ごちうさss八幡。 八幡「これまでのあらすじ」 : SS★STATION SSのまとめ SSの専門サイト

八幡「これまでのあらすじ」 : SS★STATION SSのまとめ SSの専門サイト

ごちうさss八幡

石畳と木組みの街にて、香風家に産まれた俺。 なんの変哲も無いぼっちな高校二年生である。 ぼっちの時点で少し違う気がした奴、一応言うぞ?別にぼっちでも普通となんら変わんないんだぞ?少し周りから浮くぐらいだ。 幼少期から親父に護身術を教えてもらっていたため、いじめということは起きなかった。 いや、起きたけど返り討ちにしていたの間違いが……。 ??「兄さん…何を考え込んでるんですか」 八幡「んぁ?あぁチノか…」 この可愛らしくジトっと俺を見みているのは、俺の実の妹のチノである。 チノ「今は私しかいませんので、私以外誰がいるというんですか…」 我ら香風家が働いているこの『RABBIT-HOUSE』はいつも暇というわけではいないのだが、今日は割と人が来ていない。 八幡「ほら、ココアとかリゼとかいるし…」 チノ「ココアさんは千夜さん達のところに、リゼさんは家の用事があるってさっき兄さんが言ったんじゃないですか」 あれ?苦し紛れの言い訳が更にチノを怒らせてしまったか? 八幡「ジジィは?」 チノ「お爺ちゃんは……何処行ったのでしょうか」 あの天然摩訶不思議生物何処に行ったんだよ…… 八幡「すまんなチノ、とりあえず客が来るまで勉強でもしとけ」 チノ「むぅ…」 少し膨れちまったが無視だ。 ……やっぱこっそり写メ撮っとこ… この高校に入って色々なことがあった。 まずリゼというチート美少女がうちに働きにきた。 あいつメニューとか一目で覚えたし、俺より力あるし…本人は気にしてるみたいだけど。 まぁリゼは同い歳だから話しやすいってか、あいつ姉気質あるから空気をよんであんまり話しかけてこないようにしてくれている。 最低限の話で済ませてくれる。 人付き合いが苦手な俺からしたらありがたい気遣いだ。 そして高校二年に上がり問題児がうちに来た。 ココアだ。 あいつはどんな人にも人懐っこく天真爛漫で、良い意味の馬鹿で。 末っ子のせいか姉に憧れていてチノを妹にしたがっている。 中身的にチノの方が姉に見えるんだがな。 でだ、ココアは人付き合いが苦手な俺にも懐いてくれてるっぽく、いつも楽しそうに話しかけてくれる。 もはやココアは俺の第二の妹だな。 チノ「兄さん!!」 八幡「うぉっ!?ど、どした?」 