外壁塗装 クーリングオフ。 外壁塗装でクーリングオフしたい時の方法と手順

塗装は飛び込み営業で契約するのは危険?回避するための方法

外壁塗装 クーリングオフ

外壁塗装の訪問販売では、相場よりも費用が高い場合が多く、必要のない工事も危機感を煽って、即日契約(即決)を迫ってきます。 理由は相見積もり(比較)をされたり、冷静に考える時間を与えてしまうと、断られてしまうからです。 その強引な営業手法である訪問販売でのトラブルは多く、毎年 「消費者生活センター」へ数多くの相談が寄せられています。 そんな訪問販売で焦って契約してしまった場合には、 「クーリングオフ」という制度を使えば契約の解除(キャンセル)を行えます。 ですが、 クーリングオフも適用されるケースと適用できないケースもあるため注意が必要です。 ここでは、クーリングオフ制度について、ご紹介していきます。 そもそもクーリングオフ制度とは? クーリングオフとは、訪問販売や電話営業などで契約した後でも、冷静に考え直す時間を消費者に与えて、 一定期間内(契約日から8日以内)であれば無条件で契約を解除できる特別な制度のことです。 冷静になって、やっぱり工事を取りやめたい場合には、工事の契約を白紙に戻すことが可能です。 クーリングオフは、トラブルの多い訪問営業などから消費者を守るために設けられた制度です。 単純に、契約後に 「やっぱり気が変わったから解約したい」と思って、気軽に契約解除ができる制度ではありませんので、その点は注意が必要です。 外壁塗装でクーリングオフが適用されるケース このような場合に、クーリングオフが適用できます。 契約した日を含めて、8日以内の場合• 施工業者の事務所で契約を行っていない場合• 訪問業者(飛び込み)との契約で、自分から呼んで契約をしていない場合• 契約書にクーリングオフの注意書きが記載されていない場合• 現金3000円以上の契約の場合• 日本で契約した場合 悪徳業者の場合、ほとんどが訪問販売で営業活動を行っています。 万が一、悪徳業者で契約をしてしまった場合やそうでない場合でも、冷静になって納得がいかない時は、クーリングオフを使って契約の解除を行っていきましょう。 工事が着工していてもクーリングオフ出来る? 契約後でも「8日以内」であれば、 工事が着工していてもクーリングオフすることができます。 施工業者が、 「商品や材料を購入」しても支払う義務はありませんし、 「進めてしまった工事を元に戻す作業」に関しても施工業者の負担となります。 すべて、8日以内に工事を始めた業者の責任となります。 悪徳業者の場合では、 「工事着工後にクーリングオフは適用できない」と断れるケースもあります。 そのような場合でも、クーリングオフは適用されますので、悪徳業者に惑わされないようにしましょう。 8日過ぎてもクーリングオフ出来る場合もある? クーリングオフの適用期間は「8日以内」という決まりがありますが、例外もあります。 事実と違う内容の説明を受けた 施工業者が、消費者に対して 「事実と違う内容の説明」を行ったり、威迫したりして 「間違った誤認や困惑をしてクーリングオフが出来なかった場合」には期間に関係なくクーリングオフすることが可能となります。 このような状況で、施工業者とトラブルになった場合には、 「消費者生活センター」に相談してみましょう。 契約書を交わしていない 工事を口約束で行い、契約書を交わしていない場合にはいつでもクーリングオフをすることができます。 クーリングオフが適用されないケース 外壁塗装の契約後 「8日以内」であっても、キャンセルできないケースもあります。 下記のようなケースでは、クーリングオフが適用されないため注意が必要です。 自宅ではなく施工業者の店舗や事務所にて契約を結んだ場合• 施工業者を自分で呼んで見積もりを取り契約に至った場合• 過去1年以内に工事を依頼した訪問業者への再依頼の場合• 個人ではなく法人同士の契約の場合• 現金3000円未満の契約の場合• 日本以外で契約した場合 きっかけは訪問販売(飛び込み)でも、 「施工業者の店舗・事務所」で最終的に契約してしまった場合には、クーリングオフ対象外となりますので、これにはとくに注意が必要です。 ですが、やむを得ず(無理やり)事務所で契約した場合は例外になることがあります。 クーリングオフは、基本的に訪問販売での悪質な被害を減らしてくことが目的です。 