動画 作る アプリ 無料。 ムービー作るのにおすすめ! Final Cut Proの代わりになる無料アプリ6つ

ムービー作るのにおすすめ! Final Cut Proの代わりになる無料アプリ6つ(ギズモード・ジャパン)

動画 作る アプリ 無料

内なるオスカー受賞監督を解き放て…! 動画編集のハードルがかつてないほど低くなっています。 ちょっと前までは高価だった動画編集ソフトも、いまや値段が下がる一方。 無料編集アプリもいろいろと出てきています。 まともな素材が揃ってさえいれば、無料アプリを使いこなしてプロ顔負けの動画を作るのも夢ではないかも。 以下、米GizmodoのDavid Nield記者がオススメする無料動画編集アプリ6選です。 (macOS) Image: Gizmodo US 数ある動画編集アプリの中で、AppleのiMovieが特に優秀だとは言いません。 WindowsやAndroidでは使えませんし。 でも、Appleユーザーにとっては 素晴らしき無料アプリ。 データをiCloudに上げておけば、MacからiPhoneへ、iPadへと移行しながら編集を続けることができます。 右方向に進行する時間軸に沿って動画クリップや音源を並べていく タイムライン表示なので、ビギナーでも使いながら感覚的にやり方を覚えていけますし、高度なオプションやエフェクトが必要な人にもしっかり応えてくれます。 動画編集の基本である動画クリップのトリミングや分割などの操作に加え、クロップ、手ぶれ補正、ノイズ除去や、再生スピードの調整ができます。 オーディオ・タイトル・背景・トランジションは使い勝手がよく、あまり難しいことをやろうとしなければ充分でしょう。 また、オート修正機能もいくつか用意されているので、努力せずとも映像に磨きをかけられます。 すでにMacをお使いなら、まずはiMovieを試してみては。 (ウェブアプリ) Image: Gizmodo US どうせ編集し終わった動画をYouTubeで公開するのなら、同じところで編集するのも手です。 YouTubeの動画エディターはお使いのブラウザ上で起動するんですが、ちょっと見つけにくいのが難点。 YouTubeチャンネルを持っていることが前提となりますが、まず動画をYouTubeチャンネル上にアップロードし、左側のメニューから[エディタ]を選べば編集モードに移ります。 または、Googleアカウントをお持ちなら、にログインして、左側のメニューから[動画]を選択し、編集したい動画をクリックしてから再度左側のメニューで[エディタ]をクリックします。 YouTube Studioのエディターは、以前はYouTube上のクリエイターツールで行っていたことがほぼ全て可能となっています。 すでに編集し終わった動画を 公開前に最後の微調整を加える際に使うのがベスト。 分割やトリムはもちろんのこと、オーディオトラックを加えたり、ぼかし(モザイク)をかけることもできます。 ただし、いくつもの動画を組み合わせるような大きな編集作業には向いていません。 もうひとつ便利なのは、YouTubeで視聴後に出てくる エンドスクリーンの内容も編集できること。 次にどの動画に飛ぶかも選べます。 トランジションやタイトル字幕を入れたりするような凝ったことはできませんが、公開する動画を今一度リタッチしたい時のベーシックな動画編集機能が揃っています。 (Windows, macOS) Image: Gizmodo US プロ向けの動画編集ソフト「HitFilm Pro」を手がけるHitFilmが、ありがたくも無償提供しているのが「HitFilm Express」。 趣味でムービー作りを楽しみたい人なら、無料バージョンの機能性で充分以上に満足するはず。 テンプレートには頼らず 全部自分の手で作り上げたい!という人には特におすすめです。 インターフェースはシンプルで使いやすく、動画とオーディオファイルを無制限に読み込めます。 