もしもあなたが雨にぬれ 歌詞。 私にとってあなたは

私にとってあなたは

もしもあなたが雨にぬれ 歌詞

「わぁぁぁぁぁっ!」 BRZの車内で僕はエアロスミスのスティーヴン・タイラーの如き叫び声を上げました。 別に嫌な事があった訳ではなく、発狂した訳でもなく、一人カラオケを熱唱していた訳でもありません。 実験をしていたのです。 僕のBRZに人が乗る事はそうありませんが、たまに乗ってくれた人と会話していると自分の笑い声や大きな声が反響するのでビックリします。 「静かに喋ればいいじゃないか?」と思われるかもしれませんが、それでは僕の個性が死んでしまいます。 ですから「普通のクルマ」のようにルーフと天井の内張りの間に遮音材を入れてみました。 そして奇声をあげて自分の声が車内反響しないか実験をしていたのです。 側から見たらかなりクレイジーなオヤジに見えた筈ですが、なりふりを構っている場合じゃありません。 ところで「一番好きな映画は何か?」と聞かれたら僕は「ブレードランナー」とか言ってみたり、カッコつけて「タルコフスキーの映画かな?」と何故か半疑問系で言ってみたりしますが、実は「明日に向かって撃て 日本語吹き替え版 」が一番好きだったりします。 特に主題歌の「雨にぬれても」が掛かるシーンは音楽と映像がシンクロする時の快楽を存分に味わえます。 雨なんてものは湿度が高くじっとりしますし、身体に匂いが付きやすくなりますし、外に出たくなくなりますし、クルマに乗ればタイヤのグリップが落ちて運転が難しくなるから不快なモノや厄介な現象の象徴に語られる事もあります。 しかし、適度な雨は農家の方にとって大切なものですし、雨が降っているしっとりした雰囲気や、女性のブラウスが透けたりとは素晴らしいものでもあります。 そんな雨を僕は心待ちにしていました。 天井に遮音材を入れた後の天井を雨粒が落ちる音をチェックしたかったからです。 ペラペラの軽い遮音材でしたが、結果からすると成功です。 まともなクルマになりました。 クルマが重くなった感は鈍い僕には全く解りません……………ていうか、初めから遮音材くらい入れていて欲しいものです。 デッドニングや天井の外し方の整備手帳を書いてくれたみんカラの人達、ありがとうございます。 天井に遮音材、オススメです! セラフィムさん、こんばんは! それ、正解です(笑) 国産車と欧州車の車体の差異が如実に現れるのは実はルーフ構造です。 欧州車はボディサイドとルーフは連続溶接でルーフ間を左右に通っているROOF-BOWは一切無く、真ん中にダンボールに似た断面を持った吸遮音材がルーフ(鉄板)側に貼られています。 国産車は、積雪強度(北陸地方の雪質で積雪すると非常に重くなる)の理由から、積雪時にルーフが凹む不具合があった為、ROOF-BOWを外せずにその分のコスト、土地面積が得られない為にルーフに遮音材を貼るという文化にはならなかった様です。 ルーフ面積の広いミニバンやプレミアムセグメント、サンルーフ車には雨音対策でルーフに遮音材を導入している車もありました。 後、国産車は、ボディサイドとルーフがスポット溶接なので、強度(北米のROOF圧壊)と剛性を担保にする為にBOW-ROOFを外せない事情もあります。 吸遮音材って…スポーツモデルになると一目散に軽量化対象候補になるので、我々ユーザーが気になるなら、それ相応の吸遮音材を選択してルーフに貼る事が正解なのかもしれませんね!.

