お話 を お 伺い する。 提案する前に、まず、社長のお考えを伺いましょう

提案する前に、まず、社長のお考えを伺いましょう

お話 を お 伺い する

前述したとおり、「お話を伺う」は二重敬語となります。 中には「お話をお伺いする」といった使い方をする人もいますが、これも敬語の重複となります。 しかし、これらを使って違和感を感じる人は少ないといえるのではないでしょうか。 特にビジネスシーンでは「お話を伺う」といった言葉を日常的に利用します。 そこで「二重敬語だ」と怒る人の数は少ないでしょう。 よって、二重敬語だからといって、絶対に使ってはいけないというわけではありません。 目上の人や、礼儀を気にする人は、逆に「お話」となっていないことを気にする人もいます。 相手の性格や、自分との関係性を踏まえ、適切な言葉を使っていくようにしましょう。 もし、相手が日本語や文章に精通した人であれば、二重敬語を避けたほうがよいでしょう。 「話を伺う」の類義語は、場面によって異なります。 説明を受けたり、話自体を聞きたい場合に使うときは「話を聞きたい」を使うことが多いといえるでしょう。 あくまで相手の話を聞くときなので、「聞く」といった言葉をそのまま使っても問題ありません。 敬語表現に直す場合には「話をお聞きしたいのですが」になります。 また説明を聞きたい場合などには「ご説明をいただいてもいいでしょうか」を使うことも可能です。 続いて、「質問の意味を込めて話を聞く」場合になります。 質問したいときに「話を伺う」といった言葉を使うこともあります。 その際の類義語は「尋ねる」です。 「お尋ねしてもよろしいでしょうか」といった言葉はよく使われることもあるのではないでしょうか。 また、ストレートに「ご質問してもよろしいでしょうか」も問題なく使えます。 相手によってはストレートな言葉遣いが好まれることもあります。 「話を伺う」は実際に対面で使う時、電話で使う時の場合の他にメールでもよく使います。 お問い合わせフォームに入力をしたり、初めて会う人とのアポを取る場面であったりとさまざまです。 メールで使う場合には、どのような点に気をつければよいのでしょうか。 メールは電話と異なりどうしてもレスポンスが遅くなります。 そのため、何に対しての話を聞きたいのか、また「伺う」は訪問なのか、話を聞くだけなのかを明確にする必要があります。 「話を伺いたいのですが、よろしいでしょうか」といった文章だけだと、場合によって「話を聞く」だけなのか「訪問したい」のか誤読されてしまう可能性があります。 相手に何をしてほしいのか、自分が何をするかを明確にし相手に伝えるようにしましょう。 スミカッコなどを使って、わかりやすくすることも効果的です。 相手と自分との齟齬を無くすために小さな心配りをしていきましょう。

次の

提案する前に、まず、社長のお考えを伺いましょう

お話 を お 伺い する

この記事のまとめ• マスクの正しい使い方 マスクはあらゆる感染防止の役割として多くの方が利用しています。 感染という点以外にも花粉や埃から守るといった防御方法としても多く活用されています。 またはファッションの一部として若者にも使われることが多くなりました。 しかし、本来のマスクの正しい使い方を知り得た上で使わないとマスクから感染してしまい病気にかかってしまいます。 感染防御として使っていたマスクも感染拡大する道具でしかないことを理解しながら上手く付き合っていけたらと思います。 あなたのマスク正しく使えていますか? マスクには使い捨てマスクや布製のマスクや業務用・医療用の特殊なマスクまで様々な場面で活用しています。 ただし、正しく使わないと意味がありません。 マスクはしていても鼻が見えて口だけに当てている方、顎にマスクを当てている方、マスクはしているけれどサイズアウトしている方、マスクがフィットしておらず空気が漏れている方、裏表が逆で使っている方・・・心当たりはありませんか? マスクの正しい装着方法は購入した外袋に記載されているものもありますが、記載されていないものも中にはあります。 では、正しい装着方法を確認してみましょう。 マスクには裏表があります 案外知られてないマスクの構造、実は裏表があります。 プリーツ式やオメガ式などいろんなタイプがありますが、よく目にするのはプリーツタイプではないでしょうか? 正しく装着しないとウイルスや菌を受け身に捉えてしまって感染リスクが高くなってしまいますよ。 ちなみに、このプリーツ型を裏表・上下逆さまに装着してしまった場合、プリーツの溝にあたる部分が外面に来るようになってしまいます。 プリーツの溝に細菌やウイルスが落下し、その溝に溜まりやすく、不用意にそこに触れると媒介し自身も感染リスクが高くなってしまいます。 その手でドアノブや携帯などあらゆるところに触れるだけで他者も感染させてしまいます。 マスクで予防しているからと言って油断はできません。 マスクの正しい装着方法 あなたはこんなマスクの外し方をしていませんか? マスクに守られていると思いきや、実はマスクが一番感染リスクの高い道具だと言うことをご存知ですか? マスクの外布に付着している細菌やウイルスや花粉や埃と言ったもの全てが付着しているのです。 マスクを外す時に外布を触って外しているという方はこれを機に見直してほしいものです。 どこが清潔でどこが不潔なのかしっかりと理解して行きましょう。 マスクの正しい外し方 現在、コロナウイルスによってマスク不足が発生しています。 マスクを手作りする方もいれば私みたいに再利用しながら内側に当て布をして使っている方も多くいることでしょう。 中にはマスク自体がなくてそのまま過ごしている方もいらっしゃいます。 マスクを少しでも多く医療現場の頑張っているスタッフに渡って欲しいと願いながらもマスクを再利用して無駄のないように協力していけたらと思います。 守るべきは自分自身だけでなく自分を取り巻く全ての人に移さないこと・移らないことだと思います。 一人一人の意識がとても大事です。 私は、マスクを再利用していますが3回利用したら破棄しています。 再利用したとして効果があるのかと言ったら手揉み洗いしているので布繊維がほどけて効果は半減しているでしょうけど安心材料でもありますし、外出先で咳やくしゃみをされている方から直接飛沫しないので十分効果はあるのではないかと認識しております。 マスク再利用方法 <準備するもの>• 外出から帰宅したら玄関先でマスクを外します。 マスクを玄関先に準備しておいたジープロックに入れてチャックをします。 一度手指衛生とうがいを行います。 感染物に触れる時は手袋を着用し防御します。 1日で4枚程度使っているので袋いっぱいになったら手袋をして洗面所に持ち出します。 ゆっくりとジープロックの袋を開けてマスクがひたひたになるくらいに流水に浸し界面活性剤入りの洗剤(洗濯洗剤を使っています)を少量入れます。 一般的な衣料用洗剤だと、水2Lに対して0. 7gくらいが目安となります。 洗濯洗剤は商品に書かれている使用量を確認してください。 袋を閉めてそのまま10分放置します。 10分後ゆっくり袋を開けて軽く押し洗いをします。 この時、もみ洗いはしないでください。 繊維を痛める可能性があるので軽く押し洗いをしていきます。 洗い終わったら、汚れた水を全て出します。 ここでポイントなのがゆっくり水を流すことです。 見えないウイルスや菌が他のところに飛び散ってしまうと感染リスクが高まってしまいます。 流水で洗剤が落ちるまですすぎます。 十分すすげたら水気を切っていきます。 袋から出してタオルに挟んで叩いて水気を取ります。 水気がなくなったら形を整えて日陰干しで自然乾燥させます。 次亜塩素酸入り(ジーア)をマスクに満遍なくふりかけて再度干す。 乾いたら再利用専用ボックスに入れていつでも使えるようにセットしておきます。 3回ほど利用したらだいぶよれてしまいます。 マスクはフィルターの役割があるので効果は半減してしまいますが、自宅にたまたまあったガーゼハンカチで当て布を作っておいたのでそれを当てながら再利用しています。