タイトル字幕やトランジションもお手のもの。 動画の細かいところまで編集したい時に使えるツールも満載で、アニメーションや合成ビデオも作成できます。 さらに、HitFilm Expressのチュートリアルがウェブ上に豊富にあるので、操作でわからないことがあったら検索すればたいてい答えが見つかるのもいいところ。 HitFilm Expressの基本操作に慣れてきたら、 拡張機能を買い足すこともできます。 クロマキー合成(グリーンバックを使った合成)、リアルな稲妻や火を再現したエフェクトなどを駆使すれば、より表現の幅が広がりそうです。 (Windows, macOS) Image: Gizmodo US OpenShotは オープンソースなので、有料の拡張機能ナシ、背後に潜むビッグテックの影響ナシ、アカウント登録する必要もナシ。 ダウンロードすればすぐに動画編集を始められますが、ほかのアプリと比べると動作が多少不安定で遅くなることも。 タイムライン上に表示できる動画とオーディオファイルの数は無制限で、 直感的なGUIのおかげで操作の仕方がわからないまま時間を無駄にすることもほとんどありません。 OpenShotには何百ものトランジションや数十のタイトルが含まれていて、それらをカスタマイズすることも可能です。 ずば抜けて洗練されている動画編集アプリではないものの、大体動画を作る際に必要な機能は揃っていて、誰でも操作できるわかりやすさを兼ね備えています。 ムービー作りに慣れてきたら、OpenShotのもっと高度な機能を駆使してアニメーションや合成ビデオを作成することも可能です。 (Windows, macOS) Image: Gizmodo US OpenShotとおなじく オープンソースの動画編集エディターで、ボランティアの手によって情報公開されているプログラムと拡張機能を組み合わせて作られています。 OpenShotと大差なく、どちらも機能性が高いもののちょっと粗削りな感じが否めません。 でも使い方次第では見栄えのする動画に仕上がるので、余裕があればOpenShotとShotcutのどちらも試してみては。 Shotcutもおなじみのタイムライン表示を中心としたインターフェイスで、動画やオーディオファイルを挿入したいところにドラグ&ドロップするだけでOK。 解像度とフレームレートが異なる動画クリップ同士も混ぜて使えますし、様々な動画フォーマットにも対応しています。 クリップを分割・統合する操作が非常にわかりやすく、明るさや色の調整を行うのもかんたんです。 フィルターやエフェクトがたくさん用意されていて、動画とオーディオファイルどちらでもいろいろと遊べます。 吹き替えやフェードイン効果も。 ほかのアプリに比べると高度な編集機能が揃っていませんが、無料で使える動画編集アプリとしてはなかなかのもの。 (Windows) Image: Gizmodo US VSDCには無料バージョンとプレミアムバージョンがありますが、とりわけ高度な編集機能を望まないかぎりは無料版で事足りるでしょう。 無料バージョンで始めた後にアップグレードすることも可能で、その場合は手ぶれ補正機能や複雑なクロマキー合成設定などを付け足すことができます。 こちらもタイムライン表示を主としたレイアウトで、動画クリップ、オーディオファイル、タイトル、トランジション、図形、アニメーションなどなどを好きなところにドラグ&ドロップできます。 インターフェイスの使いやすさはピカイチではないものの、 同じ動画を編集するのにいろんなアプローチができるのはこのアプリのいいところ。 VSDCは動画編集ビギナーにも使いやすいと同時に、熟練ユーザーが満足するような ピクセル単位での緻密なコントロール(たとえばクロップや色調整時)を可能にしているところが魅力的です。 使い慣れれば慣れるほどに、思いがけない恩恵をもたらしてくれる、そんな動画編集アプリです。 Reference: , , , , ,• Tags :•

