ナイキ ズーム ヴェイパー フライ。 ヴェイパーフライからアルファフライ ネクスト%まで。ナイキ厚底シューズの進化を振り返る

ヴェイパーフライの初心者におすすめの選び方を徹底解説!ネクストとフライニットの違いや走り方は?耐久性とサイズ感もチェック

ナイキ ズーム ヴェイパー フライ

もりぞうです。 とはいえ、当然ながら本記事の執筆時点、未発売のこのシューズを僕が手にしていることなく、また、発売されたとしても僕を含めて多くの市民ランナーの皆さんの脚元に届くのは、かなり先になると思われます。 両シューズともカーボンプレートの入った、いわゆる厚底シューズです。 指定期間に指定アプリを使いかつ規程の記録の突破が条件なのだそうです。 -試走した感想• それでは順にレビュー記載していきますね。 ナイキ ズーム フライ 3 ライズは、ヴェイパーフライからヒントを得て、長距離ランナーに必要なレース中の快適性と耐久性を追求。 カーボンファイバー製プレートのパワーにより、何キロでも走り続けられます。 最高のクッショニング フルレングスのNike Reactミッドソールと軽量で耐久性に優れたフォームが、クッション性と反発力を両立。 抜群に滑らかな履き心地を提供します。 スピードを感じさせるデザインと履き心地 軽量のアッパーがスピード感あふれるスタイルを演出。 インナースリーブとローカットの履き口が、足にぴったりフィットしてレースにも最適です。 後押しされる感覚 ミッドソール内側のカーボンファイバー製プレートが、繊維層を収縮または膨張させることで、ストライドの柔軟性を最大限に高めます。 その他の特長 シューレースに寄り添う土踏まずのバンドが、甲まわりにかかる圧力を軽減。 かかと部分の履き口が後ろに広がったデザイン。 足首に接触しないので、アキレス腱への圧迫を軽減します。 前足部とヒールにラバーを配したアウトソールで耐久性を強化。 ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%は、史上最軽量のデザインでスピードを実感できるシューズ。 記録破りの速さをサポートします。 新年に多くのランナーが駆け抜ける日本の山岳風景をイメージ。 7日間返品ポリシー適用 スピードアップした最速マラソンシューズ。 ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%は、史上最軽量のデザインでスピードを実感。 記録破りの速さをサポートします。 足元のクッショニングを増強しながら、軽量化を実現。 かつてないほどのエネルギーリターンと快適な履き心地を提供します。 特長 Nike Running史上最大のエネルギーリターンを生み出すNike ZoomXフォームを増強したネクスト%が、レース当日に反発力に優れた履き心地を発揮。 エンジニアード加工のウーブンメッシュ素材、VaporWeaveを表面に使用。 軽量で通気性に優れ、しっかりと快適なフィット感を提供。 軽量のサイドサッシに改良したシューレースを通すことで、土踏まずのバンドを排除し、シューズの軽量化と腱上部の圧力を軽減。 ミッドソールに採用したフルレングスのカーボンファイバープレートが、つま先を曲げるときのエネルギーロスを抑制。 つま先部分を広くし、余裕のあるフィット感を提供。 足先の動きもしっかりカバー。 縦方向のフレックスグルーブ アウトソールやミッドソールにある溝 をアウトソールに備え、あらゆる天候と路面でのトラクションを強化。 スピード感があるトランスルーセントの格子状パターン。 新しいシューレース 軽量のサイドサッシに改良したシューレースを通すことで、土踏まずのバンドを排除し、シューズの軽量化とアキレス腱上部にかかる圧力を軽減。 その他の特長 ミッドソールに使用したフルレングスのカーボンファイバープレートが、つま先を曲げるときのエネルギーロスを抑制。 つま先部分を広くし、余裕のあるフィット感を提供。 足先の動きもしっかりカバー。 フレックスグルーブ アウトソールやミッドソールにある溝 をアウトソールに備え、あらゆる天候と路面でのトラクションを強化。 その他の特長 ミッドソールに使用したフルレングスのカーボンファイバープレートが、つま先を曲げるときのエネルギーロスを抑制。 つま先部分を広くし、余裕のあるフィット感を提供。 足先の動きもしっかりカバー。 フレックスグルーブ アウトソールやミッドソールにある溝 をアウトソールに備え、あらゆる天候と路面でのトラクションを強化。 具体的には普段の街歩き用スニーカー26cmに対して、ズームフライ3ではサイズを25cmがフィットします。 それでも爪先部分の余りは、およそ1cm程度あります。 ただこれはレース後半に生じる足のむくみを考慮するとこのくらいで良いとするのがセオリーなのでしょうが心持ち大きいと言えるかもですがここは個人の好みですね。 心持ち大きいと感じる原因は、ヒールカップが貧弱で柔らかく、かかとのフィット感が今ひとつで走行中少し動きが感じられるから。 実際はもうワンサイズ小さい24. 4が最適なのかもです。 ただ僕は扁平足なので24. 5cmだと横幅が狭くなるので考えものです。。 悩ましいですね。 とまぁ、そんなイチャモンをつけつつもフルオーダーではないのだから、あとは靴下やシューレースの締め付けの工夫でなんとか対応すべきということも感じている次第です。 と言うわけで「ズームフライ3」に関してはヒールカップをもう少し固めして欲しいと思うところが残りますが次期バージョンに期待したいところです。 ズームフライ3と違う点としては、ややコンパクトになっている点です。 爪先部分の余りが同サイズのズームフライ3と比べて少なめで、ヒールカップの補強も厚めにされているため走行中にかかとが動く感じもありません。 まさにジャストフィットと言う感じです。 これを利用してジャストサイズのシューズを模索されることをお勧めします。 と言うか店頭で試すのが一番かもですね。 以下は配送時に受領するメール本文です。 ナイキはこのような案内をくれます。 試走した感想 各々履き比べた感想です。 方法としては以下のトレーニングにおける僕の肌感覚としてどんな感じだったかを記載しています。 ヒールカップの補強によるかかとのズレ感が払拭できれば練習用としては100点ですね。 ただ1kmの快調走 3分20秒 は少しキツさを感じました。 これはちょっと中毒性ありです。 1kmの快調走 3分20秒 も連続で5kmくらいは行けるんじゃないかといった余裕が感じられました。 シューズ自体が軽い フィット感バッチリ ロイター板に乗っている感じ(Dr. 当分ナイキ信者継続です。 最後に 「ズームフライ3」は供給も追いつき、誰もが買えるものになっています。 おそらく東京オリンピックは「アルファフライ」一色でしょう。 一般ランナーの皆さんは秋からのマラソンシーズンに向けて購入のチャンスを伺う形になるでしょうね。 輸送費と関税がかかりますが割と在庫が潤沢だったりします。 シューズはランニングの快適性さらにはモチベーションの維持に大きく寄与してくれますので、これを機にご自身にあったランニングシューズを探されることをお勧めします。 もりぞう.

