もらってください 敬語。 「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

もらってください 敬語

「ご捺印(ご押印) してください」という敬語の使い方は間違い? うっかり使ってしまいそうな表現ですが、このことば使いは間違いです。 「 ご捺印」または「 ご押印」ということばを使えば、 相手を尊敬していることになります。 尊敬する相手に対し「~してください」といういい方は、ちょっと丁寧な命令口調に聞こえませんか。 「ご捺印(ご押印)お願いします」の方が相手を敬っている気持ちがつたわりますし、自然なことば使いだと思います。 あなたは、書類に、捺印(なついん)や押印(おういん)の印が必要なとき、どんな敬語表現の依頼文でお願いすればいいのか、迷うことってありませんか。 相手がお客様や上司であれば、 なおさら気を使ってしまいますよね。 そこで、ご捺印やご押印をお願いするとき、 どのような敬語が使われているのか調べました。 結果、なにも特別な文面でもなく、 ごく普通な敬語表現でよいということがわかりました。 下記例文が、ご参考になれば、嬉しいです。 スポンサーリンク• ご署名、ご捺印のうえ、折り返しご送付くださいますようお願い申し上げます。 内容をご確認いただき、ご署名ご捺印のうえご返送くださいますようお願い申し上げます。 誠にお手数ながら、同封の〇〇の箇所に印鑑をご押印のうえ、ご返送くださいますようお願い申し上げます。 付箋を付しております箇所につき、ご担当者様のご署名ご捺印をお願い申し上げます。 同意書の最後のページにあるお名前の横に、ご押印の上、ご返送くださいますようお願い申し上げます。 ご住所とお名前をご記入いただき、ご捺印のうえ、折り返しご送付下さいますようお願い申し上げます。 敬語には、尊敬語、謙譲語、丁寧語などがあります。 印を押す行為を表す 「捺印」「押印」に「ご」という接頭語を付けて、 目上の人を敬う「尊敬語」にし、 あとは普通に 「お願いします」「お願い申し上げます」などとつづけるだけで 大丈夫なんです。 大切なお客様へ送るのであれば、 「ご署名、ご捺印のうえ、ご返送くださいますようお願い申し上げます。 」 でよいのではと思います。 「ご」が多くあるのは、くどすぎて、いんぎん無礼の印象を感じるという人もいるかもしれませんが、 私が受取人であったなら、悪い気はしません。 ただ、社内の上司にたいしてであれば、• 署名捺印をお願い申し上げます。 署名捺印のうえご送付くださいますようお願い申し上げます。 ご担当者様の署名捺印をお願い申し上げます。 で、十分敬語表現になっていると思います。 スポンサーリンク 捺印と押印に違いはあるの? 捺印と押印、ことばは違っても同じ「印(印章)を押す」という行為を表しています。 「捺印」は古くから使われていました。 「押印」は新しく使われだした用語です。 じつは、「押印」が使われだしたのにはある理由がありました。 捺印でなく押印を使わないといけない? 捺印の「捺」は古くから使われていた漢字です。 それが、1946年に当用漢字(1850文字)が制定された際に、「捺」という漢字が当用漢字表に入らなかった。 そのために、「捺」を使った「捺印」という用語が公文書や法令などでは使われなくなりました。 代わりに使われるようになったのが、「押印」だったというわけです。 ただ、当用漢字表はあくまで「漢字使用の目安」にすぎず、一般社会では使い慣れた「捺印」を使い続ける人が多かったのです。 そのため、現在のように「捺印」「押印」の両方が入り混じって使われだしたのです。 平成22年11月30日には、改定された「常用漢字表」が告示されました。 「押印」を用いる。 各個人らが常用漢字表にない文字を従来からの文化、慣習などの理由から使ってもなにも問題はありません。 現に、「捺印」はビジネス社会においても、その市民権を確固たるものにしています。 署名捺印と記名押印の違いとは 署名して印鑑を押すのを、署名捺印といいます。 記名して印鑑を押すのを、記名押印といいます。 当たり前のことですみません。 汗 あと、捺印も押印も同じなのですから、 署名押印とか、記名捺印といっても、間違いだとまではいえません。 でも、聞きなれないことばであることは確かです。 決まった成句として、「署名捺印」「記名押印」と覚えればいいだけです。 署名とは 本人が、自筆で自分の氏名を書くことです。 筆跡、筆圧は人によって違いがあります。 署名であれば、筆跡鑑定で本人が書いたものかどうかを証明できます。 法的な効力をもたせることができます。 記名とは 署名以外の方法で、自分の氏名をかきしるすことです。 パソコンを使っての入力印刷や氏名印を押すなどの方法によります。 署名とは違い、氏名がしるされているだけで、本人の意思によるものか、 どうかまでは確認できません。 スポンサーリンク 法的効力は捺印と押印どちらが上? 捺印する、押印する、という行為は、 印を押した書類の内容を認める意思表示をすることです。 その意思表示の強さを、法的証拠能力として順位をつけるならば、強い順から、• 署名と捺印• 署名のみ• 記名と押印• 記名のみ となります。 なかでも、 最強は、 署名捺印+印鑑証明書の組み合わせです。 「はんこ(印章)を押す」ことを、「印鑑を押す」と言い表すのが一般化されていますが、厳密に言うと「印鑑を押す」という言い方は間違いです。 詳しくは、 ところで、社会人ともなれば同じ名字でも、自分専用の書体で作った認め印をもちたいと思いませんか。 100均で購入した下印鑑より愛着は湧きますから、それだけ万事において大事に使うことにもなります。 認印を自分だけの書体で作るならここがおすすめです。

