雑誌 休刊。 【競艇】ボートボーイが休刊になる背景まとめ|ふねバカ

休刊

雑誌 休刊

4月にはモーターマガジン社の「カメラマン」も休刊しており、カメラ雑誌が続いて書店から姿を消す事態にカメラ愛好家の間で動揺が広がっている。 アサヒカメラは94年の歴史を誇る日本最古の総合カメラ誌。 ネットユーザーの間では2017~18年頃、インターネットにおける写真の無断転載・盗用問題について扱った企画が話題を呼んだ。 最近では、カメラ愛好家で、アイドルグループSnow Manに所属する向井康二の連載「巨匠と撮る白熱レッスン」が好評だった。 アサヒカメラの編集部は休刊の理由について「コロナ禍による広告費の激減」が原因だと説明している。 今後はカメラや写真の情報をニュースサイト「AERA dot.」で配信し、増刊やムックは引き続き刊行する。 ツイッターでは1日から「新型コロナウイルスは写真文化も奪うのか」「文化的な喪失。 コロナがどんどん日常を変えていく」などと惜しむ投稿が相次いだ。 毎年2月頃に開催されるカメラの国内最大規模の見本市「CP+」が今年は中止になるなど、新型コロナウイルスはカメラ業界にも大きな影響を与えている。 カメラ愛好家らは「アサカメの写真コンテストで入賞したのが初の雑誌掲載」「学生時代に何度かコンテストで入賞したり、あと一歩の作例として載せてもらったり…大変お世話になりました」などと思い出を振り返るコメントを書き込んだ。 また、向井の連載が朝日新聞出版の週刊誌「AERA」で継続されることについて、ファンらは「本当にありがとうございます」と礼を述べた。 42年間にわたって発行された「カメラマン」も4月20日発売の5月号で休刊していることを受けて「アサヒカメラが、紙媒体の本を休刊に。 月刊カメラマンに続いての休刊なので、結構衝撃的です」「月刊カメラマンに続いて、アサヒカメラも休刊だそうです。 長い歴史を持つカメラ雑誌の休刊に寂しさを感じます」「アサヒカメラまで休刊とは、本当に寂しいです」などの書き込みが見られた。 「(撮った作品を)これからどの媒体に出せばいいのか模索する」「カメラ雑誌は写真集でもあるので、紙媒体で読みたい」などの意見もあった。

次の

雑誌の「休刊」と「廃刊」の違い|復刊の可能性はあるの?

雑誌 休刊

老舗カメラ雑誌の月刊誌「カメラマン」が2020年4月20日発売の5月号をもって休刊することが、22日に発行元の「モーターマガジン社」のウェブサイトで発表された。 同誌は1978年創刊。 カメラによる撮影の基礎的な技術はもちろん、プロも唸る高度なテクニックまで網羅する、カメラを愛する人にとってマストの存在として出版され続けてきた。 最終号となる5月号では表紙に女優の飯豊まりえさん(22)を迎えているほか、中3ページで飯豊さんのグラビア写真を掲載している。 休刊について同社ウェブサイトでは、「読者の皆様におかれましては、長年にわたりご愛読いただき、深く感謝申し上げます」としているほか、同誌のウェブ版「Webカメラマン」については、「豊富なコンテンツを用意して発信してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます」としている。 「(略)校了業務はリモートできません」 同号では、「簡単&効果絶大 これだけは知っておけ! レタッチ術」といった特集が組まれているほか、編集後記では、新型コロナウイルスの流行を受け、「編集作業の半分以上は元々リモートワークですが、写真プリントや送付物を扱う作業、校了業務はリモートできません」といった、この時期ならではの編集部員からのメッセージが寄せられている。 休刊の発表を受け、ネット上ではツイッター上を中心に、「休刊は本当に本当に寂しい」といった、休刊を残念がる声が続々。 「直感的に新カメラが把握出来る月刊カメラマン休刊とは... 」と、同誌に掲載されるテクニックの高さを惜しむ声も上がっている。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

現存する日本最古のカメラ雑誌「アサヒカメラ」が休刊に

雑誌 休刊

考える葬儀屋さん 破綻した雑誌へ過分の評価いただき感謝しております。 残務整理が残されていますが、今後は一個人ジャーナリストとして可能な限り発言してまいります。 但し、70歳を超えていますので、若い皆さんの後をゆっくりついていこうと思っています。 これまで考える葬儀屋さんには新しい発想で刺激を受けてきました。 ありがとうございます。 今後はわかりませんが、従来多少とも葬祭ディレクター技能審査に関係してきた者としてご発言に付言するならば 公的性格を維持するならば、葬祭ディレクター技能審査は現在のところ厚労省の技能検定の条件下にあるので、実務経験を義務づけられています。 公的性格は不要というならば民間資格に移る必要があります。 また、どんな資格でも限界があり、すべてを評価することはできません。 個々の人を視る必要があります。 また、現在、行政は社会的問題が発生するのでなければ、弁護士等の「士(さむらい)」の資格制度の新設を認めていません。 今後の制度のあり方については次代の方々が考えていくことになるでしょう。 今 経営者失格で雑誌、事務所は閉鎖し、多くの方々にご迷惑をおかけしました。 今後は個人として葬送についての評論を地道にしてまいります。

次の