ごぼう皮むく必要。 ごぼうの皮は食べれる?下ごしらえ洗い方やむき方アク抜きの仕方

ごぼうの皮むきはアルミホイルが簡単!手袋や包丁もおすすめ!

ごぼう皮むく必要

大根おろしって、焼き魚にはもちろんのこと、ステーキやハンバーグ、サラダのドレッシングやお鍋などいろいろ使えて便利ですよね。 けれど大根おろしを作る時って、皮をむくのって面倒じゃないですか? 特にみぞれ鍋を作る時なんかは、大量の大根おろしが欲しいのに皮をむくのはもったいないな…なんて思ってしまいます。 だけど皮ごとおろすと、口当たりが悪くなったり味が変わったりするんじゃないか?って心配ですよね。 今回はそんな大根おろしは、皮ごと作れるのか?についてまとめてみました。 合わせて大根の皮の栄養価や、むいた場合の大根の皮を使ったレシピなどもお伝えしたいと思います。 大根おろしを皮ごとおろすかどうか、迷っている人はぜひ参考にしてくださいね。 大根おろしは皮ごとおろして平気? 大根おろしは皮ごとおろしても大丈夫かどうか? 結論から言うと、 皮ごとでも大丈夫です! 皮ごとだと口当たりが悪くなったり、もさもさするんじゃない?って思うかもしれませんが、普通の大根おろし器でおろす分には特に問題ありません。 たしかに鬼おろしを使って、目の粗い大根おろしを作るときには皮はむかないと美味しくありません。 けれど普通の家庭用のこのような大根おろし器を使っておろすのであれば、皮はついていても大丈夫ですよ。 おろす時にはまっすぐ前後ではなく、丸く円を描くようにおろすのがコツです。 そうすれば皮のままおろしても、繊維がそこまで気にならない大根おろしができますよ。 私も以前は皮をむいてから大根おろしを作っていましたが、サンマをよく食べた去年の秋から面倒になって皮をむかなくなりました(笑) けれど旦那はそれに気づいていないようですし、実際に自分で食べても今までとの違いはそこまで感じないですよ。 もちろん皮ごと大根おろしを作る時には、しっかりと大根の皮はたわしでこすって洗っています。 残留農薬などが気になるという人もいるかもしれませんが、基本的には直接大根の皮に農薬がかかることはほぼないですし、今はそういった農薬が検出されることもほとんどありません。 また大根の皮にひげがついている時は、ひげを取るようにしています。 たまにひげがとっても多い大根の時には、ひげを取るより皮をむいた方が簡単なので皮をむくこともありますけどね^^; 皮ごとおろすと皮の方が水分量も少ないので、皮をむいた時よりたくさんの量の大根おろしができます。 みぞれ鍋など大根おろしを大量に作りたいときなどにも、皮をむかないほうがむいていますね。 しっかりきれいに洗う必要がある• ひげがついている時は、取るのが面倒• 辛味が強くなる たしかに皮をむかなければ手間も減るのですが、その分しっかりと泥を落としたり洗う必要があります。 それに大根にひげがたくさんついている時は、ひげは口当たりが悪いので取る必要があります。 一長一短といった感じではありますが、私はきれいな大根の時には皮ごとおろしていますよ。 またみずみずしい大根の時にはいいのですが、少し古い水分の抜けたような大根を使う時には皮ごとおろすともさもさした食感になってしまいます。 