漢字 の 成り立ち 象形 文字。 漢字の成り立ち「足」

指事文字・象形文字・形声文字・会意文字を楽しく学ぶ方法【3Dプリンタを使ってみる】

漢字 の 成り立ち 象形 文字

漢字の成り立ち、知ってますか? 「ねえ、お母さん、〝木〟っていう漢字の横棒は何を表しているのか知ってる?」と5年生の長男から聞かれました。 「それは枝だよ!……じゃないの?」と答えた私の顔を見ながら、長男はしてやったりというようにニヤリと笑います。 みなさんはあの横棒はなんだと思いますか? 「違うんだよね~。 あの線は、〝土〟なんだよ!」え!?土なのー? びっくりしませんか?私は完全に枝だと思っていました。 (枝という説もあるようですが…)文字を扱う仕事に携わっておきながら、お恥ずかしい限りです。 確かに、そう言われてよくよく字の形を見てみると、左右に伸びているのは根っこにしか見えません。 横棒の上にちょっと出ているのが、茎。 このことは、長男が学習塾の先生に習ったことで、長男の話にはまだ続きがありました。 (続きはのちほど) 学校が休校になってから、子どもの勉強の進行具合をチェックしながら私は、「そうだったのか!」、「こんなこと習ったのかなあ?」と勉強の面白さに気づかされる毎日です。 そうなんです!「私が子どもから教わった」ということなんです。 そこで今日は、「漢字の成り立ち」について改めて確認したいと思います。 塾の先生に許可をいただきましたので、みなさんにお伝えしますね。 ママ&小学生に一緒に読んでもらって、漢字に興味を持ってもらえたらうれしいです! 漢字の成り立ちは4種類あります! まずは、漢字の成り立ちの種類についてです。 大きく4つに分類されます。 1、象形文字 2、 指事文字 3、形声文字 4、会意文字 前出の〝木〟は1の象形文字ですね。 象形の〝象〟という字は「かたち」を表していて、「物のかたちをかたどった漢字」が象形文字に分類されます。 これはパッと見て感覚でわかりますね。 ほかには、月、大、馬、門、羽などがあります。 息子のメモです。 そして、先ほどの続き……なのですが、長男は〝本〟という字を説明したかったようです。 ちなみ〝本〟は 指事文字。 〝木〟の下の方(木の根っこ部分)に短い横棒を足すと〝本〟ですよね。 「根っこは木にとっていちばん大事なところ」です。 指事文字というのは、その文字が表す部分に「ここですよ!」と短い横棒で目印のように線が引かれています。 木は象形文字なのに、本は 指事文字。 面白いですよね! ほかには、刃、上、下などがあります。 形として表しにくいものを、印をつけてわからせるのですね。 会意文字というのは、象形文字や 指事文字などを2つ以上組み合わせた文字で、もともとの漢字とは別の意味を表す漢字です。 たとえば、「山+石=岩」、「木+木+木=森」など。 「人+木=休」というのは、木陰でひと休みしている姿からできた漢字なんですね。 「鳥(ふるとり)+木=集」は鳥が木に集まってとまっている様子。 この会意文字の中には国字(日本独自の漢字)も含まれます。 「火+田=畑」、「山+上+下=峠」など2600字以上もあるとか。 そして、4つめの形声文字。 実は全部の漢字の約7割が、この形声文字といわれています。 (参考:阿辻哲次著 岩波ジュニア新書『漢字のはなし』) まずは、その漢字を音読みしてみます。 たとえば、「生」という字を使ってできている形声文字が「性、姓、牲」で考えてみましょう。 「生」の音読みは「セイ」ですよね。 「性、姓、牲」はすべて「セイ」と読めます。 音読みでわかる形声文字はほかに、紙、姉、町などです。 また、音読みにして音が似ている形声文字というものもあります。 「木+寸(スン)=村(ソン)」や、「日+者(シャ)=暑(ショ)」などが挙げられます。 さらに、同じ音でへんが異なるという形声文字も。 板・坂、講・構がそれにあたります。 いかがでしたか?漢字の成り立ちは中学受験の問題で出てくることもあるそうです。 楽しみながら親子で勉強してみるのもいいですね。 ビミョーに違う、中国語の漢字と日本の漢字! ここからは中国で使われている漢字と日本の漢字についてお話します。 筆者は中国語学習者なのですが、勉強していく中で「あれ?どっちがどっちだっけ?」と戸惑う場面が多々あります。 中国の漢字と日本の漢字は、間違い探しのように「ほんの少しだけちがう!」という字があるのです。 いくつか挙げてみます。 まずは「骨」。 カギの部分が左右反対なのです!「もう!どっちよ!」といつも迷います。 そして「画」。 中国語では、真ん中は田でつきぬけません。 これは一度覚えれば間違いはしませんが、知らなければミスプリントだと思ってしまいそうですよね。 銭という字については、金へんの違いは別として、右側の横棒の数に注目してください。 中国語は2本なんです。 私はこの違いに、中国語学習を始めて10年後ぐらいにやっと気がつきました(笑)。 漢字を伝えるときに間違ってしまったのか?あるいは面倒だったのか……?面白いですよね。 漢字の違いも興味深いのですが、もっと面白いのは同じ漢字でも、中国語と日本語ではまったく意味が違うという単語も注目してみてほしいところ。 夫が自分の奥さんを呼ぶときに使います。 確かに、「勉強しなさい!」といわれるのと、「学習しなさい!」とでは印象が少し違いますね。 学習のほうが自発的に学んでいるような……?今日から子どもたちには、「学習しなさい」ということにします。 しかも、やさしい声でね(笑)。