チノ「またヌボーってしてましたよ?お客様に見せられない顔でした。 」 最近実妹が辛辣です。 チノ「今日は考え込むことが多いですね。 どうしたんですか?」 八幡「ん、あぁ…」 辛辣な事を言ってもやはり心配してくれてるのか… 八幡「たいした事ない、ただここ一年半のこと振り返っててな」 俺がそういうとチノは意外そうな顔をしたがすぐに優しく微笑んだ。 チノ「色々とありましたね」 八幡「あぁ、黒歴史が量産されてったな」 チノ「その分、兄さんよく笑うようになりました」 八幡「それはお前もだろ」 お互い妙なところが似てしまったらしく、あまり家では笑わなかった。 だが、ココア、リゼのおかげでよく笑うようになった。 チノ「ココアさんが聞いたら喜びそうですね」 八幡「あぁ、チノちゃんがデレたよとか言ってな」 チノ「お兄ちゃんが素直だ!?って言うの間違いじゃないですか?」 余談だがココアは俺のことを『お兄ちゃん』と呼んでいる。 昔のチノもそう呼んでくれてたな……… チノ「何だらしない顔をしてるんですか」 表情に出てたらしくチノがまたじとっとこちらを睨んでいる。 八幡「いや、昔はチノも『お兄ちゃん』って呼んでそれはそれは可愛かったなぁ…って」 今も可愛いがな! チノ「なっ!?昔は昔です!それに、今の兄さんの言い方だと、今の私は可愛く…そりゃほぼ無表情ですけど…」 ん、チノは割と表情に出ると思うんだがな。 ちなみに今はいじけている顔。 可愛すぎるな… 八幡「今のチノも充分可愛いと思うぞ?それに最近は綺麗になってきたしな」 いじけたチノを慰めるべくチノの頭を撫でる。 ジジィがいないからチノ単体での頭は久しぶりである。 チノ「こ、子供扱いしないでください」 チノは恥ずかしくなったのか顔を赤くして俺の手を払いのけた。 少し寂しのだが、成長したのだと思うと嬉しい。 昔は撫でるとさらに甘えてきたからな… 八幡「子供扱いしてねーよ」 チノ「どうだが…」 チノが怒りっぱなしだな。 これは後でココアに何があったか問い詰められそうだな……。 チノ「ふふ、冗談ですよ。 兄さんありがとう」 八幡「ふっ、どういたしまして。 俺みたいな愚兄は妹を素直に褒めるぐらいしかできねーんだよ」 チノ「違いありません」 八幡「少しは否定してくれよ」 チノはやれやれといった感じでこちらを見てくる。 そんなところで店の扉が開かれお客様が入ってくる。 八幡チノ「「いらっしゃいませ」」 これが俺達香風家兄妹の日常である。 ティッピー「孫達が可愛すぎる…」ジーン.

