上岡 龍太郎 引退。 タモリ74歳、たけし73歳は現役なのに 20年前、なぜ上岡龍太郎は58歳できっぱり引退できた?

上岡龍太郎 闇営業の言葉が核心を突いてる!引退理由や現在は?

上岡 龍太郎 引退

「イチローになりたいと子どもが言ったら……」 《成功者は、思いも寄らないことで成功している。 失敗した人も、思いも寄らない落とし穴に落ちている。 強く思えば、大きくそれる。 より速くまっしぐらに走れば、より遠くへそれてしまう。 (中略) 少年も青年も、大志を抱いて、がむしゃらに努力をしないことが肝腎だ。 努力をしても無駄になるからするなと言っているのではない。 無駄を恐れることはないが、抱く大志は君たちが抱いたものではなく、大人が抱かせているものだということを分かっていればそれでよい。 乃木大将になりたいと言ったのは少年ではない。 言わせた大人がいたから子どもが言ったのだ。 そして、その子どもはどうなった。 大人はそのことに責任を取るのか。 絶対取りはしない。 でも、子どもは自分で自分の口から出た言葉を、自分の耳が聞いて脳に働きかけて、自分の人生を作り始める。 青年はこんな魔術に乗るな。 大人は魔術をかけるな。 どうせかけるなら捻(ひね)ってかけろ。 イチローになりたいと子どもが言ったら、「バカなことを言うもんじゃない。 貴乃花になれ」と言ってやる。 中田英寿になりたいと言ったら、「石原裕次郎になれ」。 明石家さんまになりたいと言ったら、「お菓子屋さんになれ」。 パイロットになりたいと言ったら、「無農薬野菜農家になれ」と言ってやる。 子どもに人生にはいくつもの道筋があることを示してやることは大切だ。 若いときの苦労は買ってでもしろ、などとまやかしを言うのではない。 これぞ上岡龍太郎の真骨頂だ。 芸能から政治にいたるまでこの世のあらゆる事どもに対し、誰より も辛辣で的確な指摘をしてみせた彼はいまでも、テレビを見たり街 を歩いたりしながら、ひとり小言をつぶやいたりしているのだろうか。

次の

上岡龍太郎の名言コメントが鋭い!闇営業について「芸人と暴力団は根が同じ」

上岡 龍太郎 引退

出典: www. daily. jp 上岡龍太郎さんの引退理由を調べていくと 息子さんが急死したという情報がでてきます。 息子さんが急死したなら息子さんの死が引退の理由なのではないかと考えますが、実はこの情報は 誤報で、 上岡龍太郎さんの息子さんは現在も健在です。 なぜ上岡龍太郎さんの息子が急死したという噂が流れたのかというと、2016年に上岡龍太郎さんの弟子である 大空テントさんが事故で急死したのが原因のようです。 上岡龍太郎さんの弟子が急死したという情報が、息子さんが急死したという誤報につながったと考えられます。 出典: twitter. com 実際のところ上岡龍太郎さんが引退したのは2000年で弟子である大空テントさんが急死したのは2016年ですから、 どちらにしても引退とは無関係のようですね。 本当の引退理由は若手芸人との関係 出典: books. rakuten. jp 上岡龍太郎さんが引退を決意したひとつのエピソードがあります。 ある日、新幹線で若手芸人2人と遭遇した際、 会話があまり続かなかったということがありました。 この時、自分も若手だった頃を思い出し、いつの間にか 大物タレントの立場に立ったのだと痛感したそうです。 そして1997年に「 ボクの芸は20世紀で終わり。 21世紀には新しい人生を歩みたい」と 引退を公言したということ。 他にもテレビでベテラン芸人をみて 滑舌が悪いと感じたとき、 自分はこんなふうになってまでテレビには出たくないと思ったという話もあります。 上岡龍太郎さんは2000年に突然引退を決めたわけではなく、芸能生活40周年を迎える2000年に引退しようと 何年も前から決めていたということですね。 40年も続けてきた芸能界を引退するというのは勇気もいることでしょう。 これだけ潔く引退するという生き方は かっこいいですよね。 出典: 6614d0475d39cb0e. lolipop. jp 上岡龍太郎さんが 引退してからどんな生活をしているのか気になりませんか。 大物芸能人であり人気絶頂期に引退しているので 貯金はかなりあると考えられますから、お金に困るということはなさそうですよね。 実は上岡龍太郎さんは 島田紳助さんとゴルフ三昧の生活を送っているという話です。 上岡龍太郎さんが頻繁にゴルフに行っているというのは、 芸能人のブログや芸能ニュースなどからもわかります。 先日、ゴルフ場で『巨人君巨人君』って後ろから声を掛けられまして、振り返ると!上岡龍太郎師匠でした! 引用:オール巨人 オフィシャルブログ 政界引退後に始めたというゴルフで、芸能界を引退した島田紳助さん、上岡龍太郎さんと超豪華なメンバーでラウンドしたことを明かした。 引用:ORICON NEWS 週に4回はゴルフに行っているということですから ゴルフ三昧の生活をしているというのは間違いないようですね。 仕事をやめてゴルフを楽しみながら毎日を送るなんてうらやましい限りです。

次の

探偵ナイトスクープ初代局長上岡龍太郎の現在は?