次の

漢字の成り立ち四種類

漢字 の 成り立ち 象形 文字

漢字が伝わったのは中国からだというのは常識ですが、じゃあどうやって、古代中国の人たちは漢字を作ったのかというお話。 中国から漢字が伝わってくるまで日本には文字というものがありませんでした。 奈良時代になって、ずっと暗誦口伝(口伝え)されてきた神話が、漢字によってようやく書き残されるようになったのでした。 「古事記」とか「日本書紀」ですね。 二つあわせて『記紀』といったりします。 ここのところ日中関係はよくないのですが、中国から漢字が伝わったことが、日本の文化が育つきっかけとなったともいえるわけです。 その中国では文字をどのように作ったのでしょうか。 「甲骨文字」なんて社会の得意な人は知っているかもしれません。 その文字を作ったときの方法を見ていきましょう。 漢字の作り方は直接、文字を作る方法として四通り、さらに使い方で文字を増やす二通りを加えて六通りの作り方がありました。 これを『六書(りくしょ)』といいます。 漢字を作るのに並々ならぬ智恵と努力があったろうと思います。 その六通りとは、次の六つです。 1 象形文字 絵から作った文字 象はもともと中国にはいない動物だったので、象を知らない人に絵を描いて形を説明したところから象形文字といいます。 象という字は「象る(かたどる)」とも読みます。 例) 山 川 日 月 馬 羊 牛 女 人 大など (板書でイラストを書いて説明したいのですが、ここではムリ。 ) 2 指事文字 形のないものを記号のように表した文字 指(示)文字ではありません。 指(事)文字です。 例) 上 中 下 一 二 三 など形のないもの 本 末 (「木」に一本加えて位置を表す) 小 (もとは小さな点を三つで小ささを表した。 ) ここまでで「大」は象形文字だけど、「小」は指事文字だということを押さえておいて下さい。 突っ込んだ問題では問われます。 また「本」はもともと書物という意味でできたのではなくて、「もと」という位置を表す指事文字から始まりました。 「末」も同様です。 いずれにせよ、姿・形のあるものは「象形文字」になり、姿・形のないものは「指事文字」だという大まかなとらえ方は忘れないで下さい。 3 会意文字 二つ以上の漢字を組み合わせて作った合体文字 例) 林 森 岩 鳴 など文字が組み合わさっているのがわかります? 4 形声文字 音を表す部分と意味を表す部分からできている。 悪魔の「魔」はなぜ「マ」と読むのかというと、「魔」はよく見ると「麻」と「鬼」でできている。 「麻」が読みで「鬼」の方が意味というわけ。 大麻(タイマ)の読みを知っていたらわかる。 この例は危ないですな。 (笑)こうした 文字の一部で漢字の読み方の見当をつける方法はぜひ知っておいて下さい。 全漢字の九割はこの形声文字でできていると言われています。 あとの例)に三つずつ挙げるように同じ音読みになるわけは、目で見て判断できるとおり、同じ部分が共通して入っているから、同じ音読みになるのです。 そして残りの部分が意味を表しています。 例)全て音読みは「フン」で、部首が違うところで意味を表している。 墳 古墳として使うように「つち」の意味。 噴 噴火として使うように「口からふきだす」意味。 憤 怒っているという「こころ(りっしんべん)」を表す。 全て音読みは「セイ」で、部首が違うところで意味を表している。 晴 お日さまに関係する「はれ」という意味。 清 「さんずい」で水のきよらかさを表す。 精 「お米」の中心の一番大事なところを表す。 5 転注文字 本来の意味が変化したもの 例)楽 長 悪など 「楽」 最初は音楽の曲の意味だった。 そこから、曲を聞いていると楽しい、楽(らく)という意味でも使われるようになった。 「長」 年寄りという意味から、おさめる意味での「長(おさ)」という意味でも使われるようになった。 「悪」 もともと「わるい」の意味だったが、みんな「悪」を「にくむ」という意味で用いられるようになった。 現在でも使う「嫌悪(けんお)」「憎悪(ぞうお)」などは「きらう・にくむ」「にくむ・にくむ」と同じ意味で使われる字が重なってできた熟語というわけです。 「嫌悪」「憎悪」ともに「悪」は「悪い」という意味ではありません。 大学受験の漢文では、「悪む」と書いて「にくむ」と読みます。 大学受験では結構常識。 余談です。 」なんて言えば、世間に言い訳できたかも知れません。 6 仮借文字 漢字の音だけ借りて使うようになった字 「かしゃく」または「かしゃ」と読みます。 「珈琲」って読めますか?「コーヒー」ですね。 漢字一字一字に意味はありません。 「加・非」の部分で音を表そうとしています。 こうした音だけを借りて表そうとした使い方が仮借です。 これは他にもいろいろあって漢字で音を表しているだけで意味を考えてはいけません。 例)英吉利(イギリス) 亜米利加(アメリカ) 仏蘭西(フランス) 伊太利(イタリア) 濠太剌利(オーストラリア) 倫敦(ロンドン) 華盛頓(ワシントン) 紐育(ニューヨーク) 巴里(パリ) 基督(キリスト) 亜細亜(アジア) など、明治維新前後、西洋文化が大量に入ってきたときにも多く使われるようになりました。 パソコンのワープロで外国名や都市名を変換すれば、カタカナ以外に漢字表記があることに気がついていましたか。 ぜひ、やってみて下さい。 今でもイギリスを英国、フランスを仏国というのは、こうした漢字の使い方の頭文字を取っていたということだったのです。 アメリカは「亜」と表すと亜細亜とかぶったりするので、2文字目の米で表されていますね。 ここまで説明してきた「六書」以外にも、日本独自で作られた「国字(こくじ)」というものもあります。 例) 畑 峠(とうげ) 躾(しつけ) 辻(つじ 十字路のこと) 麿(麻呂が合体して、まろ) 匂う(におう) 働(はたらく) など、日本独自の漢字は音読みがないのが普通ですが、「働」のみ音読みを持ち中国でも使うようです。 中国に逆輸入されたのかなあ。 私はまだ詳しいことを知りません。 漢字学者でないとわからないことはいっぱいあります。 今日の漢字の成り立ちは、1~4までは中学受験レベル、1~6の六書・国字を含めて高校受験レベルでした。 もちろん中学受験段階で全部知っていても損はありません。 今日はここまで。 『働』は日本で作られた国字に間違いないが、音読みを持ち中国でも使われるようになった字であるのは確かだということです。 大原先生のブログ をぜひ、参照なさってみてください。 【今回の記事が役に立ったと思う方はクリックお願いします。