次の

【俺ガイル×ごちうさ】ココア「転校生の保登心愛です!」一色いろは「……え?」【クロスSS】

ごちうさss八幡

石畳と木組みの街にて、香風家に産まれた俺。 なんの変哲も無いぼっちな高校二年生である。 ぼっちの時点で少し違う気がした奴、一応言うぞ?別にぼっちでも普通となんら変わんないんだぞ?少し周りから浮くぐらいだ。 幼少期から親父に護身術を教えてもらっていたため、いじめということは起きなかった。 いや、起きたけど返り討ちにしていたの間違いが……。 ??「兄さん…何を考え込んでるんですか」 八幡「んぁ?あぁチノか…」 この可愛らしくジトっと俺を見みているのは、俺の実の妹のチノである。 チノ「今は私しかいませんので、私以外誰がいるというんですか…」 我ら香風家が働いているこの『RABBIT-HOUSE』はいつも暇というわけではいないのだが、今日は割と人が来ていない。 八幡「ほら、ココアとかリゼとかいるし…」 チノ「ココアさんは千夜さん達のところに、リゼさんは家の用事があるってさっき兄さんが言ったんじゃないですか」 あれ?苦し紛れの言い訳が更にチノを怒らせてしまったか? 八幡「ジジィは?」 チノ「お爺ちゃんは……何処行ったのでしょうか」 あの天然摩訶不思議生物何処に行ったんだよ…… 八幡「すまんなチノ、とりあえず客が来るまで勉強でもしとけ」 チノ「むぅ…」 少し膨れちまったが無視だ。 ……やっぱこっそり写メ撮っとこ… この高校に入って色々なことがあった。 まずリゼというチート美少女がうちに働きにきた。 あいつメニューとか一目で覚えたし、俺より力あるし…本人は気にしてるみたいだけど。 まぁリゼは同い歳だから話しやすいってか、あいつ姉気質あるから空気をよんであんまり話しかけてこないようにしてくれている。 最低限の話で済ませてくれる。 人付き合いが苦手な俺からしたらありがたい気遣いだ。 そして高校二年に上がり問題児がうちに来た。 ココアだ。 あいつはどんな人にも人懐っこく天真爛漫で、良い意味の馬鹿で。 末っ子のせいか姉に憧れていてチノを妹にしたがっている。 中身的にチノの方が姉に見えるんだがな。 でだ、ココアは人付き合いが苦手な俺にも懐いてくれてるっぽく、いつも楽しそうに話しかけてくれる。 もはやココアは俺の第二の妹だな。 チノ「兄さん!!」 八幡「うぉっ!?ど、どした?」 チノ「またヌボーってしてましたよ?お客様に見せられない顔でした。 」 最近実妹が辛辣です。 チノ「今日は考え込むことが多いですね。 どうしたんですか?」 八幡「ん、あぁ…」 辛辣な事を言ってもやはり心配してくれてるのか… 八幡「たいした事ない、ただここ一年半のこと振り返っててな」 俺がそういうとチノは意外そうな顔をしたがすぐに優しく微笑んだ。 チノ「色々とありましたね」 八幡「あぁ、黒歴史が量産されてったな」 チノ「その分、兄さんよく笑うようになりました」 八幡「それはお前もだろ」 お互い妙なところが似てしまったらしく、あまり家では笑わなかった。 だが、ココア、リゼのおかげでよく笑うようになった。 チノ「ココアさんが聞いたら喜びそうですね」 八幡「あぁ、チノちゃんがデレたよとか言ってな」 チノ「お兄ちゃんが素直だ!?って言うの間違いじゃないですか?」 余談だがココアは俺のことを『お兄ちゃん』と呼んでいる。 昔のチノもそう呼んでくれてたな……… チノ「何だらしない顔をしてるんですか」 表情に出てたらしくチノがまたじとっとこちらを睨んでいる。 八幡「いや、昔はチノも『お兄ちゃん』って呼んでそれはそれは可愛かったなぁ…って」 今も可愛いがな! チノ「なっ!?昔は昔です!それに、今の兄さんの言い方だと、今の私は可愛く…そりゃほぼ無表情ですけど…」 ん、チノは割と表情に出ると思うんだがな。 ちなみに今はいじけている顔。 可愛すぎるな… 八幡「今のチノも充分可愛いと思うぞ?それに最近は綺麗になってきたしな」 いじけたチノを慰めるべくチノの頭を撫でる。 ジジィがいないからチノ単体での頭は久しぶりである。 チノ「こ、子供扱いしないでください」 チノは恥ずかしくなったのか顔を赤くして俺の手を払いのけた。 少し寂しのだが、成長したのだと思うと嬉しい。 昔は撫でるとさらに甘えてきたからな… 八幡「子供扱いしてねーよ」 チノ「どうだが…」 チノが怒りっぱなしだな。 これは後でココアに何があったか問い詰められそうだな……。 チノ「ふふ、冗談ですよ。 兄さんありがとう」 八幡「ふっ、どういたしまして。 俺みたいな愚兄は妹を素直に褒めるぐらいしかできねーんだよ」 チノ「違いありません」 八幡「少しは否定してくれよ」 チノはやれやれといった感じでこちらを見てくる。 そんなところで店の扉が開かれお客様が入ってくる。 八幡チノ「「いらっしゃいませ」」 これが俺達香風家兄妹の日常である。 ティッピー「孫達が可愛すぎる…」ジーン.