次の

【比較レビュー】ズームフライ3とヴェイパーフライネクスト%のサイズ感や違いを履き比べ

ナイキ ズーム ヴェイパー フライ

クリック合戦に敗れて涙を呑むこと数回。。 絶対本当に必要としているランナーの手元にいってないだろと唇を噛みつつ待つこと数ヶ月。 念願の?ヴェイパーフライはステップスポーツ新宿本店店舗でなんとかゲットできました。 両方履いてみた結論ですが、フルマラソン2時間55分の体幹弱く腰痛・坐骨神経痛持ちのぽっちゃりジョガー的にはまだまだインソールも足型に合わせてカスタムして怪我防止できるズームフライフライニットで十分な気もしました。 別大マラソン2019は予定通りズームフライフライニットで行く予定です。 およそ2割の選手が同じシューズを履いているってすごい確率ですよね。 そういえば大迫傑選手が日本記録更新した2018年のシカゴマラソンでも上位選手の履いているシューズを見てみるとクリムゾンレッドのヴェイパーフライだらけでしたね。 その他のランナーはなどの昔から履きなれた陸上長距離部御用達シューズを選択していたようです。 あと靴紐がヴェイパーフライが青、ズームフライが白でした。 シマノのコンポで例えると ロードバイク乗りでない方、意味不明な例えですみません。。 アルテグラとデュラエースくらいのプロにしか違いがわからない性能差かなと思っていたのですが、いい意味で違っていました。 今レースに履いている反発力があるズームフライフライニットにを履いた時に感じたぐにゃっとした足に優しく柔らかい感触がプラスされた感じです。 これが30km、40kmと長丁場のレースになると後半の足へのダメージ度合いが少なくて済みスパートの余力を残せるように設計されているのかと。 NIKE厚底ランニングシューズラインナップ 地面から受ける衝撃を全力で吸収してくれる分フルマラソン4回分くらいでお役御免になるんでしょうね。 耐用距離200kmももたないという事実。。 大事に履かないといけない本命レース用の勝負シューズですね。 ポイント連ですら使うのはためらいそうな位コスパ面では正直疑問符が残りますが、反発力も衝撃吸収力もバランスよく1つのシューズにまとめているなという印象です。 色は似通っていてぱっと見た感じ見分けがつきませんが、全く別物のシューズと色んな方がレビューされているのがようやく身をもって実感できました。 接地感がズームフライとヴェイパーフライでは違ってくるので、世界記録保持者エリウドキプチョゲ選手も福岡国際2018で優勝した服部悠馬選手も日頃のジョグ練習はペガサスターボで足慣らししているようですね。 定価で1万円差があります。 白のズームフライフライニットはと、と少々ポイント連で使用しており総走行距離100kmほどです。 ランデザインのを入れているので既製品よりも若干厚みがありホールド感が強くなっています。 一方ヴェイパーフライはインソールの取り外しは仕様上不可能なのでノンカスタマイズです。