そんな時には皮を厚めにむいた方がいいですね。 あと皮をむかないと栄養価が増える分、辛み成分が多く残るので辛味が強い大根おろしになるんですよね。 なので辛味が苦手な人は、なるべく皮をむいて大根おろしを作ったほうがいいかもしれません。 もしくはこの後に紹介する、大根おろしの辛味をぬく裏技を使ってみてください。 大根の中でも辛い部分と甘い部分があるので、辛い部分を使う時は皮をむくなど使い分けてもいいかもしれませんね。 スポンサーリンク ちなみに大根って根本と先のどっちが辛い? 大根を買う時に、半分で売っている時などは 『あれ?どっちが甘いんだっけ?』 って迷うこと、多くないですか? 大根は 頭の方が甘くて、先の方が辛いです。 なので辛味が苦手な人は頭の方を、大根おろしや大根サラダなど生で食べる料理に使ったほうがいいですよ。 そして辛い大根の先の方は、辛味と同時にアクやえぐみも強いので、大根おろしにするときには皮をむくのがおすすめです。 けれどこのどっちが甘いのかって、 なかなか 覚えられないって人も多いんですよね。 そんな人にも覚えやすい、大根の甘い方と辛い方のわかりやすい覚え方をお伝えしますね。 それは、大根の形を合わせて漢字で覚える方法です。 こうやって見てみると、四角い形の『甘』の漢字は大根の上の方、下がとんがっている『辛』の漢字は大根の先と同じ形だと思いませんか? 漢字とイメージで覚えると、とっても覚えやすいですよ。 大根おろしが辛い場合は? 辛くない大根おろしを作りたいけれど、大根の先の方しか売っていなかった時などはどうすればいいでしょうか? 実は辛い大根おろしの、辛味を抜く方法があるんです。 それが おろしてから、少し時間をおくことです。 大根おろしの辛み成分は揮発性の物質なので、時間がたつと辛み成分が抜けて辛味が少なくなるんですよね。 1時間おいておくだけでも、辛味はかなり変わってきますよ。 もちろん冷蔵庫に入れて1晩おいておけば、さらに辛味はとびます。 大根おろしの辛味を抜きたい時には、ぜひ少し前もっておろすようにしてみてくださいね。 それでも辛味が抜けない時には、さらに奥の手があります。 それが 大根おろしをレンジで温めることです。 温めるといっても熱々の火を通した状態にするのではなく、温まるくらいです。 量にもよりますが1分もすればかなり温まりますよ。 温まった大根おろしを冷やしてから食べてみると、辛味がほとんどないはずです。 急いでいる時などは、冷やすために氷を1~2個入れて混ぜ、冷めたらしっかりと水分を絞ると早いですよ。 調味料を入れてからは、レンジで焦げないように気を付けてくださいね。 大根おろしは皮ごとで平気?まとめ 大根おろしは皮ごとおろしても大丈夫ということをお伝えしました。 けれど実際は、大根の場所や皮の状態、大根の辛味によって皮ごとおろすか皮をむくかを使い分けるのが1番おすすめです。 大根が辛かったり先の方しか余っていない時には、面倒でも皮を厚めに向いて別の料理に使う方がいいですね。 逆にみずみずしくて辛味もない部分の場合は、きれいに洗ったら皮ごとおろせばラクチンな上に大根の栄養をそのまま摂れますよ。

