万葉の湯。 新千歳空港温泉

万葉倶楽部

万葉の湯

温泉情報• 電話番号:055-927-4126• 基本料金:[平日]大人1520円 小人710円 幼児520円 [土日祝]大人2000円 小人950円 幼児620円• 営業時間:24時間• 休業日:無し。 臨時休業あり。 食事処:ある サウナ:ある 露天風呂:ある• レンタル・販売タオル:ある 岩盤浴:ない クーポン・割引情報• この温泉は「JAF会員割引」が使えます:• この温泉は「nifty温泉クーポン」が使えます: 割引とクーポンの併用は不可能な施設もあります。 詳しくお店にお尋ね下さい。 『沼津・湯河原温泉 万葉の湯』紹介 こちらが 道の駅。 観光バスが続々と到着して観光客を吸い込んでいってました。 こちらが万葉の湯。 道の駅の向かって左奥くに建っています。 1階は団体観光客の食事スペースになっていて、エスカレーターを登って 2階が温泉エリアとなります。 ここのサウナには ロウリュサービスもありますが、1時間に1回の機械式ロウリュです。 1階にあるエスカレーターに登って2階へ上がると万葉の湯の入り口が現れます。 ここは券売機はないので、直接受付へ並びましょう。 ロッカーの鍵をもらったら、店内へ入るゲートがあるのでそこから入場します。 またこの施設には 下駄箱がないです。 ゲートを通ったら左に靴を入れる袋があるので、それに入れましょう。 店内から受付方面を撮った写真。 写真中央にみえる、進入禁止マークが書かれてるゲートが入場用のゲートです。 ゲートの右側にある棚に、靴を入れる袋が置いてあります。 バスタオルとフェイスタオルは脱衣所の棚にあるのでそこから取りましょう。 帰る際は写真左手にあるカウンターで精算して退店します。 退店カウンター近くにある 自動精算機。 クレジットカード専用みたいで現金は使えないようでした。 こちらが 退店用のゲート。 退店用のカウンターで料金を精算するとQRコードが書かれた紙を渡されます。 その貰ったQRコードを、読み取り口にかざすと、ゲートが開くので退店しましょう。 入店用のゲートを通って店内に入ると左手に 館内着が置いてあります。 性別と身長別に並べられているので自分に合った物を取りましょう。 みみ 竹の向こう側が食事処と休憩所になっています。 館内入って正面奥に 大浴場の入り口があります。 写真右手側に廊下があり、マッサージルームや仮眠室。 パソコンコーナーなどに続いています。 通路の写真。 左が 化粧室。 右手がエステサロンで、 奥もマッサージサロン。 奥まで進むと右手にまた廊下が現れます。 メニューはボディケア、エステサロン、東洋整体、足つぼ健康法、英国式リフレクソロジー、タイ古式健康法、頭皮リフレッシュ、韓国式アカスリ。 とても充実している様子です。 無料パソコンと女性エリアもある仮眠室 奥の通路を右手に進むと、 仮眠室があります。 左にはタイ古式マッサージルームの部屋があります。 仮眠室の中。 写真よりも実際はもっと暗くて、広さもこの3倍くらいはあると思います。 女性専用エリアもあるので女性でも安心して寝れますよ。 テレビ付きで、音声のスピーカーは背もたれの頭付近にあります。 ボトルケースも付いてます。 コンセントの他にsubポートも備え付けてありました。 仮眠室を出て左に進むと、 無料のパソコンコーナーが設置してありました。 奥へ進むと受付の場所に戻れます。 休憩所 続いて 食事処兼休憩所の写真。 奥にはテーブル席もありました。 そのまた奥には宴会場があるようです。 漫画コーナー 休憩所の奥には 無料の漫画コーナーもありました。 結構な量が置いてあります。 海鮮系の食事メニュー 食事処のメニュー。 やはり沼津港も近いので海の幸が多いですね。 みみ 『沼津・湯河原温泉 万葉の湯』まとめ どうしてもすぐ近場にある天然温泉の『駿河の湯 坂口屋』と比べられてしまいますが、やはりマッサージサービスや、休憩所の食事のメニュー、無料の漫画コーナーや広い仮眠室などで、 温泉以外の設備では『沼津・湯河原 万葉の湯』が勝っていると思います。 あと施設の綺麗さも万葉の湯の方がちょっと勝っているかもです。 「今日は温泉に入ってマッサージもしてもらって仮眠室で寝て、ちょっと豪華なご飯を食るぞ!」ってタイプの 長時間滞在予定の方は万葉の湯。 「とりあえず食事も寝るのマッサージもそこそこに、開放感のある露天風呂で風に当たりながらリフレッシュしたい!」てタイプの、 温泉で満足したいって方は駿河の湯がオススメではないかと、個人的には思います。

