青山 メイン ランド 事件。 「青山メインランド」西原社長恐喝事件ーー実弟証人尋問と事件の真相|アクセスジャーナル

“最後の総会屋”に、あの「青山メインランド」西原社長に対する恐喝容疑で再逮捕説|アクセスジャーナル

青山 メイン ランド 事件

本紙記事が悪用され、本紙・山岡もあわよくば「」で逮捕を狙っていたと思われることから、この間、徹底追及している「青山メインランド」西原良三社長(下写真)に対する恐喝事件ーー。 その逮捕者は計5人で、その内のの1000万円と、(川又被告は遅れて逮捕され、小林・堀川両被告とは別裁判)の500万円と、2つの事件がある。 大変遅くなってしまったが11月26日には山田・松浦両被告の3回目公判があり、被害者で告訴人の西原社長の実弟の証人尋問があった。 そもそも、西原社長と山田被告を繋いだのがこの実弟のS氏。 S氏と山田被告は懇意だったことから、この間のやり取りの両者の仲介をしていた上、西原社長の代理人として恐喝されたとする1000万円を山田被告に届けてもいた。 2回目公判の西原社長の証人尋問では、1000万円を払ったのは、昨年10月27日に西原社長が山田・松浦両被告に会った際、山田被告がなどと聞かされ、パニック状態に陥ってのことと証言していた。 そして、この3回目のS氏の証人尋問でも、検察側尋問ではそれにそう証言がなされた他、1000万円支払う約束をしたことを知らされたS氏や弁護士など関係者は皆、止めたが、西原社長の支払うとの意見に押し切られるかたちで10月29日、S氏は西原社長の指示で山田被告に会い、1000万円を渡したと証言した。 (左写真の時系列表参照のこと) この「1人2人死ぬ」、「ネタを7,8個持っている」が恐喝容疑に問われているわけだ。 そこでこの日のS氏への反対(弁護人)尋問では、この1000万円は脅され、パニック、困惑して支払ったのではなく、小林・堀川被告側の恐喝行為の解決を依頼したのではなかったのかとの質問が出された。 昨年10月26日に本紙アクセスジャーナルの女性スキャンダル記事の西原社長の実名がイニシャルに、顔写真が削除された。 そのお礼に、西原社長は翌27日に山田・松浦両被告と会い謝礼として100万円渡した(この件は恐喝容疑に問われていない)後、前出の「1人2人死ぬ」、「ネタを7、8個持っている」という虚偽話が山田被告から飛び出した。 しかし、この時点で、実は小林・堀川被告側が後に犯人とハッキリ判明する。 それにたくさんのタグが付けられ、アクセスジャーナルの記事とリンクさせ、それが西原社長であると拡散されていた。 1000万円をS氏が山田被告に渡した前日の10月28日、西原社長はS氏、H弁護士、秘書のN氏と話し合いをしている。 そこで弁護人は「28日打ち合わせのなかで小林を止めるという話はなかった?」、「記事は消えたが、28日段階で、まだまだ小林たちの嫌がらせが続くと相談してない?}などの質問があったが、S氏は否定した。 さらに弁護人からは「あなたの調書を見ると、小林を捕まえてくれとの話をしてない? 松浦さん(松浦被告)の方が警察官に知り合いがいるから小林を逮捕させますかというような話をした?」との質問も出たが、S氏は「それは松浦がいったことで私は一切頼んでいない。 それを(西原)社長にただ伝えただけ」と答えた。 また、弁護人はS氏が1000万円を山田被告に29日に届けた際、その場所は飲食店で、30分ぐらい会話したとされるので、その際、「小林の話が出なかった?」、「カネの使われ方につき質問してない?」との質問も出たが、S氏は「世間話をしたとしか覚えていない」とこれも否定した。 また、弁護人から「山田(被告)さんは、(西原)社長の妹さんと交際していた?」と問われ、S氏は「ありました」。 さらに「いまも山田(被告)さんと妹、良好な関係では」と問われ、「そう思います」と答えている。 ところで、これまでの公判を通じて、おおよその事実関係がわかって来たので、現時点での本紙の山田・松浦両被告の恐喝事件に関する見解を以下、述べたい。 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 2 7 20 26 28•