次の

生姜の皮はむくべき?皮ごとはダメ?簡単な皮むき方法を5つ紹介

ごぼう皮むく必要

無印良品のピーラー ステンレス皮ひき 無印良品のピーラーは、1本 690円(消費税込み)でした。 今は100円ショップでもピーラーが手に入る時代ですので、お値段的にはいささかお高めになるのでしょうか。 私のいとこは無印良品のいろいろなアイテムを愛用していて、使っているピーラーも無印のものでした。 実際に使用しているユーザーに使い勝手の良さを聞くのが一番と思い、迷わず購入しました。 大きさと材質 長さは12cm、幅は約7. 5cmです。 本体と刃はステンレス製です。 無印良品らしいスタイリッシュなデザインですね。 プラスチックが付いていないので、汚れが付きにくいでしょうし、お手入れも簡単で清潔さを保つことが出来そうです。 実践!野菜の皮をむいてみました さっそく野菜の皮をむいてみましたので、ご覧になってくださいね。 ごぼうをスライス ごぼうは、包丁の背中を使ってゴリゴリすれば皮をむくことが出来ますが、ごぼう自体を包丁で薄くスライスするのはとても難しいですね。 無印良品のピーラーが、果たしてどれくらい本領を発揮してくれるのか、試してみましょう。 ごぼうの外皮 手で持って皮をむきます。 とても軽いです!力を入れることはほとんどありません。 スルスルと気持ちよく皮をむくことが出来ました。 無駄な力をいれなくても、下のほうも気持ちよく皮がむけます。 切れ味バツグンです。 あっという間に外の皮をむくことが出来ました。 外皮はこのように薄くむけましたので、無駄がありませんね。 とがった根っこ ツノのように出ている根はどうでしょうか。 試してみます。 ピーラーの刃を軽く当ててそのままスライドします。 簡単にザクっとむくことが出来ました。 きれいにツノが取れました。 包丁で出っ張りをむく必要はありませんでした。 ごぼう本体 それではごぼう本体をスライスしてゆきます。 まるで鉋(かんな)の様にスルスルと気持ちよくむくことができました。 薄くむけている証拠に、ごぼうがカールしていますね。 上の写真は、残ったごぼうの本体です。 2~3mmくらいの厚さでしょうか。 私が包丁でごぼうをスライスした場合、このくらいの厚さが限界ですので、ピーラーにはとても叶わないことが判りました(笑)。 ごぼう1本むいた後の状態 ごぼうを1本むき終わった後のピーラーです。 目詰まりしたり絡まることなく最後まで気持ちよくスルスルむくことが出来ました。 ジャガイモの皮むき ジャガイモの皮むきです。 ジャガイモの外皮 力を入れなくてもスルスルむくことが出来て感動です。 ジャガイモの外皮も薄くむくことが出来ました。 ジャガイモの芽 ジャガイモの芽は、ピーラーの突起を利用して取ります。 ピーラーの突起をジャガイモの芽に挿して取ります。 ジャガイモをくるくると回転させると取り出しやすいです。 ジャガイモの芽も簡単にコロンと取り除くことが出来ました。 切れ味がすごいので、あっという間にジャガイモの皮もむくことが出来ました。 ニンジンの皮むきとスライス ニンジンの皮も簡単にむくことが出来そうですね。 ニンジンの外皮 ニンジンはお肌がツルツルしているので、すべって刃を当てづらいかなと思いましたが、問題なく外皮をむくことが出来ました。 途中で引っかかっることもなく外皮がむけました。 私はこの薄さを包丁でむくのは難しいでしょう(笑)。 この切れ味をご覧になってください。 すごいですね。 ニンジンも薄くスライスすることが出来ました。 キャロットラペや、フライすると美味しそうですね。 お手入れもラクラク!無印良品の皮引きピーラー 皮をむいた後は、水洗いして水気を切るだけですのでお手入れもラクラクです。 オールステンレス製ですからサビにくいのが嬉しいですし、長さが12cmと比較的コンパクトサイズです。 どこにでも収納できるので便利ですね。 まとめ 無印良品のピーラーをご紹介いたしました。 とても簡単に気持ちよくスルスルと皮をむくことが出来たので、感動を覚えているところです。 包丁で野菜の皮を薄くスライスするのは限界がありますので、このピーラーは買って正解でした。 これで料理の幅がさらに広がりそうです。 オールステンレスでサビにくい、スタイリッシュな無印良品の皮引きピーラー、おすすめです。 [紹介商品] [無印良品の皮引きピーラーを使ったレシピ].