次の

東京・湯河原温泉 万葉の湯

万葉の湯

万葉の湯小田原で温泉三昧について 若い頃から温泉が好きで、時間を見つけてはチョコチョコ出没しているのですが、今日は日本各地で営業している「温泉のデパート」的な存在である 万葉の湯で温泉三昧した時のことについて書いてみたいと思います! 万葉の湯は、お値段が少し高いのですが、設備がしっかりしているので、一日中温泉を楽しむことができる感じです。 館内には、お食事処や休憩室もありますので、日帰りの湯治のような時間を過ごすことが可能です! 今回は小田原駅の直ぐ近くになる万葉の湯を利用したのですが、場所によって料金が違ったりします。 横浜のみなとみらいにも万葉の湯はあるのですが、そちらと比較すると小田原の方がお値段が安いです。 いつも貧乏な私なもので、少しでも値段の安い小田原の万葉の湯を利用したのですが、設備的には他の所と大差はございません。 夏の疲れがぼちぼち出る時期ですが、温泉で癒されるのも良いのではないかな~と思いますので、手軽に温泉を堪能できる 万葉の湯小田原について今日は掘り下げてみたいと思います! 万葉の湯小田原の場所と営業時間・料金・駐車場・クーポンについて こちらが今回利用しました万葉の湯小田原周辺の地図になります。 万葉の湯小田原の正式名称は「小田原お堀端 万葉の湯」になるそうです。 小田原城のお堀から近くの所にありますので、名前に付け加えたのかもしれませんよね! 上記地図の通り、小田原駅から歩いて5分程度の場所で営業しております。 非常に目立つ建物ですので、近くに行けば直ぐに分かるかと思います! また、万葉の湯小田原の営業時間ですが、24時間になってまして、定休日もございません。 お酒飲みすぎて終電に乗り遅れた時や、寝過ごして流れ着いてしまった時に重宝するのではないかな~と思います。 お酒を飲む機会が私も多いので、そのうち小田原駅に辿り着き、ホテルの代わりに万葉の湯小田原を利用する機会がありそうです・・・。 今回私は「丸得セット」という料金プランを利用しました。 こちらを使うと、温泉の入浴料金を始め、タオル、手ぬぐい、館内着などが全て含まれてますので、手ぶらで訪れることができます! 万葉の湯小田原の料金は、大人2、300円、子供1,200円、幼児900円になってまして、3歳未満は無料になっております。 大人は中学生以上、子供は小学生が該当します。 毛が生えてきたら大人料金、生えてなければ子供料金と覚えておけば間違いございません!(?) 何の毛のことを言っているのか気になりますし、むしろこの説は大間違いだと思うのですが、上述してます通り、万葉の湯は場所によって値段が違いますので注意してください。 同じ神奈川県にあります万葉の湯横浜みなとみらいの料金は、大人2,500円、子供1,400、幼児940円と値段が高くなっております。 また、深夜3時以降の利用の場合、大人1,700円、子供1,000円費用の追加があります。 万葉の湯小田原で宿泊する場合は、深夜料金に注意してください! そして万葉の湯小田原の駐車場ですが、しっかりと整備されてまして、写真の軽自動車が写っている所が入口になります。 肝心の駐車場料金ですが、万葉の湯を利用で 5時間まで無料になっております。 それ以降は、30分毎に100円追加される仕組みになっております。 しかしながら、食事のみ、入浴のみでの駐車場の利用の場合は、1時間まで無料、それ以降は、30分毎に100円追加される仕組みになっております。 