や べ さか そく。 宮川町 さか

銀座・丸の内の江戸前寿司 鮨かねさか

や べ さか そく

血縁結婚を繰り返した貴族の末裔デ・ゼッサントの生涯に仮託して、作者の思弁を奔放に綴ったもの。 大まかには、ゼッサントが美と頽廃の「人工の小宇宙」を築いて行く過程とその末路を描いた作品。 「さかしま」とは英語で「Against Nature」、即ち「道理にそむくこと」の意であり、基本的に愚俗を忌み、知性と人工を賛美する内容となっている。 訳者は私の好きな澁澤氏で、翻訳臭さを全く感じさせない練達した文章になっている。 城館での孤独な子供時代。 世間の人々を全て俗人と見なし、性的放蕩に耽ったイエズス会学校時代。 放蕩のため遺産を食い潰し、性的欲望も減退し、フォントネエと言う田舎町で隠遁生活を送る道を選んだ経緯。 好みの彩色・書物・絵画・調度類で埋められた隠遁邸。 知的詭弁による「本物と変わらぬ幻想の悦楽」の信奉。 第三章を通して語られる10世紀以前のラテン文学批評。 通常の小説の枠組みを越えた構成である。 動植物・宝石・酒・音楽に関する煌く考察は澁澤氏のエッセイの様。 第五章の絵画の論考は圧巻で、モロオ「サロメ」・「まぼろし」とロイケン「宗教的迫害」は頽廃と残虐の象徴である。 しかし、彼の希求する生活は知的な"修道僧"のものなのである。 一方、涜聖の罪を犯した事に自負心・慰安を覚える矛盾。 夥しい畸形植物から喚起される梅毒のイメージ。 そして、"特殊な善意"なしの自由・思想・健康を否定する精神。 第十二章の宗教書論評は日本人には苦しいが、次第に涜聖とサディズムの考察に移行する辺り計算尽くか。 傾倒するボードレールとポーの愛情概念の分析も読ませる。 日陰に蔓延る陰花植物の様な思弁は、19世紀末のフランス知識人のある種の閉塞感・厭世観を表出させたものと言え、文学的評価は兎も角、貴重な作品に思えた。 日本を含む東洋美術への言及が多い点も印象的だった。 ある知識人が女遊びなどの経験をじゅうぶんに積んだ後に、パリの郊外に家を購入し、召使以外の人間との接触を断って、本や絵画などの人工物に囲まれた生活を送る。 著作には取り立てて劇的なものはない。 その大部分が主人公の内省であり、ラテン文学や絵画に関する好みが延々と語られる。 唯一ドラマらしきものといえば、ディッケンズに刺激されて、主人公がロンドン行きを突如思いついたことだ。 しかし、汽車を待つ間に立ち寄ったパリのイギリス人酒場で満足して、主人公はけっきょく家に戻るのだ。 知識人の閉塞的な世界。 たしかに、そうかもしれない。 しかし、読者は、このような生活に、反発とともに魅力も感じるのではなかろうか。 いずれにしても、きわめてデカダンでありながら、きわめて文明的な生活が、この奇妙な著作で描かれているのだ。 デ・ゼッサントなる主人公は貴族の末裔で放蕩の限りを尽くした果に倦み疲れ、郊外に購入した屋敷で隠遁生活を送る。 隠棲した主人公の芸術観、審美論の細部描写 インテリア、絵画、香水、観葉植物等 を兎に角延々読まされる。 判読不可能な漢字のオンパレードなので読み方と言葉の意味を一つずつ調べる事にエネルギーを費やされかなりのストレスを強いられた。 訳者あとがきに「凝りに凝った原文の難解さ、辞書に見当たらない奇異な単語の頻出…」等と書かれているので原書の雰囲気は掴んだ訳であり、これをもし現代風の噛み砕いた翻訳にしてしまうと本書の持ち味は損なわれてしまうのでしょう。 というか変換の仕様がない。 しかしながら読書のリズムを著しく殺がれ、投げ出しそうになり何とか読了まで漕ぎ着けても本書の内容に感慨は得られなかった。 ひょんな事から財産を手にした男デ・ザッサントが 自邸を大改造していくお話です。 数々の趣向と空想を凝らし理想の異世界に変えていきます。 理想の色合いになるよう配色をした部屋や ずらりと並んだ酒樽から自動的に酒が出てくる装置など かいけつゾロリシリーズのギミック解説を見ているようで面白いです。 物語の途中で神経症を患わせたデ・ザッサントは転地療法を試みようとするのですが フランスにいながらにして思い込みの力だけで ロンドンにいる気分を味わって治療を完結させてしまいます。 「理想が現実に無いのなら自分で作ってしまえば良い、 心の中に生み出してしまえばよい!」 無いものを有るかのように作り出していく姿勢を貫徹するデ。 ザッサント。 作中では退廃的で非社交的な人物かのように説明されていますが 実はすさまじく創作意欲に燃える人物なのではないかと思います。 自分のお気に入りの空間や部屋を想像するのは楽しいことですが それを徹底的に追求し、実行に移せるデ・ザッサントは羨ましい限りです。 難解な場面も多々あり、読む人を選ぶ作品であると思いますがぜひ御覧ください。 歯医者で歯を抜こうとして痛さのあまり泣き叫んだり 子供の食べているパイがどうしても欲しくなり 召使に作らせたのに、出来上がった途端に胃が荒れだすなど コミカルな場面が多く筒井康孝作品にあるドタバタギャグのようにも感じられます。 古典文学、絵画、音楽の作品名や偉人の名前が所狭しと文章に表れ 巻末にも解説が収録されていますので 西洋文化のカタログとして読んでも参考になります。

