早川 の カヤ。 神奈川県の巨木 早川のビランジュ

ノブ (お笑い芸人)

早川 の カヤ

先ほどNHKを見ていて、お笑い芸人のノブさんのご実家にこのような大木があると知りました。 何故、詳しい話を聞きたいのかと言いますと、昔に不思議なことがありまして。 身内がまだ小さな時のこと。 ある日突然、その子は自分のことを「カヤ」だと言い出したのです。 「カヤ、お腹すいたー」というような、あたし、僕の代わりに。 家族は笑ってあまり気にせず、放っておきました。 小さな子が自分の造語を作るのはよくあることですから。 その子はしばらくの間自分のことを「カヤ」と名乗り続けていました。 ですが、ある日を境にして、ぱったりとそれを口にしなくなりました。 何事もなかったように自分の本名で名乗るようになりました。 自分では「カヤ」と言っていたのは覚えていないそうです。 と、ここまでのことなら、ここに質問するまでもないのですが、不思議なことが残り二つあるんです。 「早川のカヤ」以外に、「泉谷のカヤ」「吉祥時のカヤ」があるようなのですなのが、そのうちの一つがその子の苗字と同じなんです。 加えて、「カヤ」と言い出した年と記念物指定年が一致しています。 偶然の一致にしては一致しすぎていて、少し怖いし、何より気になります。 他の「カヤ」様もいるのだろうか・・・・などと(笑) 噂でも、似たような話がある方、なんでもいいので教えて下さい。 よろしくお願いします。

次の

巨木探訪・井原市 : 芳井町

早川 の カヤ

【カヤとは】 ・宮城県以南の太平洋側を原産とするイチイ科の常緑針葉樹。 韓国の済州島にも分布するが、屋久島より南には見られない。 成長は遅いものの樹齢が長く、種子から採取する油を燈明に用いたため、各地の神社仏閣等に巨木が残る。 ちなみに「茅吹屋根」などに使う茅(萱)は草であり、本種とは関係がない。 ・薄暗い場所でもピカピカ光るカヤの葉はに似るが、先端が鋭利で触れると痛い。 これをいぶして「蚊帳」に用いる(これが語源という説もある)。 葉は長さ2~3センチ、幅2~3ミリ程度の扁平した線形で、枝から螺旋状に生じるものと左右に列に並ぶものがある。 表面は濃緑で、裏面には2本の気孔帯と呼ばれる白い線があるため、遠目には淡い緑色に見える。 ・現代では珍しい庭木に属するが、枝葉、果実、材の活用性が高く、かつては農家の庭先に好んで植栽された。 また、大気汚染に強いことや、移植に強いことなどから最近、その価値が見直され、公園等に植えられるようになった。 ・カヤの樹皮は赤褐色あるいは灰褐色で、樹齢が低いうちは滑らかだが、年を経るにつれて縦に浅く裂ける。 大きな木では直径が2. 5mにもなるが成長はかなり遅い。 材は緻密で、淡いクリーム色の柾目が美しく、独特の艶と甘い芳香があることから重用される。 ・樹齢300年以上のカヤで作った碁盤や将棋盤は高級品とされ、特に南九州の「日向榧」は名高い。 カヤの材はシロアリや水に強く、櫛や彫刻にも用いられ、平安から鎌倉時代に関東で作られた仏像の多くはカヤを材料としている。 ・開花期は4月~5月ごろで、米粒のようなものが葉の付け根に咲く。 雌雄異株であり、雄の木には黄色い雄花が、雌の木には前年に伸びた枝先に緑色の雌花が咲く。 ・一般的にはカヤの実というが、カヤは裸子植物であり、果実に見えるもの全体が種子となる。 直径2~3センチ程度の楕円形で、でき始めは緑色だが開花翌年の10月頃になると紫がかった茶色に熟し、自然に割れて内部が現れる。 種子には油脂が豊富に含まれ、灯油、整髪料、塗料、てんぷら油、そして寄生虫の駆除に使われた。 ・種子には独特のヤニ臭さがあるものの、灰汁ぬきして天日にさらしたものを炒めれば、ピスタチオやアーモンドよりも香りの高いナッツになり、戦後は食糧難を支える果実となっていた。 縄文時代の遺跡からも出土しており、日本人との関係は古い。 種子の胚乳はそのまま食べることができ、これを用いたカヤアラレなどの銘菓がある。 【育て方のポイント】 ・日陰や大気汚染に強く、土壌もあまり選ばないため、都市部の植栽にも使用できる。 ・萌芽力が強い。 ・耐寒性はあるものの、庭木として扱う場合、東北南部あたりが北限とされる。 ・雌雄異株であり、種子を採取するには雌の木を植える必要がある。 ・枝が不揃いで、触ると痛いため、形を作りにくい。 ・切った枝の処理がやや面倒。 【品種】 ・チャボガヤ 日本海側の多雪地域に見られる品種。 背丈は2~3m程度にしかならないが、根元から多くの枝を生じ、雪の重みで地に着いた枝から根を出して株立ち状に育つ。

