イヴォンヌ ストラ ホ スキー。 イヴォンヌ・ストラホフスキーとは

イヴォンヌ・ストラホフスキー♡完璧なルックスでTV界に彗星のごとく現れたバイリンガルは一児のママ(2019年12月13日)|BIGLOBEニュース

イヴォンヌ ストラ ホ スキー

華やかで完璧なルックスとはいささかギャップのある人懐っこいチャーミングな笑顔。 しかし演じる役柄にはどこかミステリアスで影がある。 【関連特集】 アメリカのTV界にすい星のごとく現れたイヴォンヌは、人気アクションドラマで主人公と恋に落ちる美人スパイの サラ・ウォーカーを演じ、瞬く間にハリウッドスターの仲間入りを果たした。 ドラマでは、アメリカ人も褒めるほど完璧なアクセントでアメリカ英語を話す彼女だが、実は生まれも育ちもオーストラリア。 ニューサウスウェールズ州でポーランド人移民の両親のもとに生まれたイヴォンヌは、音楽に造詣が深い父と絵画や写真が好きな母の影響で芸術への愛を育んだ。 幼い頃から女優になると決めていた彼女が初めて舞台に立ったのは中学の学校劇。 シェークスピアの『十二夜』で主人公ヴァイオラを演じた。 高校を卒業するとすぐに、ウェスタンシドニー大学に併設された俳優養成施設である名門シアター・ネピアンで演劇を学ぶ。 その美貌とスタイルから、モデル上がりの女優のようにも誤解されがちだが、在学中の3年間は舞台を中心としたトレーニングに明け暮れ、プロとして通じる実践力を身につけた。 舞台への情熱をさらに深めたイヴォンヌは、シアター・ネピアンを2003年に修了後、友人とともにシドニーで劇団を設立。 舞台の共同製作と主演をこなす一方で、TVの世界にも足を踏み入れる。 2004年にコメディシリーズ 『Double the Fist』でデビューを果たし、2005年~2006年にはオーストラリアの長寿メロドラマ 『Home and Away』のスピンオフ 『Headland』に登場するなど、TVへの出演は続いた。 カメラの前での演技は現場で学んでいった。 転機となったのは2007年。 シドニーから送ったオーディション・テープがきっかけで、アメリカで『CHUCK』製作陣とのミーティングの機会を得た。 しかもそのミーティングの翌日には、すでにサラ役をもらってしまったのだ。 3か月有効の往復航空券でアメリカを訪問していた彼女にとっては驚くべき展開だった。 本人は突然決まったハリウッド進出を 「おとぎ話みたい」だと話す。 しかし、これまで努力して得た実力がなければ、このサクセスストーリーはあり得なかったはずだ。 「すばらしいタイミングだった」と本人が語るように、イヴォンヌは巡ってきたチャンスを見事につかんだのだ。 帰りの航空券は使わず、そのままロサンゼルスに住むことになった。 状況の変化を 「笑顔で受け入れる」と心に決めたものの、近くに頼れる友人や家族もおらず、両親が一人娘のためにアメリカに移り住むほど心細い思いもしたようだ。 『CHUCK』出演中はプライベートの時間もないほど多忙を極めたが、仕事には前向きに取り組んだ。 無敵のスパイ、恋する乙女、ホットドッグ店の売り子... とさまざまな顔を持つサラを楽しんで演じた。 ほとんど毎エピソード、自ら演じたという戦いのスタントは、長年のダンスの経験が立ち回りに役立ったほか、学生時代に舞台アクションを学んだおかげでお手の物だ。 また、毎回違った衣装で視聴者の目を楽しませてくれたイヴォンヌ自身が最も気に入ったというコスプレは、ベリーダンスの衣装。 ホットドッグ店のフリフリの制服とフラットシューズは、アクションを演じる上で一番動きやすかったそうだ。 『CHUCK』で演じたサラには孤独で暗い過去を抱えた一面もあったが、同作が終了した後にゲスト出演した人気ドラマでは、さらにずっとダークな ハンナ・マッケイを演じた。 主人公と恋に落ちるミステリアスで危険なハンナが人気を呼び、 最終シーズンにも再出演。 重要な役どころを担った。 ドラマや映画、ブロードウェイで着実にキャリアを積み上げ、正統派女優として躍進するイヴォンヌ。 2014年は、かつて大旋風を巻き起こした人気ドラマの続編 『24: Live Another Day』に出演することでも話題だ。 キーファー・サザーランド扮する ジャック・バウアーを追うCIA捜査官 ケイト・モーガンとして、どんな新たな顔を見せてくれるのか。 今後もますますイヴォンヌから目が離せない。 好きな映画は 『キル・ビル』。 好みのタイプはユーモアのセンスがあって、頭が良く、社交的な人。 両親がポーランド人移民のため、ポーランド語が流暢。 趣味はロッククライミング、ハイキング、洞くつ探検、キャンプなど。 体を動かすことが好きで活発な性格。 HollywoodNewsWire. net•

次の

イヴォンヌ・ストラホフスキー【チャックのサラ役】身長は?恋人との熱愛や結婚についてしらべてみた!