次の

教えてもらってください、を敬語で

もらってください 敬語

「教えてください」 (教えて下さい)の意味 「教えてください」はそもそも敬語表現 「教えてください」は「教える」に「くれ」の尊敬語である「ください」が合わさったものです。 「ください」自体に尊敬の意味が含まれるので、「教えてください」も敬意のある表現ということになります。 ちなみに、このように他の動詞にくっついた「ください」は、漢字ではなく平仮名で書くのが普通です。 「教えてください」 の敬語表現 まずは、「教えてください」を少し変化させて敬意の度合いを上げる表現をご紹介します。 「お」をつけて丁寧に「お教えください」 尊敬や丁寧の意味の「お」を加えて「お教えください」とすると、より丁寧な表現になります。 「ます」をつけてより丁寧に「お教えくださいませ」 さらに、丁寧語の「ます」をつけると「お教えくださいませ」となり、より丁寧になります。 これを「お教えくださいますか」「お教えくださいませんか」と疑問形の形にすると、相手に判断の猶予を与えることになるので、一方的に頼むよりも丁寧だとされています。 また、ここに丁寧語の「です」を加えて「お教えくださいませんでしょうか」ということもありますが、これは二重敬語になっているので誤りです。 「いただけませんか」を使う:「お教えいただけませんか」 「くださいませんか」の代わりに「いただけませんか」を使うこともできます。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 謙譲語よりも尊敬語の方が敬意の度合いが高いという人もいます。 一方で、「いただく」の方が相手への感謝の気持ちが現れていると考える人もいるようです。 はっきりした大きな違いがあるわけではないので、使いやすい方を選べばよいでしょう。 また、この場合の「いただく」も「ください」と同じく平仮名表記にするのが一般的です。 「お教え願います」という表現も 「お教えください」「お教えくださいませんか」といった言い方の他に、「お教え願います」といった表現もあります。 教えてくれることを願うのですから、意味は「教えてください」ということになります。 「お教えくださいませんか」と同じように、「お教え願えませんか」と相手に判断をゆだねる形で使うこともできます。 「教えてください」の敬語表現例の一覧 ここまで「教えてください」を原型とした敬語表現を見てきました。 まとめると以下のようになります。 教えてください。 お教えください。 お教えくださいませ。 お教えくださいますか。 お教えくださいませんか。 お教えいただけますか。 お教えいただけませんか。 お教え願います。 お教え願えませんか。 「教える」の類語を使った敬語表現 続いて、「教える」の類語を使った表現をご紹介します。 さまざまな言い方ができるので、状況に合わせて選びましょう。 「ご教示」の意味と使い方 「教示」は、読んで字のごとく「教え示すこと」という意味の言葉です。 教えてもらうことの内容に関わらず使えます。 「教えてください」という意味で使いたいときは、「ご教示ください」と表現します。 また、「教えてください」と同じように、「ご教示くださいませ」「ご教示いただけませんか」「ご教示願います」といった表現もできます。 「ご教授」の意味と使い方 「教授」は、「学術・技芸について、継続的に体系だって教え授けること」という意味です。 「教示」に比べて、使える範囲はかなり限定されます。 使い方は「教示」と同じく、「ご教授ください」「ご教授願います」といった形で用います。 現在は「教示」とすべきところで「教授」とされているケースが多く見られます。 「大学教授」など「教授」の方が身近な言葉ということもあって混ざってしまったものだと考えられますが、本来なら「教示」と「教授」は違った意味の言葉です。 誤った使い方をしないよう、きちんと区別しておきましょう。 ビジネスメールや電話で使える表現一覧 「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」の代わりに使える表現はたくさんあります。 一挙にご紹介しましょう。 ご教示ください。 ご教授ください。 ご指導ください。 ご連絡ください。 ご回答ください。 ご意見をお聞かせください。 伺ってもよろしいですか。 「~ください」という表現は、すべて「教えてください」のように語尾を変化させて使うこともできます。 聞きたい内容や相手によって上手に使い分けましょう。 「教えてください」の英語表現 何かを教えてもらいたいとき、英語ではどのように表現すればよいのでしょうか。 フォーマルな表現は「inform 人 of 物」 もっともフォーマルだとされているのが、「inform 人 of 物」という言い方です。 informの意味は「情報を与える」ですから、「(物)の情報を(人)に与える」という意味になります。 「人」には、教えてもらう人を入れます。 自分が教えてもらうときはme、会社として聞きたい場合にはusを使うのが普通です。 また、「物」には教えてほしい内容がきます。 実際に使うときは、「Please inform me of your address. 」や「Could you inform me of your address?」のように、pleaseやcould youをつけます。 日本語の「くださいませんか」や「いただけませんか」と同じように、Could you~?と尋ねる表現の方がよりフォーマルだとされています。 関係が築けてきたら「let 人 know(物)」 「inform 人 of 物」はフォーマルな分、少し堅苦しくもあります。 相手との関係が築けてきたら、「let 人 know(物)」を使いましょう。 「Please let me know. 」や「Would you let me know?」だけで「教えてください」ということもできますが、教えてもらいたいものを後ろにつけることもできます。 親しい仲なら「tell 人 物」 一番シンプルなのがこの言い方です。 「Please tell me~. 」や「Could you tell me~?」という表現を聞いたことがあるという人も多いでしょう。 簡単なだけに敬意の度合いは低く、親しい仲か、緊急のときに使われます。 仕事上のパートナーやお客様相手の場合は、上の2つを使いましょう。 まとめ 人に何かを教えてもらうのは、それだけでも少し緊張するもの。 そこで適切な表現が出てこないと、ますます混乱してしまいます。 まずは「教えてください」の基本形から変化させ、徐々に別の表現も身につけていきましょう。 正しい敬語で相手に伝えられれば、頼まれた相手も気持ち良く教えてくれるはずです。 ここでご紹介した表現をぜひマスターして、教わり上手になりましょう。

