白玉粉 レシピ。 白玉粉を使ったレシピ・作り方一覧(296件)

上新粉を使ったおすすめレシピ!お菓子からおかずまで!白玉粉との違いも!

白玉粉 レシピ

コメント: 初版。 カバー上部に軽いスレ、三方に小キズがあります。 ほかは若干の使用感はありますが、中古品として概ね良好なコンディションです。 コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております(書き込み・マーカーの無い状態)が、中古品の為若干の使用感や傷みがある場合がございます。 万が一品質に不備があった場合には返金対応。 消毒後に防水シートまたは保護シートに包んだ後、梱包して発送いたします。 付録や付属品につきましては明記のないものは原則として付属しません。 この商品は(神代本舗発送代行)により年中無休で毎日発送されます。 神代本舗が発送する商品は地域の障害者活動支援センターで1点ずつ丁寧に梱包して発送いたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 白玉好きが待ちに待った本です! 中身は定番の甘味や和菓子から、洋菓子、パン、お食事系まで様々。 求肥としてだけでなく米粉代わりに使ったり、小麦粉代わりのとろみの材料にしたり、使い方は色々。 最近全国区になってきた「いきなり団子」の作り方もありますよ。 さすが熊本の白玉粉屋さん!パンケーキは、休日に作ってみようと思います。 変わり白玉と題しまして、コーヒー、紅茶、ほうじ茶などお茶系、いちごやキウイなどのフルーツ系、にんじんや大根などの野菜系、ミントやとろろ昆布、コチュジャンを混ぜこんだ変わり種など、見た目も楽しい白玉が登場します。 が、残念なことにこのようなカラフルな白玉を使用したレシピとそれらの写真がない…。 ただの白玉だけの写真でした…。 それをしっかり入れていたら星もう1個プラスできましたよ!.

次の

お団子だけではもったいない! 白玉粉で広がる手作りおやつの世界

白玉粉 レシピ

白玉粉・上新粉・もち粉の違い、ご存じですか? 和菓子で使う粉の種類はたくさんあります。 その中でもよく使われるのが、白玉粉・上新粉・もち粉。 この三つの粉の違いをご存じでしょうか? 和菓子に挑戦しようと思っても、どのお菓子にどの粉を使ったらいいのかわからなくなってしまいますよね。 そこで、今回はそれぞれの粉の特徴などを詳しく解説。 白玉粉を使ったもちもちワッフルの作り方もご紹介します。 白玉粉・上新粉・もち粉の特徴 白玉粉・上新粉・もち粉の原料は米。 米の種類や製法が異なるため、3種類の粉に分類されます。 白玉粉 白玉粉はもち米を精白・水洗いし、石臼で水びきして沈殿物を乾燥させたもの。 *水びき…米を水ごとひいてすりつぶすこと。 昔は厳寒期に作られたため、別名「寒ざらし粉」と呼ばれます。 白玉粉・上新粉・もち粉の3種類の中では、ご家庭で一番使われていてなじみのある粉ではないでしょうか。 白玉粉の食感はもちもちとしていて、やわらかくなめらか。 主に「白玉団子」や「大福」に使われます。 おすすめのアイテム 白玉粉ともち粉を比較 白玉粉ともち粉は製法が異なりますが、もとの原料はどちらももち米。 それぞれ代用はできるのでしょうか。 白玉粉ともち粉の食感や作業性などの違いについて、検証してみました。 白玉団子を作ってみた 作り方 白玉粉ともち粉、それぞれに水を加えて丸め、沸騰したお湯でゆでて水に取る。 結果 白玉粉• 伸びがあってなめらか• 表面がつるんとしている もち粉• 弾力があってもちもち• もち米の味を感じる 大福の求肥を作ってみた 作り方 白玉粉ともち粉、それぞれに砂糖と水を加えて混ぜ、レンジで加熱して生地を作る。 結果 白玉粉• やわらかくて伸びる• 薄く伸びるのであんを包みやすい• 翌日もやわらかい もち粉• もちもちしているが、あまり伸びない大福らしい生地• あまり伸びないので、若干あんが包みにくい• かたくなりやすいので、当日中に食べるのが良い まとめ もち粉のほうが市販の大福に近く、白玉粉のほうがやわらかく伸びのよい大福に。 白玉粉ともち粉、どちらでもおいしい大福を作ることができますが、食感が多少異なります。 白玉粉を使う大福のレシピが多いのは、• 家庭で作る場合は白玉粉のほうが手に入れやすい• 伸びが良いため素人でもあんを包みやすい• かたくなりにくい という理由が挙げられるのではないかと思いました。 生地に混ぜるともちもちとした食感になるので、洋菓子に使うのもおすすめ。 今回はもちもちワッフルのレシピをご紹介します。 材料 4個分• 白玉粉…30g• 牛乳…100ml• 卵…1個 50g• 砂糖…25g• 薄力粉…70g• ベーキングパウダー…3g• 太白ごま油…25g おすすめのアイテム 下準備• 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。 作り方• ボウルに白玉粉を入れて手でつぶし、溶けやすいようにサラサラにする。 牛乳を少しずつ入れて白玉粉を溶かしていく。 溶きほぐした卵を加えてよく混ぜる。 砂糖も加えてよく混ぜる。 ふるった薄力粉とベーキングパウダーを入れて混ぜる。 太白ごま油を加えて混ぜ、とろりとしたなめらかな生地になったらOK。 予熱しておいたワッフルメーカーにオイルスプレーをして、生地を流す。 ふたをして3〜4分間焼く。 お好みで白玉・黒蜜・きなこをトッピングして、出来上がり! 「白玉粉使用もちもちワッフル」の詳しいレシピページは。 チャイミー様 コメントありがとうございます。 韓国ソルギの作り方は詳しくないのですが、米粉ともち粉を使うレシピで美味しく作れたことがあります。 多少詰まりやすいですが、ふるいでこすこともできました。 米粉は製菓用の米粉(ミズホチカラ)を使用しました。 上新粉のみ、製菓用米粉のみでも作れると思いますが、それぞれ食感が異なってくると思います。 本場のものを食べたことがないので、どの粉で作るのが一番近いのかはわからないのですが、いろいろ試してお好みの食感を探してみてください。 翌日もかたくならないレシピではなく申し訳ないのですが、参考にしていただければと思います。