小田原駅周辺にも有料駐車場が多くありますので、最悪そちらを利用するのも良いかな~と思います。 駐車場には忍者部隊も配属されてますので、きっと安心して駐車できると思います!(?) そして、万葉の湯の公式ホームページには、 「クーポン」が置かれてますので、そちらの利用がおすすめです! クーポンを利用すると、結構割引されて値段が下がりますので、是非、利用してみてください! 万葉の湯小田原の施設案内(フロアー)利用案内について こちらが万葉の湯小田原の入口になります。 反対側にも入口がありまして、入館すると正面に受付があります。 自動改札機のような入口で結構斬新でした! こちらが万葉の湯小田原の施設案内とフロアーガイドになります。 万葉の湯の利用の仕方は、まずフロントで受付すると更衣室(ロッカー)に行くように案内されます。 そちらで館内着と貴重品等の荷物をロッカーに入れて手ぶらになります。 不要な荷物を預け、2階より上にあるお食事処や休憩室、温泉で入浴したりして時間を過ごすスタイルになっております。 なお、館内でマッサージを頼んだりジュース等を購入する場合は、受付で渡されるバーコードの付いた時計のようなアイテムで決済します。 退館の時に料金を精算しますので、館内で現金等は使いません。 3階にあるお食事処は、一番長いところの営業時間が、11:30~翌日の8:45までになっております。 4階のリラックスルームには、「女性専用エリア」がありまして、セキュリティも万全になっております。 キッズランドやインターネットスペース、漫画ルームなどもありますので、万葉の湯は施設がとても充実しております! ちなみにお風呂は5階になってまして、露天風呂は6階になります。 あまり眺望は良くないですが、それでも小田原の空を見ながら入る温泉は最高でした! こちらの施設は万葉の湯小田原のロッカールームになります。 結構大きいロッカーになっております。 大きな荷物はフロント(1階)で預かってもらえるみたいです! 小田原と言えば北条家ですからね~! 私のご先祖様もお仕えしてましたので、その節は大変お世話になりました! こちらが温泉の入口になります! この周辺に、マッサージをしてくれるお店が数軒あります。 また、万葉の湯小田原には、個室や家族風呂などもありまして、プライベート感をモリモリしたい時に重宝するかと思います! 私が来た時は、個室、家族風呂共に空いてました。 やはり、週末の利用が多そうですよね! 万葉の湯のお食事処のメニュー・料金・休憩所について 流石にお風呂の様子は写真で撮れないので割愛しますが、少し塩分を感じる良い温泉でした! 少し熱い温泉ですので、ぬるいお湯が好きな方にはチョット微妙かな~とも思います。 TVも設置されていて、ノンビリとした時間を過ごすことが可能です。 こちらの休憩所は無料で使えまして、「プレミアムシート」も有料ながらあるみたいです。 休憩所で寝ることも可能なのですが、イビキがうるさい方が一定数いますので、耳栓などが必要かな~と思います。 それにしてもお食事処のビールが美味しくて、ついつい飲みすぎてしまいます! 口直しに飲んだコーヒーなのですが、こちらはチョット私の口には合いませんでした。 食べ物・飲み物は、合う合わないがありますからね~・・・。 万葉の湯小田原のお食事処のメニューには、お酒や食事以外にもデザートがとても充実してまして、甘いものが好きな方でも満足できると思います! 