次の

「雨にぬれても」セラフィム2501のブログ | セラフィム2501のページ

もしもあなたが雨にぬれ 歌詞

藤山一郎の歌は、もう半世紀以上に亘って聞いてきたが、この歌を聞くのは初めて。 先日FMで放送していた古関裕而作曲の、藤山一郎が歌う「天草の雨は」という歌である。 <藤山一郎の「天草の雨は」> 「天草の雨は」 作詞:藤浦洸 作曲:古関裕而 天草の 雨は寂しや 乳色に けぶり しとしと 山羊のひとみに たれる雨 沖の薄日で 明日は晴れよ 浜じゃあんぺら もやい船 天草の 雨は悲しや 乳色に 丘も 林も 銀のクルスの くもる雨 鐘の音色で 明日は南風(はえ)よ 娘おませで 思い泣き 天草の 雨はいとしや 乳色に 海は ないどる むこう雲仙 煙もぬれて 山のつつじの 血のような色を ひとめ見たさの 思い雨 聞いていて、何か旋律に不思議な不安定さを感じる。 歌の構造が、何か・・・ Netで検索しても、この歌の情報はほとんど無い。 福島市古関裕而記念館のHPの、歌手別作曲一覧()によると、この歌は、1962年(昭和37年)12月発売とのこと。 そして上の音源は、2009年発売の「生誕100年記念 国民的作曲家 古関裕而全集 ~長崎の鐘・君の名は・栄冠は君に輝く~」に収録されているものだという。 確かに古関裕而っぽいが、ヒットする、という感じはあまりしない。 だから埋もれてしまったのだろう。 ふと、こんな歌を選ぶFM放送の音楽番組の選曲者とは、いったいどんな人だろう・・・と想像してしまう。 選曲者はジャンル別に分かれているのだろうか・・・。 こんな歌を選ぶということは、知っていると言うこと・・・。 いつも好きな音楽を聞いていられる・・・という想像から・・・。 でもこれは勘違い。 音楽のジャンルは無数にある。 ちょっとくらい音楽が好きだからと言って、それがジャンルをまたいだプロの仕事につながるとは到底思えない。 その解説では「天草へはNHKの仕事で一度だけ行ったことがある。 まだ橋が架けられる前だった。 その時に眺めた風景に雨が降った時はどんなだろうと空想しながらこの曲を作った。 」作曲者の言葉です。 と丁寧な解説です。 【エムズの片割れより】 貴重な情報をありがとうございます。 JASRACには「天草の雨は」で、曲名検索の「gracenote」には「天草の雨よ」で登録されていますね。 しかしこの歌は、短命だったのですね。 とすると、本当にレコードとして発売されたのかも疑問ですね。 投稿: odoriko 2015年5月29日 金 12:57 エムズの片割れさんへ 高校3年生の時にNHKから放送されていました。 そのとき歌っておられたのは立川澄人さんだと思います。 歌詞と曲の美しさに惹かれて良く歌っていましたが、その後全く聞くことはできず、インターネットの時代になってずっと探していました。 アップして下さって本当に有難うございます。 不安定さを感じるとのことですが、藤山さんの晩年のときの声なのでそのような印象を持たれたと思います。 しかし綺麗な旋律で美しい歌詞だと思います。 他にも手仕事屋きち兵衛さんの「忘れ雪」も探していましたが、これはyoutubeで探し当てました。 重ねてアップして下さってありがとうございました。 【エムズの片割れより】 この歌は「知る人ぞ知る」歌だったようで・・・ きち兵衛さんの歌も、最近挙げていないので、また挙げようかな・・・ 投稿: 北海道の熊 2016年5月28日 土 00:22 歌詞の一番「しとしとと」は「しとしと」が正解です。 なお、同じく一番の歌詞の「あんぺら」について意味不明だったので、天草市役所等に照会しましたが、はっきりいたしませんでした。 ところが、最近福島市にある古関裕而記念館にいった折、昭和三十七年当時の音符と歌詞が展示されているのを見つけ、歌詞の注として「アンぺらとは、舟が泊まる時船体にかぶせる雨具のござの筵」と説明書きあり疑問がとけました。 この唄を大勢の人に紹介して歌ってもらいたいと思います。 なんせこの歌は五十年も前雪山のテントのなかで歌詞を間違えながらも山仲間と歌った懐かしい曲だからです。 【エムズの片割れより】 ご指摘ありがとうございました。 歌詞を修正しました。 それにしても、こんなマイナーな(失礼!)歌をご存じだったとは・・・ 世の中、狭いですね。 投稿: 高橋弘信 2018年1月30日 火 14:48.