次の

【俺ガイル×ごちうさ】ココア「転校生の保登心愛です!」一色いろは「……え?」【クロスSS】

ごちうさss八幡

雪乃「それってどういう意味かしら…まさかあまりにモテないから結婚願望が高い平塚先生をそそのかしてヒモ生活でも企んでいるの?」 結衣「ヒッキーキモーイ!サイテー!」 八幡「バ、バカ!そういう意味じゃねえよ!ただこの学校の先生が平塚先生でよかったとふっと思っただけだ」パクパク 雪乃「本当かしら?」 八幡「ああ、よく考えたら俺みたいな生徒にも気をかけてくれるいい先生だからな」パク 結衣「…たしかにそうかもヒッキーが他の先生に話しかけているの見たことないし」 八幡「暴力的なのと強引なのが玉にきずだけどな」パク 結衣「そうかな?」 八幡「おまえは殴れたり勝手に決められたことないからそう思うんだよ」パク 雪乃「ところで比企谷くんさっきから何を食べているのかしら?」 八幡「小町が作ってくれたお菓子だ。 だが俺が言っているのはカードゲームで有名になる前の最初の頃の遊戯王だ」 結衣「最初からカードゲームのマンガじゃなかったんだ」 八幡「ああ、それに出る蝶野先生って女教師がマジ外道で最悪なんだよ」 結衣「だれそれ?」 八幡「簡単に言えば平塚先生と真逆なキャラクターだ」 結衣「へえどんな風に」 八幡「休みの日はお見合いしに行くのだが…」 雪乃「それのどこが真逆なのかしら?」 八幡「行く動機がまるで違うんだよ。 平塚先生は本気で結婚相手を見つけるために行く。 しかしこの蝶野先生は見合い相手を散々こけおろして断るのが目的なんだ」 結衣「うわあ…」 雪乃「最低な教師ね…」 八幡「趣味はそれだけじゃないぞ。 生徒を退学にするという最悪な趣味もある過去この女によって退学にされた生徒は15人だ」 雪乃「15人」 結衣「ひどいよ!なんでそんなひどいことするの!先生のすることじゃないよ!」 八幡「だろ?こんな教師がうちの学校にいなくてよかったぜ平塚先生でよかっただろ」 雪乃「そうね。 自分が楽しむために生徒を退学にするなんて外道そのものだわ」 八幡「平塚先生はそんなこと絶対しないもんな…むしろ生徒を守る側だ。 まったくなんであんないい人が結婚できねえんだよ」 結衣「ヒッキー…」 結衣(気のせいかな今日のヒッキーいつもよりひねくれてないような) 八幡「蝶野先生は普段は見た目は美人だけど素顔はものすごい顔してんだぜ悪人面だ」 結衣「へえ~じゃあヒッキーそのマンガ見せてよ」 雪乃「そうね。 その方が手っ取り早いわ」 八幡「いまもってるわけねえだろ。 俺の部屋の押し入れだ」 雪乃「マンガとはいえ平塚先生とそこまで真逆な先生がいたとは驚きだわ」 結衣「うん、結構気になる」 八幡「…仕方ない、蝶野先生がこの学校にいたらどうなるか話してやろう」 結衣「ほんと」 八幡「ああ、ただし俺が奉仕部入る前の時期に設定しよう」 雪乃「なぜかしら?」 八幡「ややこしくなるからだ。 それに話が長くなるだろ」 教頭『蝶野先生おはようございます』 蝶野『おはようございます教頭先生』 教頭『どうでしたか昨日のお見合いは』 蝶野『ええ、私にはもったいない人だったのでやめておきました』 教頭『そうですか』 蝶野『それではこの後、授業があるので私はこれで』 教頭『いいな~蝶野先生ワシもお見合いしてみたい』 トイレ バリーン! 蝶野『うるせえんだよ!!あのハゲ教頭!!人の見合いのコト詮索しやがってぇー!!!』 鏡『』ボロ 蝶野『ケッ、あんなゲス男!それに昨日のお見合い男も私からクソミソにこけおろして断るつもりだたったのに先に断りやがって…あんな男こっちから願い下げなんだよクソが!!』 蝶野『はっ、いけないわ!私たらものすごい顔!化粧しなくちゃ!』パタパタ 蝶野『ああーイライラする!そうだ!いいことおもいついちゃた!ホホホ…』 廊下 モブ『蝶野先生美人だよな、あの泣きホクロも色ぽいし』 モブ2『けど知っているか?あの先生に退学させられた生徒が何人もいるらしいぜ』 モブ『マジかよ!』 モブ2『ああ、退学魔女リンリンって噂があるんだぜ』 2-F組 蝶野『…』ガラガラ 『規律、礼』 蝶野『さて、授業の前に… 今から持ち物検査をします!全員机の中の物を出しなさ~い!』 