イヴォンヌ ストラ ホ スキー

その美しいスタイルから演じられる迫力のあるアクションシーンは、多くのドラマ視聴者を虜にしました。 現在では、第一子を出産し、母親としての一面もあるイヴォンヌ・ストラホフスキーですが、どのようなことがきっかけで女優になったのでしょうか? 今回は、イヴォンヌ・ストラホフスキーが女優になるまでに至った経歴や、出演作品の一覧について紹介していきます。 彼女について気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 本名:イヴォンヌ・ストラホフスキー• 英語表記:Yvonne Strahovski• 誕生日:1982年7月30日• 出生地:オーストラリア・ニューサウスウェールズ州 イヴォンヌ・ストラホフスキーは、オーストラリア出身の女優です。 現在までに、オーストラリアやアメリカの映画・ドラマに複数出演しています。 出生はオーストラリアではありますが、両親がポーランドからの移民であり、英語だけではなくポーランド語もスラスラと話すことができます。 高校卒業後は、名門の俳優養成施設である「シアター・ネピアン」に入り、演劇を学びます。 在学中の3年間は、ひたすらに舞台のトレーニングに明け暮れて、プロレベルの実力を身に付けました。 養成施設の課程を修了した後は、友人とともにシドニーで劇団を設立し、舞台女優としての道を着々と進みます。 女優人生の大きな転機は、 アメリカのTVドラマ「CHUCK」のオーディション。 ドラマ制作陣とのミーティングを行なった翌日にはメインヒロインのサラ役をもらい、ハリウッド女優の仲間入りを果たします。 その後、アメリカの有名なテレビドラマ「24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)」や、「デクスター ~警察官は殺人鬼」にも出演し、実力とともに知名度も上げていきました。 日本でも、2009年より第1シーズンの放送が開始され、その後全シーズンが放送されています。 物語の主人公は、「チャック」というオタクな青年。 「ティーン・チョイス・アワード」女優賞を受賞 イヴォンヌ・ストラホフスキーは、ティーン・チョイス・アワード(通称TCA)と呼ばれる賞の受賞経験があります。 TCAとは、アメリカ・フォックス放送主催の賞であり、映画やドラマなどの様々な部門で、最も活躍したセレブリティや作品が選ばれます。 投票はティーンエイジャーが行い、受賞者にはトロフィーが贈呈されます。 イヴォンヌ・ストラホフスキーは、2010年度のTCAにおいて、「 テレビアクション・アドベンチャー部門」女優賞を受賞しました。 他にも、2012年に「サターン賞」と呼ばれる、サイエンス・フィクション、ファンタジー&ホラー映画アカデミーが主催するイベントで「 ゲスト・スター賞」の受賞経験があります。 イヴォンヌ・ストラホフスキーが出演した映画一覧 では次に、イヴォンヌ・ストラホフスキーが出演した映画についてまとめてみました。 レンタルビデオや動画サービスサイトでご覧になる際には、参考にしてみてください。 他にも、妊娠中のお腹の大きな姿や、赤ちゃんと旦那さんとの写真などもありますので、気になる方はぜひイヴォンヌ・ストラホフスキーのインスタグラムをチェックしてみてくださいね。 しかし、決してそのようなことはなく、学生時代からコツコツと努力を重ねてきた、まさに実力派の女優のうちの1人です。

次の

イヴォンヌ・ストラホフスキー

イヴォンヌ ストラ ホ スキー

名前:イヴォンヌ・ストラホフスキー(Yvonne Strahovski) 本名:イヴォンヌ・ジャクリーン・ストラホフスキー(Yvonne Jaqueline Strzechowski) 生年月日: 1982年7月30日 年齢:37歳 出身地:オーストラリア ニューサウスウェールズ州 シドニーウェリントン・ダウンズ 身長:176cm 体重:59kg インスタグラム: Twitter: 両親がポーランドのワルシャワからオーストラリアに移住していることもあり、イヴォンヌ・ストラホフスキーは、英語だけではなくポーランド語も話せます。 父親は電子工学者で母親は実験技師ということで、お堅いお家で育ったイメージです。 イヴォンヌ・ストラホフスキーは一人っ子で、ヴィオラを演奏することもできるそうです。 12歳から演技のレッスンを始め、サンタ・サビーナ・カレッジ(Santa Sabina College)で高校時代を過ごし、2003年に西シドニー大学(University of Western Sydney)を卒業しました。 オーストラリアの映画やテレビで演技を始めて、徐々にアメリカのエンターテイメント業界に向かって演技のキャリアを磨いていきました。 その後、『チャック(CHUCK)』のオーディションを受けて、見事にヒロインであるCIA美人エージェントのサラ・ウォーカー役に受かりました。 スタイル抜群な上、頭脳明晰で、格闘能力は一流なサラ・ウォーカー役は、まさにイヴォンヌ・ストラホフスキーのはまり役となりました。 『24 リブ・アナザー・デイ』でもメインキャストのケイト・モーガン役で出演しました。 ドラマ部門で助演女優賞にノミネートされていました。 現在「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」はHuluにて、シーズン1とシーズン2が毎週水曜日に新エピソード追加で見ることができます👍.

次の