中島健人 ハニーゴールド。 中島健人くん26歳のお誕生日おめでとう|misaki|note

初耳学のハニーゴールドケンティー・平野紫耀・中島が話題

中島健人 ハニーゴールド

ジャニーズ事務所の人気グループ『Sexy Zone』(セクゾ)の中島健人(25)と、『King&Prince』(キンプリ)の平野紫耀(22)が、2020年1月1日より新プロジェクトを始動することを発表した。 「2020年、僕らの大きな挑戦が始まる! Our big challenge begins in 2020!」というメッセージとともに、ハッシュタグ「 中島健人 SexyZone 平野紫耀 KingandPrince KS2020 健人と紫耀2020」が添えられた。 2つの人気グループの垣根を越えた新プロジェクトということもあり、発表直後から大きな話題を呼び、アカウント開設1時間でフォロワーは10万人を突破。 1月7日現在でフォロワー数は34万人を超えている 多くのファンを持つ2人の新プロジェクトに熱い声援が飛ぶ中、芸能プロ関係者はこう話す。 「中島と平野の新プロジェクトは盛り上がること必至ですよね。 ただ、その一方でセクゾについては、昨年夏頃より大変動が起こりそうだと関係者の間ではもっぱらだったんです。 解散説やメンバーの脱退説までありました。 さらに『文春オンライン』では、セクゾメンバーのマリウス葉(19)が、「アイドルをやっている自分は本当の自分ではない」と、悩んでいると伝えている。 2018年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)でセクゾはメインパーソナリティを務めたが、番組終了後にマリウスが、「ジャニーズを辞めたい」と、泣きながら関係者に訴えたという。 第2の『修二と彰』に!? 2018年まで『NHK紅白歌合戦』に出場していましたが、2019年の紅白に出場することは叶いませんでした。 これもセクゾを後押ししてきたジャニー氏が亡くなったからだともささやかれています。 紅白にも出られず、今後の方向性も見えないため、メンバーとしてもどう頑張っていいのか分からないといった戸惑いもあったのかもしれません。 そんなセクゾにあって、1人やる気を見せているのが中島だといいます。 彼はかなりの体育会系で、他のメンバーに対して厳しく当たることもあるとか。 中島が熱くなってしまうのは仕事への理想が高く、セクゾをより良くしていきたいからでしょうが、厳しいことを言われた佐藤勝利(23)をはじめとするメンバーは落ち込んでしまうこともあるようです。 そのため、不仲説もささやかれてきましたが、グループの立て直しの足掛かりとして、今回のプロジェクトが始動することになるのではないでしょうか。 『修二と彰』の例もありますからね」(前出の芸能プロ関係者) 『修二と彰』とは、当時、NEWSのメンバーだった山下智久(34)とKAT-TUNの亀梨和也(33)によるユニット。 その楽曲『青春アミーゴ』は、2005年オリコン年間シングルランキング1位の大ヒットとなった。 「KAT-TUNのCDデビューの前年となる2005年に『青春アミーゴ』をリリースし、その後、亀梨が所属するKAT-TUNの知名度も一気に上がりました。 中島と平野のプロジェクトでも、人気急上昇中のキンプリと低迷気味のセクゾがタッグを組むことで、それぞれのグループを盛り上げていこうという狙いがあるのではないでしょうか。 『青春アミーゴ』は、ドラマ『野ブタ。 をプロデュース』(日本テレビ系)の主題歌になりましたが、中島と平野のユニットの楽曲も、何かしらのタイアップは当然あるはず。 2020年にはセクゾとキンプリが手を取り合って、ジャニーズを盛り上げていくのかもしれませんね」(前同) 中島&平野のユニットは、修二と彰を超える人気ユニットになれるのか!? 大いなる期待とともに見守りたい。 22 ID:XeUZLuJu0 「実は、『ミッドナイト・ランナー』のキャストには、平野だけでなく中島の名前も入っているそうなんです。 「飛ぶ鳥を落とす勢いのキンプリに対し、セクゾは先輩グループではあるものの、やや頭打ち感が否めない状況。 そのため、このタッグについて『平野人気をセクゾ側が利用している』といった指摘が一部ネット上で飛び交うなど、両ファンの間に不穏な空気が漂っていたのです。 「このドラマ枠はジャニーズが主演、または出演する機会が多いことから、『ジャニーズ枠』とも呼ばれています。

次の

【芸能】平野紫耀&中島健人「新ユニット」結成の裏に『Sexy Zone』の内部崩壊!