それ以外でのやり取り、契約に対してはクーリングオフできないので注意が必要です。 クーリングオフのやり方 クーリングオフする場合には、施工業者に通知します。 通知の形式方法は、 「はがき、封筒、FAX」のどれかを出していきます。 「はがき、封筒」の場合には証拠を残すためにコピーを取って保管することがおススメです。 クーリングオフ記載内容• 通知タイトル名(クーリングオフ通知書)• 申し込み日(契約日)• 契約施工店名• 契約した際の担当営業名• 商品名• 工事金額• 契約をキャンセルする意思表明• 申し出した日• 自分の住所• 自分の名前 上記を記載して、施工業者に「はがき、封筒、FAX」のどれかを送付しましょう。 確実な方法は内容証明郵便を送る 稀に、本当に悪徳業者の場合には上記書類を捨ててしまい証拠をなくしてしまうこともあるそうです。 そのようなケースもあるため、 「内容証明郵便」を利用して確実にクーリングオフするやり方もあります。 内容証明郵便は、郵便局で送ることができます。 業者 送付先 、自分 送付元 、郵便局とで、同じ書類をそれぞれが保有することになります。 発信日だけでなく、書面の記載内容も証明されます。 内容証明郵便の書き方について 内容証明郵便を送る場合には、いくつか決まりごとがあるため注意が必要です。 内容証明郵便は3通作成 業者 送付先 、自分 送付元 、郵便局で3通の同じ書面を作成します。 書面の文字数が決まっている 1枚に書ける文字数が決まっています。 書き方は縦・横とどちらでも可です。 句読店やカッコは1文字となり、カッコは2つで1文字となります。 枚数が2枚以上になる場合には、ページ間の割印が必要になってきます。 使用できる文字 文字は「漢字、かな、カナ、数字」が使えます。 英字は契約施工店名や商品名に限り使用ができます。 訂正の仕方 書き間違えた時には、訂正箇所に2重線を引いて、ご自分の印鑑を押します。 そして、その近くに「正しい文字」と、削除した「文字数・訂正した文字数」を記載します。 年月日とそれぞれの名前と住所の記入 郵送した年月日と差出人(ご自身)及び受取人(契約施工店)の名前と住所を必ず記載していきます。 書面の作成方法 書面の作成方法は、パソコンでも問題ありません。 手書きの場合には、鉛筆よりも消えないペンで書いた方が良いです。 封筒の記載方法 封筒の記載もどのようなものでも問題ないです。 書き方は、普通の郵便と同じ記載方法で大丈夫です。 ですが、「中の書類の名前や住所と相違がなく」、同じでないとだめです。 悪徳業者はクーリングオフを妨害してくる? 悪徳業者の営業手法は 「訪問販売」がほとんどです。 そのため、訪問販売で契約した場合には、その業者が悪徳業者である可能性はあり得ます。 悪徳業者では、クーリングオフの対応に応じないケースがあるので注意が必要です。 契約書にクーリングオフの記載がない• そもそも契約書がない• 契約後にすぐに着手金を請求してくる• 契約後に連絡が取れなかったり、ごまかして8日間を経過させようとする• 工事をすぐに着工して、クーリングオフできないと虚偽の発言をする• クーリングオフのハガキや書類を受け取らない 悪徳業者の場合では、クーリングオフの説明がないのはもちろん、申請を妨害しようとします。 上記のケースでは、ご説明した通り、すべて 「クーリングオフの対象」となりますので、冷静になって対応していきましょう。 まとめ 外壁塗装の訪問販売(飛び込み)では、強引な営業手法を行う業者が多く、トラブルがよくおこります。 とくに、一人暮らしのご高齢の方を狙った 「ぼったくり工事」、 「手抜き工事」の被害が数多くでています。 そのようなケースが多いため、訪問販売と焦って契約しても 冷静になって考えたり、相談できる時間を与えてくれる制度がクーリングオフです。 間違って契約してしまった場合でも、「8日以内であればスムーズに解約キャンセル」ができます。 もしクーリングオフのことで、施工業者とトラブルになった場合には、 「消費者生活センター」へすぐに相談していきましょう。 地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。 もちろん無料で、「 匿名で費用相場の確認」と 「お見積り依頼」ができます。 おススメお見積り比較サイト 外壁・屋根塗装工事専門サイト「プロヌリ」.