優美子『えっ、ウソ…マジ!』 結衣『…そんな』 姫菜『…ど、どうしようBL本がたくさん入っているのに』サァー 葉山『みんな落ち着くんだ!』 八幡(うわあ、まじかよ…ついにこのクラスからも退学者でるかもな… 今日はラノベではなく普通の小説だから、俺が目につけられる心配ねえだろ…) 八幡(他の奴はどうかはしらねえが…まあボッチの俺には関係ねえか) 蝶野(ホーホホホ!これよこれ!生徒達が慌て戸惑う姿を見るだけでほんとおもしろいわ~!) 蝶野(これが私の生き甲斐よ!胸がすう~とするわ!) 蝶野(さあでてこいタバコ、覚せい剤、コンドォォォォーーーム!!!!) 「!?」 蝶野『相模さんこれ何かしら』 蝶野『え、え~とこれは』 蝶野『…』ビリィィィィー 葉山『せ、先生いくらなんでも破るのは…』 蝶野『なあに~葉山くん先生に何かいいたい事でも?』 葉山『………』 八幡(さすがさわやさイケメンのリア充も逆らえないか…ムリはねえか) 蝶野『さて中身は…まあコンドーム。 学校にこんなもの持ってくるなんて相模さん何考えているのかしら~』 相模『あ…あ』サァー 蝶野(いいわ、いいわ~この絶望に染まった顔!これが見たかったのよ!サイコォーよ!ホホホー) 八幡(終わったな…あの女かわいそうだが、俺にはどうすることもできん…名前誰だっけ? 学校にそんなもん持ってくるからだ。 っていうかなんで持ってきてんの?ああ、なんかビッチぽいな) 蝶野『相模さんこれを何に使うつもりだったのかしら正直に先生にいってごらんなさい。 名前も知らず依頼さえ受けていない奴をそんなリスク負ってまで助けようとするわけねえだろ」 結衣「う、うう…でもさがみんかわいそう…」 雪乃「由比ヶ浜さん、それは相模さんの自業自得でもあるのよ。 たしかにその蝶野先生のやっていることは完全に間違っているわ。 でもそんな外道に付け込まれる隙をつくったのは相模さんが普段からキチンとして学園生活送っていればそんなこと避けられたのよ」 結衣「そ、それはゆきのんみたいな優等生はそうだけど…」 八幡「仮に俺が介入した所で状況は変わらん…むしろ俺という犠牲者が一人増えて相模と一緒に退学だな…」 結衣「そんなの嫌だよ!ヒッキーが学校からいなくなるなんて!」 雪乃「由比ヶ浜さん今のは比企谷くんのたとえ話だからそこまで本気にしないで」 結衣「あ、そうか…もうヒッキーたら最初からそういってよ!」 八幡「いや、いっただろう」 雪乃(私も比企谷くんが学校からいなくなるなんてそんなの嫌よ!) 結衣「さっきの話を聞いて納得しちゃった ヒッキーが平塚先生でよかったということ」 雪乃「そうね。 私もイジメを放置する教師とか自己保身ばかりする教師とか見てきたけど、この蝶野先生のような極悪な教師には会ったことないわね」 八幡「俺もだ」 八幡(遊戯の学校の教師も生徒も外道やクズ多すぎだろ…二十万請求する風紀委員とかクラスメートの家に火をつけたり、クロロフォルムで女眠らせたりする厨二病の占い野郎とか…) 八幡(そういえば昔、目が腐っている理由で遊戯王のゴースト骨塚といわれた時期があったな…) 八幡(ふざけるな!どうみても俺の方がイケメンだろう!) 八幡(いくらなんでも俺はあそこまで目が腐ってないし、不気味じゃねえ!) 八幡(俺はチビじゃないし、他力本願でもねえ…でもつるむ相手がいるからコミュ力は俺より上だな…くそっ、あんなのにさえ友達の数負けてんのかよ) 八幡(どっちにしろ俺はゴースト骨塚より目は腐ってねえ!サモンナイトのバノッサくらいだろ) 八幡(俺はバノッサの方がよかったな…なんかかっこいいし…ヒキガエルといい、ヒキタニとか不名誉なあだ名ばかりだな俺…) 八幡「いま話したことは誇張表現なしだぞ もし実在したら確実に退学にされる」 結衣「いたら困るよ!15人も退学にとかどんだけ!!」 八幡「実はまだ平塚先生と真逆で外道な教師がいるんだ」 結衣「ええ!?」 雪乃「他にもいたのね…どんな教師かしら?」 八幡「そいつは平塚先生と同じ生徒指導の先生で名前は…」 おわり 八陽の投下するついでに投稿しました 本当はこれで半分だけど、エタルといけないのでこれで終わりです 調子がよかったらそのうち書くかも.

次の