下野 新聞 ニュース。 コロナ感染で給食調理から外す 栃木市教委「保護者が不安」、疑問の声も(下野新聞SOON)

下野新聞

下野 新聞 ニュース

(11年)創刊。 と資本・協力関係にある。 この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2020年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2020年5月) 朝刊のみの発行で、発行部数(調べ)は約31万部。 栃木県内の普及率は4割を超え、全国紙の・・・を抑えて最も購読されている。 の地方紙としてはのと共に、全国紙を上回るシェアを持つ数少ない新聞である。 販売・配達エリアは栃木県内全域と隣接するの一部など。 に栃木(現・)の万象堂が発行した「杤木新聞」が始まりで、県内他新聞との合併を行いながら6年余り発行される。 その間にはらが編集者として名を連ねている。 3月に「下野旭新聞」を発行していた『鶏鳴社』と合併し、本拠地を宇都宮へ移転、同日付より現題名となった。 当初は1884年3月に現在の題字になった年を創刊とみなしていたが、上記の事情で付けに旧栃木新聞が創刊した1878年を創刊とみなし、この日の紙齢は前記・1884年からの号数「42338号」に、初代栃木新聞の合計号数「781号」を追加した「43019号」として発行した。 よって「42339号-43018号」は存在しないことになる。 (16年)に経営難からの支援を受ける一方、一県一紙の国策で栃木県の代表紙となり県内の他新聞社を吸収している。 (18年)4月より紙面製作はの本社で行い、印刷は本体から分社した下野新聞印刷センター()で行っている。 県域紙として栃木県内での影響力は大きく、県域テレビ「」・ラジオ局「」、「」の設立にも大きく関与している。 沿革 [ ]• - (第1次) 杤木新聞創刊(月8回刊、発行所・万象堂(・))(1950年創刊 - 1994年廃刊の「」とは別物)• 1878年 - 第1次杤木新聞、計37号で休刊• - (第2次)栃木新聞創刊(隔日刊、発行所・共進社)• - 第2次栃木新聞休刊• 1882年 - の足利新報と対等合併し(第3次)栃木新聞創刊(発行所・旭香社)• - 第3次栃木新聞、計305号で休刊• 1884年 - 宇都宮の鶏鳴社と合併、河内郡宇都宮町池上町45番地に移転し 下野新聞 創刊(タブロイド4ページ、発行所・旭香社、以後2006年5月まで、発行号数はこの日を1号として数える)• - 日刊化(4ページ)• - 衆議院議長を批判したため1週間の発行停止を受ける• - 宇都宮市池上町51番地に洋風2階建て社屋を建設、移転• - 株式会社に改組、下野新聞株式会社と改称• - の講和条約に反対し4日間の発行停止を受ける• - 足利町で「両野新報」発行• - 日光-宇都宮マラソン大会開催• - 鉄筋コンクリート3階建の新社屋完成(宇都宮市本町4番11号、現在の下野新聞ビル「ホテル・ザ・セントレ」所在地)• 9月1日 - で東京各紙発行不能のため、9月7日まで下野新聞を東京に送る• - 夕刊創刊• - 発行号数15,000号• 4月1日 - 第1回「下野美術展」を主催• - 経営難から東京日日新聞(現・)の支援を受ける• 1941年 - 夕刊休刊(以後、再刊はされていない)• 1941年 - 一県一紙の国策により栃木県の代表紙となり、数社を合併する• 4月1日 - 新聞非常措置令により毎日・朝日・読売の持ち分21万部を全県下供給• 1945年7月12日 - 宇都宮大空襲の戦災により発行不能となり毎日新聞に委託、発行を続ける• 1945年 - 自力発行を再開• - 発行号数25,000号、下野奨学会、県農業コンクールを新設• - 県域中波ラジオ局「ラジオ栃木(現・)」設立にあたり資本参加(初代社長に下野新聞社社長・福嶋悠峰(武四郎)が就任)• 4月1日 - 同日開局した「ラジオ栃木」へニュース情報の協力・提供開始• 1月1日 - プレプリント方式によるカラー印刷を開始• 4月1日 - 栃木県政経懇話会を設立• - 発行号数30,000号、下野県民賞を制定• - 鉛の活字を使わないコンピュータシステム完成• - 