次の

外壁塗装の契約を解除したい!クーリングオフの活用方法

外壁塗装 クーリングオフ

目 次• クーリングオフ制度とは? そもそも、クーリングオフとは何でしょうか。 クーリングオフとは、複雑で危険性の高いマルチ商法や訪問販売などの想定にない取引で契約をしてしまった時に、一定の期間であれば無条件でその契約を一方的に解除できる制度のことです。 簡単に言えば、契約を無条件で解除できる制度です。 ただし、契約をした販売方法(取引内容)によって、クーリングオフできる期間がそれぞれに定められており、クーリングオフの書面を受け取った日から8日が適用期間になります。 また、通信販売にはクーリングオフが適用されないので注意が必要です。 クーリングオフの書き方と手順 ここでは、訪問販売による契約に対してのクーリングオフについて説明します。 ステップ1. クーリングオフ通知を書面に書く クーリングオフは、書面で行うことが大切です。 用紙サイズに特に決まりはありませんので、葉書でも大丈夫です。 記載しなければならない項目があり、内容は次の通りです。 葉書の場合は両面をコピーし、コピーしたものは手元で保管してください。 また、契約時にクレジット契約も合わせてしていた場合は、販売会社だけでなくクレジット会社にも同様の通知を忘れずに送ります。 ステップ2. 業者にクーリングオフ通知の書面を送る クーリングオフの通知書が完成したら、その書面を送りますが、クーリングオフが適用される8日以内であるか確認してください。 送る際に大切なのは、クーリングオフの通知を送ったという事実を残すことです。 送付方法は、郵便局の特定記録郵便や簡易書留、書留であれば通知を送付した日付が残ります。 また、日付だけでなく、宛先や差出人、書面の内容も証明したいのであれば内容証明という方法があります。 内容証明は、差出人が謄本を作成し、郵便局が保管証明してくれるサービスです。 記載項目や記載文字数の制限などはありますが、もし裁判に発展した場合には証拠にもなりますので、内容証明での通知をお勧めします。 クーリングオフ期間が過ぎても契約解除をできるパターン クーリングオフの適用期間である8日とは、クーリングオフに関する書面を受け取った日から8日のことです。 8日以内に業者へ通知書を送れば良いのであって、通知書が8日以内に業者へ届かなくても構いません。 「適用期間の8日を過ぎているから解約は難しいだろうな」と思っても、あきらめないでください。 実は、期間が過ぎてしまっていてもクーリングオフができる場合があります。 それは、契約書を受け取っていてもクーリングオフができる内容が書かれていなかったり、説明されていなかったりする場合です。 また、商品などに関する記載内容に不備があった時も適用期間が過ぎていてもクーリングオフは可能です。 なかには、「契約書に署名押印したからクーリングオフができない」「契約を解除したら違約金が発生するなど」と言って、クーリングオフを妨害する悪徳な業者もいます。 しかし、このようなクーリングオフの妨害が行われた場合は、「クーリングオフ妨害解消書面」を業者から受領することによって、受領日から8日がクーリングオフの適用期間となります。 こんな場合はクーリングオフできないので注意! 業者の説明内容に何の落ち度もなく納得して契約し、クーリングオフの適用期間が過ぎてしまった場合はもちろんクーリングオフはできません。 しかし、この他にもクーリングオフが適用されない条件があるので注意してください。 クーリングオフが適用されない例 ・購入者が意思をもって、自宅に業者を呼んで結んだ契約 ・購入者自ら、業者の営業所を訪れて結んだ契約 ・過去1年の間に、1度でも取引をしたことのある業者と結んだ契約 ・金額が3,000円未満の現金での取引 ・国、地方公共団体との契約 ・日本以外で結んだ契約 ・その業者に勤務している社員などが結んだ契約 自分で書くのが不安な場合 クーリングオフ通知は自分で作成することもできますが、内容に不安があったり、適用期間が近づいてきたりしている場合などは、専門家に相談してみましょう。 行政書士など法律の専門家に依頼することで、内容証明などの作成や送付などを代わりに行ってくれます。 代行費用として数万円ほどかかりますが、専門家の立場から問題点を見つけてくれたり、契約内容整理してくれたりするので、確実にクーリングオフが行えます。 この記事のまとめ 塗装契約を結んでから8日はクーリングオフの可能性があるので、通常の塗装業者であれば工事を始めません。 しかし、悪質な業者であればクーリングオフをさせないように契約後すぐに工事を開始することも。 クーリングオフをあきらめる前に再度契約時を振り返り、業者の説明に落ち度がなかったかなど思い出してみてください。 難しいと思われるクーリングオフの通知書も、ポイントさえ守れば自分で作成することが可能です。 外壁の塗装だけでなく、消費者を保護する制度についても知っておくと安心です。