肉食男子、女子にうってつけなサイコロステーキもありました! いや~ビールがいくらあっても足りませぬ・・・。 私、辛い料理が大好きなもので、最後まで頼むかどうか迷ったのがこちらになります! こちらもビールが進んでしまい、大変危険な匂いがいたしますよね~・・・。 万葉の湯小田原のお食事処は、和洋中ともに、色々な料理がありますので、選ぶのに一苦労でございます! 忘れちゃいけない日本酒・焼酎もメニューが豊富でした! 折角なので、「小田原北条」や「箱根街道」を呑めばよかったな~と、今頃後悔している最中です! 小田原と言ったら相模湾の地魚が有名ですよね! 万葉の湯小田原でも、多くのメニューが用意されてました! 地魚丼もとても美味しそうでした! 小田原で美味しいお寿司が食べたい時は、小田原駅北口から直ぐの所で営業している「天史郎鮨」がおすすめです! 天史郎鮨の名物「地魚握り」は、ネタも新鮮でお値段も安く、また行きたいな~と思っているお店になります! お酒が飲めない方もいますので、ソフトドリンクも充実してました。 若干、料金が高いですが、ま~仕方がないですよね~~ 私の大好物の1つであるソフトクリームも販売されてました! かき氷よりもソフトクリームが好きなのですが、そちらは後述します! こんな感じのメニューもありまして、非常に品数が豊富です!! 何度も書きますが、下手な居酒屋や食堂よりもメニューが充実しております。 麺のメニューや洋食などもありまして、何かしら食べたいものが見つかると思います! 丼物のメニューも充実してますし、うどんや蕎麦もありました! 天ぷらも美味しそうですよね~! 鍋や定食もお食事処で食べることができます! 万葉の湯小田原のお食事処の様子になるのですが、畳になってまして、非常に広々としております。 しっかりとネットに繋がりましたが、18禁は利用できない感じのロックが掛かっている感じでした。 とても残念です(涙) 1階のロビーには、小田原の地のお土産が置かれてまして、最後の最後までお財布の現金を狙っている感じでした 笑 施設が充実しているのは良いのですが、お金を使わせようとするトラップが多く、大変危険な時間になりました 笑 まとめ 秘湯などの温泉も良いですが、アクセスが良く、施設が充実している万葉の湯でマッタリとした時間を過ごすのも大いにアリだと感じました! 温泉の方も、体の芯から温まる感じですし、アメニティも充実してますので、文句のない感じでした。 強いて言うななら、塩素の臭いが強かった点になります。 しかしながら、利用者が多い施設になりますので、塩素臭さは仕方がない部分もありますよね。 他の日帰り温泉と比べますと、お値段は高めですが、施設の充実ぶりからして納得できると思いますので、機会作って万葉の湯の温泉で日頃の疲れを癒してみてください! 小田原の万葉の湯からもそこそこ近くにあります、箱根天山湯治郷温泉について書いた記事になります! うかれ雲というカフェも利用したのですが、とても癒しの空間で、温泉と相まって最高の時間を過ごすことができました! 本格的な温泉を楽しみたい方におすすめですので、良かったら日帰り温泉の参考にしてみてください! 万葉の湯小田原から歩いて直ぐそこにあります、小田原城について書いた記事になります! 2月中旬から3月上旬まで、梅の花が見頃を迎え、とても綺麗に色付きます! おすすですので、小田原にお越しの際には、小田原城へも足を運んでみてください! aohige0718.

