ミシェル・ラルドゥ。 ヴァンサン・ラルドゥレ ピアノリサイタル

滝川クリステルの日本名が風流!父親は仏系社長!偉大な両親の経歴とは?

ミシェル・ラルドゥ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年5月) ミシェル・ルブラン Michel Lebrun 誕生 ミシェル・カド(Michel Cade) 、 死没 1996-06-20 (66歳没) 、 職業 、文芸評論家、翻訳家、脚本家 言語 ジャンル 代表作 『殺人四重奏』(1956) 『オートルート大爆破』(1977) 主な受賞歴 1956 ミシェル・ルブラン(Michel Lebrun、 - )は、の、、。 生まれ。 ミッシェル・ルブランとも表記される。 戦後のフランスでもっとも成功したミステリ作家の一人で、フランスでは「ポラールの法王」(pape du polar)と呼ばれた(ポラールは「」の意味)。 1950年代から1970年代まで実作者として活躍し、その後はミステリ評論家やアンソロジストとして活躍。 フランス・ミステリ界の発展に大いに貢献した。 なお、ミシェル・ルブランの姓はの姓(Leblanc)とは綴りが異なる。 人物・経歴 [ ] 本名はミシェル・カド(Michel Cade)。 高校()卒業後、漫画家やミュージックホールの歌手、セールスマン、バーテンなどさまざまな職を転々とし、1953年ごろから小説を書き始める。 ミシェル・ルノワール(Michel Lenoir)、ミシェル・ルクレル(Michel Lecler)、オリヴァー・キング(Olivier King)など複数のペンネームで作品を発表していたが、ミシェル・ルブラン名義の第2作『殺人四重奏』(Pleins feux sur Sylvie)で1956年のを受賞し、一躍その名を知られるようになった。 それ以前に別ペンネームで発表した作品は、再刊時にミシェル・ルブラン名義に変更されている。 その後は3か月に1作のペースで次々と長編を発表。 同時期にフランス推理小説大賞を受賞した ()や、、らとともに、フランスのサスペンス小説の黄金時代を築いた。 1960年代前半をピークに一時期執筆から遠ざかったが、1970年代には執筆を再開。 1977年発表の『オートルート大爆破』(Autoroute)は後期の代表作としてフランスで高い評価を受けている。 その後は実作者としてではなく、ミステリ評論家や編集者、アンソロジストとしての活動がメインになっていく。 1979年に創刊されたミステリ研究誌『ポラール』の編集には晩年まで携わった。 このミステリ年鑑は、フランスで一年間に出版された内外すべてのミステリにそれぞれ粗筋とコメント、点数をつけるというものである。 映画脚本家としても活躍し、、、、の推理小説が映画化される際に脚本を担当したほか、ブームに便乗して1960年代のフランスで量産された映画の脚本を数多く執筆した。 1988年にはカルト的な人気を持つ監督の映画『』(1988年)の脚本にも参加している。 英語からフランス語への翻訳家としても活躍。 、、、、、、らの作品を翻訳した。 1987年、その全著作に対し、 ()が贈られた。 1996年、66歳で死去。 その死を受けて、で1986年から授与されていたフランス語推理小説賞(Prix du roman policier francophone)は1997年からミシェル・ルブラン賞()に改称した。 さらにその後、ミシェル・ルブラン推理小説賞(Prix Polar Michel Lebrun)に改称している。 作風 [ ] サスペンス小説のほか、劇作家アラン・ヴィネルが探偵役を務める本格ミステリシリーズ(『まちがえた番号』など)や、CIAの秘密捜査員リチャード・サヴィルが活躍するスパイ小説シリーズ(『ミッドウェイ水爆実験』など)、さらには日本では未紹介の軽ハードボイルドシリーズ、ユーモアミステリなど多様な作品を発表した。 推理作家・評論家のは、幅広い作風を持つミシェル・ルブランのいずれの作品にも共通する特徴として以下の3点を挙げている。 展開のテンポが速いこと• 最終局面でどんでん返しがいくつも用意されていること• 複雑なプロットを破綻なくまとめる構成力に秀でていること また法月はアメリカのミステリ小説からの多大な影響を指摘しており、劇作家アラン・ヴィネルとその妻フロランスが活躍するシリーズは、のパズル・シリーズのフランス版を意図して書かれたものだろうと述べている。 