次の

正しいマスクの使い方・再利用について医療現場で実践する医療関係者にお話を伺いました

お話 を お 伺い する

松本さんは現在、お客さんのニーズにあった家具やインテリアをお勧めし販売するといった業務にもあたられています。 「私は特に椅子の高さにうるさい」とおっしゃっており、椅子選びの相談に乗るときは、座った時に足底が床に着くものであるかを必ず確認されるとのことでした。 長く使える家具をお勧めされるにあたり、姿勢や身体構造についての知識をお持ちであることが役立っているとのことです。 またお洒落な手すりの取り扱いもあり、高齢の方が使用される手すりでも、状況に応じて同居する家族が見た目に満足出来るものを勧められるとのことでした。 「お洒落な家に普通の手すりをつけてそれが嫌だったら、奥さんはおばあちゃまに強く当たるかもしれないよね」といったお話もお聞きしました。 貴重なお話を沢山お聞きすることができました。 特に「環境は人ひとり分の仕事をする」というお話には、納得するとともに今後の作業療法士としての工夫の可能性を感じました。 作業療法では人 - 環境 - 作業の視点で対象者を評価し介入を行いますが、対象者の方がより自分らしく生活することのできる環境とはどのようなものであるかを本当の意味で理解出来ていなかったように思います。 店内を拝見したところ、棚の取っ手一つでも豊富な種類があり、価格帯も低いものから幅広く取り揃えられていました。 わずか数百円の部品を付け替えることだけでも人の生活の質がぐっと上がる可能性があることを知り、環境づくりの面白さや重要性を感じました。 また、リハ職の方々の経営者や管理者としてのご活躍についてもお話を伺い、医療・福祉以外の場で活躍される作業療法士は他にどのような方がおられるのかもっと知りたいと考えています。 積極的に情報収集を行い、それとともに自分から情報を発信することの大切さも松本さんから教えていただきました。 今後は作業療法士の幅広い働き方について考えを深めていきたいと思います。 素敵な空間でお話をお聞きすることができ、とても嬉しかったです。 インテリアは一見作業療法士が携わる範囲とは考えにくいものでしたが、お話をお聞きしていると「まさに作業療法だ!」と思うことがたくさんありました。 また、生活の様々なところで作業療法の学びは役に立つということからも、今まで学んできたことはすべて無駄ではないのかなとも思えました。 さらに将来の様々な場面で生きてくると思うと、もっと作業療法を知る必要があるとも思いました。 作業療法士がこれから病院外での活躍の場が増えたとしても、その世界にもともといた他の職種の人に信頼してもらい、作業療法士という職種だからこそ言える事をどんどん言えるようになるために地道に努力していく必要があるということも深く心に残りました。 今回訪問させて頂いて、素敵な空間で気持ちも変わり、そこで行う作業にも環境が大きく影響してくるということも少し実感することができました。 これから働くなかでも、環境や空間についても重きをおけるようになりたいなと思いました。

次の