次の

万葉公園(2020年4月~2021年3月 整備工事の為ご利用できません)

万葉の湯

全身のあかを落し体内からの老廃物を取り除くとすべすべのお肌(美肌効果)がよみがえります。 【オイルリンパ】 天然植物オイル・精油を使った本格的なト リートメント。 リンパの流れに沿って老廃物 を流し、しっかりとほぐしていきます。 全身から頭や顔、足裏などの集中ケアまで をご用意。 疲れやコリを改善する事で身体 のバランスもリセットできます。 【ボディケア・ソアン】 身体の患部やお疲れを直接ほぐし、筋肉の 緊張を和らげ、血流の循環をよくする事に より、コリや痛みをとる健康法です。 熟練の技で無理なく効果的にほぐしていき、 その心地良さからリラクゼーションとして ご利用頂けます。 【タイ古式マッサージ】 エスニックな癒し漂うやすらぎ空間で、「世界で一番気持ちいい」と称されるタイ伝統の極上マッサージをご堪能ください。 事前に、万葉倶楽部の概要を確認するべくウェブサイトを見たところ、心を奪われるものがありました。 柳沢慎吾主演の動画がトップページにドーン! 温泉のことを考えていた脳内は、一気に慎吾ちゃんワールドへ。 柳沢慎吾を見て元気がでない人なんていない。 かつて私の携帯電話の待ち受け画面が、柳沢慎吾だったのを今ここに告白します。 経営陣の柳沢慎吾チョイスに、私は震撼した。 「やつら、本気で癒しにきたな。 」 主演動画の慎吾ちゃんは泣けるし、定番の「ひとり甲子園」てホント面白いよね~って、放っておくとこのままずっと柳沢慎吾について熱く語りそうなので、ひとまず館内に入りたいと思います。 浴衣を着たら、気分はもう温泉旅館! あれ、すぐに岩盤浴に行かないの、なんて野暮なことを言っちゃあいけません。 まずは体を軽く洗って湯船につかり、ウォーミングアップといきましょう。 現在の湯は、兵庫県三木市の「さとわき湧玉の湯」から毎日タンクローリーで運んでくる、いわゆる「運び湯」だそうです。 アルカリ性単純温泉なので、刺激が少なく、神経痛や筋肉痛、疲労回復にもってこい。 実際に入ってみると、サラッとして透明、癖のないお湯です。 炭酸泉や塩サウナ、高温サウナにナノミストサウナもあるという充実ぶり。 さらには家族風呂もあるので、貸切でゆっくり楽しむこともできます。 今回は岩盤浴に熱視線を送っている都合上、サウナはガッツリ入るのを泣く泣く控えました。 サウナー(サウナを愛し頻繁にはいる人、の意)な私には苦渋の決断です。 そして神戸、もとい、そして家族風呂 岩の力で体の中からリフレッシュ! ヒーリングテラスで漫画をニヤニヤ物色しているだけでもちょっと暑いので、他の岩盤浴に入ります。 このヒーリングテラスを含めると、なんと5種類も岩盤浴があるんです。 お寿司を食べる時は、淡白な白身魚から濃い赤身へ移行していくと各々の味が存分に楽しめるように、まずは温度が低めの「流星房 碧」に入ってみます。 一瞬もわっとした湿度に包まれますが、岩盤の上に横たわれば思いのほか快適な温度で、天井には満点の星空をイメージした電飾があり、時おり流れ星を拝めるニクい演出も。 アロマの香りと心地よいヒーリングミュージックに包まれながら深呼吸。 トルマリン、ブラックシリカ、天照石の上を転々としながら、まずは岩の上にも15分。 一旦CMでーす(タモリ)ならぬ、休憩です。 水を飲み「フルーツバスケット」(以下、フルバ)を読みます。 懐かしいわ面白いわで、あっという間に1巻を読んでしまいます。 特別な貴女に…汗と涙と女と美肌 休憩をはさんだら次は女性専用の「爽美房 朱」。 さきほどの「碧」よりも若干温度が高いです。 なによりうれしいのは女性しかいないこと。 岩盤浴は男女一緒なところが多く、せっかくリラックスしているところに、隣に寝転ぶ見知らぬオッサンの放屁ですべてが台無し、ということは往往にしてありますが、この部屋はその心配はありません。 体が内部から温まっていくのか、15分~20分で汗がどんどんでてきます。 全然平気もっといられる、と思いますが、玄人はここで再びフルバ休憩をいれます。 岩盤浴ってサウナと比べてなんか物足りないんだよね、なんて思ってるみなさん、ここまではあくまでも前哨戦、水分補給とストレッチをして、さあ本丸にのぞみましょう。 ドキッ!岩塩だらけの岩盤浴室! 「岩塩房 橙」はその名の通り、岩塩が置かれています。 それも、おためごかしに岩塩がポツリポツリとあるのではなく、直径5cmほどの熱々の岩塩が玉砂利のようにゴロゴロしきつめられているのです。 うつぶせになったり仰向けになったり、体を両面からじっくり温めます。 それまでの部屋よりも熱く、岩塩のミネラルと遠赤外線効果で新陳代謝が云々かんぬんで、発汗がもうマッドマックスです。 サウナの場合は息苦しくなって長時間入っていられないのですが、岩盤浴は心地よい温度と湿度の中、横になっていられるのも相まって、いくらでも入っていられそうです。 自らのサラサラの汗が保湿効果もあるとかで、自然にお肌もしっとり。 毛穴が開きすぎて魂も抜けそうです。 汗とともに体内の毒素でも出たんだろうか、なんだか体が軽いぞ。 心なしか肌もツルツル!こ、これか!これが岩盤浴の真の効果か!• アツアツ!岩塩のベッド 食事も映画もおまかせ!充実のくつろぎ空間.

次の