マグナム スマート。 マグナムXスマート|株式会社ルッドリフティングジャパン

kuvo.rmpbs.org : [ドリンクメイト] 炭酸水メーカー マグナムシリーズ スマート 水専用 (マットブラック) DRM1004 : ホーム&キッチン

マグナム スマート

安全性と作業効率を標準化するために、激しい摩耗が発生する恐れのある現場に最適です。 ・マグナムXに警告スリーブを追加• ・マグナムXスマートは二重に構成されています• ・耐久性のある高性能繊維で製造された非常に丈夫な外側のスリーブは、損傷した場合でも簡単に交換出来ます。 ・外皮スリーブの下に実際の荷重負荷に耐えうるラウンドスリングが入っています。 内部スリーブは、目立つ蛍光イエローです。 ・警告色により、ラウンドスリングの内部スリーブのわずかな損傷、または外皮スリーブの最小限の磨耗も簡単に見つけやすく、外皮スリーブの交換時期を確実に判断出来ます。 ・交換でコスト削減• ・多くの場合、大型ラウンドスリングは修復され、引き続き使用されます。 ・修理費用は新しいラウンドスリングの購入価格のほんの一部であるため、マグナムXスマートを使用すると、安全性が向上するだけでなく、点検作業の効率が上がり、コストの削減に繋がります。 ・交換したラウンドスリングは新品と同様に、耐摩耗に優れ、長寿命を保証します。 ・また、マグナムXスマートはマグナムXと同じ品質、特長を保証しています。 ・取り替え可能な保護スリーブ• ・保護チューブによりラベルの摩耗、汚れを阻止• ・製品データを管理出来るRFIDチップを装備• ・比類のない、高強度・コンパクトなラウンドスリング• ・使用荷重表記を蛍光色で縫い付け• ・損傷を目視できる、警告色のスリーブを内蔵 スパンセットの独自技術• RFIDタグ 点検書類の電子化、及び管理システム 高品質でヘビーデューティーなラウンドスリングには、RFIDタグを標準装備。 SpanSetの管理ソフトIDXpertと一体になっています。 点検やメンテナンス等の管理業務を簡素化します。 ラベル保護チューブ 保護チューブによりラベルの摩滅、汚れを阻止 一部のラインには透明のプラスティック製のラベル保護チューブを装備。 印字の損失を防ぎます。 またオプションでRFIDタグを取り付けた場合にも同様に、保護チューブが装着されています。 織り込まれた荷重容量表示 汚れていても読取り易い 現場ではよりスピーディな作業が求められます。 常に適切な容量のラウンドスリングを使用しているかどうかを確認する為に、荷重容量表示ラベルは、スリーブにしっかりと織り込まれており、汚れていても、読み取りが可能です。 交換可能な保護スリーブ 即座な損傷発見が可能 ラウンドスリングには、損傷を受けた時に簡単に交換する事が出来る追加のアウタースリーブがあります。 そのアウタースリーブが破けると黄色い警告スリーブで覆われたスリングが顔を出し、破れていることに気づきます。 アウタースリーブへの軽微な損傷も、簡単に確認することが出来ます。

次の

直接炭酸注入!!ドリンクメイトで簡単に炭酸飲料水に!!|ドリンクメイト(drinkmate) 「マグナムグランド、マグナムスマート」

マグナム スマート

0 ソーダストリームから転向です• 1人中、1人が役立ったといっています• 長年ソーダストリームを愛用しており、ボンベも3本所有してます。 ガス交換をしていた百貨店の日用品売り場が営業自粛で、ボンベが空になっても購入できなくなり、公式ショップでは代引きのみの取り扱いで、手数料加算されます。 悩んだ挙句、こちらが大容量で交換頻度が減る事になるので、これを機にドリンクメイトを使ってみようと思いました。 最初はボンベを底から入れる事が分からず戸惑いました。 次にボンベをセットする際、指が隙間に入らないので強く締められているか心許ない感じで、水のボトルをセットしてガス注入のボタンを押してもスカスカ... また後ろを開けて、締め直したり、動画を見たり。 結局、ボタンの押し方が浅かっただけでした。 深く押すと、問題なく注入できました。 初めてで少し手間取りましたが、使い慣れれば、ソーダストリームよりボンベが大きい分お得で、交換の手間も減るので、買って良かったと思います。 で購入しました• 0 ソーダストリームと迷いましたがランニン…• 0人中、0人が役立ったといっています• ソーダストリームと迷いましたがランニングコストの良い大容量シリンダーが決め手でこちらを購入しました。 大容量シリンダー対応機は複数ありますが、ドリンクメイトが売りにしている水以外も対応している機種は衛生面を考慮してインフェーザーが取り外せるようになっており、そのせいで炭酸注入時もメンテナンス時も共に手間が増えるので、あえて水専用を選びました。 買った直後に新型が発表され一瞬ショックでしたが、新型の水専用機は大容量に非対応だったので結局個人的にはこの機種で正解でした。 コスト面も利用時の手間も共にお手軽でとても満足しています。 で購入しました• 0 買ってよかった。 0人中、0人が役立ったといっています• まだ使用して1週間なので、今後の耐久性についてはわかりませんが、想像以上に簡単で電気も何も使わないので置き場所も困らず、手軽に炭酸水が作れるので購入して良かったです! 毎日炭酸水を飲んでいたので、スーパーから1リットルのペットボトルを何本も運ぶのも、毎回出るペットボトルの処理もストレスでしたが、そのストレスから解放されいつでも好きな強さの炭酸水が飲めるので快適です! 一緒に1リットルサイズのボトルを一本購入したのですが、夏場は何本も飲むので最初に何本か購入されてもいいかもしれませんね。 で購入しました• 0 プレゼント用に• 1人中、1人が役立ったといっています• プレゼント用に購入し、渡す前日にタイミング良く届いたので丁度よかったです! 開封し、炭酸水作る過程まで手伝いましたが他の方が書かれているようにガスが設置しずらかったです・・・ ですが大変喜んでくれました。 炭酸の量も調整できますし、物足りないとは感じませんでした。 壊れやすさはまだ使い始めたばかりなので不明です。 電源も要らず、おまけボトルも付けてくださり、後はガスだけなので大変エコですね。 デザインもシンプルでとてもいいです。 自宅用に購入検討しています!ありがとうございました。 で購入しました•