次の

【比較レビュー】ズームフライ3とヴェイパーフライネクスト%のサイズ感や違いを履き比べ

ナイキ ズーム ヴェイパー フライ

クリック合戦に敗れて涙を呑むこと数回。。 絶対本当に必要としているランナーの手元にいってないだろと唇を噛みつつ待つこと数ヶ月。 念願の?ヴェイパーフライはステップスポーツ新宿本店店舗でなんとかゲットできました。 両方履いてみた結論ですが、フルマラソン2時間55分の体幹弱く腰痛・坐骨神経痛持ちのぽっちゃりジョガー的にはまだまだインソールも足型に合わせてカスタムして怪我防止できるズームフライフライニットで十分な気もしました。 別大マラソン2019は予定通りズームフライフライニットで行く予定です。 およそ2割の選手が同じシューズを履いているってすごい確率ですよね。 そういえば大迫傑選手が日本記録更新した2018年のシカゴマラソンでも上位選手の履いているシューズを見てみるとクリムゾンレッドのヴェイパーフライだらけでしたね。 その他のランナーはなどの昔から履きなれた陸上長距離部御用達シューズを選択していたようです。 あと靴紐がヴェイパーフライが青、ズームフライが白でした。 シマノのコンポで例えると ロードバイク乗りでない方、意味不明な例えですみません。。 アルテグラとデュラエースくらいのプロにしか違いがわからない性能差かなと思っていたのですが、いい意味で違っていました。 今レースに履いている反発力があるズームフライフライニットにを履いた時に感じたぐにゃっとした足に優しく柔らかい感触がプラスされた感じです。 これが30km、40kmと長丁場のレースになると後半の足へのダメージ度合いが少なくて済みスパートの余力を残せるように設計されているのかと。 NIKE厚底ランニングシューズラインナップ 地面から受ける衝撃を全力で吸収してくれる分フルマラソン4回分くらいでお役御免になるんでしょうね。 耐用距離200kmももたないという事実。。 大事に履かないといけない本命レース用の勝負シューズですね。 ポイント連ですら使うのはためらいそうな位コスパ面では正直疑問符が残りますが、反発力も衝撃吸収力もバランスよく1つのシューズにまとめているなという印象です。 色は似通っていてぱっと見た感じ見分けがつきませんが、全く別物のシューズと色んな方がレビューされているのがようやく身をもって実感できました。 接地感がズームフライとヴェイパーフライでは違ってくるので、世界記録保持者エリウドキプチョゲ選手も福岡国際2018で優勝した服部悠馬選手も日頃のジョグ練習はペガサスターボで足慣らししているようですね。 定価で1万円差があります。 白のズームフライフライニットはと、と少々ポイント連で使用しており総走行距離100kmほどです。 ランデザインのを入れているので既製品よりも若干厚みがありホールド感が強くなっています。 一方ヴェイパーフライはインソールの取り外しは仕様上不可能なのでノンカスタマイズです。

次の