主な作品 [ ]• "Reproduction interdite"(1954年) - ミシェル・ルノワール(Michel Lenoir)名義で発表 『不許複製』(訳, 東京創元社[創元推理文庫],1962年) 改題「贋作」(望月芳郎訳, 東京創元社[創元推理文庫]『贋作・モンタージュ写真』,1972年)• "Pleins feux sur Sylvie"(1956年) 『殺人四重奏』(,訳, [],1961年4月21日)• "Candidat au suicide"(1957年) 「自殺志願者」(鈴木豊訳, 東京創元社[創元推理文庫]『ミッドウェイ水爆実験・自殺志願者』,1973年)• "La venue"(1958年) - 改題 "La corde raide" 『未亡人』(鈴木豊訳, 東京創元社[創元推理文庫],1972年)• "Pousse au crime"(1959年) 「罪への誘い」(鈴木豊訳, 東京創元社[創元推理文庫]『未亡人』に併録,1972年)• "La mort dans ses bagages"(1959年) 「ストリッパーの死」(鈴木豊訳, 東京創元社[創元推理文庫]『まちがえた番号・ストリッパーの死』,1973年)• "Portrait robot"(1960年) 『モンタージュ写真』(訳, 東京創元社[創元推理文庫],1963年) 「モンタージュ写真」(訳, 東京創元社[創元推理文庫]『贋作・モンタージュ写真』,1972年)• "L'auvergnat"(1966年) 『パリは眠らない』(訳, [],1994年9月)• "Autoroute"(1977年) 『オートルート大爆破』(訳, [],1982年9月) 以上の日本語訳書の著者名表記は、『パリは眠らない』と『オートルート大爆破』が「ミシェル・ルブラン」、それ以外が「ミッシェル・ルブラン」 映像化作品 [ ] 映画 [ ]• 未亡人 La corde raide (フランス 1959年) 監督:ジャン=シャルル・デュドルメ 音楽: 出演:、フランソワ・ペリエ、ジュヌヴィエーヴ・ビュルネ、ジャラール・ビュール 原作『未亡人』(鈴木豊訳, 東京創元社[創元推理文庫])• 殺したいほど好き!! Les lionceaux (フランス 1960年) 監督:ジャック・ブールドン 脚本:ジャック・ブールドン、ルネ・マッソン、アンリ・グランジェ 出演:、アンナ・ゲイラー、ミシェール・グルリエ、ローラン・ロディエ、シュジー・プリム 原作:『悪意の人間と半人前』 Malin et demi(未訳)• "La revanche"(フランス 1970年) 監督:フィリップ・デュクレ 脚本:フィリップ・デュクレ、ヴェロニク・カステルノー 出演:エヴリーヌ・エフェル、ダニエル・ジェルソン、ジャック・リベロル、 原作: "Plus mort que vif"(未訳)• 鏡の中の女(1981年) 音楽: 主題歌:「鏡の中の女」(大野雄二作曲) 出演:、、、、、 原作『未亡人』• 誘惑されて地獄行き 鮮やかなダブルトリック(1981年) 監督: 脚本: 出演:、、、、 原作:『罪への誘い』(鈴木豊訳, 東京創元社[創元推理文庫]『未亡人』に併録)• かりそめの未亡人(1983年) 監督: 脚本: 音楽: 出演:、、、 原作:『未亡人』 脚本執筆 [ ]• "Dans la gueule du loup" (フランス 1961年) 原作:『貧乏くじはきみが引く』(訳, 東京創元社[創元推理文庫]) 監督:ジャン=シャルル・デュドルメ 脚本:ミシェル・ルブラン、 出演:フェリックス・マルテン、マガリ・ノエル、ピエール・モンディ、ダニエル・チェカルディ• "Laissez tirer les tireurs" (フランス 1964年) 監督:ギイ・ルフラン 音楽: 脚本:ミシェル・ルブラン、ジル・デュムーラン 出演:エディー・コンスタンティーヌ、ダフネ・デール、マリア・グラツィア・スピーナ、パトリシア・ヴィテルボ• 一億ドル大攻防戦/モロッコの死闘 L'homme qui valait des milliards (フランス 1967年) 監督: 音楽:ジョルジュ・ガルヴァランツ 脚本:ミシェル・ルブラン、ミシェル・ボワロン 出演:フレデリック・スタッフォード、レイモン・ペルグラン、アニー・デュプレー、ペーター・ヴァン・アイク、サラ・ステファーヌ• "Elle boit pas, elle fume pas, elle drague pas, mais... elle cause! la mort"(未訳) 監督:フランソワ・シャテル 脚本:ミシェル・ルブラン 出演:ポール・ル・ペルソン、フランス・ドゥニャック、アニー・ブダール• "Le sang des Atrides" (フランス 1981年) 原作:ピエール・マニャン『アトレイデスの血』(訳, 東京創元社[創元推理文庫]) 監督:サム・イツコヴィッチ 脚本:ミシェル・ルブラン 出演:ジュリアン・ギオマール、ジャック・スピエッセ、エヴァ・スワン•