現・所在地に新本社屋完成• 10月 - によるカラー印刷開始• 3月7日 - 創刊100年• - 発行号数35,000号• 1986年 - 下野新聞文化福祉事業団設立• 4月 - 下野文学大賞創設• 9月 - 中国浙江日報社と友好関係樹立• 4月1日 - 県域FMラジオ局「」設立にあたり資本参加• 1993年 - 株 下野新聞アドセンター設立• 3月24日 - 開局前のを開始した「エフエム栃木」へニュース原稿の提供開始• - 県域テレビ局「」設立にあたり資本参加• 1997年7月 - 本社新館完成• - 本社スタジオから同日開局した「とちぎテレビ」へニュース中継開始• 1999年 - 創刊115年を機に下野新聞編集綱領を制定• - 発行号数40,000号• 2000年11月 - 編集紙面がコンピューター組版システムに完全移行• 1月1日 - 記事・写真のデータベース蓄積開始• 2001年4月 - 題字変更• - 「しもつけ21フォーラム」創設• 3月7日 - 創刊120年、創刊年を1884年ではなく杤木新聞が創刊された1878年に改めると発表• - 印刷部門を分離し(株)下野新聞印刷センター設立、鹿沼工業団地内に新印刷センター竣工• 2006年 - 発行号数42,237号• 2006年6月1日 - 創刊日を1878年6月1日に正式に改め、これまでの発行号数に栃木新聞時代の781号を加算、43,019号とする(創刊128周年)• 12月 - との間で緊急事態が発生した場合の新聞発行に関する相互支援協定を締結• - 茨城新聞を印刷する読売新聞茨城西工場がで被災したため、3月12日及び13日付の朝刊印刷を代行• 2011年10月11日 - と緊急時の新聞発行に関する相互支援協定を締結• 2011年11月25日 - と緊急時の新聞発行に関する相互支援協定を締結• 6月1日 - 宇都宮市に常設のカフェ「下野新聞NEWS CAFE」をオープン 本社 [ ] 一丁目8番11号 支社・総局・支局 [ ] この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2020年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2020年5月)• 第1次 1878年6月1日 - 11月2日(計37号) 題字は「杤木新聞」、発行所は栃木(現・栃木市)の万象堂、月8回刊。 紙面にははっきり書いてないが、交付式新聞(県が発行代金の一部を負担するかわりに、県の命令などを知らせるための記事も載せた新聞)だったと考えられている。 [ ]• 第2次 1879年8月2日 - 1882年7月31日 発行所は共進社、隔日刊。 田中正造が編集長になり、紙面上で国会の設立を訴える。 足利新報との合併準備のため1882年7月31日付を最後に休刊した。 なお、田中正造は合併に反対し、合併前の1882年5月に退社している。 ただしこれは田中の記述を元にしており、他の関係者の記述では、田中は退社後も合併準備のために走り回り、第3次栃木新聞の発刊を見届けるところまで関係していたともいう。 第3次 1882年9月2日 - 1884年2月21日 足利(現・足利市)の足利新報と対等合併。 発行所名は足利新報の旭香社を引継ぎ、題字は栃木新聞を継承した。 宇都宮で「下野旭新聞」を発行していた鶏鳴社との合併・移転準備のため1884年2月21日付で休刊。 なお「下野旭新聞」についてはほとんど記録がないが、発行回数などはあまり多くなかったらしい。 [ ] 関連事業・イベント等 [ ]• 下野教育書道展• 下野教育美術展• 下野新聞小学生読書感想文コンクール• しもつけスケッチコンクール• 下野奨学会• 下野新聞ハウジングセンター• 下野新聞NEWS CAFE• 栃木県少年サッカー大会(栃木放送と共催) 関連会社 [ ]• 脚注 [ ]• 新聞情報. 2019年5月18日• ただし、記事交流はなく、ホームページのリンク等にも毎日新聞社へのリンクはない。 これは同じく毎日新聞と資本、協力関係にあるも同様である• 2019年11月6日閲覧。 関連項目 [ ]• - 栃木県出身のお笑い芸人。 漫才のネタとして使用。 外部リンク [ ]•