次の

4ステップで簡単!無料で作る初心者向け動画作成方法|くるるの野望

動画 作る アプリ 無料

VivaVideo波動が作りに必要な機能を豊富に持っているアプリとなります。 多くの機能がありながら1つ1つの操作ボタンに機能名が描かれているので、 初心者であっても使いやすいことが特徴です。 フィルター、エフェクト、吹き出し、ステッカー、トラジションなど収録されている素材は幅広く、使う素材を選別して使うことが出来るためスマホの空き容量もしっかりと確保できます。 もちろんトリミング、再生速度変更、テキスト挿入など基本機能はしっかり網羅していますが、 著作権フリーで使うことができる素材を定期的に更新してくれています。 そのため、SNSやYouTubeなどで利用がOKとなりますので、とても助かります。 また、BGMを流しながら撮影ができますので、曲の尺にピッタリと合わせた映像を作ることができます。 操作ボタンは全て画面下に集められ、親指一本でも操作がしやすいようになっていて、たくさんの動画を編集途中のまま保存できますので、細切れ時間でちょっとずつ編集を進めることができます。 このアプリ内ではコミュニティ機能も搭載されています。 別のユーザーがどんな動画を作っているのか参考にできますし、良い動画がつくれたらみんなに見せて自慢もできます。 コメントやいいね機能を使って交流しつつ、お気に入りの投稿者をフォローすることで新着動画も見逃すことはありませんね。 動画編集の際に悩むテーマに合った編集がこの動画編集アプリでは問題にいたしません。 「ラブ」や「思い出」などの様々なテーマが豊富に存在し、撮りたいシーンに合わせて自由に選ぶことができます。 定番のハロウィンや季節、ホラーやコミックなど編集スタイルを自在に選ぶことができますので、好きな動画をいつでも作ることが可能です。 そして、好きな音楽やアプリ内の曲をBGMに使用可能です。 撮影した動画を、プロが作ったような映像作品に仕上げるために必要不可欠なBGMをアプリ内で選択することで、動画をより華やかにできますし、編集も自動でやってくれます。 まさにアプリ名のように、 わずか数分でハイクオリティーなBGM付きのムービーを簡単に作ることができます。 このアプリは高性能の動画編集アプリで、プロ並みの動画に仕上げることができます。 逆再生、スローモーション、字幕、エフェクトなど動画編集に必要な機能をほぼ抑えることができているアプリとなります。 演出がとても多彩となりますので、自分が作りたい動画をたくさん作ることができるはずです。 エフェクトを使うことで、動画の雰囲気をがらっと変えることも可能なので、同じ動画でも様々な雰囲気を出すことができますね。 タイムラインで編集できるので、PCソフトと同程度の作業が行えるということで、まるでPC並みの動画編集をスマホで行うことができるのです。 機能が多いので使いこなすのがとても大変ですが、 チュートリアル 使い方の説明 の動画もありますので安心してアプリを使うことができます。 そしてフルHD解像度で、YouTubeやSNSに投稿することができます。 自分が作った動画を友達や他の人に見せることができますので、自信ある作品を作り上げて自慢することができるのはもちろん、他の人が投稿する動画を見て学ぶこともできますね。 付ける歌詞はどんな英文でも大丈夫です。 例えば適当に「You are a best friend」のように適当に英文を入力すると、歌詞に自動に音楽をつけてミュージックビデオを作ってくれます。 音楽はスタンダードナンバーだけではなく、最新の洋楽ヒット曲も収録をしてあります。 膨大な洋楽データが収録されていますので、自分の好きな曲を使ってMVを作成することができますね。 また、映像の作成も可能で、いくつかの写真を繋げたり、動画を挟んだりすることで世界に一つだけのMVを作ることができます。 歌詞から映像までをこのアプリ一つで手掛けられますので、 まるでプロデューサーになった気分を味わえます。 自作したMVはコミュニティで公開することが可能です。 クオリティの高い投稿には「いいね!」がたくさんつきますので、他の人からの反響があると作り甲斐も出てきます。 撮った動画を保存することが出来ますので、面白いMVがあれば保存しておくことをオススメします。 もし好きな投稿者がいればフォローすることもできますので、最新の投稿を見逃すことはありません。 動画編集と聞くと、とっても難しくてPCが得意じゃないと出来ないというイメージがあると思いますが、それは現在ではスマホで誰でも簡単に動画編集をすることができるのです。 撮影した動画を繋げて、いらない部分をカットして、文字を入れて、BGMをつけてなどをしていきます。 基本的なことがタッチ操作だけでスムーズに行うことができます。 カット編集や音楽挿入、テキスト挿入など基本的な編集機能を網羅もしていますので、自分好みの動画を作ることも難しくありません。 説明書自体は一切不要で、触っていくだけで操作方法がわかっていくほど簡単なアプリとなっています。 小難しい説明や詳しすぎる説明書があると、一見親切ではありますが、なかなか読まないことも多いですよね。 そんなあなたにはピッタリな動画編集アプリとなっています。 