次の

歌の曲名検索 日本語歌い出し歌詞から

もしもあなたが雨にぬれ 歌詞

「わぁぁぁぁぁっ!」 BRZの車内で僕はエアロスミスのスティーヴン・タイラーの如き叫び声を上げました。 別に嫌な事があった訳ではなく、発狂した訳でもなく、一人カラオケを熱唱していた訳でもありません。 実験をしていたのです。 僕のBRZに人が乗る事はそうありませんが、たまに乗ってくれた人と会話していると自分の笑い声や大きな声が反響するのでビックリします。 「静かに喋ればいいじゃないか?」と思われるかもしれませんが、それでは僕の個性が死んでしまいます。 ですから「普通のクルマ」のようにルーフと天井の内張りの間に遮音材を入れてみました。 そして奇声をあげて自分の声が車内反響しないか実験をしていたのです。 側から見たらかなりクレイジーなオヤジに見えた筈ですが、なりふりを構っている場合じゃありません。 ところで「一番好きな映画は何か?」と聞かれたら僕は「ブレードランナー」とか言ってみたり、カッコつけて「タルコフスキーの映画かな?」と何故か半疑問系で言ってみたりしますが、実は「明日に向かって撃て 日本語吹き替え版 」が一番好きだったりします。 特に主題歌の「雨にぬれても」が掛かるシーンは音楽と映像がシンクロする時の快楽を存分に味わえます。 雨なんてものは湿度が高くじっとりしますし、身体に匂いが付きやすくなりますし、外に出たくなくなりますし、クルマに乗ればタイヤのグリップが落ちて運転が難しくなるから不快なモノや厄介な現象の象徴に語られる事もあります。 しかし、適度な雨は農家の方にとって大切なものですし、雨が降っているしっとりした雰囲気や、女性のブラウスが透けたりとは素晴らしいものでもあります。 そんな雨を僕は心待ちにしていました。 天井に遮音材を入れた後の天井を雨粒が落ちる音をチェックしたかったからです。 ペラペラの軽い遮音材でしたが、結果からすると成功です。 まともなクルマになりました。 クルマが重くなった感は鈍い僕には全く解りません……………ていうか、初めから遮音材くらい入れていて欲しいものです。 デッドニングや天井の外し方の整備手帳を書いてくれたみんカラの人達、ありがとうございます。 天井に遮音材、オススメです! セラフィムさん、こんばんは! それ、正解です(笑) 国産車と欧州車の車体の差異が如実に現れるのは実はルーフ構造です。 欧州車はボディサイドとルーフは連続溶接でルーフ間を左右に通っているROOF-BOWは一切無く、真ん中にダンボールに似た断面を持った吸遮音材がルーフ(鉄板)側に貼られています。 国産車は、積雪強度(北陸地方の雪質で積雪すると非常に重くなる)の理由から、積雪時にルーフが凹む不具合があった為、ROOF-BOWを外せずにその分のコスト、土地面積が得られない為にルーフに遮音材を貼るという文化にはならなかった様です。 ルーフ面積の広いミニバンやプレミアムセグメント、サンルーフ車には雨音対策でルーフに遮音材を導入している車もありました。 後、国産車は、ボディサイドとルーフがスポット溶接なので、強度(北米のROOF圧壊)と剛性を担保にする為にBOW-ROOFを外せない事情もあります。 吸遮音材って…スポーツモデルになると一目散に軽量化対象候補になるので、我々ユーザーが気になるなら、それ相応の吸遮音材を選択してルーフに貼る事が正解なのかもしれませんね!.

次の