次の

下野新聞電子版

下野 新聞 ニュース

栃木市の給食調理員3人が4月に新型コロナウイルスへの感染が確認されたことを受け、市教委が「(3人が)今後、学校給食の調理作業に携わらないことになった」などと保護者らに通知していたことが4日、分かった。 同日の栃木県議会文教警察常任委員会で、委員から「人権問題になるのではないか」と疑問の声が上がった。 市教委などによると、3人の意向を踏まえながら、技能労務職(調理員や業務員、道路補修作業員など)内の調理員以外の異動先を検討しているという。 理由について市教委は「陰性になっても再び陽性になる人もいるとの話もある。 保護者から『不安』という声もあった。 安全な給食の提供を第一に考えた」などと説明。 通知は1日付で、関係する学校の保護者に学校を通して行われた。 常任委で小池篤史(こいけあつし)委員(民主市民クラブ)は「仮に感染を理由に職場から外されたということになると人権問題になる」などと指摘。 県教委は「栃木市の事例は詳細を承知していない」とした上で「教員や児童生徒などは原則として治癒をすれば、学校に戻ってこられるのが前提」と答えた。 同市では4月、給食調理員3人を含む50~70代の技能員男女4人の感染が確認され、関係する校舎や調理場のほか、体育館や校庭などを消毒した。 県は「クラスター(感染者集団)とは断定できない。 感染経路は不明」などとしていた。

次の

コロナ感染で給食調理から外す 栃木市教委「保護者が不安」、疑問の声も(下野新聞SOON)