自分のオリジナルの動画編集を終えたら、YouTubeやFacebookへスムーズに公開することができます。 自分で作った動画を自分だけで見ることも楽しいですが、せっかくであれば友達にも見せたいですよね。 動画サイトやSNSに投稿して、あなたの作品を友達に見せて自慢してしまいましょう。 まるでCMのような動画を作ることができるアプリです。 使いたい写真を5枚以上選ぶだけでアプリが勝手にショートムービーを作ってくれますので、あとはテーマを選ぶだけとなります。 自坊で動画を作成してくれますので、編集の技術やセンスは全く必要ありません。 初めて動画を作る人にはとても安心してアプリを使うことができますね。 また、豊富な種類のテーマが選べ、いろんなテイストのムービーを作ることができます。 そして動画には音楽もついてきます。 テーマごとに音楽などが異なりますので、雰囲気も変わってきます。 自分が作りたいと思ったイメージの合うものを選んで動画編集を楽しみましょう。 音楽だけは自分好みに選び直すことも可能です。 少し動画編集に慣れてきましたら、少しずつオリジナルを取り入れて動画編集を楽しみたいですね。 動画作成アプリは大抵、先に動画を撮ってからBGMを挿入するという流れで造ることが多いです。 しかし、それですとBGMと動画をマッチさせるのが大変だと思います。 ですが、このアプリなら 最初にBGMとなる音楽を決めてから動画を撮るという斬新的な逆パターンが採用されています。 選んだ音楽の好きな部分をカットして、あとはカメラを回すだけでOK。 邦楽や洋楽問わず話題曲や人気曲を多数収録しています。 自分の好きな曲を好きなところだけ使うことが出来ますので、自分だけの動画撮影を可能にします。 楽曲を先に決めてしまうため、先に撮影時間が決まってしまうという制約が生まれますが、逆にだらだらとしないスマートな動画撮影ができますね。 また、作った動画を他の人と楽しむこともできます。 SNS機能が搭載されており、タイムラインで友達とコメントを付け合って交流することができます。 女性のための動画マガジン『C Channel』から、 タテ動画に特化した動画撮影アプリが登場しました。 タテ画面なので、スマホでも見やすく、全身をのびのび写すことができるのが特徴です。 料理特化やシックなものなど、幅広いフィルターの数々が用意されています。 様々なフィルターがあるので、たくさんの種類の動画を造ることができますね。 複数シーンの繋ぎ合わせやBGMなど、高度な編集機能も用意されています。 余分な部分を切り取るトリミングや再生速度の調整、テロップの記入など、基本的な編集機能も揃っています。 他にもピアノ演奏やボサノヴァなど、心地よい様々なBGMを挿入できます。 中でも便利なのが、シーンの入れ替え編集で、複数のシーンをドラッグ&ドロップすることで、簡単にシーンの編集が可能です。 C Channelや院スタへの投稿がワンタップでできてしまいます。 仲の良い友達におしゃれな動画を見せることができますね。 Androidスマホの動画編集アプリ まとめ 以上がスマホの動画編集アプリのオススメでした。 実際に使ってみたい動画編集アプリはありましたでしょうか? 今回ご紹介させていただいたアプリはApplivのページから気になる口コミや評判などを見ることができます。 そのため、実際に使われた方の意見を参考にすることもできますね。 これらアプリは全て無料のアプリとなっていますので、たとえ自分に合っていないと思われたとしても、すぐに帰ることができますので安心ですね。 一見、難しいと思いとっつきにくそうな動画編集ですが、現在は簡単にスマホ一つで宅性、編集をすることができます。 動画編集が好きな人はもちろん、今まで作ったことがない人も満足できるアプリが見つかると思いますので、この機会に動画編集のプロになってみませんか?.

次の

スマホで動画を簡単に作る!動画作成アプリの選び方と推奨アプリ7選

動画 作る アプリ 無料

スライド動画をつくる目的 素晴らしいスライドショーを作ったとき、動画としても公開することで多くのユーザに見てもらうことを狙います。 具体的には以下のような目的があります。 YouTubeなどのユーザにリーチできる• YouTubeなどのサイトからユーザが流入する• Googleの検索にひっかかる ステップ1 — 準備 以下の2つをインストールしてください。 Microsoftのページからダウンロードできます。 ムービー メーカー — Microsoft Windows Windows Media Player の入手 — Microsoft Windows ステップ2 — 画像の作成、選定 スライドショーに使用する画像の作成、選定を行います。 とりあえず今回は適当にジェイ(LIG初代広報担当)の写真を何枚か使ってみます。 ステップ3 — 画像の選択 スライドに使う画像を選択します。 後から順番は変更できるので、使う画像を全て選択しましょう。 ステップ4 — エフェクト追加 アニメーション、視覚効果で動きなど設定できるのでいじってみてください。 今回は以下のような設定です。 文字など適当に設定しましょう。

次の