次の

ヴァンサン・ラルドゥレ ピアノリサイタル

ミシェル・ラルドゥ

解説 愛すべき風変わりな青年バルジョーを取り巻く五人の男女が織りなす、世紀末の性と愛の物語をユーモラスにつづった一編。 カルトSF作家フィリップ・K・ディックの小説「戦争が終わり、世界の終わりが始まった」を、「バクステール」(V)のジェローム・ボワヴァン監督が映画化したもので、脚本は監督と「死への逃避行」のジャック・オーディアール。 撮影は「浴室」のジャン・クロード・ラリュ、音楽はヨーグ・ル・バールが担当。 主演は「愛さずにいられない」のイポリット・ジラルド。 共演は「めぐり逢う朝」のアンヌ・ブロシェ、「タンゴ」のリシャール・ボーランジェなど。 1992年製作/フランス 原題:Confessions d'un Barjo 配給:シネセゾン ストーリー バルジョー(イポリット・ジラルド)は少年時代から好奇心旺盛で、やることなすこと人騒がせで社会性ゼロだが、心優しき男。 彼は双子の姉ファンファン(アンヌ・ブロシェ)に、母親の胎内にいたころから恋している。 ファンファンはアルミ工場の経営者シャルル(リシャール・ボーランジェ)と結婚し、今では二人の子持ちである。 ある日、バルジョーの飼い猫が回線をかじって部屋が火事になり、彼は姉夫婦の家に居候として転がり込む。 ファンファンは今の生活に欲求不満らしく、知り合ったミシェル(ルノー・ダネール)とグェン(ナタリー・ブトゥフー)の夫婦に興味しんしんで、夫のミシェルとお近づきになりたいらしい。 仕事しか能がないシャルルは妻の気をひこうと、わざと車をぶつけて二人を家に連れてくる。 そのうえ、シャルルは心臓が弱っているのにバドミントンをして入院するはめに。 夫のいない間に、ファンファンとミシェルは急速に接近していった。 ある時、図書館で風変わりな女エルムラン(コンスエロ・デ・ハヴィランド)に声をかけられたバルジョーは、霊能者の集会に出かけて、世界の終わりの日が近いことを知る。 その日は四月二十三日。 ついにその日がやって来た。 子連れでデートを楽しむファンファンを追ってシャルルは病院を抜け出し、猟銃を手に迫る。 だが、発作が起こってシャルルはあの世行き。 本当に愛していた夫の死にファンファンは悲しみにくれ、遺体にすがって泣く。 いよいよ終末だ。 全てが滅び、ファンファンと子宮の中にいたころに戻されると期待するバルジョーの前にシャルルの霊が現れ、「世界の終わりなんてたわごとさ。 この世は回りつづける。 それより姉をしっかりと抱いて、なぐさめてやれ」と声援を送る。 バルジョーはおずおずと、しかし、しっかりとファンファンを抱きしめるのだった。