下野 新聞 ニュース

(11年)創刊。 と資本・協力関係にある。 この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2020年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2020年5月) 朝刊のみの発行で、発行部数(調べ)は約31万部。 栃木県内の普及率は4割を超え、全国紙の・・・を抑えて最も購読されている。 の地方紙としてはのと共に、全国紙を上回るシェアを持つ数少ない新聞である。 販売・配達エリアは栃木県内全域と隣接するの一部など。 に栃木(現・)の万象堂が発行した「杤木新聞」が始まりで、県内他新聞との合併を行いながら6年余り発行される。 その間にはらが編集者として名を連ねている。 3月に「下野旭新聞」を発行していた『鶏鳴社』と合併し、本拠地を宇都宮へ移転、同日付より現題名となった。 当初は1884年3月に現在の題字になった年を創刊とみなしていたが、上記の事情で付けに旧栃木新聞が創刊した1878年を創刊とみなし、この日の紙齢は前記・1884年からの号数「42338号」に、初代栃木新聞の合計号数「781号」を追加した「43019号」として発行した。 よって「42339号-43018号」は存在しないことになる。 (16年)に経営難からの支援を受ける一方、一県一紙の国策で栃木県の代表紙となり県内の他新聞社を吸収している。 (18年)4月より紙面製作はの本社で行い、印刷は本体から分社した下野新聞印刷センター()で行っている。 県域紙として栃木県内での影響力は大きく、県域テレビ「」・ラジオ局「」、「」の設立にも大きく関与している。 沿革 [ ]• - (第1次) 杤木新聞創刊(月8回刊、発行所・万象堂(・))(1950年創刊 - 1994年廃刊の「」とは別物)• 1878年 - 第1次杤木新聞、計37号で休刊• - (第2次)栃木新聞創刊(隔日刊、発行所・共進社)• - 第2次栃木新聞休刊• 1882年 - の足利新報と対等合併し(第3次)栃木新聞創刊(発行所・旭香社)• - 第3次栃木新聞、計305号で休刊• 1884年 - 宇都宮の鶏鳴社と合併、河内郡宇都宮町池上町45番地に移転し 下野新聞 創刊(タブロイド4ページ、発行所・旭香社、以後2006年5月まで、発行号数はこの日を1号として数える)• - 日刊化(4ページ)• - 衆議院議長を批判したため1週間の発行停止を受ける• - 宇都宮市池上町51番地に洋風2階建て社屋を建設、移転• - 株式会社に改組、下野新聞株式会社と改称• - の講和条約に反対し4日間の発行停止を受ける• - 足利町で「両野新報」発行• - 日光-宇都宮マラソン大会開催• - 鉄筋コンクリート3階建の新社屋完成(宇都宮市本町4番11号、現在の下野新聞ビル「ホテル・ザ・セントレ」所在地)• 9月1日 - で東京各紙発行不能のため、9月7日まで下野新聞を東京に送る• - 夕刊創刊• - 発行号数15,000号• 4月1日 - 第1回「下野美術展」を主催• - 経営難から東京日日新聞(現・)の支援を受ける• 1941年 - 夕刊休刊(以後、再刊はされていない)• 1941年 - 一県一紙の国策により栃木県の代表紙となり、数社を合併する• 4月1日 - 新聞非常措置令により毎日・朝日・読売の持ち分21万部を全県下供給• 1945年7月12日 - 宇都宮大空襲の戦災により発行不能となり毎日新聞に委託、発行を続ける• 1945年 - 自力発行を再開• - 発行号数25,000号、下野奨学会、県農業コンクールを新設• - 県域中波ラジオ局「ラジオ栃木(現・)」設立にあたり資本参加(初代社長に下野新聞社社長・福嶋悠峰(武四郎)が就任)• 4月1日 - 同日開局した「ラジオ栃木」へニュース情報の協力・提供開始• 1月1日 - プレプリント方式によるカラー印刷を開始• 4月1日 - 栃木県政経懇話会を設立• - 発行号数30,000号、下野県民賞を制定• - 鉛の活字を使わないコンピュータシステム完成• - 現・所在地に新本社屋完成• 10月 - によるカラー印刷開始• 3月7日 - 創刊100年• - 発行号数35,000号• 1986年 - 下野新聞文化福祉事業団設立• 4月 - 下野文学大賞創設• 9月 - 中国浙江日報社と友好関係樹立• 4月1日 - 県域FMラジオ局「」設立にあたり資本参加• 1993年 - 株 下野新聞アドセンター設立• 3月24日 - 開局前のを開始した「エフエム栃木」へニュース原稿の提供開始• - 県域テレビ局「」設立にあたり資本参加• 1997年7月 - 本社新館完成• - 本社スタジオから同日開局した「とちぎテレビ」へニュース中継開始• 1999年 - 創刊115年を機に下野新聞編集綱領を制定• - 発行号数40,000号• 2000年11月 - 編集紙面がコンピューター組版システムに完全移行• 1月1日 - 記事・写真のデータベース蓄積開始• 2001年4月 - 題字変更• - 「しもつけ21フォーラム」創設• 3月7日 - 創刊120年、創刊年を1884年ではなく杤木新聞が創刊された1878年に改めると発表• - 印刷部門を分離し(株)下野新聞印刷センター設立、鹿沼工業団地内に新印刷センター竣工• 2006年 - 発行号数42,237号• 2006年6月1日 - 創刊日を1878年6月1日に正式に改め、これまでの発行号数に栃木新聞時代の781号を加算、43,019号とする(創刊128周年)• 12月 - との間で緊急事態が発生した場合の新聞発行に関する相互支援協定を締結• - 茨城新聞を印刷する読売新聞茨城西工場がで被災したため、3月12日及び13日付の朝刊印刷を代行• 2011年10月11日 - と緊急時の新聞発行に関する相互支援協定を締結• 2011年11月25日 - と緊急時の新聞発行に関する相互支援協定を締結• 6月1日 - 宇都宮市に常設のカフェ「下野新聞NEWS CAFE」をオープン 本社 [ ] 一丁目8番11号 支社・総局・支局 [ ] この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2020年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2020年5月)• 第1次 1878年6月1日 - 11月2日(計37号) 題字は「杤木新聞」、発行所は栃木(現・栃木市)の万象堂、月8回刊。 紙面にははっきり書いてないが、交付式新聞(県が発行代金の一部を負担するかわりに、県の命令などを知らせるための記事も載せた新聞)だったと考えられている。 [ ]• 第2次 1879年8月2日 - 1882年7月31日 発行所は共進社、隔日刊。 田中正造が編集長になり、紙面上で国会の設立を訴える。 足利新報との合併準備のため1882年7月31日付を最後に休刊した。 なお、田中正造は合併に反対し、合併前の1882年5月に退社している。 ただしこれは田中の記述を元にしており、他の関係者の記述では、田中は退社後も合併準備のために走り回り、第3次栃木新聞の発刊を見届けるところまで関係していたともいう。 第3次 1882年9月2日 - 1884年2月21日 足利(現・足利市)の足利新報と対等合併。 発行所名は足利新報の旭香社を引継ぎ、題字は栃木新聞を継承した。 宇都宮で「下野旭新聞」を発行していた鶏鳴社との合併・移転準備のため1884年2月21日付で休刊。 なお「下野旭新聞」についてはほとんど記録がないが、発行回数などはあまり多くなかったらしい。 [ ] 関連事業・イベント等 [ ]• 下野教育書道展• 下野教育美術展• 下野新聞小学生読書感想文コンクール• しもつけスケッチコンクール• 下野奨学会• 下野新聞ハウジングセンター• 下野新聞NEWS CAFE• 栃木県少年サッカー大会(栃木放送と共催) 関連会社 [ ]• 脚注 [ ]• 新聞情報. 2019年5月18日• ただし、記事交流はなく、ホームページのリンク等にも毎日新聞社へのリンクはない。 これは同じく毎日新聞と資本、協力関係にあるも同様である• 2019年11月6日閲覧。 関連項目 [ ]• - 栃木県出身のお笑い芸人。 漫才のネタとして使用。 外部リンク [ ]•

次の