次の

ファミリーヒストリー 千鳥ノブ 早川のカヤ

早川 の カヤ

この記事は約 7 分で読めます。 ゆっきーです^^ 今回は、 「千鳥」のノブさんについてご紹介します。 そんな 千鳥のノブさんの実家に天然記念物がある。 というウワサが入ってきました。 果たして、その天然記念物とは?ノブさんの実家について迫ってみたいと思います。 そんなノブさんですが、俳優の佐藤健さんとプライベートでも親交があるとのこと。 ノブさんと佐藤健さんがリアル脱出ゲームに連日同行しているというウワサも入手したので、その真相にも迫ります。 ノブの実家には天然記念物? 岡山県井原市(いばらし)出身のノブさん。 相方の大悟さんの出身は人口1000人に満たない小さな島とのことですが、ノブさんもご実家も大悟さんと引けを取らないほどの田舎だそうです。 井原市は、岡山県と広島との県境付近に位置しています。 先祖は有名人 2019年4月にNHK総合にて放送された「ファミリーヒストリー」「お笑いコンビ千鳥・ノブ〜カヤの木に守られて〜」の中で、ノブさんの父方の先祖は、毛利元就と敵対していた宮氏の家臣というエピソードが紹介されました。 戦国時代中盤に毛利に敗れ敗走し、江戸時代に芳井町坂井地区に移り住んだとされています。 町内には早川姓が20軒存在する中で、ノブさんの実家が本家にあたるとのこと。 ノブさんの実家には火縄銃が置いてあり、詳しく調べると町で18軒しか持っていない貴重品だそうです。 早川のカヤ 引用: ノブさんの実家には天然記念物「早川のカヤ」という樹齢450年以上の巨樹があるそうです。 NHKの「突撃!カネオくん」のカネオくんの声を担当していたノブさん。 番組MCの有吉さんに「すごくいい木があったじゃない?」と話しを振られ、「天然記念物の気があるんです。 早川のカヤっていう…」と思わず本名も話してしまったとか。 そこから、早川のカヤを所有している家がノブさんの実家ということが広く知られるようになったとのことです。 環境省の巨樹・巨木林データベースのサイトのインタビューで以下のように話しています。 子どもの頃、カヤの木の上に『ゲゲゲの鬼太郎』のゲゲゲハウスみたいに秘密基地をつくって、中でお菓子を食べたら楽しいだろうな、と友達とカヤに登ったら、親に「あかん!」とえらい怒られまして。 ああ、そうか。 そんなに大事な木なんや。 とそのとき気が付いたんです。 (出典:) 天然記念物が家の敷地内にあるノブさん。 さぞかしお金持ちなのだろうと思われる方も多いかもしれませんが、テレビ番組でノブさんの実家が取材されたときに 「山を持たれていていいですね。 」とノブさんの父に話すと、 「あれは何に役にも立たん!」とまさかの返答。 山を持っているだけでは必ずしもお金持ちというわけではないみたいですね。 千鳥ノブは佐藤健と仲良し? 実家が話題になったり、番組内でもツッコミにもかかわらずいじられる機会の多いノブさん。 そんなノブさんは俳優の佐藤健さんと仲が良いというウワサは本当なのでしょうか? 引用: 佐藤さんが2019年11月に日本テレビ系「火曜サプライズ」に出演した際に、 自分から連絡を渡した唯一の芸能人としてノブさんを挙げていました。 もともと千鳥のファンだったという佐藤さん。 週4ペースで会うこともあったと公言されています。 (出典:).

次の