中島健人 ハニーゴールド

中島健人くん、26歳のお誕生日おめでとうございます!今年もこの日を祝えることを嬉しく思います。 健人くん25歳の1年間。 振り返ってみると、健人くん自身は「デビューしてからこんなに時間に余裕があるのは初めて」と語っていましたが、それでも毎日のように大好きが更新されていくめまぐるしい日々でした。 ひとつひとつのお仕事に全力で向き合いながら、沢山インプットができた今年は、健人くんとしても充実した時間が過ごせたのではないでしょうか。 まず、今年の健人くんの一大トピックといえば、やはり髪色七変化ではないかと思います。 生放送で突然ハニーゴールドがお披露目された時には、すでにかっこいいのにさらにかっこよくなってしまって、どうしたらいいの?????と混乱してしまうほどの衝撃。 役作りかと思いきや、シングルのために人生初ブリーチをしただなんて…健人くんのSexy Zoneの活動にかける想い、情熱にもまた衝撃を受けました。 麒麟の子発売時に健人くんが考案したハッシュタグでみんなで盛り上がれたのは、すごく楽しかったです。 ハニーゴールドに始まり、その後も、ロシアングレイ、極東シルバーなど、いろいろな髪色で私たちを楽しませてくれましたね。 健人くんは本当に私たちを楽しませる天才です。 今年は特に、健人くんが今まで積み重ねてきたものが評価され、ご縁が繋がったお仕事がたくさんあったような気がします。 京成スカイライナーのCMキャラクターは、健人くんが今まで信念を持って発信し続けてきた「Sexy」の概念が認められて実現に至ったお仕事であり、まさに健人くんにしかできないお仕事で今までの努力の結晶だったと思います。 私もスカイライナーに乗って成田空港まで広告を見に行きましたが、国際線到着ロビーの大スクリーンに映る京成王子の姿を目にした時は涙が出そうになりました。 そして、25歳の健人くんの集大成とも言えたWOWOWのアカデミー賞リポーター抜擢。 大きなプレッシャーがあったとは思いますが、夢の舞台でハリウッドスターたちに堂々とインタビューする姿からは、健人くんの「映画が好きで好きでたまらない!」という純粋な気持ちが伝わってくるようで、見ていてこちらまで幸せな気持ちになりました。 さらに事後番組では、レッドカーペットインタビューのために沢山の準備をしていたことを知り、胸がいっぱいになりました。 夢を見るだけでなく、それを叶えるだけの地道な努力を粘り強く続けることができる健人くんは本当にかっこいいと思うし、尊敬しています。 また来年も、レッドカーペットでインタビューをする健人くんが見られますように。 、そして冠特番などでのグループ活動、砂の器での俳優としての姿、ディズニーDXのお仕事で夢だったカリフォルニアロケに行ったこと、そして死闘を繰り広げたゴチ 、レギュラー出演でで毎週存在感を放っていた初耳学、そして雨の日も風の日もジャニーズウェブのサーバーがイカれてしまった日も、絶やすことなく毎日寄り添ってくれたKTT。 今回は自分が特に印象に残ったことについて書きましたが、健人くんはここに書き切れないほどたくさんのお仕事ひとつひとつに最大限の愛を捧げていました。 25歳の1年は、愛に溢れた素敵な1年間だったと思います。 日々進化し続けて、いつでも今が史上最高にかっこいいと思わせてくれる健人くんが大好きです。 健人くんの努力が身を結び、ひとずつ夢を叶えていくところを見届けられるのが本当に嬉しい。 そんな健人くんを見ていると、自分も自分の人生を頑張ろうと思える。 こんなふうに思わせてくれるアイドルに出会えた自分は幸せ者だなと思っています。 生まれてくれてありがとう。 アイドルになってくれてありがとう。 私の人生に現れてくれてありがとう。 連ドラの撮影やコンサートリハなどハードな日々で、26歳の健人くんもすでに全速力でスタートダッシュを切っているかと思いますが、どうか身体にだけは気をつけて頑張ってください。 26歳の1年も、素敵な出会いに恵まれ、健やかで、愛と幸せに満ちた1年間になりますように。 最後に、PAGESツアーのアンコールで健人くんが私たちに贈ってくれた言葉でこの文章を締めたいと思います。 この言葉は、健人くんがこれまで、これから、そして今、そのすべての時間に愛を注いでくれているのが伝わってくるようで、大好きな言葉です。 健人くん、お誕生日おめでとう。 今日も好きだよ。