次の

知れば知るほど面白い!子どもと一緒に学ぶ「漢字の成り立ち」

漢字 の 成り立ち 象形 文字

漢字の成り立ちの話をしましょう。 最古の漢字辞書は後漢(西暦100年頃)の許慎(キョシン)の「 説文解字(セツモンカイジ)」です。 許慎はその中で漢字の成り立ちについて、四種類あるとしました。 漢字の成り立ちは中学の教科書に掲載されるようになりましたが、例が少なく、辞書によっては 異同がありますので解説致します。 意味と音を示す文字を組み合わせた『 形声』(ケイセイ)の四種です。 (ギン) (コン)は (コン)という音を近くする 形声文字です。 当ブログでは同じグループの漢字として扱っています。 当ブログでは同じグループの漢字として扱っています。 より古い字体である『甲骨文字』については、別の見解 白川・落合)があります。 象形文字 宮 業 向 身 氷 指事文字 会意文字 寒 族 対 旅 形声文字 写 服 は会意文字 藤堂)とする説と象形文字とする説(白川)があります。 は指事文字(鎌田)とする説、会意文字(藤堂)とする説、形声文字とする説(加藤)があります。 は会意文字 鎌田)とする説と形声文字とする説(藤堂・白川)があります。 は形声文字とする説(鎌田)と会意文字とする説(白川・藤堂)があります。 は象形文字とする説(白川・鎌田)と会意文字とする説(藤堂)があります。 は会意文字とする説(藤堂)もあります。 は会意文字(藤堂)とする説と形声文字(鎌田・白川)する説があります。 は形声文字とする説(藤堂)もあります。 は会意文字(白川)とする説と形声文字(藤堂)する説があります。 は会意文字(藤堂)とする説と象形文字とする説(白川)があります。 は会意文字とする説(藤堂)と金文まで遡って象形文字とする説(白川)があります。 は会意文字(藤堂)とする説と象形文字とする説(白川)と指事文字とする説(鎌田)があります。 個々の漢字については をご覧ください。 参考図書です。

次の