イヤリング 作り方。 UVレジンで簡単♪イヤリングの作り方。初心者向け解説はコチラ!

手作りピアス・イヤリングの作り方・自作アイデア集15選!パーツや金具も

イヤリング 作り方

ハンドメイドで自分の好きなアクセサリーを作るのは流行っていますが、ここ最近ハンドメイドの手作りイヤリングが人気があります。 なんと100均名でもパーツを手に入れることができるので、コスパよく手作りイヤリングを作りたいときにおすすめです。 そこでこの記事ではそんなハンドメイドの手作りイヤリングの簡単な作り方をご紹介します。 とりわけハンドメイド作家も取り入れている簡単な作り方が取り上げていくので、簡単だけれどワンランク上の手作りイヤリングを作ることができます。 合わせて手作りイヤリングにぴったりなイヤリングパーツについても紹介していきます。 ハンドメイドアクセサリーには様々なものがありますが、もしもイヤリングを作りたいのであればぜひ参考にしてみてください。 そもそもどうしてハンドメイドイヤリングが人気があるかご存知でしょうか?やはりアクセサリー自体万人から愛されているわけですが、手作りだからこそ自分好みのこだわりのイヤリングを作れることがなんと言っても最大の理由です。 なんと手作りイヤリングのハンドメイドキットが販売されていることもあるので、すぐさま手作りイヤリングを作ることだってできます。 100均からもハンドメイドキットが出ているので、コスパよくイヤリングを作りたい人にキットはおすすめです。 ハンドメイドアクセサリーを作る時に専門店を使うのがセオリーですが、やはり少しだけ価格が高くつくのが特徴となっています。 もしも手作りイヤリングをたくさん作るのであれば、できるだけ100均でパーツを手に入れることをおすすめします。 アクセサリーは本当に万人から愛されているアイテムですが、やはりハンドメイドアクセサリーは手作りならではのこだわりを発揮できます。 もしも市販のイヤリングに好みのものがなければ、思い切って手作りするのがおすすめです。 もしかしたら初心者の人でハンドメイドするのが難しいと感じるかもしれませんが、実は初心者でも簡単に作る方法だってあります。 ずばり100均などで販売されているイヤリングキットを使うことによって誰でもハンドメイドすることができます。 この記事ではイヤリングキットの作り以外に、もちろんハンドメイド作家もやっている簡単な作り方も取り上げていきます。 基本的にハンドメイドアクセサリーの中でもイヤリングは簡単な部類なので、ハンドメイド初心者もぜひ試してみてください。 実は100均からはハンドメイドのアクセサリーを作るのにピッタリなハンドメイドキットをいくつか販売しています。 もちろんイヤリングに向いているハンドメイドキットも販売されているので、キットで簡単に手作りイヤリングを作ることができます。 ハンドメイドキットの中には必要な道具が全部そろっているので、パーツなどに悩むことなくすぐに作業が行えます。 もちろん自分好みのパーツを手に入れるのは楽しいものですが、すぐにハンドメイドしたい人にはキットがピッタリなのです。 とりわけ100均の「ピアスキット」がおすすめなのですが、キットのほかにイヤリング用の金具を忘れないようにしましょう。 イヤリングの金具は簡単に取り付けることができるので、キットと道具さえあれば初心者でも付け替えが可能です。 100均には様々なコスパのいいアイテムが販売されているわけですが、もちろんハンドメイドにおすすめのパーツがいくつも取り扱われています。 パーツから金具まで幅広く販売されているので、お手軽にイヤリングを作ることができます。 金具もしっかりとゴールドやシルバー、アンティークといった種類が用意されていて、本当に自分好みのイヤリングに仕上がります。 もしも時間が確保できるのであれば、できるだけ自分が好きなパーツを選ぶのだっておすすめです。 ここまでハンドメイドのイヤリングの魅力について説明してきましたが、次の項目からは手作りイヤリングの材料をご紹介します。 もしも手作りイヤリングを作るのであれば、ぜひこういった材料も参考にしてみてください。 この記事では手作りイヤリングの作り方を主に紹介していくわけですが、その前に手作りイヤリングに必要な材料をご紹介します。 やはりハンドメイドするにあたって必要な材料を揃えておくことによって、スムーズに作業することができます。 こういった材料は手作りイヤリングだけでなく、ハンドメイドアイテム全体に使うことができるものとなっています。 汎用性の高い材料と言えるので、もちろんイヤリング作りで余った時は他のアクセサリーを作る時にも使ってみてください。 この項目ではしっかりと手作りイヤリングを作るにあたって独特の道具についても取り上げていきます。 もしもこれから手作りイヤリングを作るのであれば、ぜひこういった必要な材料も参考にしてみてください。 手作りイヤリングの作り方で大切になってくるのは、完成イメージから必要なものを揃えるといった方法となります。 自由気ままにハンドメイドするのはおすすめなのですが、一般的にデザインを決めてから材料を買う人がほとんどです。 手作りイヤリングにはレジンイヤリングやタッセルイヤリングがあるわけですが、やはり必要になってくる材料は変わってきます。 ハンドメイド作家の作り方を参考にするのも大切ですが、そもそもどういったタイプのイヤリングを作るかおすすめなのです。 もちろんこういった材料だけでなく、ネジバネ式なのか、ノンホールピアスタイプなのか決めておくのも大切となります。 せっかく手作りイヤリングの作り方を参考にするのであれば、事前に必要な材料を把握しておきましょう。 この項目からはそもそも手作りイヤリングだけでなく、ハンドメイドによく使われる材料をご紹介します。 もしかしたら今すぐにも手作りイヤリングの作り方をチェックしたい人もいるかもしれませんが、こういった材料を揃えておくのは大切です。 とりわけレジンやビーズパーツ、プラバン、樹脂粘土といった材料がハンドメイドをする時に使われています。 基本的にどれも扱いやすい材料なので、お手軽にハンドメイドを楽しみたい人は揃えていると言っても過言ではありません。 もちろんこういったレジンやビーズパーツ、プラバン、樹脂粘土といった材料は100均で手に入れることができます。 もしも手作りイヤリングの作り方を参考にするのであれば、合わせてこういった必要な材料も参考にしてみてください。

