今治タオル 外国人。 NHK報道で不買運動に発展。炎上する今治タオルにみるコンプラ、ブランド管理の難しさ

愛媛県の今治市なんて場所がなぜ国家戦略特区になるのですか?

今治タオル 外国人

NHK「ノーナレ」(6月24日放送より) 今回の件ですが、産地として大変重い課題だと受け止めています。 希望をもって来日した実習生が、あのような法令を無視した過酷な条件下で労働している実状があることに胸が痛みます。 その啓発として、この度の放送は大変意義のあるものだったと個人的に思います。 同時に、企業人・業界人としては頭を悩ませています。 ツイッター等で起こっている今治タオルの不買運動についてです。 業界として真摯に受け止めるべき点もあると感じつつ、誤解も生じていると思います。 今治のタオル産業は、タオルの完成品を造り上げるまでのプロセスを様々な加工業者が担うことで、成り立っています。 今回問題となった企業は、中間の一部工程の加工業者であり今治タオルのブランドライセンスそのものの権利をもつメーカーではないと聞いています。 懸案の業者が産地の中で操業をしていたことは紛れもない事実であり、重く受け止めるべき問題です。 一方で、実習生の労働環境含め法令を遵守し誠実な経営を志している企業もあるなかで、「今治タオル」という統一化された消費者意識の元、真っ当な企業まで不買運動による不利益を被る状況となってきています。 弊社は、労働環境はもちろん実習生と日本人従業員で懇親会を行うなど、企業として当たり前のことを当たり前にやっています。 実習生参加の懇親会の様子(池永氏提供) また、弊社だけでなく公正な経営を志している企業は産地に多数あります。 放送翌日の6月25日には取引先や消費者の方から多数の電話のお問い合わせがありました。 他社も同様だと思います。 テレビ・メディアとSNSの負の相乗効果というものは計り知れず、このままでは「今治タオル」のブランドそのものの価値が不当に毀損され続ける致命的な状況に陥りかねない、実際に陥っていると危惧しています。 なぜこのような現象が起こるかということですが、製造メーカーが無数にあることや、タオル組合が保持する今治タオルのライセンスを許諾された複数のメーカーのみが使用していることをご存知ない消費者の方が多いことが理由として挙げられると思います。 それらの方は「今治タオル」を全て同一のものと認識されています。 また、今治のメーカーのほとんどが放送のような劣悪な環境で実習生を労働させているような誤解も生じているものと思います。 放送を直接確認したのでなく、2次情報、3次情報を元に「不買運動」を発信されているネットユーザーの方も少なくないと推察しています。 今治タオル(国土交通省今治港案内HPより:編集部) とにかく、私が声を大にして言いたいのは、 正しいことを正しくやっている会社もある、ということです。 そして、産業構造的に連鎖的な倒産や操業停止が今治産地で発生します。 そうなると、大量の日本人の雇用が失われますし、報道とは異なり働きがいをもって日々従事している実習生の仕事も消滅してしまいます。 産業としても立ち直るのに膨大な時間を要するでしょう。 そのような事態は何としても避けたいと考えています。 では、どうするべきか。 こういったSNSでの草の根的な活動も重要だと考えていますが、ブランドが失地を取り戻すためには、再度メディアの力を持って別の切り口から両面的な報道・放送がなされるべきだと考えています。 それしかないです。 昨日から番組制作者の方に連絡を取らせていただいたり、NHKの問い合わせ窓口に連絡させていただいている状況ですが、あらゆるメディアのお力をお借りしたいと考えています。 弊社の技能実習生の状況を取材いただくでも、別の形でご相談させていただくことも可能です。 正しい情報が再度テレビ・新聞・ネットを通して流通することが必要です。 技能実習生がブレストで会社の課題を考える(池永氏提供) どうかご協力いただきたいのですが、本記事を読んでいただいた方は是非シェア・拡散いただけると嬉しいです。 メディアの方につきましては、昼夜かかわらず連絡をお待ちしておりますので、下記まで連絡いただけますと幸いです。 どうぞ、よろしくお願い致します。 (編集部より追記:26日午前)本記事の反響を受けて池永氏の続報コラムです。 未読の方は合わせてお読みください。 池永 将成 株式会社ハートウエル代表取締役 大学で卒業後、シンガポールに渡り、現地企業でWEBコンサルティングに携わる。 アクセンチュア株式会社を経て、独立し、株式会社MIDIOを創業し、新規事業開発などを支援。 2018年9月より業務委託としてハートウエルの経営支援を開始。 19年4月からハートウエルの代表取締役。。 池永氏連絡先:.