上岡 龍太郎 引退

Sponsored Link プロフィール! 上岡さんは、1942年3月20日生まれ、 京都府京都市左京区のご出身です。 (ちなみに、 「探偵ナイトスクープ」とは、 視聴者から寄せられた依頼を、 探偵局員が視聴者とともに調査していく、 視聴者参加型のバラエティです。 ) それは、1994年のこと、 視聴者である医学生から、 下宿している部屋に、毎日、幽霊が出て来て、 困っているので、調べてほしいという依頼があり、 探偵局員のさんが、 この回を担当されたのですが、 その再現VTRでは、幽霊の有無を検証しておらず、 あまりにも不真面目すぎる内容だったため、 上岡さんは激怒し、番組収録中にもかかわらず、 退場してしまったというのです。 当然、観客は騒然! 他の出演者たちがアドリブでごまかすなど、 事態の収集を図るも、観客の動揺は収まらず、 やむなく、観客を帰らせることになり、 出演者も帰らされたのだそうです。 ただ、番組制作側の考えが変わったようで、 さんと桂小枝さんだけは、スタジオに呼び戻され、 深夜の暗いスタジオの中、なんとか、 2人で続きを撮影されたとのことでした。 真相は? しかし、そこはテレビ番組のこと。 生放送ではないので、 実は、番組が放送される時点では、 上岡さんの怒りは収まっていたのだとか。 そのうえでの放送だったのですが、 編集後の放送内容が、 このままでは、単なる頭のおかしいおっさんの、 わがままに見られるではないか。 と、上岡さんは感じたそうで、 改めて、番組降板の意思を表示。 そこで、番組制作側(松本プロデューサー)が、 上岡さんを必死で慰留し、 結果、関東ローカルではあるものの、 フジテレビ 「上岡龍太郎にはダマされないぞ! 」で、 上岡さん自ら、意思表明することになり、 最終的には、 『探偵ナイトスクープ』の翌週の放送で、 この事件の真相を上岡さん本人が説明し、 それを正確に放送する。 ことを条件に、上岡さんの、 「探偵ナイトスクープ」続投が決まったのだそうです。 そして、放送の中では、 「実は2人で仕組んだいたずらですよ」 と上岡さんは最後に語り、 (上岡さん一流の大人の対応でしょう) 松本プロデューサーの安心する表情とともに、 事件は無事解決したのでした。 引退理由は? そんな上岡さんは、 2000年に芸能界を引退されています。 上岡さんが引退を決意されたのは、 様々な要因が絡んでいるそうですが、 最も決定的だった出来事が、 あったといいます。 それは、ある日、上岡さんが、 次のレギュラー番組で、 共演を予定している若手芸人2人と、 新幹線の中で、たまたま遭遇。 その二人は、 「これからよろしくお願いします」 と、上岡さんに挨拶。 そして、上岡さんも、 「よろしく」 と、挨拶を返されたのですが、 その後、会話が続かなかったのだそうです。 上岡さんは、ふと、自分が若手だった頃、 挨拶に行った後、会話が続かなかった、 大物タレントがいたことを思い出し、 いつの間にか自分も、 その大物タレントと同じ立場にいるのだ、 と痛感されたのだそうです。 こうして、上岡さんは、 1997年の春に、 「ボクの芸は20世紀で終わり。 21世紀には新しい人生を歩みたい」 と、引退を公表されると、 その宣言通り、2000年に、 引退されたのでした。 Sponsored Link 現在は? それでは、上岡さんは、 引退後、何をされているのでしょうか? 2010年と、少し古い話ですが、 上岡さんは、ゴルフや、映画・演劇の鑑賞、 文筆活動など、好きなことをして過ごされているようで、 古代史の勉強のため、東京の高輪に、 住んでおられたこともあったのだとか。 また、ごくまれに、親しい芸能人のパーティや、 ゴルフ大会に参加されることもあるようです。 そして、2016年10月15日には、 上岡さんの息子さんである、 小林聖太郎さんの初監督映画作品、 「かぞくのひけつ」の上映会にも参加されています。 ただ、この映画には、上岡さんの愛弟子だった、 テントさんも出演されているのですが、 テントさんは、前月の9月、 事故で亡くなっており、 テントさんのお通夜で、 上岡さんの憔悴しきった姿が目撃されています。 実は、2015年にも、落語家、桂米朝さんの、 お葬式でメディアに登場された上岡さん。 恩師や愛弟子の相次ぐ死に、 辛い思いをされていることと思いますが、 彼らとの思い出を胸に、 どうか、その悲しみを乗り越え、 第二の人生を謳歌しつつ、また、 私達の前に、元気な姿を見せてほしいですね。 応援しています!!.

次の