次の

ごぼうの皮はむくべき?皮むき方法は?洗いごぼうでは?|健康♡料理♡美容♡恋愛

ごぼう皮むく必要

ごぼうの皮はむくべき?皮をむくには? ごぼうは、様々な料理に利用されていますが、 食物繊維も豊富に含まれているので、 便秘がちな方も、摂取したい野菜といえます。 調理法も煮物や炒め物、そしてサラダにするなど バリエーションも豊富です。 そんなごぼうには皮がついていますが、 調理するとき皮はむいた方が良いのでしょうか。 ごぼうの皮に関しては、 むく派・むかない派があります。 ここらへんは、料理の仕方や個人の好みにもよるのですが、 皮はなるべくむかない で食べた方が、 ごぼう特有の香りや旨みが残り、 美味しく仕上がります。 また皮を削ることで、ごぼうの栄養も逃してしまっています。 野菜は皮の近くに栄養が含まれているとされていますが、 ごぼうでも同じことがいえます。 ごぼうの旨み成分である グルタミン酸 、 またごぼうの色素成分でもある クロロゲン酸 は 皮の近くにも含まれています。 皮をむくことで、この旨み成分を逃す他、 抗酸化作用が強いクロロゲン酸というポリフェノールの一種まで 逃すことになります。 なので、なるべくごぼうの皮は残した状態で、 調理した方が良いといえます! また、皮をむく場合でも、ごぼうの皮はなるべく 薄くむいた方が良いといえます。 それでも剥きたいごぼうの皮 ごぼうの皮の近くに栄養があるといっても、 農薬が心配だったり、 たわしで洗っても気分的に 皮をむきたいという方もいるかと思います。 そういった場合、 最小限にするために、 「 包丁の背」を使うようにします。 包丁の刃ではなく、 包丁の背を使うことで、皮を厚めにむくことがなく、 適度に剥くことができます。 1・まずはごぼうをたわしでよく洗います。 2・続いてまな板にごぼうをのせて、 包丁の背を30度くらいに傾けて、 スライドさせていきます。 あまり力をいれなくても たわしで残ってしまった部分も綺麗な白い色になります。 ただ、こうやってごぼうの皮をこそげ落としてしまった場合、 ごぼうに含まれる酵素の影響により、 変色して黒っぽくなってしまいます。 変色するのを防ぐためにも、 皮をむいたごぼうはあく抜きをするようにしましょう。 ピーラーを使用すると、 皮を削りすぎてしまい、栄養を失うことになります。 ピーラーを使うと、 かなり白いごぼうにはなりますが、 ごぼうの大事な栄養までも削りとってしまっているので要注意です。 また「 アルミホイル」を使うという方法もあります。 方法としては、 1・ごぼうの泥を洗って落とします。 2・続いてアルミホイルを適量ちぎって、 くしゃくしゃにします。 3・ごぼうの皮をアルミホイルで 削るようにします。 ごぼうの皮を削っているとわかるのですが、 ごぼうは黒く変色しやすいです。 気になる方は、水をためたボウルの中で皮むきをする、 もしくは流水で皮むきをすると良いです。 水洗いをするときよりも、 綺麗になります。 子供がお手伝いするときも、アルミホイルであれば 包丁で怪我をすることもなく、 簡単です。 そのまま切って料理に利用してください^^ ごぼうにはよく洗ってもどうしても茶色い部分が微妙に残りますが、 それは泥ではなく、 ごぼうの皮の色です。 気になる方はその茶色い部分は、 包丁の先などで取り除くと良いです。 洗いごぼうの皮はどうする? スーパーでは、土つきのものではなく、 既に洗ってあるごぼう「洗いごぼう」もありますよね。 洗いごぼうの場合、 皮はどう処理すれば良いでしょうか。 洗いごぼうは、その名前の通り、 「泥を洗浄してあるごぼう」 であり、 皮の処理はしてありません。 こちらのごぼうも土がついているごぼうと同じように 調理できます。 土つきのごぼうは、 土の汚れをしっかり落とす必要がありますが、 洗いごぼうは、土の汚れを落とす手間がかからないので、 料理も簡単です。 ただ、洗いごぼうの方が、 日持ちしませんし、既にごぼうを洗ってしまっているので、 土付きのものと比較すると 風味は落ちる といえます。 洗いごぼうは、表面は酸化しているため多少黒ずんでいますが、 たわしでごしごし洗うことなく、 軽く洗えばそのまま料理に利用できます。 洗いごぼうも、土つきのごぼう同様、 皮が気になる方は、包丁の背の部分、もしくはアルミホイルを 使ってこそげ落とすようにします。 そうすると、表面も綺麗になりますよ。 ただ、個人の趣向にもよりますが、 皮をむかずに調理した方が、香りが残って美味しいとも 言われています。

次の