次の

外壁塗装のクーリングオフとは?やり方や解約通知書の書き方を紹介!|外壁塗装・リフォームでお困りなら【外壁塗装プランナー】

外壁塗装 クーリングオフ

クーリングオフとは? クーリングオフとは、特定商取引法という法律で定められている、 契約 し てから 8日以内なら 違約金や解約料などは発生せずに 、 契約を 無条件で 解除できる制度で、住宅リフォーム工事(外壁・屋根塗装等も含まれます。 )に関する契約もクーリングオフの対象です。 事業者がウソをついたり、脅したりなどの妨害にあった場合は、クーリングオフ期間に関係なく契約を解除することができます。 外壁塗装でクーリングオフが適用されない場合• 正しい契約書を受け取った日から8日過ぎている場合• 自身で業者を選んで契約を交わした場合• 自身で業者の店舗に行き契約を交わした場合• 過去1年間に取引きをしたことがある業者と契約を交わした場合• 日本以外で契約を交わした場合 外壁塗装で期限を過ぎてもクーリングオフが適用される場合 訪問販売業者には守らなければならないルールがあり、違反している業者との契約は、クーリングオフの対象となり、場合によっては業者に罰則が科される事もあります。 外壁塗装でクーリングオフを妨害された事例 「大幅値引きしたのでクーリングオフはできない」 「塗料など、塗装に使う材料を注文済みなので契約解除はできない」 「工事を中止する理由がなければクーリングオフはできない」 などの妨害行為のせいで、8日以内にクーリングオフができなかった場合、事業者があらためてクーリングオフが可能であることを書面に記載して交付することになり、その説明を行った日から8日が経つまでは、クーリングオフ期間が延長されます。 契約書を受け取っていない、または不備がある 事業者は、必ず契約書の交付をする必要があります。 法律で、契約書を受け取った日を1日目とするように定められているため、契約書を受け取っていない場合は、いつでもクーリングオフができます。 交付された場合であっても、以下のような必要な事項が記載されていなければ、書面の不備としてクーリングオフの対象になります。 商品 権利、役務 の種類• 販売価格 役務の対価• 代金 対価 の支払時期、方法• 商品の引渡時期 権利の移転時期、役務の提供時期• 契約の申込みの撤回 契約の解除 に関する事項• 事業者の氏名 名称 、住所、電話番号、法人ならば代表者の氏名• 契約の申込み又は締結を担当した者の氏名• 契約の申込み又は締結の年月日• 商品名、商品の商標または製造業者名• 商品の型式• 商品の数量• 契約の解除に関する定めがあるときには、その内容 また、契約書には記載方法にルールがあり、 8ポイント以上の文字で記載、 クーリングオフについての注意書きを赤枠の中に赤字で記載、 書面をよく読んでくださいなどの注意書きの記載をしなければいけません。 外壁塗装のクーリングオフの通知期間と方法 普通に通知書を郵送しただけでは、悪徳な業者の場合に受け取ったハガキを破棄されてしまうかもしれません。 確実にクーリングオフするためにも、 内容証明郵便を利用してください。 