次の

白玉粉レシピ13選|白玉団子、デザート、ポンデケージョ、パン、おかず、あんこ使用など簡単&人気レシピ

白玉粉 レシピ

白玉粉・上新粉・もち粉の違い、ご存じですか? 和菓子で使う粉の種類はたくさんあります。 その中でもよく使われるのが、白玉粉・上新粉・もち粉。 この三つの粉の違いをご存じでしょうか? 和菓子に挑戦しようと思っても、どのお菓子にどの粉を使ったらいいのかわからなくなってしまいますよね。 そこで、今回はそれぞれの粉の特徴などを詳しく解説。 白玉粉を使ったもちもちワッフルの作り方もご紹介します。 白玉粉・上新粉・もち粉の特徴 白玉粉・上新粉・もち粉の原料は米。 米の種類や製法が異なるため、3種類の粉に分類されます。 白玉粉 白玉粉はもち米を精白・水洗いし、石臼で水びきして沈殿物を乾燥させたもの。 *水びき…米を水ごとひいてすりつぶすこと。 昔は厳寒期に作られたため、別名「寒ざらし粉」と呼ばれます。 白玉粉・上新粉・もち粉の3種類の中では、ご家庭で一番使われていてなじみのある粉ではないでしょうか。 白玉粉の食感はもちもちとしていて、やわらかくなめらか。 主に「白玉団子」や「大福」に使われます。 おすすめのアイテム 白玉粉ともち粉を比較 白玉粉ともち粉は製法が異なりますが、もとの原料はどちらももち米。 それぞれ代用はできるのでしょうか。 白玉粉ともち粉の食感や作業性などの違いについて、検証してみました。 白玉団子を作ってみた 作り方 白玉粉ともち粉、それぞれに水を加えて丸め、沸騰したお湯でゆでて水に取る。 結果 白玉粉• 伸びがあってなめらか• 表面がつるんとしている もち粉• 弾力があってもちもち• もち米の味を感じる 大福の求肥を作ってみた 作り方 白玉粉ともち粉、それぞれに砂糖と水を加えて混ぜ、レンジで加熱して生地を作る。 結果 白玉粉• やわらかくて伸びる• 薄く伸びるのであんを包みやすい• 翌日もやわらかい もち粉• もちもちしているが、あまり伸びない大福らしい生地• あまり伸びないので、若干あんが包みにくい• かたくなりやすいので、当日中に食べるのが良い まとめ もち粉のほうが市販の大福に近く、白玉粉のほうがやわらかく伸びのよい大福に。 白玉粉ともち粉、どちらでもおいしい大福を作ることができますが、食感が多少異なります。 白玉粉を使う大福のレシピが多いのは、• 家庭で作る場合は白玉粉のほうが手に入れやすい• 伸びが良いため素人でもあんを包みやすい• かたくなりにくい という理由が挙げられるのではないかと思いました。 生地に混ぜるともちもちとした食感になるので、洋菓子に使うのもおすすめ。 今回はもちもちワッフルのレシピをご紹介します。 材料 4個分• 白玉粉…30g• 牛乳…100ml• 卵…1個 50g• 砂糖…25g• 薄力粉…70g• ベーキングパウダー…3g• 太白ごま油…25g おすすめのアイテム 下準備• 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。 作り方• ボウルに白玉粉を入れて手でつぶし、溶けやすいようにサラサラにする。 牛乳を少しずつ入れて白玉粉を溶かしていく。 溶きほぐした卵を加えてよく混ぜる。 砂糖も加えてよく混ぜる。 ふるった薄力粉とベーキングパウダーを入れて混ぜる。 太白ごま油を加えて混ぜ、とろりとしたなめらかな生地になったらOK。 予熱しておいたワッフルメーカーにオイルスプレーをして、生地を流す。 ふたをして3〜4分間焼く。 お好みで白玉・黒蜜・きなこをトッピングして、出来上がり! 「白玉粉使用もちもちワッフル」の詳しいレシピページは。 チャイミー様 コメントありがとうございます。 韓国ソルギの作り方は詳しくないのですが、米粉ともち粉を使うレシピで美味しく作れたことがあります。 多少詰まりやすいですが、ふるいでこすこともできました。 米粉は製菓用の米粉(ミズホチカラ)を使用しました。 上新粉のみ、製菓用米粉のみでも作れると思いますが、それぞれ食感が異なってくると思います。 本場のものを食べたことがないので、どの粉で作るのが一番近いのかはわからないのですが、いろいろ試してお好みの食感を探してみてください。 翌日もかたくならないレシピではなく申し訳ないのですが、参考にしていただければと思います。

次の