次の

実習生の不当労働報道で揺れる今治タオル:日経ビジネス電子版

今治タオル 外国人

海外から日本にタオルが入ってきたのは明治5年、タオルを自国で作り始めたのは明治13年(1880年)頃と言われています。 しかし、そのころの今治はまだ「綿」を作っているだけの地域。 今治地域では江戸時代から綿培が始まっていたといわれていますが、タオルを日本で作り始めても、今治はタオル作りはしていません。 原料となる綿作りを頑張っていました。 そんな綿作りも、明治に入って他の地域で廉価な綿も出てくると一度衰退してしまいます。 そこで「今治綿業の父」と呼ばれる矢野七三郎が苦心と努力を重ね、片面だけ毛羽立たせた丈夫で暖かい綿織物「伊予ネル」を考案し、 繊維産業は再興していきます。 そして日本にタオルが入ってきて20年ほどたった明治27年、阿部平助が綿ネル機械を改造してタオルの製造を開始するとようやく「今治タオルの歴史」が始まるのです。 明治43年に麓常三郎によりタオルを同時に二列織る機械が考案されると、一気に生産性が上がり今治のタオル産業は活気ついてきます。 その後はジャガード織を取り入れたり、タオルに柄をつけるなど、今治のタオル生産技術とともにタオル産業も発展していき、地場産業として深く根付いていきました。 それでも、やはり時代が進むと廉価なタオルが出始め、安物に押されて今治タオルは力を落としていきます。 そんな中、今治タオルの品質の高さに衝撃を受けた佐藤可士和が、今治タオルの良さを広めたい、これは世界的にも素晴らしいタオルだと、今治タオルの再生プロジェクトを始めました。 これが赤地に白い円と本線のブランドロゴマークがついた"今治タオルブランド"の始まりです。 今では世界最高クラスの品質の今治タオルに世界から認められ、日本を代表する産地ブランドにまでなりました。 その中でも今治タオルブランド商品の特徴とも言えるのが、吸水力をテストする5秒ルール。 タオルが水中に沈み始めるまでに要する時間は5秒以内。 「洗わなくても使い始めから水を吸うタオル」と定めています。 すぐ沈むということは水分を素早く吸収するということ。 手を洗ったり、スポーツをして汗をかいたり、お風呂上りに体を拭いたり・・・どんなシチュエーションでもやさしい肌触りの今治タオルブランドの商品は、サッと水分を吸収してくれます。 今治タオルメーカーおすすめ3選 今治タオルを支え続けるメーカー 今治にあるタオルメーカーの多くは今治タオルブランド認定を取り、品質を落とさず製品を作り続けています。 一言で「タオル」と言っても、メーカーそれぞれ特徴があり、デザインや品質織り方など千差万別。 中でも人気の今治タオルメーカーからおすすめ3選をご紹介します。 七福タオル 今治タオルは「使い始めから水を吸うタオル」です。 ですので、「汗がすごいのに、タオル忘れちゃった! どうしようすぐ使いたい」という 時でも、今治タオルならお店で購入してすぐ使うことができます。 一般的なタオルは糊がついている状態なので、すぐに水は吸いません。 ちょっとベターッとした感触がしますよね。 なので緊急時にとても助かるタオルですが、それ以外の場合でしたら今治タオルであっても、購入後一度洗ってください。 これは吸水力を上げるためではなく、タオルを作る工程の間でついてしまった細かいホコリを取り除くため。 洗わなくても使えますが、気持ちよく使うために洗ってから使いましょう。 たっぷりの水で単独で洗う.

次の

今治タオルの工場の労働環境が酷いと炎上!会社特定で外国人労働者の実態

今治タオル 外国人

今治タオルの本質的価値を実感する「安心・安全・高品質」体験施設。 見て、さわって、楽しみながら、タオルについてもっと知ることのできる「今治タオルラボ」。 さまざまなコンテンツをご用意しています。 ブランドロゴ 赤 活動的、情熱的、先進的、生き生きとした力強さ、動き、インパクトなどをイメージさせる色。 今治タオルの存在自体が、社会の注目を集め、日本を象徴する商品のひとつであるという位置づけです。 青 品質に対する安全と安心、信頼、歴史と伝統、鮮明性、落ち着きなどをイメージさせる好感度の高い色。 今治タオルの持つ歴史と伝統を背景とした高品質をシンボライズしています。 白 やさしさ、清らかさ、清潔感、無垢、癒し、真心、柔らかで慈しみにあふれた愛情をイメージさせるピュアな色。 今治タオルの無限の可能性を示唆する広がりを表現しています。 今治タオル 再生プロジェクト 「驚き、というより、感動だった」 2006年、今治タオルを初めて使った佐藤可士和は、その品質の高さに衝撃を受けたという。 「やわらかくて、風合いが素晴らしく心地いい。 使っていても、体を拭くという感覚じゃない。 肌に当てるだけで、タオルが水気をどんどん吸い取ってくれる。 」 (『今治タオル 奇跡の復活-起死回生のブランド戦略』より) 当時、安価な外国製品に押され、瀕死の状態だった今治タオル。 しかし佐藤は、確信した。 「食の安全」などに対する危機感から、日本製品に注目が集まるいまの時代、このタオルには世界に通用するクオリティが間違いなくある。 それは、佐藤がブランディング・プロデューサーに就任することを決めた瞬間だった。 そして佐藤は、今治タオルの再生プロジェクトをスタート。 今治の豊かな自然と産業復興への思いを象徴するロゴマークを制作し、品質保証マークとして機能させるとともに、「白いタオル」をキープロダクトに設定。 「5秒ルール」などの品質基準も創設した。 すべては、今治タオルの本質的価値「安心・安全・高品質」を守り、伝えていくための戦略である。 佐藤が課す課題は、ときに今治タオル工業組合の組合員たちを戸惑わせながらも、少しずつ皆の意識をひとつにし、揺るぎないブランドを築き上げていった。 その後、一貫したコンセプトにもとづいた施策が実を結び、 今治タオルは、認知度、売上ともに飛躍的にアップ。 名実ともに日本を代表する産地ブランドになった。 訪れる人々は、真っ白なタオルの並ぶブースに魅了され、その使い心地に思わず笑みをこぼす様子が見られた。 いまではIMABARI TOWELは、地域再生の代名詞になっている。 クリエイティブ・ディレクター 佐藤可士和 Kashiwa Sato 博報堂を経て「サムライ」設立。 のクリエイティブディレクション、国立新美術館のVIとサイン計画等、進化する視点と強力なビジュアル開発力によるトータルなクリエイションは多方面より高い評価を得ている。 著書「佐藤可士和の超整理術」(日本経済新聞出版社)は07年のベストセラーに。 All rights reserved.

次の