次の

さかしま (河出文庫)

や べ さか そく

「宮川町 さか」は、京都市東山区宮川筋にある、イタリアン・フレンチを基調にした洋風割烹のお店です。 店頭を舞妓さんが行き来する、京都風情が漂う宮川町。 歌舞練場近くの路地裏にございます。 アラカルト主体のメニュー構成にて、季節の近海物の魚介類・国内産にこだわったメインの肉・ジビエ類と野菜類をイタリア料理とフランス料理の技法で調理いたします。 締めにはパスタ料理も充実しておりますので、ぜひ一度、ご賞味ください。 その日のTPOに応じて、または、お客様のお好みに応じたコース料理もご用意しております。 1Fはフルオープンのカウンター席、2Fは畳部屋のテーブル席と掘りごたつの和室にて、ご来店をお待ちしております。 プリプリの食感が最高です。 濃くてミルキーです。 サラダ、パスタに。 アヒージョ、フリット、パスタで。

次の

さかや栗原|全国の日本酒・地酒専門通販

や べ さか そく

和歌山津久野 さかむらイカダ イカダ・カセ釣り 和歌山津久野 さかむらイカダ 筏を3基増設した関係で筏の間隔が狭くなりました。 和歌山県日高郡日高町津久野178 阪村広行 電話&FAX: 0738-64-2952 携帯: 080-1400-5817 ご予約とキャンセルについてのご注意 間違い・勘違いを無くすため、最後に、 ご予約日、曜日、お名前、カセ・イカダの確認を 復唱いたしますので、必ずご確認ください。 復唱確認頂いたことで、 こちらの間違いはないということでご了解いただきます。 当日、ご予約間違いのないように、よろしくお願いいたします。 ご予約のキャンセルは、前日の午前中までとなっております。 それ以降のキャンセルは キャンセル料を頂いております。 キャンセル待ちのお客様もおられますので、 少しでも早くご連絡をお願いします。 限られた定員・台数です。 人数変更は必ず事前にご連絡ください。 当日に変更されると乗れない場合もございますので、ご了承ください。 よろしくお願いいたします。 和歌山 イカダ・カセ さかむらイカダ r.

次の