次の

NAVI CARS Vol.8 2013年11月号

ミシェル・ラルドゥ

投稿者: 岩本潤一 - 1927年にC・H・ハスキンズ(1870〜1937年)が出した著作(『十二世紀ルネサンス』野口洋二訳、創文社、1985年/別宮貞徳・朝倉文市訳、みすず書房、1989年)にちなんで、十二世紀ヨーロッパで起こった知的覚醒は「十二世紀ルネサンス」と呼ばれる。 その内実について、その後専門家によってさまざまな議論が行われ、研究の現状についてのコンパクトな解説も出版されており(J・ヴェルジェ『入門 十二世紀ルネサンス』(野口洋二訳、創文社、2001年)、国内でも、この時代についての池上俊一氏による包括的な研究(『ロマネスク世界論』名古屋大学出版会、1999年)が近年刊行された。 しかし、ラテン語で書かれた、十二世紀ルネサンスの諸思想は、その多くがヨーロッパ近代語にさえ翻訳されておらず、専門家しか近づきえない秘境であった。 この秘境の全貌を、テクストの翻訳を通じてはじめて明るみに出したのが、『中世思想原典集成』の7『前期スコラ学』、8『シャルトル学派』、9『サン=ヴィクトル学派』、10『修道院神学』の諸巻である。 『前期スコラ学』と『シャルトル学派』は、都市(パリとシャルトル)において、『サン=ヴィクトル学派』と『修道院神学』は修道院において活動した十二世紀ルネサンスの思想家の作品を収録している。 『中世思想原典集成』全20巻の最終回配本でもある『シャルトル学派』は、十二世紀ルネサンスの中心に位置づけられる、シャルトル司教座聖堂附属学校を中心として活動した思想家全9名の著作計11点を収める。 うち6点は世界初訳である。 シャルトル学派の特徴は、古典古代の七自由学芸(文法・弁証・修辞・算術・音楽・幾何・天文学)を基盤にしつつ、プラトン『ティマイオス』とそのカルキディウス(5世紀)による注解を、聖書の創造思想に結びつけて、包括的な「自然」理解を試みたことにある。 学派の祖のシャルトルのベルナルドゥスが語ったと伝えられる、「われわれは巨人の肩に坐った小人のようなものだ」という言葉は、古代の世俗的諸学(巨人)を学びながら、その学芸に聖書・神学を加えることにより、より遠くを見通すことができるようになったという彼らの自負を表している。 学派の中心人物であるコンシュのギヨームの『宇宙の哲学』という書名が示す通り、現代の知見からすればもちろん限界はあるにせよ、彼らは全宇宙をある統一的な原理にもとづいて解明可能なものと考えた。 全訳されたソールズベリーのヨハネスの『メタロギコン』は、アベラルドゥスをはじめとする諸教師が活躍し、新知識を求めてヨーロッパ中から学生が集まっていた、パリを中心とする当時の学問状況を知るうえで貴重な証言である。 中世ラテン詩の白眉として知られる、アラヌス・アブ・インスリスの『アンティクラウディアヌス』は、諸学芸の知と崇高な道徳性を兼ね備えた「新しい人間」を生み出す道程を描く。 注目すべきは、擬人化された「自然(ナトゥラ)」が、ただ神によって与えられるべき「霊魂」以外には、人間の身体のすべてを自力で形成しうると述べるくだりである。 この気概に満ちた12世紀人は、「神的霊魂」という中世的な留保を除けば、近代自然科学の精神の一歩手前まで来ているのである。 本書をもって、11年にわたって刊行された『中世思想原典集成』全20巻が完結した。 11月には別巻『総索引・中世思想史』の刊行が予定されている。

次の