次の

ハニゴッティー初降臨ゴチ

中島健人 ハニーゴールド

ジャニーズ事務所の人気グループ『Sexy Zone』(セクゾ)の中島健人(25)と、『King&Prince』(キンプリ)の平野紫耀(22)が、2020年1月1日より新プロジェクトを始動することを発表した。 「2020年、僕らの大きな挑戦が始まる! Our big challenge begins in 2020!」というメッセージとともに、ハッシュタグ「 中島健人 SexyZone 平野紫耀 KingandPrince KS2020 健人と紫耀2020」が添えられた。 2つの人気グループの垣根を越えた新プロジェクトということもあり、発表直後から大きな話題を呼び、アカウント開設1時間でフォロワーは10万人を突破。 1月7日現在でフォロワー数は34万人を超えている 多くのファンを持つ2人の新プロジェクトに熱い声援が飛ぶ中、芸能プロ関係者はこう話す。 「中島と平野の新プロジェクトは盛り上がること必至ですよね。 ただ、その一方でセクゾについては、昨年夏頃より大変動が起こりそうだと関係者の間ではもっぱらだったんです。 解散説やメンバーの脱退説までありました。 さらに『文春オンライン』では、セクゾメンバーのマリウス葉(19)が、「アイドルをやっている自分は本当の自分ではない」と、悩んでいると伝えている。 2018年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)でセクゾはメインパーソナリティを務めたが、番組終了後にマリウスが、「ジャニーズを辞めたい」と、泣きながら関係者に訴えたという。 第2の『修二と彰』に!? 2018年まで『NHK紅白歌合戦』に出場していましたが、2019年の紅白に出場することは叶いませんでした。 これもセクゾを後押ししてきたジャニー氏が亡くなったからだともささやかれています。 紅白にも出られず、今後の方向性も見えないため、メンバーとしてもどう頑張っていいのか分からないといった戸惑いもあったのかもしれません。 そんなセクゾにあって、1人やる気を見せているのが中島だといいます。 彼はかなりの体育会系で、他のメンバーに対して厳しく当たることもあるとか。 中島が熱くなってしまうのは仕事への理想が高く、セクゾをより良くしていきたいからでしょうが、厳しいことを言われた佐藤勝利(23)をはじめとするメンバーは落ち込んでしまうこともあるようです。 そのため、不仲説もささやかれてきましたが、グループの立て直しの足掛かりとして、今回のプロジェクトが始動することになるのではないでしょうか。 『修二と彰』の例もありますからね」(前出の芸能プロ関係者) 『修二と彰』とは、当時、NEWSのメンバーだった山下智久(34)とKAT-TUNの亀梨和也(33)によるユニット。 その楽曲『青春アミーゴ』は、2005年オリコン年間シングルランキング1位の大ヒットとなった。 「KAT-TUNのCDデビューの前年となる2005年に『青春アミーゴ』をリリースし、その後、亀梨が所属するKAT-TUNの知名度も一気に上がりました。 中島と平野のプロジェクトでも、人気急上昇中のキンプリと低迷気味のセクゾがタッグを組むことで、それぞれのグループを盛り上げていこうという狙いがあるのではないでしょうか。 『青春アミーゴ』は、ドラマ『野ブタ。 をプロデュース』(日本テレビ系)の主題歌になりましたが、中島と平野のユニットの楽曲も、何かしらのタイアップは当然あるはず。 2020年にはセクゾとキンプリが手を取り合って、ジャニーズを盛り上げていくのかもしれませんね」(前同) 中島&平野のユニットは、修二と彰を超える人気ユニットになれるのか!? 大いなる期待とともに見守りたい。 22 ID:XeUZLuJu0 「実は、『ミッドナイト・ランナー』のキャストには、平野だけでなく中島の名前も入っているそうなんです。 「飛ぶ鳥を落とす勢いのキンプリに対し、セクゾは先輩グループではあるものの、やや頭打ち感が否めない状況。 そのため、このタッグについて『平野人気をセクゾ側が利用している』といった指摘が一部ネット上で飛び交うなど、両ファンの間に不穏な空気が漂っていたのです。 「このドラマ枠はジャニーズが主演、または出演する機会が多いことから、『ジャニーズ枠』とも呼ばれています。

次の