次の

教えてもらってください、を敬語で

もらってください 敬語

「教えてください」 (教えて下さい)の意味 「教えてください」はそもそも敬語表現 「教えてください」は「教える」に「くれ」の尊敬語である「ください」が合わさったものです。 「ください」自体に尊敬の意味が含まれるので、「教えてください」も敬意のある表現ということになります。 ちなみに、このように他の動詞にくっついた「ください」は、漢字ではなく平仮名で書くのが普通です。 「教えてください」 の敬語表現 まずは、「教えてください」を少し変化させて敬意の度合いを上げる表現をご紹介します。 「お」をつけて丁寧に「お教えください」 尊敬や丁寧の意味の「お」を加えて「お教えください」とすると、より丁寧な表現になります。 「ます」をつけてより丁寧に「お教えくださいませ」 さらに、丁寧語の「ます」をつけると「お教えくださいませ」となり、より丁寧になります。 これを「お教えくださいますか」「お教えくださいませんか」と疑問形の形にすると、相手に判断の猶予を与えることになるので、一方的に頼むよりも丁寧だとされています。 また、ここに丁寧語の「です」を加えて「お教えくださいませんでしょうか」ということもありますが、これは二重敬語になっているので誤りです。 「いただけませんか」を使う:「お教えいただけませんか」 「くださいませんか」の代わりに「いただけませんか」を使うこともできます。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 謙譲語よりも尊敬語の方が敬意の度合いが高いという人もいます。 一方で、「いただく」の方が相手への感謝の気持ちが現れていると考える人もいるようです。 はっきりした大きな違いがあるわけではないので、使いやすい方を選べばよいでしょう。 また、この場合の「いただく」も「ください」と同じく平仮名表記にするのが一般的です。 「お教え願います」という表現も 「お教えください」「お教えくださいませんか」といった言い方の他に、「お教え願います」といった表現もあります。 教えてくれることを願うのですから、意味は「教えてください」ということになります。 「お教えくださいませんか」と同じように、「お教え願えませんか」と相手に判断をゆだねる形で使うこともできます。 「教えてください」の敬語表現例の一覧 ここまで「教えてください」を原型とした敬語表現を見てきました。 まとめると以下のようになります。 教えてください。 お教えください。 お教えくださいませ。 お教えくださいますか。 お教えくださいませんか。 お教えいただけますか。 お教えいただけませんか。 お教え願います。 お教え願えませんか。 「教える」の類語を使った敬語表現 続いて、「教える」の類語を使った表現をご紹介します。 さまざまな言い方ができるので、状況に合わせて選びましょう。 「ご教示」の意味と使い方 「教示」は、読んで字のごとく「教え示すこと」という意味の言葉です。 教えてもらうことの内容に関わらず使えます。 「教えてください」という意味で使いたいときは、「ご教示ください」と表現します。 また、「教えてください」と同じように、「ご教示くださいませ」「ご教示いただけませんか」「ご教示願います」といった表現もできます。 「ご教授」の意味と使い方 「教授」は、「学術・技芸について、継続的に体系だって教え授けること」という意味です。 