次の

Amazon|ドリンクメイト 炭酸水メーカー マグナムスマート (マットブラック) ボトル洗浄スポンジ付き|キッチン用品 オンライン通販

マグナム スマート

こちら、水専用のオーソドックスな炭酸水メーカーですが、 ソーダストリームの競合機より実勢価格が4千円ほど低い。 初期コストを抑えるならコレでしょう! そして2つ目は、ソーダストリームの最上級機 「Source v3」です。 こちらは 「炭酸インジケーター搭載」で、炭酸濃度を視覚的に調整可能です。 ガスシリンダーの入手性の高さもポイント。 炭酸水メーカー選びのポイント では早速、具体的な比較検討に移ります。 個別製品の比較を行う前に、まずは炭酸水メーカー選びの視点(ポイント)を確認していきましょう。 業界シェアは「ソーダストリーム or その他」 まずは製造メーカーの違いです。 正直に言って、炭酸水メーカーのジャンルでは、 世界的に「ソーダストリーム」のシェアが圧倒的です。 米国Amazonのレビュー数もこれだけ900件を超えてます。 売れてます。 市場シェアが高いので、消耗品(交換用ガスシリンダー)の入手も容易です。 スパークリングティーやオリジナルカクテルなど、なんでも「炭酸化」できるマグナムグランドは使い道が幅広い!子供から大人まで楽しめます。 ランニングコスト 炭酸水メーカーのランニングコストは、「交換用ガスシリンダーの価格」から計算できます。 一般的な60L用ガスシリンダーの価格は、税抜き2千円で販売されています。 したがって、 炭酸水1リットルあたりのランニングコストは 「36円」が基本となります。 (ソーダストリームもこの価格です) しかし!ベストバイに推奨した 「マグナムグランド」で採用されている 大容量142L用ガスシリンダーの場合、1リットルあたりのランニングコストは 「25円」まで下がります。 製品 1Lあたり 特徴 75円 ランニングコストだけでなく、 本体価格が低いのも魅力 76円 レビュー数が多い。 人気を集めているのはこちら カートリッジ式の使い方 操作性 -ボトルの「取り付け方法」が重要 炭酸水メーカーの使い方は非常にシンプルですが、ボトルの取り付け方法の違いは重要です。 利便性が高いのは スライド式で、ワンタッチでボトルの取り付けが可能です。 安価な機種で採用されているのは スクリュー式で、取り付け時にボトルをグルグル回転させる必要があります。 ただし、 スクリュー式のほうがガスがしっかり入るという声もあります。 スクリュー式の操作方法(ソーダストリームgenesisの場合) 個別製品の特長と比較 ここからは、個別製品の特長などを比較しつつ、ベストバイを検討していきたいと思います。 ソーダストリーム まずは圧倒的トップシェアの「ソーダストリーム」から検証していきましょう。 「ソーダストリーム」の特長は、 ガスシリンダーの入手性の良さです。 「ソーダストリーム」には価格帯の異なる4製品があります。 それぞれの特徴は次のとおりです。 製品名 価格 ボトル取付 特徴 Source Power(パワー) 31,320円 スライド 全自動モデル。 これだけ電源が必要なので注意 Source v3(ソース) 20,520円 スライド 炭酸インジケーター付きで、炭酸料の調整が簡単 Spirit(スピリット) 15,120円 スライド スタンダード機。 Genesis v2(ジェネシス) 9,900円 スクリュー 初期コストを抑えたいならコレ 当然のこと、「高価格ほど高機能」となりますが、 最上位モデルの「Source Power」のみ電源ケーブルが必要となるため、設置場所が限定されるというデメリットは要注意です。 「Source v3」に搭載された 「炭酸インジケーター」は確かに便利なため、こちらの機種をセカンドバイとして推奨します。 とにかくコストを抑えたいならば 「Genesis v2」もアリですが、同一価格帯で炭酸強度を重視するならば、後で書く 「マグナムスマート」のほうがハイスペックです。 なお、「ソーダストリーム」のガスシリンダーは60リットル用のみとなっているため、ランニングコストは1リットルあたり36円となります。 マグナムシリーズ まだまだ知名度は低いですが、最近注目を集めているのが、ドリンクメイト社の 「マグナム」シリーズです。 月刊誌「家電批評」2018年9月号でも、ベストバイを獲得しています。 さらに、「マグナム」という製品名のとおり、月刊誌「家電批評」の実験データによれば、 炭酸濃度は市販の強炭酸水やソーダストリームを圧倒しています。

次の