次の

イヤリング台紙の作り方&セット方法!穴あけの方法やラッピングのコツも!

イヤリング 作り方

イヤリングを作るにはパーツだけではなく、道具も必要になってきます。 ここではビーズアクセサリー作りに必要な道具をご紹介いたします。 イヤリング作りに必要な道具 やっとこ ピンを丸めたりカンを取り付けるときに使う道具です。 ニッパー ピンなどの金属をカットするために使います。 ビーズトレイ イヤリングのパーツを入れておくものです。 「やっとこ」とは、ビーズアクセサリーを作るときに使うペンチのことです。 やっとこの先にラジオペンチのように溝があるとピンを傷つけてしまうので、溝のないものを選びましょう。 平やっとこ、丸やっとこの最低でも2本は必要です。 ニッパーはチェーンやピンをカットするために使います。 なるべく先端の細いものが使いやすいです。 ビーズトレイは種類ごとに分けられるようにたくさんあると便利です。 上記の道具以外にも、ハサミやセロテープなどを用意しましょう。 テグスを切ったりテグスの端をセロテープで止めてビーズの落下を防ぐことができます。 【イヤリングの作り方】必要なパーツ 金具の取り付け方の基本をマスターすれば、100均で「ピアス」として売られているものを「イヤリング」に変えてしまうのもお茶の子さいさいです。 金属アレルギーでつけることのできなかったイヤリングも、100均で売っている樹脂素材の「ノンホールピアス」パーツに付け替えれば身に着けることができるようになります。 色に悩んだときは、たくさんの色を使おうと欲張らずに「同系色」を選びましょう。 同じ色や同系色であればデザインに統一感が出ます。 補色や反対色を選ぶと目がチカチカしたり、きつめに感じてしまいます。 もし反対色を使用したかったら、間に白や透明のビーズを入れクッションにして落ち着かせましょう。 【100均限定】イヤリング・ピアスの作り方 【イヤリングの作り方】バラのパーツ~ボンドでとめる~.

次の

イヤリング台紙の作り方&セット方法!穴あけの方法やラッピングのコツも!

イヤリング 作り方

せっかくのおしゃれも耳が痛くなると台無しです。 素敵な自分に生まれ変わったのなら、目一杯おしゃれを楽しみたいですよね?イヤリングにありがちな「耳が痛くなる」、「金属アレルギーが気になる」といった悩みにはマグネット型イヤリングの「ネオジムマグネット 平丸」をおすすめします。 ソフトな付け心地ですから、イヤリングはあまり好きじゃないという方にもおすすめ。 またピアス穴を塞がないといけない方や隠したいシチュエーションでも重宝しますよ。 手作りだから出来る、流行のパーツを使った自分だけのオリジナルイヤリングは、あなたの悩みを解消しながら、洗練されたあなたを演出します。 そんな「ネオジムマグネット 平丸」を使った作品例をご紹介。 なんといっても魅力なのは、ピアスのように穴を開ける必要がなく、つけたいと思った日からつけられることです。 体に負担をかけないのもイヤリングの良いところ。 ピアスは重い素材を付けてしまうと耳が引っ張られ負担をかけることがありますが、その点イヤリングなら流行のビッグモチーフも心おきなく楽しめます。 ピアスホールは開いているけど、ビッグモチーフだけはイヤリングという人もいるのだとか。 ただし、イヤリングもあまり重いと落下してしまうことがあるので、付ける素材はアクリルパーツやコットンパールなど軽めのものを心がけてみてくださいね。 体の負担と言えばアレルギーがあってピアスができない人も、樹脂パーツなどを使えば耳元のおしゃれを楽しめます。 一度あきらめてしまった人も、ぜひまたイヤリングでおしゃれを再開してみてください! たくさんのイヤリング金具や、モチーフをご紹介しましたが、お気に入りのデザインは見つかりましたか? ハンドメイドは心を込めて1つずつ作ることで、既製品にはない特別な一品になります。 自分用に作るだけでなく、お友達や家族の誰かを思い浮かべながらプレゼントとして作っても楽しいですね。 組み合わせが無限大で奥深いハンドメイドの世界、ぜひのぞいてみてください!.

次の