「教示」に比べて、使える範囲はかなり限定されます。 使い方は「教示」と同じく、「ご教授ください」「ご教授願います」といった形で用います。 現在は「教示」とすべきところで「教授」とされているケースが多く見られます。 「大学教授」など「教授」の方が身近な言葉ということもあって混ざってしまったものだと考えられますが、本来なら「教示」と「教授」は違った意味の言葉です。 誤った使い方をしないよう、きちんと区別しておきましょう。 ビジネスメールや電話で使える表現一覧 「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」の代わりに使える表現はたくさんあります。 一挙にご紹介しましょう。 ご教示ください。 ご教授ください。 ご指導ください。 ご連絡ください。 ご回答ください。 ご意見をお聞かせください。 伺ってもよろしいですか。 「~ください」という表現は、すべて「教えてください」のように語尾を変化させて使うこともできます。 聞きたい内容や相手によって上手に使い分けましょう。 「教えてください」の英語表現 何かを教えてもらいたいとき、英語ではどのように表現すればよいのでしょうか。 フォーマルな表現は「inform 人 of 物」 もっともフォーマルだとされているのが、「inform 人 of 物」という言い方です。 informの意味は「情報を与える」ですから、「(物)の情報を(人)に与える」という意味になります。 「人」には、教えてもらう人を入れます。 自分が教えてもらうときはme、会社として聞きたい場合にはusを使うのが普通です。 また、「物」には教えてほしい内容がきます。 実際に使うときは、「Please inform me of your address. 」や「Could you inform me of your address?」のように、pleaseやcould youをつけます。 日本語の「くださいませんか」や「いただけませんか」と同じように、Could you~?と尋ねる表現の方がよりフォーマルだとされています。 関係が築けてきたら「let 人 know(物)」 「inform 人 of 物」はフォーマルな分、少し堅苦しくもあります。 相手との関係が築けてきたら、「let 人 know(物)」を使いましょう。 「Please let me know. 」や「Would you let me know?」だけで「教えてください」ということもできますが、教えてもらいたいものを後ろにつけることもできます。 親しい仲なら「tell 人 物」 一番シンプルなのがこの言い方です。 「Please tell me~. 」や「Could you tell me~?」という表現を聞いたことがあるという人も多いでしょう。 簡単なだけに敬意の度合いは低く、親しい仲か、緊急のときに使われます。 仕事上のパートナーやお客様相手の場合は、上の2つを使いましょう。 まとめ 人に何かを教えてもらうのは、それだけでも少し緊張するもの。 そこで適切な表現が出てこないと、ますます混乱してしまいます。 まずは「教えてください」の基本形から変化させ、徐々に別の表現も身につけていきましょう。 正しい敬語で相手に伝えられれば、頼まれた相手も気持ち良く教えてくれるはずです。 ここでご紹介した表現をぜひマスターして、教わり上手になりましょう。

次の