クーリングオフの通知書の書き方• タイトルは「通知書」と記入• 契約解除の意思表示• 契約書を受け取った日付• 商品名• 契約金額• 契約した会社(会社名、営業所名、担当者名)• クレジット契約の場合はクレジット会社の会社名• 発信日• 自分の名前 内容証明郵便の書き方に沿って書く ハガキを破棄されてしまうと、通知を送った証拠がなくなってしまうので、内容証明郵便を利用しましょう。 同じものを3通作る 相手に発送するもの、 郵便局に保管されるもの、 自分で保管するものの3通です。 用紙はB4やA4サイズが一般的 5年間保存される為、FAX感熱紙などの保存に耐えないものは使用することが出来ません。 筆記用具は何でもOK ただし、鉛筆ではなく消せないペンで書きましょう。 パソコンでも大丈夫です。 文字数や行数には制限がある 縦書きの場合は1種類、横書きの場合は3種類あり、いずれかの方法で書かないといけません。 縦書きの場合 1行20字以内、1枚26行以内 横書きの場合 1行20字以内、1枚26行以内 1行13字以内、1枚40行以内 1行26字以内、1枚20行以内 複数枚の場合、ページとページの繋ぎ目に押印(契印)をすることになっています。 使用できる文字 使用できる文字は、ひらがな、カタカナ、漢字、数字と一般的な記号、句読点です。 英字は会社名や商品名のみ使用することができます。 郵送年月日、差出人・受取人の氏名と住所を記入する 差出人の部分は、捺印の必要はありません。 封筒の書き方は、通常の郵便と同じ 封筒に記入する差出人・受取人の氏名と住所は、中身に記入したものと一致していなければいけません。 外壁塗装のクーリングオフ事例 特定商取引法が適用となる契約時の状況は定められていて、リフォーム工事の契約でクーリングオフに繋がるケースは主に2種類です。 訪問販売業者との外壁塗装契約 突然、外壁塗装業者が訪問してきて「壁にひびが入っているのが見えた。 」「無料で点検してあげます。 」と言われ、家に入れてしまった。 点検後、「壁がひどい状態になっているので、今すぐ工事をしなければならない。 」と告げられ、見積書を出された。 「この見積金額は特別価格で、キャンペーン価格は今日まで。 」と急かされて誰にも相談する間もなく外壁塗装の契約をしてしまった。 電話勧誘による外壁塗装の申込み 外壁塗装の無料点検キャンペーンの電話がかかってきて、家の状態を話してしまったら毎日のように電話がかかってくるようになった。 断っているのにしつこく勧誘され外壁塗装の申込みをしてしまった。 訪問販売による被害ケースをテレビやネットで紹介される事が多くなり、警戒意識が高まってきているため、電話による営業に力を入れる業者が出てきました。 電話勧誘販売業者も、訪問販売と同じ内容の行政規制を守らなけらばなりません。 まとめ 国民生活センターでは、トラブル回避のアドバイスとして、見積もりを複数とって金額と工事内容を確認するようにと呼びかけています。 また、訪問販売などの不意打ち性の高い勧誘の場合は、その場で契約をしないようにと言っています。 それでも十分に考える時間もなく、断り切れずに訪問販売業者や電話勧誘販売業者などと契約をしてしまった場合は、クーリングオフを行い、複数の業者から見積もりをとって優良業者と改めて契約をしましょう。

次の