った。 19 すると、【主】はきわめて強い西の風に変えられた。 風はいなごを吹き上げ、葦の海に追いやった。 エジプト全域に、一匹のいなごも残らなかった。

次の

世界の終わり(終末)が近い?ヨハネの黙示録が現実になる

イナゴ 聖書

しかし、エジプトの王ファラオは、災いを収めるべく、一時的には要求を認めますが、災いが収まると、頑な (かたくな)になり、約束を反故にしてきました。 家臣たちも半ばあきれた様子でファラオに進言します。 「いつまであの男たちは、エジプトに災いをもたらし続けるのでしょう。 エジプトが滅びかかっているのが、おわかりにならないんですか。 いっそのこと、あいつらを立ち去らせてはどうですか。 」 その後、ファラオはモーセとアロンを呼び交渉します。 ファラオは、イスラエル人の男のみを連れていくなら、エジプトを去り、イスラエルの神ヤハウェのためのお祭りをすること許可します。 しかし、モーセとアロンは、男のみではなく、イスラエル人全員がエジプトを去り、ヤハウェのためのお祭りができるようにしてほしいとファラオに要求します。 結局、折り合いがつかず、第8の災い「イナゴの災い」が起こることになります。 その翌朝、東風に乗っていなごの大群がエジプトに押し寄せてきました。 イナゴが地の面をおおい、地は見えなくなるほどでした。 イナゴは雹(ひょう)の災いを免れて、野に残っていた草木をみな食い尽くし、イナゴが去ったあとには、緑色の草木は一本も残らないほど、すさまじい災いでした。 エジプト史上最大の被害をもたらしたといわれています。 聖書には、東風が作物を干からびさせる乾燥した熱風として記録されています。 イナゴは、一度羽を広げたら、風に乗って時速20キロで20時間飛ぶことがあるといわれています(参考・引用:Logos Ministries. org)。 Old Testament 主はモーセに言われた。 「手をエジプトの地に差し伸べ、いなごを呼び寄せなさい。 いなごはエジプトの国を襲い、地のあらゆる草、雹の害を免れたすべてのものを食い尽くすであろう。 」 モーセがエジプトの地に杖を差し伸べると、主はまる一昼夜、東風を吹かせられた。 朝になると、東風がいなごの大群を運んで来た。 いなごは、エジプト全土を襲い、エジプトの領土全体にとどまった。 このようにおびただしいいなごの大群は前にも後にもなかった。 いなごが地の面をすべて覆ったので、地は暗くなった。 いなごは地のあらゆる草、雹の害を免れた木の実をすべて食い尽くしたので、木であれ、野の草であれ、エジプト全土のどこにも緑のものは何一つ残らなかった。

次の