イブ サン ローラン。 あのイヴ・サン=ローランが愛したモロッコの幻想的なブルーの庭園「マジョレル庭園」

映画『イヴ・サンローラン』予告編

イブ サン ローラン

解説 フランスが世界に誇るファッションデザイナーで、「モードの帝王」と呼ばれたイブ・サン=ローランのキャリアや人生の光と影を描いた伝記ドラマ。 サン=ローランの元恋人で、ビジネスパートナーでもあった実業家のピエール・ベルジェの協力や、イヴ・サン=ローラン財団所有のアーカイブ衣装の貸し出し許可なども得て製作された。 1953年、パリ。 21歳の新進デザイナー、イブ・サン=ローランは、クリスチャン・ディオールの亡きあとの後継者に指名され、一躍脚光を浴びる。 その才能にほれ込んだ26歳の実業家ピエール・ベルジェとサン=ローランは、出会ってすぐに恋に落ち、ベルジェの支援を受けて「イヴ・サンローラン(YSL)」を設立、独立を果たす。 2人の関係は世界のファッション史を変えるものとなったが、一方で表現者としてのプレッシャーや孤独に悩むサン=ローランは、薬物やアルコールに依存するようになっていく。 2014年製作/106分/PG12/フランス 原題:Yves Saint Laurent 配給:KADOKAWA スタッフ・キャスト• 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

frontPage

イブ サン ローラン

ピンク色に統一された街並みから「バラ色の街」と呼ばれる、モロッコきっての観光都市・マラケシュ。 マラケシュといえば、やはり世界遺産に登録されている旧市街に注目が集まりますが、新市街にも見逃せない人気スポットがあります。 それが、「モードの帝王」と呼ばれたフランスのデザイナー、イヴ・サン=ローランが愛したマジョレル庭園。 旧市街からは、タクシーまたは市内バスの1番か12番で出かけましょう。 「マジョレル・ブルー」と呼ばれる、鮮やかな青に塗られた建物が印象的な庭園で、世界各地のさまざまな植物が織り成す風景は、どこか浮世離れした幻想的な雰囲気を漂わせています。 この庭園は、もともとフランスの画家で自称「庭園家」のジャック・マジョレルによって造られました。 1886年にフランスで生まれ、1919年にマラケシュに移り住んだ彼が1947年にオープンしたのが現在のマジョレル庭園の前身です。 彼の死後朽ち果てていた庭園は、1980年にイヴ・サン=ローランとそのパートナーであるピエール・ベルジュに買い取られ、改修が加えられたことで美しい姿を取り戻したのです。 庭園の奥には、イヴ・サン=ローランをしのぶ記念碑が静かにたたずんでいます。 園内に足を踏み入れると、なんと涼しげな竹がお出迎え。 モロッコで竹に出会うとは思いもしませんでした。 両側に竹の木が並ぶ小径の上部だけを切り取れば、ここが京都であるといわれても信じてしまいそうなほどです。 しかし、足元には黄色やオレンジ、ブルーといった色鮮やかな壺やベンチが置かれていたり、さらに瓦屋根のカラフルなお堂のような建物には、イスラム美術の影響を受けた精緻な彫刻が施されていたりと、独特の美意識が随所に表れています。 灼熱のマラケシュにあって、優しいそよ風が吹き抜ける庭園はまるでオアシスのよう。 竹林の奥には鯉が泳ぐ池もあり、情緒満点。 マラケシュ旧市街の喧騒に疲れた心をそっと癒してくれます。 その一方で、大人の背丈よりも高いサボテンをはじめ、見たこともないようなさまざまな熱帯植物が生い茂ります。 ジャック・マジョレルは自称「庭園家」で、一風変わった植物を好んで収集したのだとか。 その結果、ひとつの庭園に竹とサボテンが共存するというミスマッチが生まれたのですね。 「ミスマッチ」といってもそれは決して不快な違和感ではなく、新鮮な驚き。 本来同じ場所に生えるはずのない植物が隣り合っていても、「マジョレル庭園」という共通の世界観でまとまっているので、全体としては不思議な調和を見せているのです。 この庭園のアイコン的存在が、かつてジャック・マジョレルのスタジオだった青い建物。 現在は豪華なベルベルの衣装や装飾品が並ぶ「ベルベル博物館」として使用されています。 一度見ると忘れられないほど鮮烈な印象を残すマジョレル・ブルーは、サハラに暮らすベルベル人の文化に着想を得たもの。 マジョレル・ブルーは、マジョレル庭園のシンボルカラーとして、庭園のあちこちに散りばめられています。 イヴ・サン=ローランデザインのポストカードが購入できるブックショップや、ハイセンスなアイテムが揃う彼がプロデュースしたショップも見逃せません。 マラケシュの喧騒から離れて、ほっと一息つけるマジョレル庭園。 マラケシュに行ったら、旧市街から飛び出して感性を刺激するフォトジェニックな風景の数々に会いに行ってみませんか。

次の

イブ・サン=ローラン伝記映画2本が同時進行 関係者を巻き込んだバトルが勃発 : 佐藤久理子 Paris, je t'aime

イブ サン ローラン

It is one of the regions that come under Sathya Sai Organization of USA and coordinated by the Sathya Sai Council of America established in 1975. It is part of the Sathya Sai International Organization SSIO based in 126 countries. It's members come from all faiths and share a common purpose: to reach the ultimate goal of realization of their innate divinity by practicing love, self reflection, and selfless service. The members of the Sathya Sai Organization of USA strive toward the transformation of the heart through the expression of love in action, and join with members in over 2000 centers around the world in practicing the inspiring lessons of Sri Sathya Sai Baba. Membership is free and open to all. Sathya Sai Centers in the USA provide a space for spiritual meetings of like-minded individuals, a communion of god-desiring people of all faiths. The goal of participation is ultimately the transformation of self and society. In Sai Centers sincere seekers, students of spirituality and service-minded volunteers gather for spiritual singing, devotional spiritual activities, participation in community service activities, and to study the teachings of Sathya Sai Baba. As an offering of love and gratitude to our beloved Swami, let us continue to intensify our spiritual practices by doing the following, every day: Here are few suggested sadhanas:• Chant Sai Gayatri for at least 15 minutes. Chant "Om Sri Sai Ram" 108 times. Love and revere Mother Nature by practising Ceiling on Desires and 5 Human Values. For Details, Please Click We request you to join Online Inspirational Series - "Unite and Uplift", featuring speakers who will share their experiences and thoughts on topics that are relevant for today. These sessions will be featured on Fridays every week. These opportunities allow us to come together in Unity and spend the time thinking of Swami, and praying for the well-being of the entire world. Clickto join us on Friday Night 9 PM EDT.

次の