次の

“最後の総会屋”に、あの「青山メインランド」西原社長に対する恐喝容疑で再逮捕説|アクセスジャーナル

青山 メイン ランド 事件

本紙の記事が悪用された、「青山メインランド 」西原良三社長に対する恐喝事件で、警視庁組織犯罪対策3課に、まず7月9日に両被告 済み)、次いで7月13日に両被告 済み)が逮捕されたのは本紙でも既報の通り。 それから2カ月近く経つも、4人とも保釈は認められず、接見も親族以外は認められていない模様。 公判日も決まらずおかしいと思っていたら、9月11日、新たに川又誠矢容疑者が小林・堀川両容疑者の方の共犯として逮捕されたのは。 その川又容疑者逮捕の際、追って詳報を報じるとしていたが、この間、先に報じるべき記事が次々出て来たためすっかり遅くなってしまったが報じる。 この川又容疑者、芸能プロダクション社長だが、実はマスコミ、芸能関係などの事情通の間ではかなり知られた存在だった。 そもそも、川又容疑者が有名になったのは、人気を博したものの暴力団幹部も関わる恐喝未遂事件が起きてTV報道が解消になった人気格闘技団体「PRIDE」の選手引き抜きを巡る被害者(冒頭写真=03年12月、記者会見時の映像)としてだった。 本紙で2006年6月に。 その後、芸能プロダクションの経営に関わりながら、トラブルシューターとして知られ、本紙では13年10月、プロ野球巨人軍選手の件で。 そこに持って来て、今回の恐喝事件、先に逮捕されている4人は逮捕時、大手マスコミで実名で報じられ、松浦正親被告以外は顔もTVで流れた。 ところが、川又容疑者は逮捕された事実さえ大手マスコミでは一切報じられていない。 これは、どういうわけなのか!?

次の

青山メインランド

青山 メイン ランド 事件

本紙記事が悪用され、本紙・山岡もあわよくば「」で逮捕を狙っていたと思われることから、この間、徹底追及している「青山メインランド」西原良三社長に対する恐喝事件ーー予定通り、12月16日(月)午後3時から、両被告の方の証人尋問の続きがあった。 その後、小林被告の情状証人(1名)があり、検察官の論告求刑、そして弁護人の最終弁論、被告人の最終陳述があり結審となった。 その証人尋問の続きの内容だが、前回の同様、別公判になっている被告にいわれてやった旨の言い分が続いた(以下、一部省略、要約)。 検事 前回の弁護人の質問のなかで、の資料の提供の話がありました。 川又さんにいわれて小林さんを山岡さんに紹介したと(*編集部注。 山岡はこの情報提供の裏に川又被告がいたとはまったく聞かされていない)。 堀川さん自身が資料を山岡さんに提供したことはなかったんですか。 堀川 それはですね。 小林から預かってコピーして山岡さんに渡しました。 検事 次に川又さんのこと。 堀川 ラインでやりとりしてました。 検事 具体的にはどんな? 堀川 西原さんに関してのこと。 検事 嫌がることをやろうと。 堀川 そうですね。 後、情報とか。 芸能界の。 検事 3人(堀川・小林・川又)の間でNHKに対する怪文書のことでやりとりありましたか。 堀川 ありました。 検事 これはどういう話だったんですか。 堀川 怪文書が出た後に、小林さんが送ったという話は聞かされました。 エグイから見た方がいいんじゃないかと。 森さんの証言で、アクセスジャーナルの記事を添付したような内容だったと思います。 検事 それは被害者の西原さんを貶めるような内容だったんですか。 堀川 そうですね。 検事 そういうものを送ることになったのはどうして。 堀川 西原さんを困らせたかったんだと思います。 検事 これを言い出したのか誰。 堀川 川又さんです。

次の